Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
「ACKEY'S EXHIBITION マボロシ☆リアリズム VOL.1」はじまる!


2008年、驚愕の画風「マボロシ☆リアリズム」を引っ提げて(?)の絵画制作開始…
2010年、はじめてパステルで描いた「歯痛のマントヒヒ」の衝撃…
2012年、エイブルアート・カンパニー登録作家選出の感激…

おお、大きなトピックは大体2年おき!

そしてついに2014年、恵文社一乗寺店「ギャラリーアンフェール」にて、アッキー初の個展「ACKEY'S EXHIBITION マボロシ☆リアリズム VOL.1」開催と相成った。
これまで展覧会の開催に際して、緊張といったものを感じたことはまず無かったのだが、搬入の前日はあまり眠れず、当日も相当な緊張感が1日中、心と体の表面を厚くまとっていた。恐らく「障害者」としてではなく、ただの「ひとりの作家」として見せるというはじめての機会だったし、「恵文社」さんが本当に誰もが、(それもかなり文化度の高い人々が)数多く訪れる場所であることも、そうした緊張の一因だったのだと思う。搬入直前、絵や諸々を車に積み込み、慎重に準備万端整えていた折、
アッキーがいつもの感じで颯爽と近づいてきて、「気ぃつけて行ってき〜や〜!」と気の抜けた甲高い声を発したのには、「うぬれの展覧会じゃろうがぁ!!!」とぶっ倒れそうになったが、まあアッキーらしいっちゃらしいし程よく気も抜けたし、実はアッキーなりの気遣いだったのかもしれない。(そうか?)



「歯痛のマントヒヒ」から2014年までのパステル画18点を厳選。
「恵文社」さんのおしゃれで落ち着いた雰囲気を損ねない、けれどポップで不可思議な
アッキー感丸出しの良い展示になったと思う。無事搬入を終え、スウィングに帰ってくると、2階からダダダー!とアッキーが下りてきて、「ありがとうございました〜!お疲れ様でした〜!」と、誰かに言わされている感を満ち溢れさせながら、大きな声で労ってくれたのは、それはそれで嬉しかった。

なんせ個展である。当然、
アッキーも足繁く現場に顔を出す。
(15時半か16時半頃くらいには帰ってしまうが…。)



顔を出しますがどうか気をつけてください!アッキーったら超テキトーなんですから!「これはイヌですか?」と聞けば、それが例え七面鳥でも人のいい
アッキーはきっと「はい!イヌです!」と答える。だって全然自分が描いたもののこと、覚えてないんやもん!そう、アッキーの凄いところは色々あるが、ひとつは作品に全くと言っていいほど執着しないことなのだ。

例えば
アッキーは僕にこう言った。




「きのと〜ん、これは壇蜜を描いたんですぅ〜。」


違う!これは金剛力士像!吽形!





壇蜜はこっち!!





「きのとさ〜ん、これは絵具で描いたんですね〜。」


違う!断じて違う!パステル!全部パステル!絵具は一切使ってません!




京都新聞さんの取材の際、
アッキーは記者さんを目の前にこう言った。


「きのとさん?ナニ言ってはるか分かるぅ〜?」


WAO!しゃあないけどなんて失礼な!でもオモロい!!


当然アッキーに知的障害があることもこうしたやり取りを生む大きな一因だろう。
けれど、アッキーの創作姿勢は目の前のモチーフに対してひたすら一心不乱、要するにその瞬間瞬間が(カッコ良く言えば)ただただ一生懸命なのだ。しかし人の評価はとても気になる。いつも描き上げるたびに「これ、合ってるぅ〜?」と少し自信無げに確認してくるのだ。合ってるぅ〜?もクソも無いのだが、「いいね!」と言われれば喜ぶし、「う〜ん」と言われれば、残念そうな顔をする。つまり描き出す行為に対してはひたすら自由だし、描き出した作品にも特に執着が無いにも関わらず、一方で人の評価はしっかり気になってしまう…という、この独特且つ絶妙なスタンスこそ、スランプ知らずの
アッキーの創作の秘密なのかもしれない。

「アール・ブリュット」だかなんだかよく分かりませんが、こうして生まれた名作&迷作の数々。ぜひたくさんの人に見ていただきたいと思っています!
次回、
アッキーは24日(日)、お昼から17時半頃まで会場に現れます。ぜひ気楽にお声かけいただき、高田純次バリのテキトートークをお楽しみください!

皆さまのご来場を心よりお待ちしております!!!

木ノ戸


■ 展覧会ACKEY’S EXHIBITION  マボロシ★リアリズム Vol.1」

日時:2014年8月19日(火)〜25日(月)10:00〜22:00
※ 最終日は18:00まで
会場:恵文社一乗寺店 ギャラリーアンフェール
京都市左京区一乗寺払殿町10/TEL:075-711-5919
交通:市バス「高野」「一乗寺下り松」から徒歩5〜7分/叡山電車「一乗寺駅」から徒歩3分
WEB:
http://www.keibunsha-books.com/html/page13.html

Ackey(アッキー)、はじめての個展を開催します。
Ackeyは2008年、NPO法人スウィングの芸術創作活動「オレたちひょうげん族」に参加、絵を描きはじめました。「めっちゃ写実やのになんでそうなんの!???」という不可思議な画風(?)は「マボロシ・リアリズム」と呼ばれ、時に観る人の感動を呼び起こし、時に爆笑を誘います。本展ではAckeyの作品展示と共に、芸術創作活動「オレたちひょうげん族」から生まれたアートグッズの販売をいたします。We enjoy HyoGen!!



アッキーの一番のお気に入りはDMにも使われた「男前の黒豚」。(…のはずです。)

人気ブログランキングへ
| Ackey Cha Cha Cha! | 01:56 | comments(0) | trackbacks(0)
神様、お願い


「もこもこ」さんに今夏の新作Tシャツの納品に伺った帰り、噂の“美味しい水”をいただこうと、みんなで「赤の宮神社」をお参りすることにした。
「波爾井(はにい)の御神水」と言われる噂の水は、毎日、遠方から汲みに来る人がいるほどの名水らしい。



本当は水道水との違いも大して分からないくせに、口々に「美味しい!」だの「全然違う!」だの言いながら喉を潤していると、「あ!鳥居や!」とかなえさんが嬉しそうに声をあげる。見れば本殿の右側から、如何にもかなえさん好みの小ぶりな鳥居が境内の奥へ奥へと連なっているではないか。



そうどす。かなえはんは鳥居が好きなんどす。かなえはんが描いた「とりどり鳥居」は、今、長野県の「アノニム・ギャラリー」はんに飾られてるんどす。ちぇき。

かなえさんを先頭に、赤い鳥居のトンネルを皆でずんずん奥へ進むと、やがて小さなお社に行きあたる。
向井さんがヒョイとお賽銭を投げいれ、静かに手を合わせる。さすが向井さん。クールや。僕は「スウィングのみんながいつまでも元気でいられますように!」と割と大き目の声をあげて手を合わせる。今度はアッキーに促されたかなえさんが「なんでもいいの?」と言いながら「氷川君のコンサートに行けますように!」と嬉しそうに手を合わせる。さあ、最後に残ったアッキーである。目をギュッ!とつむって、姿勢よく手を合わせ、元気のいい声を張り上げる。



「早く…」



早く?





「病気に…」





びょ、病気!???
どうしたアッキー?おかしいで?おかしいで?







「なりませんように!!!」







はい!そんなん聞いたことありません!!
でも、ギリ修正してきたや〜ん。ギリお願いできた感じや〜ん。
しかし、アッキーひねってくるな〜、ドキドキさせよんな〜。

…あれ?ちょっと待てよ?
これ、ちょっと(いや確実に)日本語としてはおかしいが、実はなかなか深いんじゃないか?

いつかは病気にもなるのだろう。
でも早く病気になるのは嫌だ。
だから神様、できるだけ遅くしてください!


…だとしたら、チョー地に足の着いた恐ろしく現実的なお願いではないか!
リアリスト・アッキー、なんかカッコいいぜ!(多分違うけど。多分ただの言い間違いやけど。)

さあ、良い子のみんなも声を揃えて神頼みしようぜ!

早く病気になりませんように!!!

木ノ戸


願いが叶いますように!

人気ブログランキングへ
| Ackey Cha Cha Cha! | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0)
だ〜〜れだぁ?




「だ〜〜れだぁ?」


…ってアッキー、古いなあ〜。さすがやな〜。

そのテンションの高い声はアッキーに決まってるやん!
でも、こういう茶番好きやし付き合お。


  「えっと〜、XLさん!」


「ちが〜う!ちがいま〜す!」


  「え〜?じゃ〜あ、あちゃみちゃん!」


「なんでや!さあ、誰でしょう!」


  「え〜?わからへ〜ん!だれ〜??」


疲れた。正解をどうぞ。




「僕でしたぁ〜!」




…分からん!そのまんま言われても!

バァ〜!みたいなんして〜な!バァ〜!って!
それか名を名乗れ、名を!


 
「“僕”て!誰?誰?」




「自分でぇ〜す!」




状況変わっとらん!

すごいな〜、ほんま。
本気やもんなー。


はい!そんなアッキーの作品が今、ココで見られます!
まずは関東方面の皆さん、ポコポコポコポコ、ポコラート!

ポコラート全国公募展 vol.4



現在[visualog]より絶賛販売中のiPhoneケース、
「暑くてしんどいアヒル」の原画ほか2点が入選、展示されています!

そして、関西方面の皆さん、「知恩院」です!
お念仏のふるさと、「知恩院」の、「和順会館」の、「ギャラリー和順」です!

こちらでは現在、京都を舞台に繰り広げられているアート・プロジェクト、
「ひと・アート・まち 京都」内の一企画として、
展覧会「ステキ・スマイル・ストーリー」が開催されています。

エイブル・アート近畿2013 ひと・アート・まち京都

アッキーが描いた「シャキシャキの日野菜」がオモロイことになってますので、
ぜひご覧ください!

木ノ戸


フラミンゴを描くアッキー。

人気ブログランキングへ
| Ackey Cha Cha Cha! | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0)
シャモアがくしゃみで飛び出した!




「咲sacra楽」の翠さんから

こんなメッセージとともに贈られてきたモノ…





アッキーの「くしゃみを我慢するシャモア」が…

「ポコラート」
でも入選したシャモアが…





そのまんま飛び出た!!!


すっげーーーな、これ!!!





ありがとう、翠さん!

ありがとう、作ってくださったきっしーさん!

アッキー、喜んで持って帰りましたよ!


木ノ戸


ほんまにそっくりでびっくり!!!

人気ブログランキングへ

| Ackey Cha Cha Cha! | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0)
アッキー、「Respect」展へ行く。


待ちに待った「Respect」展、初日へ。

「やまなみ工房」さんまで約1時間半の道中。
車中のアッキーはやはりテンション高く、「わたなべさ〜ん、あんな〜」と、
ハリのあり過ぎる声でスタッフなべちゃんに話しかけまくっている。

うるさいがまあ仕方がない。
嬉しいに決まっている。

「studio COOCA」の川村紀子さん、「工房まる」の柳田烈伸さん、
「アトリエ コーナス」の西岡弘治さん、「なかよし作業所」の澤田真一さん…。

日本を代表するそうそうたるメンバーとの夢の共演なのだ。
僕もボーッとするくらい嬉しい。



そして実際に目にしたその光景。

そうそうたるメンバーの作品群は、やっぱり目が離せないくらいにカッコよかった…。
(そして施設を代表するアーティストの作品を通して、
各施設の個性や雰囲気までもが猛烈に出まくっているような気がしたのが不思議でした。)

すごいねん!
こりゃホンマにすごいことやねん!!おっかさん!!

アッキーが連れて来てくれたんやなあ。

ありがとう。



…でも、アッキー?

すごかったね…。エンジンのふかし方…。

「やまなみ工房」の皆さんがとにかく大歓迎してくれるもんやから、
(恐らく生来の)お調子に乗りやすいエンジンをどんどんふかし続けたよね…。



そして滞在2時間の間にいつしか大御所の演歌歌手のような貫禄を醸し出し、
そのうち、ギャラリーの方に続々と集まってきてくださったやまなみのメンバーさんたちに
なぜか次々と手を差し出し(無理やり)握手を交わしまくってたよね…。
なんかポンポンって、肩とか叩いてたよね…。



最初はそんな光景を微笑ましく眺めていたスタッフなべちゃんの表情が、
次第に引きつったような笑みに変わっていったよね…。

そうして最後は、


「みんな!無理しないように!!」


と、よくわからない労いの言葉をやまなみの皆さんに一声…。
右手を上げ、颯爽と車に乗り込んだよね…。
(「やまなみ工房」の皆さん、ウチの大御所風がホントすみませんでした!)

でも、やっぱり、(ありゃさすがにどうかと思うが…)本当に嬉しかったのだと思う。

あの空間の中に、アッキーが、スウィングが、確かに在って。
感無量というか、夢見心地で上手く感激できないというか。
つい数年前まで憧れ…というより、もう他所の世界で活躍してはるように
感じていた施設さんとスウィングが一緒にやらせてもらっている…。

こりゃ一体、どういうこっちゃ…???
 
う〜ん。

アッキー、また確かめに行こうな!

木ノ戸


「やまなみ工房」の皆さん、本当にありがとうございました!!!

人気ブログランキングへ
| Ackey Cha Cha Cha! | 14:33 | comments(0) | trackbacks(0)
Ackey Marudashi Interview:[visualog magazine]



大変だ!
アッキーが丸出しだ!

丸出しのアッキーが、visualogさんのインタビューに登場だ!
緊張感ゼロ!いつもの調子、そのまんま丸出しでお洒落サイトに登場だ!


丸出しアッキーの、クスッと笑える丸出しインタビューはココ!!
http://mag.visualog.jp/blog/magazine/1783/


ぜひご覧ください!!

木ノ戸

人気ブログランキングへ
| Ackey Cha Cha Cha! | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0)
Ackey, 『Able Art Company』 debut!




思わず横文字のタイトルである。
喜びが一塩なんである。
一塩の喜びがザッパンザッパン!してるんである。


2012年5月1日。
スウィング・メンバー、アッキーが
『エイブルアート・カンパニー』から作家デビューを果たした。


→「エイブルアート・カンパニー」とは??





…2004年頃だったろうか。
スウィングを設立するきっかけとなった、とある福祉施設で働いていた僕は、
仲の良い友人とともに奈良県・奈良町界隈を訪れたのだった。
(この友人の「毎日笑えるよ」のひと言で僕はこの業界に身を置くことを決めた。
言霊万歳、ナイス友人。)

今は無き「CHIRORI」を訪れたのもこの時が最初だったし、
いわゆる「街中アート」、しかも自分が身を置く「障害福祉」の世界から
生み出されるアート作品に、本格的に触れたのもこの時がはじめてだった。

そして心底こう思ったのだ。


ええなー。


全国にはこんなにも自由で、オモシロいコトをしているところがあるのだ。
でも僕らにはムリやなー、関係ないコトやなー。





…当時のアッキーや僕の職場は、その時目にした世界とはおよそ真逆の、
随分と(いや絶望的に)閉鎖的なところだったのだ。
そうして僕は、自分や職場のスタッフに「工房まる」のカッコいいポストカードや、
なんやかやのお土産を買って帰り、ホカホカの感動を報告したのだった。

その数年後、まさかアッキーが、あの狂ったように毎日毎日箱ばっかり折っていたアッキーが、
(いや、箱折りはいい仕事なんですが。)
このような形で陽の目を見ることになろうとは…。

いや、スウィングをはじめた頃もそんな気配は露とも無かった。
何かの流れで…いろんな出会いや偶然があって…よく分からないうちに…
色鉛筆持って…マジック持って…パステル持って…まさかまさかの「のびる鉛筆」





アッキーの作品はステキである。
誰もを幸せ?愉快?な気持ちにさせる、不思議な、大きな力を持っていると思う。
そんなアッキーの作品を、よりたくさんの人に知ってもらえる機会に恵まれ本当に嬉しい。

けれど絵なんか描かなくとも、こんな風に認められなくても、
アッキーはもともと明るく・楽しい、愛想が良くって、時々わざと大げさにこける、
長所と短所だらけの、愉快なおっさんだった。十分にステキな人だった。


たぶん僕らは(そしてアッキーも)その事を忘れてはいけないのだと思う。


デビューの日、「アッキー、アッキーの出てんで!」と調子こいてる僕をよそに
「あ、ホンマや。」と言いつつ、パソコンの画面にほとんど目もくれなかったアッキー。

そうそういい感じ!その調子でいこうぜ!

多くの事はおまけみたいなものなのだ。
おまけ、おまけ〜。

あ〜あ、それにしても、とんでもなくいいおまけ!

うけけ!


木ノ戸


そんなアッキーの原画が見られる『ボーダー×ボーダー』は14日(月)までです!

人気ブログランキングへ
| Ackey Cha Cha Cha! | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0)
障害者の日




「障害者の日ぃ〜!」


月曜の朝、作業前のミーティング。
今日は○○さんが来て〜、火曜は“外食の日”があって〜…と、
1週間の流れを確認していた時のこと。
冬のボーナス支給がうれしい金曜の順番が来たとき、
アッキーが元気ハツラツ、明るく大きな声で言ったのでした。


「障害者の日ぃ〜!」


ど、どうリアクションをしたら良いか分からず、周りは一瞬、息を呑んだようにシ〜ン…。
TIさんは「なんかビミューやな…。」とボソッ…。

けれどそのうちアッキーの突破力溢れる清々しい明るさがなんか可笑しくなってきて、
アッキーすごいなあ、なかなか言えへんよなあと、みんなクスクス笑えてきたのでした。


「はい!9日金曜は“障害者の日”だそうです!」


僕もアッキーにならって爽やかに言いました。

障害が重いとか軽いとかじゃなくって、
アッキーの突き抜けたような明るさ、ステキだなあ、大事だなあと思いました。

なんかな!
ナイーブ過ぎんねんな!!

というわけで、なんだかよく分かりませんが、本日12月9日(金)は
「障害者の日ぃ〜!」だそうです。

…ところで何する日なんでしょ?

要りますか?要らんやろ?
感じ悪いんでやめてくんない?

木ノ戸


先日、防災訓練を実施しました。ぶしゅー!!!


ぶしゅー!!


ぶしゅー!!!

↓↓↓ クリックしておくれやすグッド

人気ブログランキングへ ブログ王ランキング

| Ackey Cha Cha Cha! | 11:52 | comments(0) | trackbacks(0)
空と君とのあいだには?



毎年恒例、「生き方探究・チャレンジ体験」にやって来た加茂川中学校2年生のマッピー。
日本の純文学が好きだという渋いシュミを持つ彼女に「好きな歌手は?」と聞いてみた。


「好きな歌手?う〜ん、リンゴの唄とかいいですねー。」




…ホンマに中2か??
(もうひとりのチャレンジ中学生、ピヨちゃんも演歌好きでシブかった。いいね!)

これではいっしょに作業をしているアッキーやKさんともさすがに話題が合わぬ。
もうちょっと、もうちょっと新しいのプリーズ。



「好きな歌手とかおらへんの?」


「あ、中島みゆきは好きですねー。」


するとそれまで僕たちのやり取りを黙っていた聞いていたアッキーが食いついてきた。


「ボクも好きー!」


おお良かった、良かった、繋がった。よし、たたみかけよう。


「へー。アッキー、どの曲とか好きなーん??」


「えっとなー、“家なき子”のやつー。」




…なんかネタの出所に世代を感じるな。


「“家なき子”のやつ?どんなんやったっけ??」


すると、アッキーは「えー!歌うのー??」とか言いながらも嬉しそうに歌い始めた。


「そ〜らと♪…アレ?そ〜らを♪…アレ?」


ああ、あれね。。
でも、うろ覚えのようだ。がんばれ、アッキー!


「そ〜らを♪…アレ?そ〜らを…そ〜らを…」


違うよ?そのメロディー何か違うよ??


(あ!わかった!みたいな感じで…)
「そ〜らを♪ じゆうに〜♪ と〜びたいな〜!」

ハイ!タケコプター!



ありがとう!
それ子どもの頃からめっちゃ欲しかってん!!

木ノ戸



↓↓↓ クリックしておくれやすグッド

人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
| Ackey Cha Cha Cha! | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0)
「2010年度 かんでんコラボ・アート21」表彰式 〜 余談 〜



2010年12月1日(水)、「2010年度 かんでんコラボ・アート21」表彰式

まったくの余談だが、アッキーは眼下に広がる大阪の街を眺めながら、有名無名問わずアッキーが知っている建物、また僕がどこにあるのか知りたい建物を、指差し指差し即座に正確に教えてくれた。ス、スゴい!!と思ったのは、そこから“見えない”建物でさえ…


「あの建物のうしろ〜。見えへんけどある〜」


…と、自信たっぷりに教えてくれたことだ。アッキーがスカイビルに登ったのはこの時がはじめて。お母さんによると地図を正確に覚えていて、立体でも位置関係で分かるのだそうだ。お母さんは複雑そうな笑顔を浮かべてひと言。

「一銭にもならへんことばっかり…」

木ノ戸

| Ackey Cha Cha Cha! | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE