Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
向井久夫という男



8月31日(金)まで「カフェ密柑」さんで開催させていただいた
展覧会「ミカンワニのぼうけん」には、およそ750名(「カフェ密柑」がザッとした計算で発表)
の方が訪れてくださり、大盛況のうちに幕を閉じた。

すっげーぜ!ミカンワニ〜〜!
たくさんのご来場、本当にありがとうございました。
お次は9月15日(水)より「咲sacra楽gallery」(滋賀県近江八幡市・尾賀商店内)です!





さて、会期中、スウィング・メンバーも入れ替わり立ち替わり、
密柑さんにワイワイお邪魔したのであるが、
中でも2度足を運んだ向井さんは、密柑さんをエラく気に入ったようで、
会期後の9月1日(土)、早速朝一番、ひとり「カフェ密柑」に向かったのであった。

向井久夫という男。

心優しく、穏やかで、マイペースで個人的には居て下さるだけでありがたいような存在である。
どんなに気持ちがカリカリしていようとも、向井さんのゆっくりした穏やかな声を聞くと、
いつだって心がホワンと軽くなる。





向井久夫という男。

スウィングでの様々な活動中の折には、必ず年下の気が気でないメンバーを心配し、
さり気なくフォローに回っていらっしゃる。





そんな向井さんは、「カフェ密柑」でだってやっぱり向井さんなのだ。
その日、向井さんが午前10時に「カフェ密柑」を訪れた時、まだ店は開いていなかった。
どれくらい開いていなかったかというと、開店まで優に2時間くらい時間があった。

はい、おっちょこちょいな向井さんと、
のんびりしまくり「カフェ密柑」の、すっとこどっこいコラボレーション!

けれど向井さんはそんなことは気にしない。
ただ、「ああ、そうか、また来よう。」と思うだけだ。

いつもなら。

そう、今回は少し事情が違ったのだ。
店は確かにOPEN前だったが、なぜか店の扉のカギは開いていたのだ。
開店2時間前の店内にはやはり誰かがいる気配は無く、はい、カギの閉め忘れ決定。


「もしもし、今、密柑さんに来てんのや。
店はまだやってないねんけど、扉にカギがしまってなくてどうしたらええやろ?」


優しい向井さんはそのまま放って帰ったりせず、ボクに電話をかけてきてくれた。


「だ〜れもおらへん。心配で、心配で、どうしたらええやろ?」


ボクは、「しばらくしたら密柑のスタッフもやって来るだろうし、心配ないと思います。
前に盗られるモノなんて無いと言っていたし、向井さんは心配しないで帰って下さい。」
と伝えた。向井さんは「そうやろか、ほなそうするわ。」と言って、電話を切った。



…それから約2時間後。

もう開店しているに違いない「カフェ密柑」に電話を入れ、
店員のウーパーに「カギを閉め忘れていたのではないか」と2時間前の説明を試みたところ、
ウーパーからは予想外の返事が返ったきた。

「ああ、そうだったんですか!
その人さっきまで居てくれてたんですよ!
スウィングさんの人だったんですね!」


向井久夫という男。

どうしても温かいコーヒーが飲みたかったわけではない。
カギが開きっぱなしのカフェが心配で、何事もなく無事スタッフが到着するまで、
ただその場で淡々と待っていたのだ。
(まるで密柑の守り神だ。まさか「ミカンワニ」は向井さんだったのか!)





その長い間には近所のおばちゃんとすっかり仲良くなり、
お茶にまで誘われたようだが、そういうわけにもいかない、密柑はオレが守らなければ!

そして向井さんはそんな2時間の事などウーパーには一言も語らず、
静かに去っていったという。


向井久夫という男。

いや〜、マネできひん。カッコええわ〜。


木ノ戸


向井さん、楽器が大好き。

人気ブログランキングへ

| 哲人・向井久夫 | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE