Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
第60回プチコロリ

DSC_0143.JPG

 

去る、11月7日(水) 立冬の日。

暦の上では、冬が始まる日らしいのだが、23℃ととても暖かく

最高のプチコロリ日和。

 

秋の京都は、春よりも少ないそうだが、ものすんごい観光客でごったがえす!

そして今日の行き先「高台寺」周辺は一番といってもいいほど人が多いのである。

 

知恩院、八坂神社、円山公園、高台寺、清水寺とだいたい2匏内にあつまっており

風情のある石畳をはんなり歩いていると全部回れるようになっている!

 

DSC_0060.JPG

 

昨年、京都を訪れた観光客は5,362万人!

 

DSC_0215.JPG

 

内、外国人は743万人!!

 

DSC_0082.JPG

 

修学旅行生は112.6万人!!!

 

DSC_0085.JPG

 

観光消費額は昨年、過去最高の1兆1268億円!!!!!であーる!

 

なんと!

ん〜でもどれもピンとこない!!!

 

DSC_0110.JPG

 

とりあえず、京都に人がたくさん来て、お金を落としていってくれて

ありがたや〜なのである。いや、ありがたや〜だけじゃないのであーる。

 

ま。いいや。

紅葉にはまだ早かった真昼間、平日の京都、高台寺周辺。

「そうだ 京都、行こう。」

 

DSC_0075.JPG


でかい!とりあえずでかいもん発見!

木ノ戸さんは若かりし頃、これを1日に2回見に来たのである。

なぜ?なぜ?

 

DSC_0090.JPG

 

記念にパチリ!

【京都東山 霊山観音】おこしやす〜。

高さ24m、顔6m ほんと巨大!ぜんぜん小顔じゃない!!

 

DSC_0101.JPG

 

高台寺より続く【台所坂】はんなり〜。紅葉は色づきはじめています。

あ!?このアヤシイお二人は、コロレスラーの

(真ん中)「向井コロ夫(中身:向井久夫)」さん

(赤い服)「コロ・ナカムラ(中身:Ackey)」さんです。

みなさん、もう覚えましたか?

 

DSC_0175.JPG

 

向井コロ夫さん!スポーツ飲料飲んではります。

「あつぅーーてフラフラや!」

 

観光客の人からヒソヒソ「あれは敵?」「悪役?」と言われていましたよ!

こんなにかわいいのにね♡

 

DSC_0103.JPG

 

DSC_0116.JPG

 

DSC_0120.JPG

 

DSC_0123.JPG

 

DSC_0131.JPG

 

本当にわたしたち、プチコロリなのに普通に京都観光を楽しんだのである。

そして、観光客を楽しませたのである。

 

DSC_0145.JPG

 

DSC_0146.JPG

 

いやいや、、でもプチコロリ!

ゴミを見つけたらすばやく協力して拾うのであーる。さささ!

 

DSC_0150.JPG

 

でも、またこんなところ見つけちゃって並んでかっこつけたり、、、

んーーーなかなか、ゴミブルーよりインパクトあーる!

 

DSC_0153.JPG

 

DSC_0156.JPG

 

でも、やっぱりあの有名な【二寧坂】をコロリしたりするのである。

さささ!

もうそろそろわたしたちを「そうだ 京都、行こう。」に使ってもいいよ♡

 

DSC_0134.JPG

 

DSC_0144.JPG

 

DSC_0169.JPG

 

DSC_0179.JPG

 

DSC_0186.JPG

 

あれあれ、なになに。【本家西尾八ッ橋】さん!

ゴミブルーに深くお辞儀!?どしたん!

 

 

そうなんです!知る人ぞ知る?

スウィングは「八ッ橋」を入れる箱を折っているのであーる。

ほれほれ。

 

DSC_0198.JPG

 

と、プチコロリそっちのけで、京都観光を満喫したわたしたち

「そうだ 京都、行こう。」おわり。

 

(かめい)

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 14:02 | comments(0) | trackbacks(0)
ふるさとと味覚

 

ゴルゴが「ふるさと」を歌っている。

 

 

 

「ウサギおいし 賀茂川〜♪ 子豚食いし 賀茂川〜♪」

 

 

 

そんな川ちゃう!!!

 

 

 

ゴルゴが昼ご飯にカップ焼きそばを食べようとしている。

やかんに水を入れ、火にかけておよそ10秒。火を止め、やかんの「水」を注ぐ。

 

 

 

「これで十分や♪」

 

 

 

早よベロ診てもらえ!!!

 

木ノ戸

| 超A級(食の)スナイパー | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0)
第121回ゴミコロリ

DSC_0072.JPG

 

白菜。

お鍋の美味しい季節になりましたね。

 

淡泊でカロリーが低く、たくさん食べても太りにくい、体重管理には便利な食材で「ヘルシー」という言葉がぴったりの白菜。歴史が古い伝統野菜のように思われてる方も多いかと思いますが、実は日本に伝わったのは明治になってからなのです。特別多い栄養素はありませんが、バランス良く含まれており、一度にたくさん食べられるので十分な栄養効果が期待できるのです。

 

 白菜の旬の時季は冬 

寒いと成長が一時的に抑えられ、糖分が中に溜まります。このおいしい糖分が蓄えられた一番良いタイミングが冬に当たるのです。

 

そう、わたしたちと一緒なんです。寒いと外に出る意欲が一時的に抑えられ、ゴミコロ魂がそれぞれの心のうちに溜まります。この熱いゴミコロ魂が蓄えられた一番いいタイミングが第3水曜日に当たるのです。

 

はい、てなわけでだんだんと寒さが増してきた11月21日(水)、「第121回ゴミコロリ」を実施いたしました! 今回は上賀茂地域を2グループに分かれて実施いたしました。南-1エリア、北-2エリアの様子をご覧いただきます。では、南-1エリアからいってみよう!

 

DSC_0001.JPG

 

南-1グループには、ワタナベさんと…

 

DSC_0008.JPG

 

いつも仲良させていただいております楢崎さんが親子で参戦。

 

DSC_0011.JPG

 

今日も安全に楽しくコロれるようにお地蔵さんがオシャレして見送ってくれています。

 

DSC_0077.JPG

 

ね、協力しながらコロりましょ。

ああ、楽しい♪

 

DSC_0013.JPG

 

お地蔵さんのすぐそばに使い古した軍手が。何やら指差しのように見えますね。お地蔵さんが「あっちに進みなさい」と教えてくれているのでしょう。軍手が指差す方向に歩みを進めると…

 

DSC_0023.JPG

 

ほんとだ! 大物ゴミ発見!! 空のポリタンクGETです。お地蔵さんに感謝です。

 

「Tank(thank) you!」

 

DSC_0016.JPG

 

おお、ちゃみブルーさん。続け様に大物GETです。この破損した雨樋をつかって「ものボケ」します。

 

DSC_0017.JPG

 

う〜ん、なんとも微妙なボケ…

 

 

シュノーケル?

 

 

昔の電話?

 

いったいどっちなんだい?

 

DSC_0018.JPG

 

いやいや、聞いてんねん。ちゃみブルーに聞いてんねん。めっちゃ頑張ってコロってるし、声かけんといて〜みたいな感じ出さんでもええやん。ていうか、他人様の敷地内にinしてるし。

 

なあなあ、さっきの「ものボケ」なんやけど〜…

 

DSC_0044.JPG

 

なあ〜って。

 

DSC_0071.JPG

 

いっつもそんなに積極的じゃないやん。急に張り切ってPR活動し出してるやん。さては、相当引きずってるな?

 

DSC_0045.JPG

 

やっぱり。名刺ばらまいちゃって、動揺隠せてへんし。

 

DSC_0055.JPG

 

恥ずかしさのあまり、この場から早く離れたい気持ちに。でも、順番守ってね、サンタさんひとり抜かしかけてるよ。ひーちゃんを見てごらん? ちゃんとマナーよく順番待ちしてるよ。

 

DSC_0057.JPG

 

何? 何? ぬくもりキャンペーン? 何のチラシでしょう? 何にしてもボケ損なって凹んでる今のちゃみブルーには「ぬくもり」がいちばんです。でも結局「ぬくもり」には手が届かず…

 

DSC_0081.JPG

 

「ぬくもり」を手に入れられず、あまりにもしつこく「ボケの弱さ」を指摘されたちゃみブルーが怒りの反撃に。コロった鉄の棒と鉄製の蓋を手にし、戦闘準備。ちゃみブルーに挑むのは、先ほどのマナーの悪いちゃみブルーに怒りを覚えたひーちゃんです。

 

戦の前に〜…

 

DSC_0025.JPG

 

サンタさんに勝利を約束します。

 

「きっと勝って帰ってくるので、プレゼントお願いします」

 

さあ、ひーちゃん vs. ちゃみブルー、30分1本勝負です!

 

DSC_0079.JPG

 

どちらも一歩も譲らない、互角の戦いのように見えます。

 

DSC_0038.JPG

 

おお〜っと、ひーちゃんどうした? どうやら軍手にくっついた「ひっつきむし」が気になってしまったようです。試合続行不可能、急きょひーちゃんからゴミブルーにバトンタッチ。急なことなのでゴミブルーも戦いに備え、コロリながらウォーミングアップをします。

 

DSC_0031.JPG

 

こうでしょ。こうがダメなら…

 

DSC_0032.JPG

 

こうだ。それでもダメなら…

 

DSC_0033.JPG

 

これでどうだ。

 

DSC_0035.JPG

 

少々畑にinしちゃってますが、おまけの「グッコロ(Good CORORI)」です。低い姿勢、棒をしならせ自由に操り相手を仕留める

一連のこのブルーの動き。

 

 

これです。

 

「秘技! フェンシング取り!!」

 

DSC_0036.JPG

 

拍手喝采。ちゃみブルーも憧れの眼差し。もはや戦意消失です。この後は、平和にみんなで仲良くコロリます。

最近南-1エリアには来れてなかったのですが、南-1エリアにはスウィングのフリーペーパーを置かせていただいているお店や仲良くさせていただいているお店がいろいろあるのです。そういったお店にご挨拶も忘れません。

 

DSC_0046.JPG

 

「Cafe Eins(カフェ アインス)」のオーナーさんはゴミブルーの姿が見えると必ず外に出てきて声をかけてくれます。いつもありがとうございます!

 

DSC_0047.JPG

 

こちらはおしゃれハンカチショップ「H TOKYO」さん。

 

DSC_0049.JPG

 

あ、その水色の? KAZUSHIくん、そのハンカチ気にいったん? そのハンカチは「H TOKYO」さんとスウィングのコラボハンカチじゃないか! お目が高い!

 

DSC_0052.JPG

 

それにしてもちゃみブルー、今日はどうした? PR力がすごいねぇ。「H TOKYO」さん、またコラボってくださ〜い。

 

DSC_0073.JPG

 

何やら怪しげな穴ぼこ。これはきっと巨大たこ焼きを作るための装置ではないかと思われます。

 

 

そういえば、みなさん。たこ焼きにキャベツって入れますか? 西川家では刻みキャベツ放り込んでます。家庭でたこ焼きを作る場合、関東では刻みキャベツを入れるのが多数派なようです。本場大阪では、家庭でもたこ焼き屋さんでもキャベツが入っているものはほぼゼロ。お好み焼き・たこ焼きのどちらにもこだわりがあって「お好み焼きにはキャベツ、たこ焼きは青ネギ」というのが大阪人の鉄則のようです。ただ同じ関西でも、京都と滋賀の一部では、キャベツ入りたこ焼きがメジャーなんですって。ちなみにキャベツの代わりに白菜を入れても美味しいんです。

 

どーでもいいですね、すみません…。

 

ではでは、続きまして北-2エリアいってみましょうか。

 

DSCF0001.JPG

 

こちらのグループにはカワイさんが参戦。徹底的にコロっちゃってください!

一行はいつもの上賀茂児童館前の公園に。

 

DSCF0004.JPG

 

「公園あるある」のこどもの忘れ物。帽子か。そりゃ脱いじゃうと忘れそう。

 

DSCF0006.JPG

 

2つ!? 友達同士で脱いで忘れて帰ったのでしょうか? ふたりいるならどっちか気付いてほしかったですね。

…ところで、なんでちょっとポーズ決めちゃってるの? グラビア界にでも進出するんか?

 

DSCF0010.JPG

 

レモンなんか持っちゃって、テレビジョンの表紙を意識してるな。さっきのポージングもそうですが、ちょっと勘違いしてらっしゃいますね。

 

DSCF0012.JPG

 

「おかしいなあ、載ってへんなあ」って、ブルーが持ってるのはテレビジョンでもなけりゃ、アイドル雑誌でも、週刊誌でもないからね。はい、気を取り直してコロってください。

 

DSCF0015.JPG

 

何?

 

DSCF0014.JPG

 

はい、きました。畑のゴミ。さあ、どーやってコロりましょう?

 

DSCF0016.JPG

 

おお、どーなる? そっからどーなる?

 

DSCF0017.JPG

 

…ん? あああ…よくわからん…。とにかく騎馬戦みたいに担いだら、ゴミが勝手に飛んできた的なやつでいいのかな?

ブログ担当泣かせなやつですね、沼田さん。それとも写真の撮り方が悪いのかな、シッシー。

 

 

「しー」ってブルーに注意されちゃいました。不特定多数の人が見るブログでそんなこと言っちゃダメですね。

ごめんなさい、沼田さん、シッシー。

 

DSCF0028.JPG

 

ブルーとデスコロイヤーXLがゴミコロリ中にもかかわらず、バナナ食べてます的なやつでいいんですかね? せっかくのバナナの皮、チャンスやったのに…。ベタなやつでよかったんですよ、すべってこけるやつで。「秘技!すってんコロりん取り!!」が生まれるチャンスやったのに…。

 

えーっと、このアイデアは沼田さんですか? シッシーですか?

 

 

そうやった、そうやった。そんなこと言わない方がいいんやった、ごめんなさい。

 

DSCF0020.JPG

 

うんうん、そんなのはいいね。つなぎにこんな絵が欲しいからね。

 

DSCF0032.JPG

 

カワイさん、大丈夫ですか? やらされてませんか? その指差して「あった!」みたいなリアクション、さっきゴミブルーバージョンあったんですが…。

 

DSCF0033.JPG

 

いったい何が起きるんですか!? 狙いを定めて、車イスのボタンを押すと〜…

 

DSCF0034.JPG

 

車イスに装備されていた火バサミが〜…

 

DSCF0036.JPG

 

ゴミに向かって発射され、見事にGET!!!

 

DSCF0037.JPG

 

しかも自動で戻ってくるんですね。

 

DSCF0038.JPG

 

そしてこのドヤ顔。「グッコロ(Good CORORI)」です! いや、完璧なので「パーコロ(Perfect CORORI)」です!!

 

沼田さん、途中のコンビニで必死にカワイさんと打ち合わせした甲斐がありましたね。

 

DSC_0082.JPG

 

はい、というわけで今回もこんなにたくさんコロれました!

 

続きまして、「ゴミコロ支部」の皆さんからの報告をご紹介します! 今回から新たに、兵庫県の「casaそら」さんが支部に加わってくださいました! これで国内外合わせて18支部となりました。では、ご覧ください!

 

【京都/西山ケミックスさんからのゴミコロレポート】

今月は会社周辺のゴミ拾いを行いました!

 

 

【京都/かしの木学園さんからのゴミコロレポート】

だんだんと冬のにおいがしてきましたね…! そんな中、11月20日(火)にゴミコロリを実施してきました。 当日は快晴!でも時々冷たい風も吹き、冬が来ているなあと感じました。 いつも駐車場を何カ所かお邪魔しておりましたが、今回は駐車場には寄らず、いつもと少し違ったルートも通りました。 道路には一見拾うものは無さそうでしたが、みなさん目を凝らしてしっかり探し、たくさん拾っていました! でも初めて行く道には比較的ゴミがあったように感じました。 そして初めて行く道ならでは。路地に入ってみたら行き止まり。。。 でも、折り返して同じ道を通ると意外とまだゴミがあったりして、2回通るのもありなのかな?と思いました! 最後にジュースを買ってゴミコロリは終了。 気温がどんどん下がって寒くなってきましたが、今後も風邪に負けないようにゴミコロリでしっかり体を動かしていきたいと思います!

 

 

【神奈川/NPO法人新さんからのゴミコロレポート】

11月14日(水)に『横浜支部 第4回ゴミコロリ』を実施しました。 天気も良く絶好のゴミコロ日和でした。施設からJR磯子駅までの往復とJR磯子駅前で実施しました。 今回から、新しく顔だけイエローが2名登場しました!! 女子小学生2人組から『中の人はどんな人?』と聞かれたので『多分イケメン』と答えておきました。 煙草の吸殻に空き缶やペットボトルなど、たくさん『コロリ』としました。

 

 

【熊本/株式会社シラサギさんからのゴミコロレポート】

11/21(水)にゴミコロリを実施しました。この日の戦場は児童公園。たまたま遊びに来ていた子供たちと一緒にゴミをコロリました。ついでにゴミブラックから正しいゴミの捨て方をレクチャー。 「ゴミ箱に ゴミをすてたら いいきもち」

 

 

【兵庫/casaそらさんからのゴミコロレポート】

記念すべき第一回目 実施しました!2018/11/18 朝起きると雲ひとつない快晴。 いやぁ〜、楽しみ楽しみ。 10時に江井ヶ島の浜辺に集合して、swingから暖簾分けの印に送ってもらったゼッケンをつけて…さて始めるか…と周りを見回したらすでに参加者のみなさんは遠ーくに…速っ! 苦笑い気味に様子を見ていると、参加者中の最年少のヨーさま(小1)が目をらんらんと輝かせて(遠くて見えないけど)向こうから何かを手にこちらにやってくる。 「使えるもの見つけたぁ〜!」 そこにいたおとな一同「使えるものって…??」 こちらにたどり着くのも待ち遠しく「何なん、見せてぇ」と言うと「ほらこれ〜」 小さな赤と透明ななにか…が、ぼんやり。 「はっ!それは…」 確かに使えるかもしれない…赤いフタのよく見慣れたアレです、お魚のカタチをしたお醤油入れ。 いつもながら、ヨーさまぐいぐい来ます。 私たちの常識を軽々と覆して笑いの渦を生みだしてくれるわ。 私たちがゲラゲラ笑っている間にすでに、石田親子、高学年男子3人組、女子3人組は浜のあちこちにちらばってももくもくゴミ拾いしてる、と感心しているとさっちゃんが浜のど真ん中に刺さった2本の火ばさみを指差して「あれ、うちのじゃない?」 「??…確かに…」 よく見ると高学年男子、すでに上を向いて(ゴミコロリ的には下を向いているのが想定される)海にむかって爽やかになにかを投げてる…のりのりに石投げしてる!わ…笑。 楽しければまぁいい。

 

一見きれいに見えた浜辺、ゴミコロリ目線でよく見てみると、タバコのフィルターや発泡スチロールの小クズ、岩やコンクリートブロックに潜んでペットボトルやビニール袋、釣り人が残して行ったプラ容器など、拾っても拾ってもきりがない。 小さい不自然なものが海を漂って、くじらさんやイルカさん、お魚さんたちが食べちゃって死んじゃうんだよと、ヨーさまに話すと「今、お父さん同じこと言ってた」と言いながらプロっぽい動きでコンクリートブロックの下を覗き込んで、何かをつまみ出してくる。 「ほら見て、こんなん食べたらあかんやんな〜」と、発泡スチロールのかけらを見せてくれる。 リアルに体験することってほんと大切だなぁと、いつも子どもたちから学びます。 そして海の方を見ると女子ふたりが突堤にへばりついて活動中。 あおちゃんが隙間からさまざまなものを引っ張り出しては岩に置くと、ひまちゃんが速やかに火ばさみでつかんで袋入れていく。空き缶やペットボトル、ときどきパッキン⁈など、よいしょよいしょっ言いながら、いいコンビネーション。 不思議な収穫物としてはヘルメットなど。

スタート地点に戻って見たら、さっき石投げしていた高学男子3人組もすっかりハマって地面に張り付きながら何かしらを収集していて終わりの合図も無視して取り組んでいる。最後には男子を回収しに行ったひまわり姐さんが蛸壺(明石ならでは)を回収して、男子は取り溜めた収穫物の自慢をしながらようやく戻ってきた。 結局のところ1時間半近く、裸足で浜辺を歩き回り楽しい時間となりました。 最後に今日のために用意した、米粉のサブレ(てらもとおやつ店のビーガンスイーツ)とラスクでご褒美ティータイムと思ったけど、美味しすぎて一瞬で蒸発。 一回ではゴミひとつない浜辺にはなかなかできないけど、ゆるく毎月一回ずつ続けていけば、少しづつきれいになってくるでしょう、と、今日はお開きに。 今回参加してくれた皆さま、ありがとう!

 

 

支部のみなさん、お疲れ様でした! ゴミコロリを心から楽しんで実施してくださっているのが、写真やレポートでよくわかります。本当にありがとうございます!

 

さあ、いよいよ冬到来。こどもにとってはクリスマスでプレゼントもらえていい季節かもしれませんね。袋いっぱいのプレゼント抱えた、赤い服来たサンタさんもいいですが、ゴミ袋いっぱいのゴミを抱えた、青いスーツを身にまとったゴミブルーもいいもんですよ! 「ゴミコロリ」に賛同し、ともに「ゴミコロリ」を行ってくれる個人&団体さん(ゴミコロ支部)随時募集中! 「ゴミコロ支部」募集の詳細はこちらをご覧ください! →

次回「第122回ゴミコロリ」は明日12月19日(水)の開催です! 

参加希望の方は担当・西川までご連絡ください! →MAIL:nishikawa@swing-npo.com

 

町に溢るるゴミある限り、我らの戦い終わりなし。

拾うはゴミでも心は錦、見た目は青でも心は真っ赤。

嗚呼、さすらいのゴミ野郎、 嗚呼、我らゴミコロレンジャー!

 

(西川)

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0)
親の年金をつかってキャバクラ SWING EXPO 高知展を振り返る

 

去る12月2日(日)まで「藁工ミュージアム」にて開催した「親の年金をつかってキャバクラ SWING EXPO」高知展。かめちゃんとふたりで設営作業に向かったとき、そこにはもうド派手な看板が掲げられており、藁工ミュージアムのシブく瀟洒な佇まいと思った以上にマッチしていてワクワクした。あれから2ヶ月半。あっという間に長い会期が終わってしまった……。

 

 

●京都展とは別の顔

その後に続く他会場を意識しつつも、基本的には「同時代ギャラリー」(2018年7〜8月、EXPOの口火を切った京都会場)に照準を合わせて作り上げた展示だったが、藁工ミュージアムでは全くと言っていいほど違う表情を見せていた。僕がかつて少年だった頃、漫画雑誌などでハンパないプロモーションをしていた「真夜中は別の顔」(著:シドニィ・ シェルダン)という作品があったが、なんかこう、そんな感じだ(……どんな感じだ?)。藁工ミュージアムはやはり「ミュージアム」だった。ギャラリーではなくミュージアム。それも美術館より博物館に近い感じ。温もりと許容力ある木の空間が、EXPOの雑多さをいい感じに強調し、同時に程よく緩和してくれていたように思う。

 

 

本展の導入に当たる増田政男の巨大習字はこの上なく贅沢に展示され、まるで不謹慎な教会のような雰囲気をそこに生み出していた。そして「CHAPTER.5 ことば」は、その象徴であるキャバクラ風看板と不思議な展示空間の魅力が相まって、ぼったくられそうなキャバクラ感を醸し出していたように思う。これまで縁あって何度か訪れてきた場ではあるが、こんなにもミュージアムだったとは知らなかった。もちろん藁工ミュージアムの皆さんの丁寧な丁寧な展示の力も極めて大きかったと思う。本当にありがとうございました。

 

 

●高知の素敵さ

今回、設営作業&トークイベントのため、またワークショップ開催&ゴミブルーのため、2回現地へと赴いた。トークイベントには高知のみならず、四国4県から隈なくのご参加をいただき、僕の地元・愛媛からは小学校の同級生&高校の同級生が来てくれちゃったりなんかもして、気恥ずかしいったらありゃしなかった。

 

 

会期中盤に開催した(本展の展示作品?の1つでもある)ワークショップ「アレ+ソレ=…ワカラナイ! 描クカク鹿ジカ」には様々な鹿を描き出すアッキー画伯が登場し、はじめて会う人にも「おひさしぶりです!」と挨拶したり絶好調。また最近「ゴミコロリ」にほぼレギュラー参加してくださっている楢崎十紀さん、久美さんには京都から助っ人に来ていただき、大変助かりました……というか、ご一緒できてとても楽しかったです。

 

 

藁工ミュージアムという場を通じて、素敵な人たちが繋がり合って、何かいい感じのものを生み出し合っている。ミュージアムであるとか舞台芸術であるとか行政であるとか大学であるとか福祉であるとかアートであるとかの枠組みを超えて。そんな光景も目の当たりにさせていただき、なんて素敵なんだろう! と羨ましかった。もちろん1度や2度の経験で分かったような顔をしてはいけないが、繋がり合うこと、仲間を持つことの大切さを改めて感じ、考えさせられる機会でもあった。

 

 

●嬉しいレビュー

さて、ここからは本展に寄せていただいた嬉しいレビューを紹介させていただく。いつだって自信なんかない中で「やって良かった……」と感じさせてくれるのは、「分かってもらえた」というシンプルな喜びだ。吉田さん、藤原さん、本当にありがとうございました。

 

 

本日は蛸蔵理事会、わらこう夏祭り実行委員会の2本立てを藁工ミュージアムさんでやったのですが、会の前に見せてもらった展示「SWING EXPO 親の年金をつかってキャバクラ」が、抜群に面白くって!! 

 

すっかりいまの文化行政の大きな流れになっている「社会包摂」という言葉。 

個人的にはそれを語る目線の高さになんだかイライラすることがあるのですが、それも含めたなんとも言いようのない「生きにくさや」や「違和感」、「ざわざわ」をみごとな切り口で提示している京都のNPO法人SWINGの代表木ノ戸さん。 

 

ぶっ飛んだタイトルの説明からはじまり、展示の概略を端的に表している冒頭のご挨拶文だけでも揺さぶられます。 

以下一部抜粋

↓ 

結局のところ「これはアートか否か?」という問いかけに対する答えは、一人ひとりの感性に委ねられているのだから。いずれにせよ、言葉は後からついてくるもの。そこに依りかかりすぎてはいけないし、酔ってしまってはいけない。(抜粋終わり) 

 

どうよ? 

どうよ?? 

 

見せ方もとってもスタイリッシュで、キュートで、笑えて、考えてしまう。 

すごい展示だ、これは。 

 

創作や表現活動をされている皆さんの全てを伝えようとすると、先日かるぽーとで行われた「素展」のように、あまりの熱量にクラクラしてしまい、受ける側としてキャパオーバーになってしまった僕ですが、この展示の手法は、ひょっとするとこれからの何かしらの道筋にも繋がるのかも知れない(あやふやな言い回しでごめんなさい)。 

 

吉田剛治さん/NPO蛸蔵理事

 

 

高知にて。シアターTACOGURAの防災ゲームに参加して、我が身の防災意識のおそろしい低さを実感したあと(みなさんありがとうごさいました!)、ぷらっとお隣の藁工ミュージアムへ寄ってみると、ななななんと、京都の噂の作業所スウィングの展示が!!! 

 

スウィングの木ノ戸昌幸さんのテクストはとても刺さるというか心に響く。素晴らしく考え抜かれた(しかし愉快で、図々しく、温かい)キュレーション。笑えるし、泣けてくる。まさに「いきかたは、ひとつじゃない」のだということが、ゆるーく、でもしっかりと、この展示を通して伝わってくる。 

 

写真撮影オーケーらしいけど、今はこれだけ。わたしは今の日本の言論状況はほんまに壊滅的やと日々痛感してますが、その中にあってこのような闘いを静かにそして愉快に続けている人たちがいると知って、勇気をもらいました。ちなみにこのあとに、うんこについての誰かが書いた詩を読んで、涙しました。 

 

わたしが思うにこれこそがアートの最前線です。けれどもこれが「アート」かどうかなんてことはどうでもいいのです。なぜならひとつだけの正解なんてそこには存在しないので。人によってはこれを「革命」と呼ぶでしょう。もっと生きやすくて自由で楽しい世の中にするための。 

 

藤原ちからさん/批評家・BricolaQ 主宰

 

 

SWING EXPOは息つく間もなく12月14日(金)から東京展に舞台を移す。会場は「武蔵野市立吉祥寺美術館市民ギャラリー」(CHAPTER.1、2、3、5)&「マジェルカ地下ギャラリー」(CHAPTER.4)。15日(土)にはトークイベント(要・事前お申込み)もございますので是非ご参加ください!

 

親の年金をつかってキャバクラ SWING EXPO 東京展

●会 期:2018年12月14日(金)→ 12月18日(火) 10:00 → 19:30/最終日は17:00まで

●会場1:武蔵野市立吉祥寺美術館市民ギャラリー 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 コピス吉祥寺A館7階 

●会場2:マジェルカ地下ギャラリー 東京都武蔵野市吉祥寺本町 3丁目3-11 中田ビルB1F

 

トークイベント開催! 

●日 時:12月15日(土)14:00 → 17:00

 第1部(90分):What's Swing?/木ノ戸昌幸(NPO法人スウィング)

 第2部(90分):「生きづらさ」についての考察/木ノ戸昌幸(NPO法人スウィング)・杉千種&山口里佳(con*tio) 

●会 場:マジェルカ地下ギャラリー 東京都武蔵野市吉祥寺本町 3丁目3-11 中田ビルB1F

●参加費:無料

●定 員:15名

●要・事前申し込み:kamei@swing-npo.com/075-712-7930(亀井)

 

 

高知展にご来場いただいたたっくさんの皆さま、本当に本当にありがとうございました!!!

それではTOKIOでお会いしましょう。

 

木ノ戸

| 親の年金をつかってキャバクラ SWING EXPO | 13:33 | comments(2) | trackbacks(0)
京都人力交通案内・番外編「バスの形だけ見て系統当てます。」

DSC_0028.jpg

 

去る11月12日、我々「京都人力交通案内」一行はこの日の目的地である金閣寺へと車を走らせていた。が、雨がパラパラと降り出す。前回はQ氏もXL氏も体調悪く急遽インタビュー企画にしたが、今日もまた無理なのだろうか? 金閣寺がダメなら屋根のある別のところへ変更しようか? そんなふうに頭をぐるぐるしていた折、ふいにXL氏が言う。

 

 

「あ、205や」

 

 

DSC_0080.jpg

 

「何を言うとるんや、わ〜れ〜」と思いながらXL氏が見つめる先を追うと、か〜な〜り前方の「千本北大路」交差点を1台のバスが横切ろうとしている。つまり我々に車体の側面を向けて。なぜだ? なぜに側面だけを(数秒)見て、あのバスが「205系統」と言い切れたのだ? 率直に問うと、氏からはシンプルな答えが返ってくる。

 

 

「かたち」

 

 

はい、震えるほどのヘンタイ決定。市バスの路線・系統を(ほぼ)丸暗記しているだけでもだいぶイカれているのに、形でバスが分かった日にゃあ、もうおしまいよぉ……。というわけで堪えきれない昂りを抑えつつ、(そして雨も降っていたので)今回も再び予定変更、京都人力交通案内・番外編「バスの形だけ見て系統当てます。」を敢行することとなったのである。

 

DSC_0036.jpg

 

市バスを真横から見られるベストポジションを求めてしばし車を走らせ、いい感じの路肩に停車。さあ、ここから先は動画をご覧いただきたい。編集は毎度おおきに、美馬智さんです。ではどうぞ!!!

 

 

木ノ戸

| 【OYSS!】京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」 | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE