Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
障害者×芸術表現=めちゃいい感じ! ではなくって。

 

たとえば政治、文化、福祉、経済、教育……。日々の、人それぞれの、小さなひとつひとつの暮らしと密接に関わっているはずなのに、「どうもなかなか自分事にならないなあ」シリーズがあるが、そのひとつが芸術表現ではないだろうか。

 

これらの言葉に共通するのは、どこか特権的で高尚な感じ、つまりとっつきにくい感じが漂っていること。一体いつからそんなふうになってしまったのかはわからないけれど、僕たちは本来、当たり前に自分事としてあるべきこれらのものを、何とかして自らの手に取り戻さなくてはならない。

 

昨今、「障害者」と芸術表現の親和性の高さが注目されている。

とりわけ、この国のアールブリュットやアウトサイダーアートを代表する作家は、「障害者」と名付けられた人がほとんどのようだ。

僕が主宰するNPO、スウィングにおいても、毎日およそ20名の障害者たちが、絵を描いたり詩を書いたりコラージュをしたり、どうでもいいような、どうでもよくないような、バリエーション豊かな表現を生み出し続けている。そんな景色を眺めていると、「うむ、やっぱり障害者と芸術表現は相性がいいようだ」、なんてついつい思ってしまいそうになる。

 

でも、違うと思う。

 

その親和性の高さが力強く物語っているのは、「障害者」なんてちっちゃい括りを飛び越えた、「人間」と芸術表現の親和性……いや、もっと普遍的で本質的な、切っても切れない結びつきなのではないだろうか。 つまり、障害者×芸術表現=めちゃいい感じ! ではなくって、(もちろん僕もあなたも含んだ)人間×芸術表現=めちゃいい感じ! なのだと思う。

 

そもそも「障害者」とは誰のことであろうか。「障害者/健常者」などとべったりラベリングし、ばっさり分断することなんてできるわけがない。「人は皆、障害者だ」なんてわかったようなことを言う気はないけれど、でも、どんなラベルを貼られようと、僕たちは皆、それぞれに異なった、それぞれに不完全な存在なのである。

それはもう悲しいくらいに、揺るぎなく。

 

あなたが他の誰かの表現を愛するならば、それと同時に自分自身の表現を愛するべきだ。

何も難しく考える必要はない。

だって、いつまでも、どこまでいっても、人生の主語は自分自身なのだし、「表現すること」とは即ち、あなたがあなた自身の生を生きるということなのだから。

 

※ このテキストは「現代 アウトサイダーアート リアルー現代美術の先にあるものー」展(共催: GYRE/一般社団法人Arts and Creative Mind)カタログより転載しました。

 

★お願い/視察・見学について★

・スウィングの見学日は毎月第3水曜日と第4金曜日となります。 

・時間、料金、定員、プログラム等の詳細については下記ブログをご覧ください。

・現状、定員を10名→3名に変更して実施予定です。

・コロナ禍の影響で実施をしない可能性もあります。予めご了承ください。

 

2019.03.04 Monday

見学日を月2回(毎月第3水・第4金)とさせていただきます。

http://garden.swing-npo.com/?eid=1400635

| 考えごと | 16:03 | comments(0) | -
JEEPを買うと人はこうなる

 

沼田君が言うには、送迎車(HONDAフリード)の運転途中に新聞配達のバイクに出くわしたそうな。

その路地は狭く入り組んでいて、フリードはとあるお家の花壇(のブロック)をかすってしまったそうな。

車を降りて確認すると花壇に目に見える損傷はなく、その家の主も「気をつけてやー」とだけ言っていたそうな。

 

おしまい。

 

……はい???

 

スウィングには「なんでも相談室」という名のスタッフミーティングが毎夕15〜20分あり、主語を自分からぶらさぬため(自分自身の)「相談室」という体を取っている。まあ、そのへんの理屈はともかく。

 

 

沼田君が相談室の時間に、なぜかドヤ顔で語るこの短い物語(?)は一体なんの相談なのだろうか? あるいは何を僕たちに伝えたいのだろうか? 「どうやら起こったらしいこと」だけがミニマムに……いや、宙に放り投げるように語られ、どう受け止めればいいのか、何からつっこんでいいのか皆目分からない。木で例えるならば根とか幹とか大事な部分は根こそぎはしょられ、咲き誇った花びらや青々と茂った葉の先っちょの部分だけが異常にデフォルメされて語られている、そんな感じだ。

 

……これは僕だけの感覚なのだろうか? 

 

不安になって思わず周りを見渡すと、ああ良かった。

皆、一様に困惑し固まってしまって、その表情からは生気が失われている。

 

しかし、すごい。

 

ものの数分の不可思議な語りによって、ええ年こいた大人5〜6人が丸ごと虚無の淵へと追い込まれているのだから、やはり言葉の持つ力を舐めてはいけない。そして言葉の力に加えて僕たちを激しく困惑させるのは、発言の不明瞭さやそんな場の空気とは裏腹に、なぜか背筋をピンと伸ばし、清々しい表情でドン! と構えている彼の姿だ。

 

なぜだ??

 

こっちはどこから手をつけていいか分からず虚無を彷徨っているというのに、その、すべて漏れなく言い切りました! 以上!! みたいな態度はなんなのだ??

 

 

JEEPだ。

つまるところ、全てはJEEPに行き着く。

 

コロナ第2波で死ぬと勝手に思いつめ、死ぬ前に好きなことをしておきたいと決意した沼田君は現在、JEEPの購入手続きを進めている。 

 

曰くJEEPは「ルックス以外、デメリット」らしい。

その上、中古でもアホみたいにバカ高いらしい。 

 

予め半日休みを取っていた先週の金曜日、彼は「バタバタしてるので午後も休みます!」という意味不明な伝言を残し、結局丸1日休んだ。理由を言わないので多くはお子さんの具合でも悪いのだろうか……と心配したようだが、事の真相はつまりこうだ。

 

必要書類の準備とかJEEP購入手続きを午前中で終わらせるつもりが、思ったほど(自分が)動けなかったので午後からも休みます!

 

人ひとり欠けることが大きく物言う日々の中で、彼のこのような振る舞いが笑って済まされるスウィングを僕は誇りに思う。こういう休み方をされると、つまりはどんな休み方も許される。いいのだ。それでいいのだ。寝起きに鼻クソをほじったらちょっと鼻血が出たので休みます、それくらいでちょうどいいのだ。

 

 

しかしJEEP購入のためにヤケクソみたいなローンを組んだその挙げ句に、どうやらとあるお家の花壇に送迎車を当て、「何かを傷つけた」恐れがある以上は「はい、そうですか」と放っておくわけにはいかない。なんとか虚無から這い出そうと、起こったらしい事態や彼の語り口を総合的に咀嚼し解釈し、彼が一体何を伝えたいのか? を推し量り、恐る恐る尋ねてみる。

 

 

「……え〜っと、あそこの路地は狭いからみんなも気をつけてくださいという話なのかな?」

 

 

すると彼は背筋を伸ばしたまま、こう言う。

 

 

 

「そういうことです」

 

 

やった。当たった。

しかしながらJEEPという魔物は、こんなにも人を無意味に、大きくするものなのか。

「そういうことです」て、どの口が言うとんねん。

 

新聞配達のバイクを避ける。

まあしかたない。

人のうちの花壇にぶつける。

よくない。

送迎車に傷をつける。

よくない。

反省の言葉も謝罪の言葉も一切なく、「皆も気をつけて欲しい」となぜか上から言う。


最悪だ。

 

 

自分がやったことと態度の不一致がひどすぎる。

学ぶとことかいいとこがひとつもなく、なさすぎて笑ってしまうのがとてつもなく悔しい。

でも皆、そのお陰で虚無の淵からは無事に脱し、それぞれに人間味を取り戻してホッとしている様子だ。

 

 

「フリードで無理ってことは、その路地、JEEPでは絶対に無理やんな?」

 

 

経験したことのない敗北感を感じながら、でもなんとか笑いを生み出そうと苦し紛れに問うと、変わらず背筋をピンと伸ばし、晴れやかな顔をした男は言う。

 

 

 

「絶対に無理です」 

 

 

沼田亮平は間もなくオレンジ色っぽいJEEPで京の街を駆け抜ける所存です。

高級車ゆえ、これまで以上に慎重な運転を心しますが、万が一花壇をこすられた際にはスウィングまでご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

木ノ戸

 

★お願い/視察・見学について★

・スウィングの見学日は毎月第3水曜日と第4金曜日となります。 

・時間、料金、定員、プログラム等の詳細については下記ブログをご覧ください。

・現状、定員を10名→3名に変更して実施予定です。

・コロナ禍の影響で実施をしない可能性もあります。予めご了承ください。

 

2019.03.04 Monday

見学日を月2回(毎月第3水・第4金)とさせていただきます。

http://garden.swing-npo.com/?eid=1400635

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

NPO法人スウィング

木ノ戸昌幸

| 永遠のリストラ候補・沼田亮平 | 18:17 | comments(0) | -
第139回ゴミコロリ

IMG_0235.JPG

 

クリスマスローズ。

 

キンポウゲ科の植物で、冬の花が少ない時期に花を咲かせる常緑の植物。

日本ではたくさんある種類(ヘレボルス属)を全てひとくくりに「クリスマスローズ」と呼びますが、本来のクリスマスローズはクリスマスの頃に開花する「ヘレボルス・ニゲル」を指す名前なんです。 

 

ニゲル、にげる……

 

 

逃げる。

 

ああ、顔ハダイロが暴走してる……。

 

はい、てなわけで去る5月20日(水)、「第139回ゴミコロリ」を開催いたしました。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くのメンバーがまだ在宅ワーク中。

 

今回も「コンパクトに」「マスクをつけて」を心がけました。

 

IMG_0216.JPG

 

少人数ということもあり北-2エリアのみの実施となっています。

では、どうぞご覧ください!

 

今回は「焼肉屋いちなん」からしんさん、 それに「第137回ゴミコロリ」にご参加いただいた西村さんが助っ人として参戦。

人数少ないので、助かります。よろしくお願いします!!

 

IMG_0218.JPG

 

ゴミでもあるんでしょうか?

 

IMG_0224.JPG

 

ゴミを見つけたんでしょ?

3人ともそんなところで座り込んでないでコロってくださいな。

 

IMG_0225.JPG

 

えっ〜!?

ひょっとして道端の雑草を観賞してただけなん!??

 

ちなみにそれ、「ムラサキカタバミ」という花ですよ。

 

南アメリカ原産で、江戸時代末期に観賞用として導入されて以降、日本では庭園から畑地、芝地を中心に広く繁殖しています。

土の中に伸ばす茎を取り尽くすのが非常に難しく、駆除が困難で環境省により要注意外来生物に指定されているんですよ。

 

こんなにきれいなのにね。

 

IMG_0227.JPG

 

こっちはタンポポ。

 

今日はやけに草花を愛でますねえ。

 

IMG_0232.JPG

 

うたちゃんを誘います。

 

IMG_0234.JPG

 

そのへんの草花も素敵ですが、そりゃあ、やっぱりうたちゃんでしょ!!

この人数とキャラに包囲されたら、参加断れないよね。。。

 

急きょ、参戦決定!!

 

IMG_0239.JPG

 

はい、お待たせ〜。

いつもの上賀茂児童館前の公園にやってきました。

 

IMG_0248.JPG

 

顔ハダイロに恐る恐る近づき、手伝ってくれてます。

 

ほら、向こうの男の子が心配そうに見ているよ。

要注意外来生物じゃないから大丈夫!

何もしないからね……きっと。

 

それにしても表情険しいなあ。マスクで息がしにくいのかなあ。

 

IMG_0252.JPG

 

ちびっこたちに必死に名刺を配りアピールする顔ハダイロですが、やはりコロナ対策のマスクのせいで息苦しく「顔アオジロ」になってしまいました。

 

IMG_0255.JPG

 

顔アオジロでは、どんなに頑張っても……

 

IMG_0256.JPG

 

こうなります。

 

IMG_0267.JPG

 

あ、だからどんなに頑張っても……

 

IMG_0268.JPG

 

こうなっちゃうんだって。

 

IMG_0296.JPG

 

抜群の安定感、さすがゴミブルー!

しんさんも人気者です。

 

さ、ぼちぼち本気出してコロりましょうね〜。

 

IMG_0302.JPG

 

う〜ん……。

なかなかコロってくれませんね。

 

まあ、たしかにきれいなバラです。

ちなみにバラの花言葉は「愛」とか「美」というのは知っている人も多いかと思います。でも実は本数や色によって細かく花言葉が決まっているんです。知ってましたか?

 

本数の意味については書き出すとキリがないので、気になる人はネットで検索してみてください。

本数によってはネガティブな意味があるものもあるので、ご注意を!!

 

ちなみにこの白いバラの意味は「純潔」「尊敬」です。

 

IMG_0402.JPG

 

さあ、顔ハダイロよ。

白いバラの香りを思う存分吸い込んでちびっこから尊敬されるヒーローになるんだぞ!

 

IMG_0388.JPG

 

う〜ん、まだコロらんか……。

わかる、わかるよ。あまりにきれいなバラだからね。

でも、玄関先に青い人がバラの木の隣で立ってたら、きっと住人はびっくりするから、すぐに敷地外へ!

 

このピンク色のバラの花言葉 は「しとやか」「上品」「可愛い人」。

 

さあ、ゴミブルーよ。ピンクのバラの香りを思う存分吸い込んで世界で一番上品で可愛いヒーローになるんだぞ!

 

IMG_0346.JPG

 

今日のゴミブルーは自然ときれいなお花に吸い寄せられてます。

でも、そこも人様の敷地内です。すぐに敷地から出てくださ〜い。

 

IMG_0308.JPG

 

敷地外か……。

でも玄関先に青い人がしゃがみ込んでいたら、それはもうアウトです。

 

IMG_0311.JPG

 

「敷地内から直ちに出なさい」の言葉も説得力がないですよ……。

 

IMG_0356.JPG

 

説得力がないから、顔ハダイロもやめません。

別の場所でもこの通り。

 

じゃ、ずっとそこにいてくださ〜い。

 

IMG_0313.JPG

 

ああ、よかった。

ようやく本格的にコロり出しました。

 

なんだかんだ顔ハダイロもついてきています。

結局は「かまってちゃん」なんです。

 

IMG_0317.JPG

 

この水路はいつもゴミが多いんです。

いやいや、もうちょっとみんなで協力してコロったらどうですか?

誰も手伝わないからゴミブルーも肩を落としています。

 

IMG_0321.JPG

 

えっと、だから〜、みんな協力してあげてね。

 

それにしてもなぜか青いものだらけで、どこからどこまでが櫻本ブルーなのかがわからなくなってます。

 

 

機械化・AI化が進んでいますが、ゴミコロリ用アシストスーツを着用しているわけではありません。

 

IMG_0339.JPG

 

きれいに「秘技! ゴミゴロリン取り!!」を決めています。

ちなみに、どこからどこまでが櫻本ブルーかわかりますか?

櫻本ブルーの足元はパワーアシストロボットです。

 

IMG_0357.JPG

 

ここもひどい……。

 

IMG_0358.JPG

 

そうちゃん、頼むよ!

 

IMG_0359.JPG

 

ここはさすがに総力戦、息の合ったプレーで一瞬でコロっちゃいます。

 

さあ、戦いを終えた後はコンビニ休憩!

 

IMG_0380.JPG

 

セブンイレブン上賀茂榊田町店さん、こんな客でも快く受け入れてくれます。

みなさんもコスプレ・仮装の際はこちらのお店に!

 

IMG_0410.JPG

 

うたちゃん、ありがとね!

 

IMG_0412.JPG

 

 エンジンかかるの遅かったですが、今日もなかなかの収穫でした!!
 

ではでは、続きまして支部のみなさんのレポートをご覧ください!

 

 

【京都/西山ケミックスさんからのゴミコロレポート】

今月も新型コロナウイルス感染防止のため、社内清掃を行いました。 ドアノブ等、人が触れる所にはアルコール消毒をしました

 

 

【神奈川/NPO法人新さんからのゴミコロレポート】

5月13日(水)に『横浜支部 第22回ゴミコロリ』を実施しました。 溶けちゃいそうな暑さの中で、汗だくになりながらコロリました。 人は少ないのにゴミは多くて、並んでコロってると、ミレーの『落穂拾い』みたい・・・ 急に暑くなったせいか、飲み物のゴミがたくさんありました。

 

 

【兵庫/casaそらさんからのゴミコロレポート】

↓ casaそらさんのレポートはこちらをどうぞ!! ↓

https://casasora.com/report-gomokorori202005

 

 

【愛知/ロケットprejobさんからのゴミコロレポート】

コロナ禍で学校も長いお休みになり、利用を自粛する子も多く日によっては通所するのは1人か2人。そんな中ではありましたが、細々とゴミコロリは続けておりました。てゆーか、公園もダメ、スーパーもダメ、お出かけで遠出なんてもってのほか!という状況だったので、ゴミコロリで外に出ないと出る機会がない!気付いたら5月はゴミコロリの日が増えていました(笑) 5月20日は緊急事態も解除になっていたので、久しぶりに賑やかなゴミコロリとなりました。 男子がバスタオルなどの大物を狙う中、高3女子みーちゃんはひとり静かにタバコの吸い殻を集めていました。ええ子や!

 

 

支部の皆さん、お疲れさまでした!

 

緊急事態宣言が解除となり、少しずつ街中の人出も戻りつつあるようです。

人が増えりゃ、必然的にゴミも増えます。じゃ、当然コロらにゃならんでしょ!

 

「ゴミコロリ」に賛同し、ともに「ゴミコロリ」を行ってくれる個人&団体さん(ゴミコロ支部/現在26支部)随時募集中!

「ゴミコロ支部」募集の詳細はこちらをご覧ください! →

 

次回「第140回ゴミコロリ」は6月17日(水)の開催予定です。

参加希望の方は担当・西川までご連絡ください!

 

→MAIL:nishikawa@swing-npo.com

 

町に溢るるゴミある限り、我らの戦い終わりなし。

拾うはゴミでも心は錦、見た目は青でも心は真っ赤。

嗚呼、さすらいのゴミ野郎、 嗚呼、我らゴミコロレンジャー!

 

(西川)

 

★お願い/視察・見学について★

・スウィングの見学日は毎月第3水曜日と第4金曜日となります。 

・時間、料金、定員、プログラム等の詳細については下記ブログをご覧ください。

・現状、定員を10名→3名に変更して実施予定です。

・コロナ禍の影響で実施をしない可能性もあります。予めご了承ください。

 

2019.03.04 Monday

見学日を月2回(毎月第3水・第4金)とさせていただきます。

http://garden.swing-npo.com/?eid=1400635

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

NPO法人スウィング

木ノ戸昌幸

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 19:46 | comments(0) | -
犬/猫を越境する

 

コロナ禍でいろいろと思うところがあった人は多いだろう。

田中さんもそのひとりで、具体的にはいろいろと思うところがあった結果、彼は犬を飼いはじめた。

 

チワワのプリン。

 

週に1〜2日、プリンは田中さんと共にスウィングに出勤(?)しており、すでにみんなの人気者になっている。

 

 

ところでコロナ禍でもそれほど思うところがなかったに違いないアッキーは、昔から大の犬嫌いだ。

だから、これまでも猫の絵は数多く描いてきたが、犬はほとんど描いたことがない。

描いてもなんか顔がギュ〜ン!! と歪んでしまったり、えらいことになってしまう。

 

苦手が表れ出ちゃうのだろう。

 

 

そんなアッキーの初チャレンジ。

「生まれてはじめて犬を抱く」が、先日しめやかに執り行われた。

 

犬嫌いったってプリンはちっちゃい、ちっちゃい。

怖がる要素なんて、ひとつもないように見える。

いけるんちゃう? プリンやったらいけるんちゃう?

 

ビビりながらもチャレンジに成功し、またプリンが自分に危害を加える存在ではないことを認識したらしいアッキー。

ホッとしたように、喜びの声を田中さんに向ける。

 

 

 

 

「田中さ〜ん、かわいい猫ですね〜!!!」

 

 

 

なるほど。そうなるのか。

間違っているが、間違っていない気もする。

 

木ノ戸

 

★お願い/視察・見学について★

・スウィングの見学日は毎月第3水曜日と第4金曜日となります。 

・時間、料金、定員、プログラム等の詳細については下記ブログをご覧ください。

・現状、定員を10名→3名に変更して実施予定です。

・コロナ禍の影響で実施をしない可能性もあります。予めご了承ください。

 

2019.03.04 Monday

見学日を月2回(毎月第3水・第4金)とさせていただきます。

http://garden.swing-npo.com/?eid=1400635

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

NPO法人スウィング

木ノ戸昌幸

| Ackey Cha Cha Cha! | 13:28 | comments(0) | -
さらば友よ

 

6月2日。

インスタライブなるものに初挑戦し、(勝手がまったく掴めぬままに)井敦子さんと生きるとか死ぬとかの話をした。

人間はいつ死ぬか分からない、延命志向が強すぎて死が遠ざかり、かえって生の実感が乏しくなってるとか、そんな雑談。

 

その数時間後。

同じ日の早朝、大学時代からの親友が急死したことを知った。


 5月29日の夜、思い立って作ったLINEグループ(僕たちは立命館大学で出会ったので「リッツ・カールトンズ」と名付けた)では彼が一番早くに反応し、グループ内のやり取りは23時頃まで続いた。

 

詳しいことは書けないが、彼の最後の言葉は「おぉ、最高やね☆」。

でもそのおよそ3日後、彼は突然帰らぬ人となった。

 

その死を知ってから、まだ事態が飲み込めていない。

震える手で各地で暮らす友人たちと連絡を交わし合い、呆然とする間に現実は流れてゆき、仕事をし、話をし、歯医者にも行き、花に水もやっている。日々は「それはそれ」とでも言うように、ただ刻々と流れてゆく。


でも頭の片隅にはいつも彼がいて、ふいに涙が溢れ、でも泣ききれず、彼がいなくなったということが上手く理解できない。

 

僕が「リッツ・カールトンズ」を作ったのは旧友たちに「バイクでまたツーリングに行こう!」と、けしかけるためだった。

「人生は儚い。ないなら買え!」と。

 

ツーリング、何度やっても楽しかった。

昔を懐かしんでのツーリング。きっとよくある話だろう。

でもその夢が実現したとしても、もうそこに彼はいないのだ。

 

彼は僕の十代からの苦しみを、両親の次に、最初に打ち明けた友人だった(『まともがゆれる』にも書こうとしたが、文字数の都合上掲載できなかった)。

なぜ彼だったのか。これまで考えたこともなかったが、彼がとてつもなく優しい人だったことに、受け止めてくれるに違いない人だったことに、今更ながらに気づく。

 

彼がいたからこそ、今の僕がある。

すべての出会いにはきっと、そういう意味がある。

でも彼の場合は少々特別だから、やはりその死は、とても重い。

 

スウィングでもポツポツと彼の死について話している。

友人の死。生きていれば避けようもなく誰にでも起こる事だ。

一緒に悲しんでくれとは言えないし、第一僕自身、まだその実感がない。

 

2、3日前には沼田君に話した。

持病のある彼はコロナを恐れ、ときどき「第二波で死ぬと思ってます」と言っている。

だから今のうちに好きなことをしておきたい、と。

 

「第二波で」がどうかは分からないけどホントにそうやで、沼田君。

死は突然だ。本当に、突然。今を生きるしかないね。

「たぶん一度も接点ないと思うんだけど」と前置きしつつ、ふと亡き友の名前を伝えてみる。

 

沼田君は絶句した。何の接点もないはずが知っていたのだ。

友人がスウィングの古くからの賛助会員であることを覚えていたのだという。

勝手な感傷かもしれないが、「ありがとう」と思った。

 

そうか。彼はスウィングのことも、ずっと応援し続けてくれていたのか。

次の『Swinging』はもう見てもらえないのか。

それは本当のことなのだろうか。

 

早い、多い、大きい。

スピードやスケールが重視される社会の中で僕たちが失ったもののひとつが、「悼むこと」だと考えている。

 

なんと言うか、悼む暇(いとま)や余裕がない。

死さえも(言い換えれば生さえも)消費させられているという感覚。

 

死は決して特別なものではないが、静かに向き合い、時間をかけて受け入れるものだ。

でも猛スピードで駆けてゆく時間が、過剰な何かが、大切な感覚を鈍麻させてゆく。

そんな気がしている。

 

コロナで得たもの……とかあまり言いたくはないが、葬儀に参列することも難しい今、僕たちはそれぞれのやり方で、ゆっくりと友の死を受け入れ、受け入れ続けようとしている。こうして文章を書くのも、僕なりの方法、過程なのだと思う。

 

あの日以来、「リッツ・カールトンズ」は古くからの仲間たちが細々と言葉を交わし合い、悲しみを分かち合ったり、昔話を笑い合う場となっている。


今日、彼の肉体は焼かれ天に上ったが、彼という存在は僕たちの中で、あの笑顔のままに生き続ける。

 

木ノ戸

| ひとりごと | 22:00 | comments(0) | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ずっとずっと言いたかったこと
    kinoto (06/25)
  • ずっとずっと言いたかったこと
    あん (06/25)
  • 【追記】新型コロナウィルス感染拡大に伴う今後(4/13以降)の方針について
    kinoto (04/14)
  • 【追記】新型コロナウィルス感染拡大に伴う今後(4/13以降)の方針について
    阿部千津 (04/12)
  • フリーペーパー『Swinging Vol.27/総力特集:事務員越え』!!!
    kinoto (02/04)
  • フリーペーパー『Swinging Vol.27/総力特集:事務員越え』!!!
    oni cafe (02/04)
  • 【クソ真面目エッセイ-16】世界が芸術「的」でありますように。
    kinoto (08/01)
  • 【クソ真面目エッセイ-16】世界が芸術「的」でありますように。
    おかる (07/29)
  • 第68回プチコロリ@親キャバ in 鳥取・松崎
    Kinoto (05/10)
  • 第68回プチコロリ@親キャバ in 鳥取・松崎
    トキママこと楢崎とき (05/07)
LINKS
PROFILE