Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
かわいそうな苔


スウィングの清掃部隊「THE CLEANGERS(ザ・クレンジャーズ)」、今日は京都市右京区の名刹「常寂光寺」に出動である。
「常寂光寺」では落ち葉もやっつけるし、雑草もやっつけるが、うっかりやっつけてはいけないもある。

“苔”である。

うむ。苔はお寺に欠かせないモノ。見た目の“美しさ”だけでは無く、どうやら地球に優しい様々な働きを持つ植物らしいのだ!詳しくは全然知らんけど、とにかく大事に大事にしなければならないのだ。




そのため「THE CLEANGERS」の面々は、雑草ヌキヌキに夢中になりながらも苔ヌキヌキしないように細心の注意を払って作業を進めている。…とは言うものの、残念ながら苔を全く傷つけずに作業を完徹することはなかなか難しい。だって、人間の手は苔に比べれば随分大きいからね。とりわけヒグマのような風体を持つXLさんにとってはね。



ん?XLさんがなんだか1人でブツブツ言っているよ?だいぶ大き目の声でブツブツ言っているよ?


「あーまた苔抜けてしもた!」


まあまあ、そりゃあアンタの手、特にデカいからね。





「苔、かわいそ。」





いや、アンタのせいやろ!!!
優しいんだかどうなんだか!

木ノ戸

グッド「THE CLEANGERS」(ザ・クレンジャーズ)とは?
「THE CLEANGERS」とは自分の部屋とかはほったらかしだけれど、仕事でピカピカにするのは大好き〜♡なメンバーたちによって結成されたクリーニング部隊のこと。リフレッシュ?やりがい?充実感?ま、なんだっていいや。ワテら、ピカピカ好っきゃねん!かのオノ・ヨーコが「掃除をしなさい」と言ったように、ピカピカにすることには対価以上の「何か」があるようです。我らクレンジャーズ。今日もいい汗かきながら、あらゆる汚れを落としまくります!なぜか自分の部屋だけは見て見ぬふりしながら…。
| XL伝説 | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0)
XLの好物



XLさんに好物を聞いてみる。

どうせ答えは「知らん」とか「分からん」とかそんなんやろうけど。


「唐揚げや!」


お、めっちゃ投げやりな感じやけど、ちゃんと答えた。めずらし。
でも、ほんまに唐揚げかあ? しつこ行ったろ。


「唐揚げとカレーライスは?」

「唐揚げや!」

「唐揚げとハンバーグは?」

「唐揚げや!」

「唐揚げと焼き肉は?」

「………」

「焼き肉やん! 完全に焼き肉やん! じゃあ、唐揚げと餃子は?」

「…両方。」

「子どもか! 両方は無し!」

「餃子や!」

「餃子なんかい! じゃあ、焼き肉と餃子は?」


「焼き肉や!」


全然、唐揚げちゃうやんけ!
焼き肉、餃子、唐揚げの順やんけ!

木ノ戸

| XL伝説 | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0)
XL、「ROCK&ART 2014 in Musashi-Ranzan」に行く


2日目!
日本赤十字社埼玉支部旧社屋で開催された「生きているということ」展へ!



スウィングからはAckey、XLが出展させていただきました。



Ackeyの作品。

はー、すてき。





XLさん、ご自身の作品の前で記念撮影。

総勢27人の作品を鑑賞できました。
紅葉がとてもきれいな趣のある会場で、
スウィングで見たことのある2人の作品も、いつもと違って見えました。



上賀茂もこうゆうの欲しくないですか?



どーん!
ロックショー会場に到着です!













めっちゃ盛り上がってます!歌って踊っています!
こんなXLさん、はじめて見ました!
「社会福祉法人 昴」の皆様、本当にありがとうございました!

…そして、わたしたちは川越から京都へ、夜行バスで帰ったのです。
すーぱー過ごしやすい居酒屋、海峡のことも書きたかったのですが、
疲れていて写真がありません!

埼玉大好き!おつかれさまでしたー。

(わたなべ)
| XL伝説 | 15:15 | comments(0) | trackbacks(0)
XL、「ROCK&ART 2014 in Musashi-Ranzan」に行く


11/29-30、木ノ戸さん、XLさん、わたし渡邊は、
「ROCK&ART 2014 in Musashi-Ranzan」に行ってまいりました!
武蔵嵐山は東京・池袋からおよそ1時間、埼玉のとってものどかでディープな街!
熱いフェスの様子をお送りします。



朝8時半に乗り込んだ新幹線。
京都駅から東京駅の間、XLさんはずっと窓の外を見ていました。



あっという間について、吉祥寺にて。
「何が食べたい?」ときくと「パンケーキやろ!」とXLさん。
おしゃれなカフェで初パンケーキ…







なぜ私たちが吉祥寺に向かったかと言いますと、
マジェルカさんにお邪魔するため。
まずは期間限定で出展されていた、吉祥寺パルコ6Fへ。

スウィングの商品も並んでいます!うれしい!



そしてマジェルカさん!

西荻から吉祥寺に移転されてから、はじめてお邪魔することができました。











広くなった店内には、かわいいこだわりの雑貨がいっぱいです。
オーナー藤本さんともじっくりお話させていただき、本当に勉強になりました。

ありがとうございました。


 
11/29(土)〜12/25(木)
地下のギャラリーにて企画展。
「阿山君の世界」開催中だそうです!ほんとに素敵な作品でした!

皆様もぜひ!



中央線に乗って、いよいよ!
武蔵嵐山に!



暗い!ついたころには真っ暗!
「ここ絶対!絶対安いんやわ!」と木ノ戸さんが店名に感激した大型スーパー、
「ザ・プライス」が聳える東松山に到着です!





「ROCK&ART 2014 in Musashi-Ranzan」を主催されている
「社会福祉法人 昴」の皆様に連れていただいた居酒屋さん!

本当に、本当に本当にお世話になりました!
お忙しいなか、至れり尽くせりって、このこと!
というほど気を配っていただいて…本当にありがとうございました。



やっぱりカフェよりここのお店の方が落ち着くそうです。



名物やきとり豚。豚肉なんです。美味しかったです。


2日目に続きます…

(わたなべ)
| XL伝説 | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0)
スウィング誕生の秘密


今から9年前、僕が最初にスウィング設立の意思を伝えたのは、XL氏だった。

「XLさん。がんばったけど、もうココ、嫌になったわ。
…僕が新しいとこ作ったら来てくれへん?」


一世一代の問いかけに対し、「うん。いいよ。」と笑顔で即答してくれた氏がいたからこそ、今のスウィングは在る。告白は大成功。僕は心の底から安心し、例え他の誰からも「NO」を突きつけられたとしても2人でやってゆけばいいさ!と、パッと未来が開けた瞬間だった。

最近、まあまあ目前に迫った10周年のことを思う。
5周年の時にはなんもせんかったけど、さすがに10周年はなんかしたいなあ、せんとなあ。

そんな思いを抱きつつ、XL氏に何年かぶりにあのはじまりの物語を投げかけてみる。
なあ、おぼえてるか?XLさん。あれは仕事中やったなあ。たまたま2人きりになった時やったなあ。オレめっちゃドキドキしてたんやで〜。でも、何ですぐ「うん。いいよ。」言うてくれたん?オレ、めっちゃ嬉しかったわあ。そんなにオレの事が好きやったんかあ?

あの感動の瞬間から丸9年。
美しい過去に酔いしれる僕に対し、XL氏はきっぱりとこう言った。





「よー分からんかったからや!」






よー分からんかったからや!

よー分からんかったからや!

よー分からんかったからや!

よー分からんかったからや!




…よー分からんかったから?




ウソやん!!!!!




…まあまあショックだったが、多分XL氏がよー分からんかったお陰でスウィングはできたのだろう。
僕もXL氏も他のみんなもまあなんとか楽しくやっているし、あの時XL氏がどうあれ「YES」を伝えてくれて本当によかった。

それはよー分からんことないよなあ!XLさん!

木ノ戸



「おっさん展」、好評開催中!!(左・描いたおっさん、右・描かれたおっさん。)

人気ブログランキングへ
| XL伝説 | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0)
XL 可児市へ行く



今さら「星の王子 ニューヨークへ行く」を意識してタイトルつけてみた。20代の人はまず知らないだろうが、エディ・マーフィー絶頂期の名作コメディである。当時はたまらんおもろかったなー。また観たいなー。いつ観よかなー。しょっぱなからどうでもええ話やなー。

さてさてウチの王子(王子というより町内会の気のいいオッチャンという感じだが)、い〜い笑顔ではないか。あまり口数の多い人ではないが、やっぱり嬉しかったのだろう。まさか、自分の絵がこんな風に評価されるなんて夢にも思っていなかっただろうし、それ以前にXL氏が「絵を描く」だなんて、本人はもとより周囲の誰ひとりとしてついこの間まで想像もしていなかったのだから。

 

1年前の同じ日には、だらしなくケツを掻きながら、部屋で1日中テレビを見ていた人(注:すべて木ノ戸想像)が、その1年後には自分の絵が展示されている岐阜県・可児市の展覧会で、「けっこう睫毛長い〜」とか「足首細い〜」とか、絵とは全く関係ない部分でまで初対面の女子たちにモテまくる! という(腹の立つ)不測の事態に陥るなんてね! そりゃ笑けてくるわな!

 


 

…がしかし本当のところを言うと、この笑顔がXL氏にとって果たしてそれほど特別か? と言うと、多分そうでもないのである。それこそがXL氏の奥深〜いところなのである。

XL氏が絵を描きはじめたのは、去年の秋頃のことだ。だからまだ1年も経っていない。それまで誰がどれだけ勧めても、明らかに「オレたちひょうげん族」が年々盛り上がってくるのを感じつつも、「いやや。描かへん」と揺るぎない鉄の意思を見せ続けていた男が、ついうっかり、スウィングが他施設と合同で開催したワークショップに参加してしまった。氏がいつものように「描かへん」と一蹴できなかったのは、恐らく会場が他施設だったからだ(空気を読んじゃう男なのである)。描くのが当たり前の、いや、むしろ描かなければいけない状況で、XL氏が脂汗をダラダラかきながら遂に分厚い殻を破って“表現”した光景を、僕は今でもよく憶えている。そこからはもう止まらない。おそらく幼少期の教育、そして数多の苦い経験によって“植えつけられた”苦手意識から自らを解放してみせたXL氏は、それまでの鉄壁の拒否がウソのように、その日を境に毎日ノリノリに描きまくっている(氏とは10年以上の付き合いになる。こう書いてみてもウソみたいだ。でもどうやら本当らしい)。

 

 

XL氏は表現に目覚めた。そして今回のような華々しい機会にも恵まれている。本当に嬉しいしありがたい。しかし敢えて声を大にして言いたいのは、XL氏が浮かべる笑顔は絵を描く以前から人を幸せな気分にしていたし、氏の持つ優しさ、仏さ(ほとけさ?)、明るさ、怠惰さ…多分、絶対、なんにも変わっちゃいないということだ!


障害のある人が“表現”に出会って、こんな風に変わりました!! …みたいな話はよく聞くし、スウィングにもそうしたエピソードはある。そして多くの人が、“その人の身に起こったステキな変化”を求めて“表現する前のその人”と“表現し始めた後のその人”との違いを知りたがったりする。しかしそうした見方もまた、ひとつの偏見なのではないだろうか。

作品の魅力もさることながら、絵を描こうが描くまいがなんら変わらない、飄々として自分の中心を見失うことのない氏の在り方をこそ、僕は尊敬してやまないのである。

木ノ戸

| XL伝説 | 16:07 | comments(0) | trackbacks(0)
京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」はゆるやかに。




ちょいと昔の話になるが、2013年8月3日(土)。

「みかんマルシェ」。

グッズ販売やワークショップとともに、
京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」も出動したのだが?

なんかミサが看板つけて頑張ってるけど?
担当のXLさんは?





ちょ!大きいおっさーーーん!
アンタ漫画読んでるやーーーん!
絵の感じから察するに「スラムダンク」読んでるやーーーん!

何をさぼっとんねーーーん!!





おー、相変わらずミサはええ顔してがんばっとるやーーーん!

その姿見せられたらさすがにXLさんもやる気だすやろーーー!





って、眉間にしわ刻みすぎーーー!!!





って、ミサあんたもかーーーい!!!

なんか前の写真からおかし思たわーーー!!!





おーおー、今度はnacoさん、がんばったはんでーーー!

「ヒグマドン、目覚めよーーー!!」





目覚めなーーーい!!
楽な感じのソファに移動完了ーーー!!!





って、やっぱりミサあんたもかーーーい!!!





わーーー!!
いつ間に帽子ーーー!!!





アンタ、急に仕事しすぎーーー!





ほんでまたソッコー戻るんかーーーい!

っていうか、「YAWARA!」29巻てどっから読んどんねーーーん!!
前の前の写真からおかし思たわーーー!!


…はい、京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」はゆるやかに。


木ノ戸


ええ顔するやんけーーー!

人気ブログランキングへ
| XL伝説 | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0)
されど賢者はグースカ眠る



暑い…。
夏は暑いに決まっているが、決まっている以上に暑い気がする。

寝苦しい熱帯夜は、疲れを取るために寝ているのか、
疲れるために寝ているのかよく分からない。

暦の上ではもうとっくに秋だ。
まあ日中は暑くてもいいから、せめて、せめて夜だけは、心地よく寝かせてけろ…。



さて、ここから唐突に伝説に入る。
XLさん、40数才の生ける伝説に。

街に下りたヒグマ…。京都一のバスマスター…。仏…。
様々な異名を持つ彼が、これまで過ごしたありとあらゆる夜。

哀しい夜もあった。
悔しい夜もあった。
膀胱パンパンの夜もあった。

しかしいったん眠りについたら最後。
暑いも、寒いも、おしっこも、ビクン!も無し。
眠りの途中で目覚めたことが、ただの一度も無いというのだ!

ちなみに眠りにつくまでものび太並みに早い!



XLさんは自分を見失わない人だ。
そりゃ毎日いろいろなことがあって、あっちゃこっちゃ揺らぎはするけれども、
必ず一直線に自分の中心にストンと帰ってくる。
そんな人だ。そんな人らしい無敵の眠りだ。

ちなみにXLさん、夢を見たことも無いのだという。
ちなみにXLさん、朝はノー目覚ましで必ず6時に目覚めるのだという。
ちなみにXLさん、扇風機のみ!エアコンは「要らへん!」という。
ちなみにスタッフ沼田君、ノーエアコンどころかノー扇風機。
更に朝方には掛け布団をかぶるのだという。体温調節どうなっとんねん。

「昨日よー眠れた?」と聞くと、
「よー眠れた!」という年中変わらぬ鉄板の回答。

クソ蒸し暑い熱帯夜も何のその。
賢者の深い深いグースカ快眠は揺らぎなく続いてゆくのであった。

木ノ戸


最近の昼休みはひたすらトランプ。

人気ブログランキングへ

| XL伝説 | 16:13 | comments(0) | trackbacks(0)
壇さんの行方



最初に「涼しいし楽やし安いし買ったら〜??」とお勧めした時には

「いらんわ!!!」

と(強めに)一蹴されたステテコだったが、
最近になって「やっぱステテコ欲しい。」とちょっと恥ずかしそうに言ってきたXLさん。

暑いもんねー!もう「熱い!」って感じやもんねー。
よし!いきましょう!オレも欲しいし!

車ノリノリ、エアコンばりばり、2人きりの時間は割とあっという間だ。
時間を無駄にしてはいけない。XLさんとの買い物と言えば、アレを聞かねばならぬ。
やはり経過を確認せねばならぬ。




XL。壇蜜フィーバーのその後。


はじめは照れを隠すかのように遠回しの告白をしたXLさん。
2度目には異常なまでの好きっぷりを堂々語って見せたXLさん。

しかし最近、彼の口から壇さんのコトをめっきり聞かなくなったような気がする…。
黙々とムッツリ好いているのか?それとも…。


「XLさん、壇さん、最近どうなん??」


少し緊張しながら尋ねた僕にXLさんは窓の外を眺めながらサラリとこう答えた。



「まあまあ。」



んほん!シンプル!!
シンプルにもうだいぶ醒めとる!!!

壇蜜フィーバー、およそ半年か〜。まあ、そんなもんか〜。


男なんてシャボン玉〜♪


木ノ戸


ステテコ買いましたえー。

人気ブログランキングへ

| XL伝説 | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0)
四十路デビュー






最近、なにかとよく出るXLさんが…









めっちゃ…









ぐれた。



※ ぜひ生の迫力を味わいに来てください。

木ノ戸

人気ブログランキングへ
| XL伝説 | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE