Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
工房Solaさん
大好きな大好きな、工房ソラさんにお邪魔しました!


とっても雰囲気のある佇まい。


ほら!中もこんなにいい感じです。


寒い寒い冬だって怖くない!


裸電球もいい!


絵画制作に励むメンバーさんたち。
我らがひょうげん族も刺激を受けました。



お。Kさん、Iさん、外に何かを発見。


にゃあ〜。


ソラ製・陶器の品々。とっても素敵なのです。


チョーかわいい!!


すっかり満喫して山道を帰りました。


唯一無二の存在感。
柔らかで、温かな不思議な空間。

そしてそれらを支える力強さ。

ずっとずっと、ソラさんがソラさんらしくあって欲しいと思います。

…ああ、憧れちゃう。

木ノ戸

ランキングに投票して下さい!
人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
| 感激!!! | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0)
四つ葉のクローバー
ポイントを集めていますので、
三つ葉のクローバーのタクシーのランプを探していたところ、
昨夜の雨で濡れた葉が三つ葉にくっついて、
四つ葉になっていました。
乗ったその日から幸運な出来事が続いています。
ぜひ「四つ葉のクローバー号」を走らせてください。



まるで現代のおとぎ話。
学ぶべき遊び心。

ある利用客の投書によって導入されたという、
ヤサカタクシー「四つ葉のクローバー号」。

京都を走るタクシー9,000台分の4。
ヤサカタクシー1,400台分の4。

…その「四つ葉のクローバー号」に乗車した。

「これ、記念にどうぞ。」

そう言われて運転手さんに手渡された記念カード。
初めて気づく。全くの偶然。上がるテンション。
同乗した知人(アラフォー・♂)とともに喜ぶ喜ぶ。

幸運をもたらすとされる「四つ葉のクローバー号」。
すでに存在そのものが幸運。

鉄板の自慢話がひとつできた。

木ノ戸


…実は1週間後に鞄から出てきて「ああ!乗った〜!」と思い出しました。
乗車当時は少々酔っておりまして。
2回乗った気になれました。ひとつめの幸運。

ランキングに投票して下さい!
人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
| 感激!!! | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0)
山谷ブルース
あ〜とぉは〜

焼酎を〜

あおるぅだけ〜



5月15日記事『赤いおっさんは午後7時に歌う』
おっさんが歌っていた曲名が分かりました!

てっきりおっさんオリジナルだとばかり思っていましたが、
フォークの神様と呼ばれる岡林信康さんの
『山谷ブルース』という曲だそうです。

take5さん、情報どうもありがとうございました!!

木ノ戸



詞・曲 岡林信康

今日の仕事はつらかった
あとは焼酎をあおるだけ
どうせどうせ山谷のドヤ住まい
他にやることありゃしねえ

一人酒場で飲む酒に
かえらぬ昔がなつかしい
泣いてないてみたってなんになる
今じゃ山谷がふるさとよ

工事終わればそれっきり
お払い箱のおれ達さ
いいさいいさ山谷の立ちん坊
世間うらんで何になる

人は山谷を悪く言う
だけどおれ達いなくなりゃ
ビルもビルも道路も出来やしねえ
誰も分かっちゃくれねえか

だけどおれ達や泣かないぜ
働くおれ達の世の中が
きっときっと来るさそのうちに
その日は泣こうぜうれし泣き




ランキングに投票して下さい!
人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
| 感激!!! | 18:45 | comments(0) | trackbacks(0)
御薗橋801商店街の皆さんと。
昨日、お世話になっている御薗橋801商店街さんの懇親会に
参加させていただきました。

まさかのお誘いに加えて、まさかの来賓扱い!

まさかまさかに終始緊張しきりでしたが、
おいしい料理をたらふくいただき、
生801ちゃんも間近に見ることができ、
801ちゃんの中身の方とも知り合いになれました。

…そして何より感激したのは商店街の皆さんの温かさです。
ついこの間お邪魔するようになった僕たちにとってもよくしていただいて…。
本当に感謝と感激でいっぱいです。

最近良いことが続きます。
たくさんの温かな眼差しに囲まれ、…ただ嬉しいです。

木ノ戸


大田神社のカキツバタが綺麗です。

ランキングに投票して下さい!
人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
| 感激!!! | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0)
来たれ、中学生!
「生き方探究・チャレンジ体験」受入事業所に加盟している
スウィングに加茂川中学校2年生が来てくれることになりました。

加盟は2006年。・・待ちに待った受け入れ。
連絡をいただいた時は本当にうれしかったです!!

今日その3名が挨拶に来てくれたのですが、
自分の中学生の頃を少し思い出しました。

楽しいことも嬉しいことも勿論あったけれど、
いろんな悩みや葛藤もあって、
(今も似たようなもんですが)心がいつもざわついていて
しんどかったなあ・・

別に何かを学ぼうとなんかしなくていい!

体験期間中はどうか肩の力を抜いて、
気楽に楽しく5日間を過ごしていただきたいと思います!

木ノ戸


最近さむ〜い!スウィングパーカーの季節がやってきました。


ブルー兄弟。
| 感激!!! | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0)
ゆるく、強く。
嬉しすぎる!
ああ、ビールがうまい!!

スウィングは、世界が注目するあの「べてるの家」のようだ、
といった評価を続けざまにお2人の方からいただいたのだ!

べてるの家『ウィキペディア(Wikipedia)』

べてるの家HP

「べてるの家」の取り組みをを知った当時、僕は激しく感動した。
そして同時に、先進的な取り組みを支えるスタッフの皆さんは
さぞ大変だろうなあ、と想像した。

立命館大学 文学部・応用人間科学研究科の望月昭教授は、
スウィングには「ゆるい強さ」を感じる、とも評してくださった。

望月先生のブログ「対人援助学のすすめ」

ゆるい強さ。

・・これは、まさに僕たちの目指すところであり、
最高の褒め言葉である!

スタッフ一同、日頃の頑張りが評価されたようで大感激してしまった。

時々出会えるこうしたありがたい言葉が、
僕たちの大きなエネルギーになる。

いや〜ん、ほんっとに嬉しい〜。

木ノ戸


スウィングの意見箱。
最近では主に川柳投稿BOXとして使われています。
| 感激!!! | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0)
歓声
百万遍手づくり市のお客様から
うれしいうれしいお電話をいただきました。

「ハーブ石鹸が気に入りました。
次はいつ出店するのですか?」

即座に電話の内容を皆に報告。
おおー!と歓声が湧き上がりました。

ときどきいただくこのようなお電話は
本当に励みになります!大きな自信になります!

次回の出店は明日10日(土)上賀茂幼稚園さんのバザーです。

師走に向けていよいよ忙しくなってきたスウィングです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

木ノ戸


メンバーさんからお借りした「夕やけニャンニャン」
まだ片岡鶴太郎はただのお笑いタレントでした。



日向ぼっこ。
| 感激!!! | 08:49 | comments(0) | trackbacks(0)
うれしいお誘い!!
今日、近隣にある上賀茂幼稚園の保護者さんが
スウィングを訪問してくださり、11月10日(土)に
開催されるバザーへの出店をお誘いくださいました。

活動1年半のスウィングですが、
どうやって地域の方々にスウィングを知っていただくか、
いつも思案しただけに本当に嬉しくありがたいお誘いでした。

この機会を足がかりに、広く地域の方々に
スウィングを知っていただく努力を重ねてゆきたいと思います!


11月10日(土)、上賀茂幼稚園さんに
スウィングのハーブ石鹸が並びます。

嬉しいです!

木ノ戸
| 感激!!! | 08:51 | comments(0) | trackbacks(0)
うれしい悲鳴!!
ハーブ石鹸の大量注文が入り、今日から量産体制に入りました。

通常1日20個の生産を、倍以上の50個生産へと切り替えです。

できあがりは結構可愛らしい石鹸も
いかつい男連中がよってたかっての力仕事が大半です。

なかなか終わりの見えない作業に辟易するかと思いきや、
あまりの慌しさに皆、何だか異様なテンションになって、
いつも以上に笑いの絶えない活気あふれる現場となりました。

ひとりスタッフの沼田君、中盤以降は疲れきってしまい、
声は聞き取れないほど小さくなるし、性格もやさぐれた感じに
なってしまうし、かつて「スウィングを京都一の作業所にしたい!」
と熱く宣言、僕の涙を誘った面影は微塵もありませんでした。

何はともあれ忙しいことはいいことです。ありがたいことです。
明日も気合を入れて頑張ります。

木ノ戸


写真、「型詰め」作業は女性陣も大活躍です。
| 感激!!! | 16:45 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE