Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
「福祉をかえる『アート化』セミナー@愛媛」に木ノ戸リジチョー登壇します!!!

 

全国1兆億万人のスウィングファンのみなさま! そして愛媛県のみなさま!

「黄色が好き、でも青も好き」でお馴染み、NPO法人スウィング理事長・木ノ戸昌幸が生まれ故郷・愛媛県にて開催される…

 

「福祉をかえる『アート化セミナー』@愛媛」に登壇します!!

 

しかも基調講演です! 基調講演って英語でキーノートスピーチですって!

想像しただけでいろんな意味で恥ずかしい!

…18歳で故郷、愛媛県を離れ、早21年。スウィング設立10年の節目にこのような形で故郷に錦を飾ることになろうとはだれが想像したでしょうか。スウィングの活動を通して、手段としてのアートの役割をおもしろおかしくわかりやすく、木ノ戸節全開でみなさまにお話しさせていただきます。わたくし沼田も茶を濁しに同行いたします。

 

この機会をお聴き逃しなく!!

 

気になる日程等々ですが…

 

●開催日:2016年10月5日(水)6日(木)

●場 所:愛媛県美術館 講堂

●参加者:先着100名

 

となります。お知らせが遅くなり申し訳ありません!

セミナーの詳細とお申込みについては「エイブル・アート・ジャパン」様のHPをご覧ください!→

 

繰り返しになりますが、先着

 

100名です!

 

しかも来週です!!

 

とにかくお早めに!!!

 

重ね重ねお知らせが遅くなり申し訳ありません!

どうぞよろしくお願いいたします!

 

(ぬまた)

| NEWSっす! | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0)
夕方からのトーク/「Swingy days」出版記念トークイベント at iTohen

 

昨年12月、展覧会「ART BRUT? NOT ART BRUT?」を開催させていただいた「iTohen」(大阪/中崎町)さんにて、

8/12(金)18:30〜『夕方からのトーク/「Swingy days」出版記念トーク』をやります!!

 

ただ今、参加者大募集中です!!!

 

書籍「Swingy days」のあんなことやこんなこと・・・

本には書かれなかったことも聞けるかもしれません!!

日時・場所・お申込み方法などは以下となります!

 

夕方からのトーク/「Swingy days」出版記念トークイベント

■日 時:2016年8月12日(金) 18:30〜約1時間を予定
■定 員:45名
■参加費:¥1,000(1ドリンク付)

■会 場:iTohen 大阪市北区本庄西2-14-18 富士ビル1F

■スピーカー:木ノ戸昌幸(きのと・まさゆき)
NPO法人スウィング理事長。1977年生まれ・愛媛県出身。立命館大学文学部日本文学専攻卒。NPO、演劇、祇園のスナック、遺跡発掘等々の活動・職業を経て、「毎日笑えるよ」という友人の勧めで障害のある人に関わる仕事に就く。2006年にNPO法人スウィングを立ち上げ、「障害福祉」の枠を超えた創造的な取り組みを通して、社会を変えてゆきたいと願ったり願わなかったり。黄色が好き。でも青も好き。

 

★NPO法人スウィングWEBサイト →

★ブログ『Swingy days』 →

■お申込み(「iTohen」さんまでお願いします!)
電話:06-6292-2812/MAIL:ito_hen@skky.info までお気軽に!

 

皆さまのご参加をお待ちしております!!!

 

四至本

| NEWSっす! | 12:59 | comments(0) | trackbacks(0)
Swinging Vol.20、ただ今発送チュー!!!

Swinging スウィンギング Vol.20  2016年6月15日発行
発行:NPO法人スウィング/編集:木ノ戸昌幸
制作:木ノ戸昌幸・西川雅哉・河原絢香・沼田亮平・四至本恭兵・亀井友美・青山絵梨
絵と詩:オレたちひょうげん族/デザイン:坂田佐武郎/写真:成田舞・NPO法人スウィング

 

スウィングのフリーペーパー最新号「Swinging Vol.20」、遅くなりましたがいよいよ発送完了!!!
間もなく皆さまのお手元に届いたり、どこかお近くのカフェとかお店とかに配架されるはずである。

前号、前々号は「障害者アート」を正面切って特集したが、そんなことはもう殆ど忘れてしまった。勢い余って24ページにしてしまったページ数を今号から元の16ページに戻すつもりだったのは覚えていたが、もう16ページには収まりきらん!ということで、今号は20ページに一応落ち着いた。今号も全力を出し切りました。そう言い切れます。

特集は『「軽度」の「障害者」と呼ばれて。』。
30,000字を7,500字まで絞り込む作業には気が狂いそうになったが(西川くん、沼田くん、お疲れさま)、想像以上の内容になったと感じている。増田さんの謎、京一さんの謎、あちゃみちゃんの謎、そしてどこまでもブレないXL!
ヨヨヨ読んでください!!!

「クソ真面目エッセイ」は「片山工房」の新川修平氏と、連載をさせていただいている「アリヤ」の藤野幸子氏のおふたり。新川さんにはやっぱり気になる「障害者アート」について何でもいいので書いてください!と、雑に依頼。藤野さんには何でもいいので書いてください!と更に雑に依頼。
ケケケ結果として...乞うご期待!!!

自分のエッセイも魂ほじくり返して、深い井戸の底に潜って書きました。
ゼゼゼぜひ読んでください!!!

デザイナー坂田佐武郎氏と組んでの仕事は本当に本当にオモシロい。入稿直前の電話でやりとりしてるんだか、メールでやりとりしてるんだかワケワカランくらいに2人だけの世界に入って進める作業はいつもドキがムネムネ、至福の時間だ。 僕は坂田氏をざぶくんと呼んでいるが、彼はいつだってざぶってくる。「ざぶってくる」の意味は一切説明しないが、とにかく「ざぶってくる」のだ。毎度毎度、素晴らしいざぶりっぷりだ。
ざぶくんと同級生でいてくれたかめちゃん、ありがとう。

成田舞氏の写真も毎度ヤバい(2P・3P・11P・12P・13P)。
あかん。ヤバい。
キキキキモい!!!

…というわけでフリーペーパー「Swinging」は、サポーター(賛助会員)の皆さまからの会費を原資に制作・発行を行っております。この機会にぜひ、サポーターご加入についてもよろしくお願いいたします!確実にフリーペーパーもお届けします!→

また、全国津々浦々「お!あの店に置いたらええんちゃうん?」的な情報がございましたら、スウィングまでご連絡ください!

→ Tel:075-712-7930
→ Mail:swing.npo@gaia.eonet.ne.jp(木ノ戸)

“福祉”を揺らすスウィングのフリーペーパー最新号「Swinging Vol.20」は間もなくのお届けです!!!

木ノ戸

| NEWSっす! | 17:34 | comments(0) | trackbacks(0)
服部正さんのテキスト紹介【膝が痛い芸術家】


ある夜。
服部正さんとふたりで呑む夢を見た。
なんでだろう?と不思議に思ってスウィングに来てみたら、服部さんから僕宛に、下の一筆とともにあるテキストが届いていた。

「iTohenでのシンポを拝聴後つらつらと考えたことなどを書いてみました」

アウトサイダー・アート研究の第一人者である服部さんは、昨年僕たちが「iTohen」(大阪/中崎町)で開催したトークセッションに参加してくれていたのだ(→)。

テキストの名は…

『膝が痛い芸術家  −アール・ブリュットは支援概念になり得るのか 』
「心の危機と臨床の知」vol.17/平成28年2月29日発行/編集・発行:甲南大学人間科学研究所 


読んだ。繰り返し読んだ。
僕は泣いた。最近、いろいろあって涙もろくなってるせいもあるかもしれないが、とにかく泣いた。

スウィングはもう、さよならしたけれど、さよならした割には「NOT ART BRUT.」って展覧会、6月にする予定やけど、アール・ブリュットを知っている人、アール・ブリュットに関わる人、 アール・ブリュットにモヤモヤしている人、アールブリュットに踊らされている人、アールブリュットを利用している人、全員読むべき!!!!!

そう思った。

さあ、皆さん!
こちらから読めます!→


服部さん、ありがとうございました。

木ノ戸
| NEWSっす! | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0)
書籍『Swingy days』、無事校了!!!入稿完了!!!


書籍「Swingy days」、終わりなき加筆修正、そして校正作業が続いている。
しかしもういよいよ大詰めだ。

買って見ていただいたら分かるのだが、そしてぜひ買っていただきたいのだが、この本の初っ端には「献辞」(「〜に捧ぐ」とか)を掲載している。

そしてこんなところで言うのもナンだけれども、捧げたい人のひとりは我が父・ヒロユキである。
父はスウィング立ち上げを見届けることなく逝ってしまった。スウィングを立ち上げる前、僕が前の職場で酷く苦しみながら働いているのを知っていたので、「お前のことだけが心配や」と言わせたまま逝かせてしまった。まあ、しゃあない。こればっかりは仕方がない。

で、父の名・ヒロユキは「広」の旧字、「廣」と「幸」とで「廣幸」なのだが、「廣」の方がちょっとややこしく、実際は「广(まだれ)」の中身が微妙に違うんだそうだ。確か「黄」だったような。そのことを確認するため母に電話を入れる。やっぱりちゃんと正しい字で捧げたいもの。


僕:あ、もしもし、あんな、親父の「ヒロユキ」の「ヒロ」やねんけどね、旧字体で書くやんか?

母:違う!旧字体じゃない!「ム」じゃない!



…一瞬、母が何を言っているのか分からない。…しばらく考えて思いつく。なるほど。「ム」とは新字体の「広」の中身のことを指しているらしい。
でも、なんでソコついてくんねん…。だから旧字体言うてるやん…。


僕:いや、だから「ム」の方じゃなくって、旧字体の方やんか?

母:違う!旧字体じゃない!みんな間違えはるんよ。ちゃんと書いてくれるのホント時々よ!



…はい、めっちゃイライラする。…これまでよっぽどイヤな思いでもしてきたのだろうか?
旧字体の意味が一向に伝わらないではないか。一貫して「ム」のことしか考えられていないではないか。


僕:いや、あのね、「ム」は新字体の方で親父の場合はそれじゃないやん?だから旧字体やん?「まだれ」…やったかな?その中に黄色の「黄」みたいなヤツやん?

母:…そうよ。



…ふう。実際にはもっと不要な応酬があったのだが、まあこんな感じに理解してもらえた。しかしまだ続く。


僕:で、その中身なんやけど、正しくはどう書くんやったっけ?黄色の「黄」でいいの?

母:ワープロでもメールでもちゃんとした字、出てこーへんのよ!



…分かってるがな。…「廣」出てきてまうん、分かってるからこうして聞いてるんやがな。


僕:だから、そやねん。上が「甘い」みたいになってる字ばっかり出てくるからね、正しいのを知りたいねん。黄色の「黄」でよかったんかな?

母:違うよ!黄色の「黄」じゃないんよ!下の方も突き抜けないんやから!

僕:…そうなん?ややこしなあ。「由」じゃないってこと?

母:そうよ!突き抜けないんよ!田んぼの「田」よ!

僕:…ちょっと正しいの書いてFAXで送ってくれへん?

母:分かった。ちょっと(土地とか家の?)権利書かなんか調べてみるわ。



…と、待つこと数分。携帯が鳴る。母だ。


母:お父さん、黄色の「黄」って書いてるわ。お父さんも分からなくなってたみたい。分からへんわ。戸籍でも見に行かんと…。


お父さんも分からなくなってたみたいて!!!
戸籍とかもうええねん!!!
いつまでたっても本できひん!!!


僕:分かった!ちょっと急ぐから黄色の「黄」でいくわ!

母:はいはい。…何?なんでこんなこと聞くの?何に使うの?


僕:いや、仕事でちょっと!ありがとう!じゃ!


…ああ、疲れた。…ほんま疲れた。
…そして数時間後、母から届いたメール。


勘違いでした。

中は 黄です。



…うん…そっか…勘違いが分かってよかったね。
…でも結構な勘違いやったかと思うんやけど…シンプルなメールやね。




というわけで!「ヒロユキ」の「ヒロ」が分かったところで書籍『Swingy days』、たった今、無事校了!!!入稿完了!!!退職予定日をとっくに過ぎているのにより良いモノを目指して諦めずに頑張ってくれたなべちゃん、ありがとう!!!アナタがいなければこの本は絶対に出来なかった!!!

昨日の夜は一睡もできなかった。アレコレ考えて、不安で不安で一睡もできなかった。
(入り込み過ぎて、今ちょっと異常なテンションというのもあるのだろうが)自費出版であろうがなんであろうが、本を世に出すってこんなにもプレッシャーのかかるものだったとは…。(一緒にしちゃマズ過ぎるが)そりゃあ、村上春樹さん、海外住まはるで…。

ダーーーーー!もう終わり!!ハイ終了!!!
お〜い!父ちゃ〜ん!!見てるかあ!!!

引き続き絶賛、ご予約受付中です!!! →
どうぞどうぞよろしくお願いいたします!!!


木ノ戸
| NEWSっす! | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0)
スウィングの本『Swingy days』、ご予約受付中!!!

著者:木ノ戸昌幸/編集・発行:NPO法人スウィング/デザイン:渡辺良子/印刷・製本:(株)からふね屋
サイズ:B6(18.2×12.8×2cm)/ページ数:252ページ/発行日:2016年5月1日

ブログの更新が滞っております!滞っております!
なぜかってそりゃあ、ただでさえバッタバタのファッキン年度末に加え、スウィング史上はじめての本をファッキン製作中だからであります!

その本の名は…本の名は…『Swingy days』!!!
そう!このブログといっしょの名前!なんてひねりのない!恥ずかしい!
でも、だって、このブログからセレクトし編み直したいわゆる「ブログ本」なんだもの!
いやん!「ブログ本」て!なんか安っぽすぎてやっぱり恥ずかしい!
でも出しちゃう!!!


ふぅーーーーーーーーーー。


とはいえ本を作るのって、やっぱり、なかなか大変ですね…。
「ブログ本」とはいえ、1,500近くの記事から100ちょっとまでセレクトする作業からはじまり総製作期間、既に9ヶ月以上…。
法人設立10周年記念事業のひとつとして取り組んできたものですが、正直、僕はもろもろの状況を鑑み「あきらめよう」と判断しかけたのですが、これに対してデザイナーなべちゃんの「やりたいです!!!」という並々ならぬファッキン熱意がファッキン猛反発!!!「おお!そうか!じゃあ、やっぱりやろう!!!」と一瞬で判断を翻し、今日に至っておるというわけです。

そう。この『Swingy days』の発刊は、本日をもって退職するなべちゃんの最後の仕事でもあるのです。
この3年間、スウィングに多大なる貢献を果たしてきてくれたなべちゃん。
お別れの時はもう間近ですが、なんかそんなん言ってられへんくらい、今現在、最後の追い込み中なわけです!「ブログ本」出すためにブログ書けへんようなったり、「さよなら」言えずにいるわけです!(で、なべちゃんは結局明日もスウィングに来ることになりそうです!なんのこっちゃ!)





再び本の宣伝に戻ります。


「ブログ本」…と言ってしまえばそれまでなんですが、そもそも僕はこのブログ「Swingy days」を書き綴ってゆくにあたって、いつしか「消費されないものを書こう」と心がけてきました。その結果は計りようがありませんが、ともかくそんな風に心がけてきました。「福祉」とか「障害者」とレッテルづけられた人たちのことを、知らない人や勘違いしている人たちにちゃんと届くように、伝わるように、「消費されないものを書こう」と。

コンセプトは「トイレで用を足しながら読める本」。
そしてキャッチコピーは「24時間TVの真逆らへん」です。


自費出版ですし、部数も少ないですし、どこの本屋さんに置いてもらえるかも全く不透明な状況(なんて無計画な…。でも、Amazoneでは買えるようにします)ですが、このブログを愛読してくれている方々にも、そうでない方々にも、たくさんの人に読んでいただきたい、心からそう願っています(そりゃ、そうだ。全部の本がきっとそうだ)。


で!ここで!
既にFacebookでは思いつきでちょろんとはじめたりもしているんですが、改めて本日より予約販売の受付をさせていただきます!
スウィングより愛を込めて、直送で送らせていただきます!
肝心のご予約特典は…

‐暖饑妊淵靴1,400円ポッキリ!!!
▲廛薀港料無料!!!


の2つです! (…大したことない?)
お名前・ご住所(送付先)・連絡先・冊数をご明記の上、件名を【Swingy days 予約】としていただき… 

kamei@swing-npo.com (亀井)

までE-mailにてお申込みください。
電話・Faxでのお申込みは…075-712-7930(やはり亀井)までお願いします。
発送は4月下旬〜5月初旬頃になる見込みです(冊数にもよりますが、基本的にはポスト投函での配送となります)。

「トイレで用を足しながら読める本」「24時間TVの真逆らへん」。
要するに世にはびこる「感動ポルノ」をぶっ飛ばせ!!!
お取扱いただける本屋さん等も募集中です!ご推薦、ご紹介等々よろしくお願いいたします!
NPO法人スウィングが自信を持ってお届けする『Swingy days』、間もなく発行です!!!

木ノ戸
| NEWSっす! | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0)
【ド吉報!!!】「はあと・フレンズ・ストア」の移転先が決定しました!!!


「Swingy days」の読者の皆さまにもご心配をおかけしておりました京都が世界に誇るイケてるお店、「はあと・フレンズ・ストア」の移転先が遂に決まりました!!!

京都の繁華街、新京極からちょっと入ったところにある花遊小路商店街内という好立地です!!!
あの!あぶらとり紙で有名な「よーじや」本店さんの斜め向かい!!!
近隣にはあの!テキスタイルブランド「SOU・SOU」のお店もいっぱい!!!

当初の「無償で借りられる場所」という条件も、本当に!本当に!!本当に!!!たくさんの皆さまのお陰をもって見直され、無事(?)、賃料が予算化されることとなりました!!!




…およそひと月くらいの期間だったでしょうか。スウィング一同、この移転問題がより良き方向に好転するよう全力を尽くしました。大切な場所を無くしたくない!無くしてはダメだ!という一心でした。

ストアスタッフの皆さん、京都市の皆さん、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。
今、僕たちは心から安心し、そして心から喜んでいます。また花遊小路商店街内という好立地を見つけ出し、交渉を重ね、移転先として決定されるまでの経緯には、並々ならぬご尽力があったものと想像します。重ね重ね本当にありがとうございました。
僕たちも新店舗での運営がより良きものとなるよう、共に力を尽くしてゆく所存です。

おおっと!このタイミングで「はあと・フレンズ・ストア」のホームページがリニューアル!!!
いやん!ばかん!めっちゃ見やすくなってるやん!!!→

以下、4月1日から営業をスタートする新店舗の情報です!

ひらめき営業開始:2016年4月1日(金)13:15〜
 
※ 旧店舗の営業は3月25日(金)19:00までとなります。
ひらめき営業時間:11:00〜19:30 
 
※ 現在の10:30〜19:00から変更となります。
ひらめき定。日:毎週水曜日・年末年始
ひらめき所在地:京都市中区新極通四条上る之町565-15
ひらめきTEL:075-221-8033(2016年4月1日〜)
 
※ 3月31日までは現店舗TEL:075-221-8111
ひらめきURL: http://kyoto-heartfriends.com
ひらめきtwitter: @heart_friends


信じていましたが素晴らしい着地点が見つかり本当に!本当に!!本当に!!!

良かったです!!!

木ノ戸
| NEWSっす! | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0)
祝・Good Job! Award 入選&企画展出展!!!


一般財団法人たんぽぽの家(奈良県奈良市)が主催する「Good Job! Award」の一次審査を、スウィングが中梅織物株式会社(京都市上京区)と協働して企画・開発した新商品「京都・西陣織/長いがま口」が突破しました!

「Good Job! Award」とは、既存の労働観にとらわれないユニークな発想で、障害のある人の可能性を生かした新しいしごと、アートやデザインの力を生かした創造的なしごと、先駆的・革新的・実験的な取り組みなどを募集する公募プログラムのこと。全国各地から(海外からも)自薦・他薦、100件を超えるエントリーがあったそうです。

そもそもこの「Good Job! Award」は、たんぽぽの家さんが展開する「Good Job! プロジェクト」というデカいプロジェクトの一環としてあるモノで、従来の福祉施設の概念を覆す「Good Job!センター」のオープンやら何やら……とにかく多角的過ぎる取り組みなので、詳しくはコチラをご覧ください!(丸投げ!)→



…話し戻って見事「Good Job! Award」の一次審査を突破(入選)した「長いがま口」は…

京都のNPO法人スウィングと、西陣織の老舗・中梅織物の出会いをきっかけに生まれたプロダクト。もともと施設に下請作業を委託していた会社がパッケージを製造、施設商品の委託販売先であった雑貨屋が縫製をするなど、これまでの関係性を越えた協働が生まれています。

…と紹介して頂いております(→)。そうなんです。この「長いがま口」は中梅織物さんだけではなく、2006年、スウィング設立当初からの取引先(スウィングが箱折の仕事を受託)であるマルシゲ紙器(京都市山科区)さんや、スウィング「オレたちひょうげん族」グッズのお取り扱い店である雑貨店「561Works」(京都市北区)さんという、「古い知り合い」同士を繋げまくって完成した多重コラボ商品なのです!いや〜1年間、なべちゃんと(近所を)一緒に走り回った甲斐がありました…。ちなみに原画を描いたXLさん、かなえさん、Ackeyはなんっにもしていません!別にそれでいいんですが、一応小耳に挟んでおいていただきたいと!

「長いがま口」は今後、各地(宮城・東京・大阪・大分)の「Good Job!」展(「Good Job! Award」入選展)を巡回、来る12月20日(日)には東京「渋谷ヒカリエ」にて公開プレゼンテーション(最終審査)が行なわれ、「第1回 Good Job! Award」 の大賞が決定します!(おふざけと生真面目の間ぐらいを狙ってプレゼンしてきます!)

…ちなみにこの「長いがま口」、10,800円(税込)という高価なお品にも関わらず、幸いなことに現時点で売れ行きも好調、「在庫が追いつかない!」という状況が続いております。そのためなかなか販路が広がっていかないのですが、現在のお取扱店は以下の通りです!

ひらめきマジェルカ 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-3-11 Tel:0422-27-1623
ひらめき3331 CUBE shop&gallery 東京都千代田区外神田6丁目 11-14「アーツ千代田3331」内 Tel: 03-6803-2441
ひらめき京都デザインハウス 京都府京都市中京区福長町105 俄ビルB1 Tel:075-221-0210
ひらめきはあと・フレンズ・ストア 京都府京都市下京区函谷鉾町80 京都産業会館B1F Tel: 075-342-0051



またまた「Good Job!」の話題に戻ります。全国4か所を巡回展示する「Good Job!」展は「Good Job! Award」入選展と企画展「未来をつくる挑戦」との2つに分かれておりまして、なんとなんと!企画展の方にもスウィングが出展いたします!こ・りゃ・う・れ・し・や!や・や・こ・し・や!
では企画展の方でスウィングの何が選ばれたのかといいますと、「NPO法人スウィング」なんです。つまり「NPO法人スウィング」自体が「Good Job!」やと!(たぶん)そういう評価をいただいたワケです!


“美しい京都をより美しく”を合言葉に、ゴミコロレンジャーに扮し清掃活動を行う「ゴミコロリ」。ワークショップ、スポーツ、寸劇上演などを通じてさまざまな子どもたちと交流する「コドモとアソブ」(写真)、「京都人力交通案内『アナタの行き先、教えます。』」など、遊ぶこと働くことを両立させる新しい仕事観を提案します。

これまでスウィングは、決まりきった「枠組み」や「コンセプト」を先立たせず、正に日々の試行錯誤の中から徐々にやれること、やりたいこと、やるべきことの芽を見つけ出し、それを丁寧に丁寧に育ててきました(こういうのを世間では「計画性が無い」と言うようです)。そうして9年の歩みのうちに立ち現われてきたスウィングの在り方を評価してもらえたこと、本当に嬉しく思います!→

というわけで「長いがま口」と「NPO法人スウィング」が宮城、東京、大阪、大分を巡ります!
皆さま、ぜひぜひ「Good Job!」展にご来場ください!

グッドGood Job!宮城展 
会期:2015年12月13日(日)〜15日(火) 10:00〜20:00 
会場:せんだいメディアテーク 1F オープンスクエア

グッドGood Job!東京展 
会期:2015年12月18日(金)〜20日(日) 11:00〜20:00 
会場:渋谷ヒカリエ8F 8/ COURT

グッドGood Job!大阪展 
会期:2016年2月26日(金)〜3月1日(火) 10:00〜21:00 
会場:無印良品グランフロント大阪 Open MUJI

グッドGood Job!大分展 
会期:2016年3月4日(金)〜6日(日)10:00〜20:00 ※日曜のみ19:00まで/入館は閉館時間の30分前まで 
会場:大分県立美術館 1Fアトリウム

グッドGood Job! プロジェクト WEB → http://exhibition.goodjobproject.com/

木ノ戸
| NEWSっす! | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0)
Swinging Vol.19、間もなく発行!!!

Swinging スウィンギング Vol.19  2015年12月1日発行
発行:NPO法人スウィング/編集:木ノ戸昌幸
制作:木ノ戸昌幸・西川雅哉・河原絢香・沼田亮平・四至本恭兵・亀井友美・渡辺良子

絵と詩:オレたちひょうげん族/デザイン:坂田佐武郎/写真:成田舞 NPO法人スウィング


スウィングのフリーペーパー最新号「Swinging Vol.19」、いよいよ12月1日(火)発行である。 ...恥ずかしげもなく、「いよいよ」なんて言うてるのは完全に自己満に違いないが、誰がなんと言おうと「いよいよ」は「いよいよ」なんである! 通常フルカラー16ページを1.5倍!24ページに突然の増ページ!!!完全に金勘定ができていないこの状況にこそ、我々の深い思い入れを読み取っていただきたい。

AM3時、4時は当たり前だった入稿までの数日間。この10年間、他の仕事を含めて考えてもここまでやったことは無かったし、夢中になってそれができたことがちょっとうれしい。ああ、リクちゃんの描いた表紙も格好いいし、取材でアチコチ行ったし、デザイナーの坂田佐武郎氏とは毎度のごとく気持ちよく意見し合ったし、どんな反響があるのか楽しみっちゃ楽しみだが、もう作り上げてしまったことに一定の満足感を得てしまっていることも、フリーペーパーならではでんなあ。肝心の内容についてはひょっとすると「誰が興味あんねん!」(このヤナギブソンのギャグが僕は大好き)という仕上がりになっているのかもしれないが、今、このタイミングだからこそ、(あくまでスウィング的に)読んでほしい!知ってほしい!という内容をふんだんに盛り込んだので、ぜひぜひ多くの人に手に取っていただきたい。

特集は『ちょっと奥さん!「障害者アート」がキテるんだって!Part.2』。実は大幅増ページの理由はこの特集にあって、通常3Pを16Pにドドン!!!「キテる」を「流行している・勢いがある」と捉えて特集した前号と打って変わって、「様子がおかしい・(良くない意味で)ヤバい」といったもうひとつの「キテる」からアプローチ。森下静香さん(たんぽぽの家/奈良)、櫛野展正さん(鞆の津ミュージアム/広島)、齋藤誠一さん(社会福祉法人グロー/滋賀)への濃ゆ〜いインタビューや久保田翠さん(認定NPO法人クリエイティブサポートレッツ/静岡)、服部正さん(甲南大学文学部准教授/著書「アウトサイダー・アート」光文社新書・2003)のエッセイなど、盛りだくさんの内容となっている。(要するにほとんどが特集ということです!)

しかし、なぜ中途半端に19号なんかに「いよいよ」を持ってきたのか?区切りの20号ではダメだったのか?よく分からないが昔「19(ジューク)」というグループ?ミュージシャン?がいて、当時僕が大好きだったサブカル系女子を中心として一世を風靡したことだけは確かだ。ちなみに20号は当然16ページに戻すし、特集のテーマももう決まっている。たぶん絶対まあまあ突っ込んだテーマだが、この19号も然り、 「勝手な使命感」だけで突っ走れるのもフリーペーパーならではだろう。 だからこれからも、(恐らく)「Swinging」はフリーペーパーにこだわる。

 
…というわけでフリーペーパー「Swinging」は、スウィング賛助会員の皆さまからの会費を原資に制作・発行を行っております。この機会にぜひ、賛助会員ご加入についてもよろしくお願いいたします!→
また、全国津々浦々「お!あの店に置いたらええんちゃうん?」的な情報がございましたら、スウィングまでご連絡ください!

→ Tel:075-712-7930

→ Mail:swing.npo@gaia.eonet.ne.jp(木ノ戸)

…というわけで“福祉”を揺らすスウィングのフリーペーパー最新号「Swinging Vol.19」は12月1日(火)発行どす!!!

木ノ戸
| NEWSっす! | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0)
【明日8/28(土)「京都新聞」掲載】突撃1,000人アンケート奮闘記!


みなさん!
スウィングが、2015年7月1日に発行した「Swinging vol.18」
もちろんすでにボロボロになるまで読んでくれましたよね??

その中の特集
「ちょっと奥さん!「障害者アート」がキテるんだって!Part.1」
今、「障害者アート」はキテるのか?
ネットを捨て街に出よう!突撃1,000人アンケートの巻!!

この記事に関心を持ってくださった京都新聞の記者さんが
先日、スウィングに取材に来てくださいました。
明日8/28(土)の「京都新聞(朝刊)」に掲載されますのでぜひ読んでください!
(「地域版」に掲載されます。地域はもちろん「京都」です。だから「京都」で買ってくださいね!)



(掲載されました!→

京都新聞さんに負けちゃいられない!
恐らく新聞には掲載しきれない(されない?)、
「1,000人アンケート奮闘記」を書きましたので、読んでください!

Swingまあまあ若手スタッフ4人衆(若い順から…河原・亀井・四至本・沼田)が日替わりで街に出かけました…
調査に出かけた5月の終わり 本当に本当に暑くて この日差しの中
アンケートに答えてくれる「心優しき人」はいるのだろうか…と
とても心配で1人心細く調査を開始しました。

ーーーーー

9:30 京都大学 吉田キャンパス 北部講内付近 

かめい:「すみません、ちょっとお時間よろしいでしょうか?」
男子学生:「あっ、すみません。急いでいます」
かめい:「…そうですよね。。ありがとうございます」

忙しく立ち去る学生。
…ちょっと悲しい気分になり、次、だれに聞こうかと躊躇する。
自転車に乗ってる人を止めるのは難しい…ヘッドフォンをしてる人も難しい…
そして外国人の学生には、わたしが英語をしゃべれないので難しい…

人を選んでいても時間が過ぎていくだけ…
ちょっと場所をかえ、通行人をかたっぱしから声をかけることにする。


10:00 京都大学 吉田キャンパス 本部校内付近

かめい:「すみません、ちょっとお時間よろしいでしょうか?」
60代マダム:「いいわよ、何かしら?」
質問に淡々と答えてくれ、最後に
「大変な仕事、若いのにえらいわね。頑張ってね」と言って去って行った。

ーーーーー

「大変」??「えらい」??「頑張って」??
なにが? だれが?
今回のアンケートで度々言われた言葉。
「大変な仕事ね」「えらいわね」「「頑張ってね」

アンケート結果にも表れていたように、
障害者のイメージ(福祉施設で働くくスタッフも含め?)は
「大変そう」「頑張っている/一生懸命」といったイメージなのでしょうか?



その後もバインダー片手に、笑顔で質問するなか、
なにか心にモヤモヤするものがありました。
(写真は岡崎公園付近で調査する、あやちゃん)

TVやインターネットなどの情報で、
とても偏ったイメージを持たれているように感じます。

「障害者」のイメージは?という問いにも

「ちょっと怖い」「立派な人が多い」「才能がある」「真っ白」「まじめ」
「控えめ」「集中力がある」「個性的」「明るい」…
他にもいろんな回答がありました。

「療育手帳でバスがタダになるのにタクシーに乗っている」
「あつかましい」…

いやいや、障害者の中でも色んな人いますやん!
そして、障害がなくても色んな人いますやん!わたしたちもそうですやん!

ニュースなどの影響力は本当にすごいもので、
悪いニュースが流れると「障害者=怖い人/危ない人」になって
「知らない」ばっかりに、1つそういうことがあると、障害者みんながそのイメージになってしまいます。

「チャレンジしている」「たくましく生きている」「頑張っている」という回答もあり、
さっきとは逆に、24時間TV等々で映る「障害者」は、
やけにキラキラしているので、やはりそういうイメージを持っている人がいました。

わたしたちは、そんな一面も、そうではない一面も、
もっと他の面もあることを偏った「発信」ではなく、
本当の(リアルな)「発信」をしていくことが必要なのではないでしょうか?
そういう小さい積み重ねが
きっと世の中の偏った「イメージ」を少しずつ変えていける気がします。

このアンケート調査は「障害者アート」ってホンマにキテんの〜???
という調査でしたが、「障害者アート」はまだまだこれから…。

12月発行予定の「Swinging Vol.19」では、
「ちょっと奥さん!「障害者アート」がキテるんだって!Part.2」と題し、
もう1つの「キテる」を特集します!

お楽しみに。

(かめい)


※ フリーペーパー「Swinging」は、スウィング賛助会員の皆さまからの会費を原資に制作・発行を行っております。→
※ 全国津々浦々「お!それウチに合うよ!置くよ!」という店舗さま等いらっしゃいましたら、スウィングまでご連絡ください!(10部〜20部程度)
※ 全国津々浦々「お!あの店に置いたらええんちゃうん?」的な情報がございましたら、スウィングまでご連絡ください! → Tel:075-712-7930 → Mail:swing.npo@gaia.eonet.ne.jp(木ノ戸)
※ 現在の配架先についてはコチラをご参照ください。→
| NEWSっす! | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ランキングに投票してください!!
人気ブログランキングへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE