Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
FUWAFFUWART 



はるかくんがいい。
はるかくんの絵がいい。

はるかくんは今年の4月から、毎日絵を描いている。





けれどその創作姿勢といったら自由気ままこの上無く、
まさに気の向くまま風の吹くまま、気が向いたら描き、
気が向かなければ、ぼ〜っとして、な〜んにも描かない。

絵を描くということへの「力み」の無さっちゅーか、
力の抜け加減といったら、そりゃあもう、ふわっふわっなのだ。






ゆるい。


とにかく、ゆるい。



気がついたら口笛を吹いているような。
お腹いっぱいで大あくびをしているような。
ネコがコタツで丸くなっているような。

描いても描かなくても変わらないような。





けれど、そんなはるかくんが描き出す、
どこかユーモラスでちょっと毒気をはらんだ作品たちは、
笑ってしまうくらい見事に彼自身を「表現」しているではないか。 





あらゆる「説明」や「意味づけ」を悠々と凌駕し、
ただどこかを通り過ぎるように描きさすらうはるかくんの姿は、
時に大きくなり過ぎてしまう「アート」の意味を、
とてつもなくシンプルにしてくれるのだ。

木ノ戸

珈琲が好きやねん。

人気ブログランキングへ
| はるかくんの諸々の事情。 | 19:00 | comments(1) | trackbacks(0)
ぼくは神様




ぐ〜るぐる、ぐ〜るぐる。

はるかくん、ベッドの上でなんだか右手をまわしています。






「地球まわしてんねん。」


う!うそー!!

な!なんと!!

地球がまわるのは自転とか公転とか、
宇宙的なヤツのせいだとばかり思っていましたが!?





神です。

はるかくん、ぼ〜〜〜〜〜っとしているように見えて神様だったのです。

念のため、確認してみましょう。

「…神様ですか?」

「うん。神様。」





はい、神。神、決定。

はるかくん、ただのマイペース人間ではなかったんですね!
超マイペースな神様だったんですね!


「神様、人は過ちを繰り返すものなのでしょうか?」

「そうです」

「神様、人に救いはあるのでしょうか?」

「あります」

「神様、今は休憩時間ですか?」

「ちがいます」

「神様、お仕事にもどりましょうか?」

「地球まわしてんね。」

「ありがとうございます。大変助かります。で?今の時間は?」

「……」

「神さま、戻りましょうか?」

「は〜い」


そうして神様はベッドを離れ、
自分の持ち場へと帰って行ったのでした。

ぐ〜るぐる、ぐ〜るぐる。

木ノ戸


名作。こわいです。

人気ブログランキングへ

| はるかくんの諸々の事情。 | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0)
僕はカニング





なんかねー 最近ねー ハドウケニングとかー





ベイダリングとかー なんか流行ってるみたいだけどー

なんかねー みんな 必死すぎて しんどそう!

え?もう流行ってない?

うーん どうだっていいやー。






僕はねー カニング





カニカニ カニカニ カニあるき





カニカニ カニカニ …えっとねー カニングしてんねん





みんなにもできるかなー

心配だなー できるかなー 無理だろうなー
 




長時間すると足にくるよー 

ふだん使わない筋肉とかを使うからねー

でも流行ると思うよー

 
木ノ戸

人気ブログランキングへ
| はるかくんの諸々の事情。 | 13:57 | comments(0) | trackbacks(0)
恐怖!真っ昼間からナデナデする白い手!




はるか君…はるか君…

そこ、エアコンの下やしあったかいと思うけど・・・





頭の上に!クッキリと!誰かの手が映ってるよ!

ちなみに肉眼でもハッキリ見えたよ!


木ノ戸

人気ブログランキングへ
| はるかくんの諸々の事情。 | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0)
スキとかキライ!


はるかくんはこう言いました。


「はるかくん、みんなのことスキ!」

「Qさんもスキ」(この時のQさんは別のことで最強にムッとしていた…)
「きのとさんもスキ」(半ば、強引な木ノ戸さん…)
「かめいさんもスキ」(新入りな私…)
「スウィングみんなスキ」(みんな!?)

ぐっときました、
みんなのことをスキと思えるはるかくん!
偉大過ぎます!

人は、「スキ、キライ」でその人を判断してしまいがちですが、
実はその前に「大事(大切)」ということが基本にあるんです。

大事があってその次にその人をどう思うか、
大事だけど、「スキ、キライ」…

キライでも その人はとっても大事なんです!
そうなんです!ひとりひとりとっても大事!
これは今日木ノ戸さんが話していたことです。

メンバーとスタッフのやり取りの中には、
「信頼関係」が大事です。

そしてその上での関わりが重要!
4月よりメンバーと関わってきましたが、毎日モヤモヤするくらい色々な事あります。
でもきっとその中で「信頼関係」を築ければ、
そのうち通じ合うことだろうな、と思います。(焦らず〜かめちゃん〜)

そして今までゆっくり話をしたことがなかったけど、
「かめいさんもスキ」と言ってくれたはるかくんの素敵なところ
もっともっと見つけていきたいな、と思いました。
はるかくんだけじゃなく、メンバーひとりひとりの素敵なところを
探していきたいと思いました。

(かめい)


先日、上賀茂手づくり市のもようです。ディスプレイがにぎやかになってきました〜

人気ブログランキングへ
| はるかくんの諸々の事情。 | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0)
チクイランシナァ。




「チクイランシナァ。」


ある朝のはるかくん。
真剣な表情で、まるで誰かを説得するようにこう言います。


「チクイランシナァ。」


みんなは「ああ、あのことか。」とすぐにピンときました。

スウィングでは毎年この時期、ご近所の上賀茂診療所さんに
インフルエンザの予防接種をお願いしており、その日がはるかくんの番だったのです。

チクッ!と痛〜い注射…。

僕らにどうすることもできないのですが、
はるかくんは「チク要らんしな。」…つまり「チクッ!と痛いのはイヤだ。」と言っているのです。

確かに痛いのはイヤやなー。
けど注射やしなー。どうかなー。



…それから十数分後、診療所の待合室のはるかくんです。
少〜し不安そうな表情で待っていると、注射前の問診に呼ばれました。

診察室にはまだ前の患者さんが入っていますから、
今度は診察室手前のイスに移動し、座って待ちます。

すると突然、立ちあがったはるかくん。
パッと診察室をのぞき込み、先生に向かってこう言いました。


「チクイランシナァ。」


「え?」


思わず小さな声を漏らした先生の目が、大きく真ん丸になりました。

間もなく自分の番が来て、診察室のイスに腰を下ろしても、
はるかくんは優しい調子で先生に向かって言います。


「チクいらんしなぁ?」


先生は笑って「そうやなあ。チク要らへんなあ。」と返しながら、タッタと問診を済まされました。

…そうして遂に処置室の前。
もうすぐ、もう間もなく間違いなく、はるかくんの順番が回って来ます。
今も中では誰かがチクッ!とちょっとだけ痛い思いをしているのです。

不安と緊張でいっぱいのはるかくん、またまたふいに立ちあがり、
処置室をのぞき込み、看護師さんに向かってこう言いました。


「チクイランシナァ。」


「え?」


思わず小さな声を漏らした看護師さんの目が、大きく真ん丸になりました。

真ん丸ついでに看護師さん、はるかくんに中に入るように促します。
さあ、いよいよです。いよいよです。


「チクいらんしなぁ?」


ちょっと涙目のはるかくんに看護師さんは「そうやねえ。チク要らへんねえ。」と
穏やかに返しながらも目は笑ってない!
瞬く間に座らせ腕をまくり、相変わらず「チクいらんしなぁ?」「チクいらんなぁ?」と
繰り返すはるかくんのタイミングをずらすかのように、
これぞ熟練の早業!電光石火のスピードで注射を終わらせてしまったのです。

はるかくんにとっては、恐らく不安と緊張のピークの2、3歩手前。
あの恐ろしい“チク”がふいにチラッと訪れたと思ったら、もう終わってた…
…そんな感じだったのではないでしょうか。

「はい、終わりましたよー。」の声にはるかくんは一瞬キョトン。
けれどすぐに安堵の笑顔を浮かべ、


「がんばった。痛くなかった。」


誇らしげな様子で言い、スタスタと診療所を後にしましたとさ。
(上賀茂診療所の皆さん、いつもありがとうございます!)

木ノ戸


キッズ服たちの紅葉。

↓↓↓ クリックしておくれやすグッド

人気ブログランキングへ ブログ王ランキング

| はるかくんの諸々の事情。 | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0)
トイレ掃除の人



スウィング・メンバーはるかくん、
トイレ掃除をしていたスタッフ西川君に近づき、こう言いました。

 


「なんでこんなところでトイレ掃除してるの?」

 


西川君、斬新な角度からの質問に一瞬ひるみましたが、

丁寧に丁寧に熟考した末、こう答えました。

 


「こ、ここに便器があるからなあ。」

 


するとはるかくん、納得した様子でこう言いました。

 


「そうやなあ。便器があるからやなあ。」

 


分かってくれてよかった。

安心した西川君に、はるかくん、さらにもう一歩踏み込んだ質問です。

 


「トイレを掃除するのが仕事やなあ?」

 


ん?いや、うん、外れては無いし、まあいいか。

 


「そ、そうやなあ。トイレを掃除するのが仕事やなあ。」

 


西川君、もっとほかの仕事も評価してもらえるようがんばろう、

そう心に誓ったのでした。

 

木ノ戸



「暖かいのー。」「そうやのー。」

↓↓↓ クリックしておくれやすグッド
人気ブログランキングへ ブログ王ランキング

| はるかくんの諸々の事情。 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE