Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
【揺れるシセツチョー】その男、沼田亮平につき

沼タンク/Q/2016

 

以前の職場で共に職場改革を目指した同士であり、またスウィング立ち上げメンバーのひとりでもある沼田亮平。けれど二〇〇六年、殆ど資金的な裏付けなくはじめたスウィングに彼を雇う余裕はなく−当時、僕の“月給”は千円を下回っていた−、沼田は時間を見つけてはスウィングに顔を出し、いつ来るとも分からないスウィングで働ける日を夢見ていたのだった。

そんな沼田がスウィングで働きはじめたのは二〇〇七年四月、スウィング設立二年目の年からである−運良く、あるいは努力の甲斐あって補助金交付が決まったのだ−。割合に早いタイミングで沼田を迎え入れることができ、「また一歩前に進んだなあ」と感慨に浸ったのは束の間、僕はひとつの事実を痛烈に突き付けられることになる。それは沼田の極端なまでの不器用さである。え? こんなにも口下手で、こんなにも仕事の要領が悪い男だったの? ほんで何でいっつもバタバタパニくってんの? 以前の職場では職場自体の環境が余りにも酷すぎて個々の力に目を向ける暇などなかったし、僕もスウィングも当然今よりずっと若く、いろいろな意味で余裕がなかったこともあるだろう。けれどひとりの力が大きく物言う小さな職場において、この不器用な四六時中パニクり男を一体どう活かしてゆけばいいのか。沼田のことばかり考え、眠れぬ夜を何度過ごしたことだろう。口を開けば沼田の愚痴しか出ない酒を何度飲んだことだろう。もちろん当の沼田本人も(眠れなかったことはないらしいが)深く悩んだ。出来ない自分に真摯に向き合い苛立ち、笑いの絶えない日々の中にあっても、基本的には拭いきれない不全感を身にまとい続ける苦しい日々を送った(はずだ)。

その一方で沼田はスウィングの誰からも愛された。笑顔のQ氏に常にボコボコにされていたり、誰しもが持つやり場のない感情をぶつけられる「壁」(悪く言えば「的」)になったり、不必要に慌てふためく様子をたくさんの笑顔で見つめられたり(はっきり言えば笑われていたり)、沼田本人にとっては少々分かりにくいものだったかもしれないが、とにかく皆に愛され続けてきたことは疑いようがない。しかしながら愛されるだけでは仕事も組織も上手く回らない。僕は注意深く沼田を見つめながら、時間をかけてスウィングの仕事と沼田の仕事が重なる部分を探し続けた。スウィングには子どもと関わる場面が多いが、そういう時の沼田はいつも本当に楽しそうな表情を浮かべている。毎年、秋に必ず見せるジェスチャーゲーム(わく星学校運動会、お決まりのプログラム)での演技力には光るものがある。あるいは時と場合を問わず、追いこまれた時に見せる瞬発力にはたくさんの人を笑わせる力がある。そうして少しずつ、ワークショップやゴミブルーや寸劇等、子どもを楽しませる仕事を担当してゆくようになった沼田は、その本領を眩いばかりに発揮しはじめ、文字通りスウィングになくてはならない存在となったのである。…にも関わらず、当の沼田は相も変わらず眉間に皺寄せ、難しい顔をし続けているではないか。一体どうして?

そう、沼田は自分の出来ることには目を向けず、出来ないことが出来るようになることをいつまでも追い求めているのだ。確かに出来ないことを出来るようになりたいという気持ちや心意気は大切だと思うが、そもそもこの社会に蔓延し、恐らく多くの人を苦しめている出来ることは=良いこと(素晴らしいこと)、出来ないこと=悪いこと(ダメなこと)といった価値観って一体何なのだろう。ホント何これ? 教育? マジで意味分かんない。出来ることはただ出来るだけ、出来ないことはただ出来ないだけ、良い悪いでもないし、それ以上でも以下でもない、これじゃいけないんだろうか?

 

ええ加減「“まともに”出来るようになりたい」を捨てて、自分自身の“らしさ”に賭ける勇気を持て。

 

これはつい最近、僕が沼田に投げかけた言葉だ。出来ないことはもうさっさと諦めて、自分が出来ることを精一杯やり続けて欲しい。そしてこの諦めこそが、出来ないことが出来るようになることの出発点にもなり得るのだから。ああ、こうは言っても眉間に皺寄せ頭を抱え、悩み続けるあの姿がありありと目に浮かぶ。少し気の毒な気もするが、この泥沼のような生真面目さこそが、他ならぬ沼田“らしさ”なのだろう。

(フリーペーパー「Swinging Vol.21 総力特集:永遠のリストラ候補 沼田亮平 」より転載) 

 

文:木ノ戸昌幸(きのと・まさゆき)

NPO法人スウィング理事長。立命館大学文学部日本文学専攻卒。NPO、演劇、遺跡発掘等々の活動・職業を経て、「毎日笑えるよ」という友人の勧めで障害のある人に関わる仕事に就く。2006年にNPO法人スウィングを立ち上げ、「障害福祉」の枠を超えた創造的な取り組みを通して、社会を変えてゆきたいと願ったり願わなかったり。

 

※ フリーペーパー「Swinging」は、スウィング賛助会員の皆さまからの会費を原資に制作・発行を行っております。→
※ 全国津々浦々「お!それウチに合うよ!置くよ!」という店舗さま等いらっしゃいましたら、スウィングまでご連絡ください!(10部〜20部程度)
※ 全国津々浦々「お!あの店に置いたらええんちゃうん?」的な情報がございましたら、スウィングまでご連絡ください! → Tel:075-712-7930 → Mail:swing.npo@gaia.eonet.ne.jp(木ノ戸)
※ 現在の配架先については(情報が古いですが)コチラをご参照ください。→
※ 次号「Swinging Vol.22」はもうちょっとだけ先! 2017年6月15日発行の予定です!

| フリーペーパー「Swinging」掲載! | 13:36 | comments(0) | trackbacks(0)
Qの型破り似顔絵「アナタのその顔、メカにします。」のこと。

 

2008年の芸術創作活動「オレたちひょうげん族」本格始動以来、絵を描きまくり、詩を書きまくり、昨年は遂に「恵文社一乗寺店」での個展を開催したQさん。けれど、Qさんのこの9年間の歩みは決して平坦なものではなく、なぜだか半年くらいスウィングに来られなくなったり、なぜだか何ヶ月も全く何にも描けなくなってしまった時期もあった。いわゆるスランプというヤツだと思う。

 

畑ガメセル/Q/2014

 

そんなQさんが突然描き、スランプを脱するきっかけになったのが上の絵、「畑ガメセル」(「畑」というのはGさんの本名)である。Qさんのオーソドックスな画風は、「何か」と「何か」を合体させて「メカ化」するというヤツだが、対人関係に大きな不安を持つQさんのキャラクターもあってか、何年も(6年くらい)「人」は一切描かなった…というより恐らく描けなかった。

 

 

そんなQさんが「人」を描いた! ということで僕たちはビックリしたものだが、その一発目に「人」といってもかなり「人」から遠い位置にいるGさんを選んだのはなんとなく納得である。

 

バンバン行くネコギター/Q/2014

 

ともあれ、そこからQさんは「人」を描くようになり、その数か月後、2014年5月からは、最も苦手とする「人」に対面し、似顔絵を描くということをはじめたのである(描いた分だけ自分の収入が増える! ということが大きなモチベーションになったことは間違いないが)。

 

 

Qさんの似顔絵は、Qさんの繰り出す(時としてかなり偏った、時としてかなり答えにくい)様々な質問にお客さんが答えるという形で進行してゆく。ひとつの質問↔回答が終われば、その回答(にもとづく何か)をアドリブでササッと描く。そして次の質問↔回答が終われば、前に描いた絵に合体させる形でその回答(にもとづく何か)を描き加える。これを適度に、適当に繰り返すこと2、30分。絶対! 世界にひとつしかない型破り似顔絵が完成! というのがおおよその流れである。…とここまで書いて改めて思いを馳せたことは「Qはん…あんさん…めっちゃコミュニケーションしまくってるやん…」という事実である。

 

 

(もちろん今でも)対人関係に悩み苦しみ続け、(もちろん今でも)対人トラブル−「トラブル」という言い方は好きではないが−を起こし続けてきたQさんが、多くは初対面の人とめっちゃコミュニケーションしまくって似顔絵を描いている。

…スウィング設立当初、Qさんが「スウィングに来たい」と言ってきた時、僕たちに(Qさんが何かやらかして)「ハイ! 即! 引越し!」を本気で覚悟させていた、そんな人が。そんな人が今、こんな風景の中にいる。正に、思え〜ば♪ 遠〜くへ♪ きた〜もんだ〜♪ である。

 

グッド 実際のトラブルの様子→

グッド 実際のトラブルの様子→

 

ハイ! というわけで、実際の型破り似顔絵の様子をじっくりと見てましょう!

 

 

Q:好きな色は?

 

野田さん:紺とピンク。

 

(おおっと予想外に2つ入った! 野田さんやるぅ〜!)

 

Q:どっちのピンク?

 

(なるほどね、2種類ピンクあるもんね。やっぱあんさんもやるね!)

 

野田さん:濃い方で。

 

Q:好きな服は?

 

野田さん:ジーンズ。好きというか、楽だから。

 

 

 

 

Q:好きな文房具は?

 

野田さん:芯の太いシャーペン。細いのじゃダメなんです。 

 

(野田さん、こだわりの人ですね! Qさんもこだわりスゴイっすよ!)

 

 

Q:好きな動物は?

 

野田さん:ゾウなんだけど、前描いてもらったので〜…子ゾウ。

 

(そうそう、野田さん、毎回スウィングのイベントに来て下さっている。感謝!)

 

 

Q:好きな武器。

 

(質問形じゃなくなって雑になっとるやんけ。…早くも疲れか?)

 

野田さん:こないだは棍棒で描いてもらったんです。 …あ、ヌンチャクとか!

 

(ナイス! ヌンチャクはQはんの十八番でっせ!)

 

 

Q:好きな言葉。漢字2文字以内。

 

(出た〜! 偏った限定!)

 

野田さん:え〜それは困った…「無」。何にも無しの「無」。

 

(織田無道)

 

 

(その「し」はなんやねん! 野田さん言うてへん!)

 

 

Q:好きな数字。二ケタ。10から99。

 

(また〜…二ケタて…)

 

 

野田さん:そんな難しいこと……「25」。誕生日が25日なんで。

 

Q:好きな身につけるものは? 

 

野田さん:ピアス。

 

Q:形。

 

(お! ここへきて緻密にいくね!)

 

野田さん:四角。

 

 

Q:好きなアルファベットふたつ。

 

野田さん:せっかくだしQさんの「Q」で。

 

Q:もう1個は?

 

野田さん:ともこの「T」で。

 

 

(…四角はどこに反映されてんのや?)

 

Q:好きなスイーツ。

 

野田さん:スイーツ……わらび餅。

 

 

ハイ! 完成!!!

 

あとはタイトルを書き書きして〜…

 

 

 

(なんちゅータイトルや…)

 

 

お渡し〜!!!

なんかちゃんと似てる〜!!!

野田さん、毎度ありがとうございまっす!!!

 

 

…以上がQの型破り似顔絵「アナタのその顔、メカにします。」の大体の感じである。

野田さんは常連さんということもあり、また、僕が「今日は108つ質問しますんで」という前フリを入れておいたこともあり、かなりの質問↔回答の応酬があったが、通常は「もっと少な目」の場合が多いことを予めご了承いただきたい。

 

 

ちなみに僕もQさんには何度も似顔絵を描いてもらっているが、“ただの一度も”質問を受けたことは無い。なぜならQさんが、知らないうちに、勝手に描いてくれているからだ。

 

なんだか、とても、嬉しい。

 

Qの型破り似顔絵「アナタのその顔、メカにします。」は、明後日10日(土)14時より、現在「J 'GALLERY&CAFE」(東京都北区滝野川6-56-14)で開催中の展覧会「WE ARE HYOGENZOKU!!」の関連企画として実施(XLの民族系似顔絵「なんか、どっかの、民族っぽくしてあげる♡」も!)します。また明日9日(金)17時からはトークイベント『「オレたちひょうげん族」のこと!&「障害者アート」あるある!』(要・事前お申込です!)も開催しますのでぜひぜひご来場ください!

 

グッド 詳細はコチラ!→

 

明朝7時、QXL、そして永遠のリストラ候補・沼田とともにTOKYOへ出発します!

 

木ノ戸

| その名は“Q”。 | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0)
【クソ真面目エッセイ-12】不器用+勢い=沼田亮平

 

沼田亮平:1979年5月6日生まれ。B型、おうし座、左利き。生まれた時に看護士さんが受け取り損ね分娩台から落ちたため、しばらく高熱が続く。その影響で現在も腎臓が普通の人の半分くらいしか働いていない(今なら裁判でたくさん慰謝料をもらえていたに違いない…)。現在37歳なので、腎臓の年齢は74歳。

 

スウィングに勤めて早10年。今号の「Swinging」は「総力特集・沼田亮平」。自分ではなんのことやら…という感じであるが、とにかく総力特集である。普段口下手な分、今回はこの場を借りて出来る限り自分のことをさらけ出そうと思う。

 

先日、特集ページのために『ひとりの「ただの男」を掘り下げるということ』と題した3時間に及ぶ座談会を開催していただいた。結果どうであったか? 自分でテープ起こしをして感じたことは「コイツ(=自分)全然しゃべらんなあ…」である。いったい何をそんなに躊躇しているのか? というくらいにしゃべらない。発行部数7,000部にビビッているのか? いや違う。常に「正しい答え」を答えようとばかりしているのだ。もちろん僕が「正しい答え」を持っているわけでもないし、そもそも「正しい答え」なんて存在しない。強いて言うならば、自分への質問なのだから自分の返す言葉が正解なのだが、何かがブレーキを踏んでしゃべらせない。僕の言葉を皆が待ってくれているのに。

 

その原因を突き詰めてゆくと中学2年生の頃まで遡る。僕は当時、クラスでも明るい方だったと思う。授業中に冗談を言って笑わせることもよくあった。だが、ある日授業中に冗談を言ったクラスメイトの男の子が「おもしろくない」とクラス中からボロカスに言われ、泣いてしまった。その光景を見た日を境に、急にしゃべれなくなってしまった。恐らくこれが「他人の評価を気にする」ようになった初日である。

 

その日から“そこだけ”を見て生きる人生がはじまった。しかし、それだけにとどまらず、他人からの評価を怖れるあまり、「評価されないようにしよう」と心がけはじめた。なるべく意見を言わず、表に出ず、自分が傷つかないために息を潜めていようとした。ただ、幸か不幸か逃げることも上手く出来なかった僕は、今度はただひたすら「上手くやろう」とばかり考えるようになった。「そこがアナタの魅力ではないよ」と誰しもが気づいていたのだろうが、自分だけは気がつかず、「なんとかせねば」とひたすら自分を変えようとした。もちろん上手く出来ずに見当違いの失敗ばかりする。知らなかったのか、それとも知らないふりをしていたのか、自分が「不器用」であることを「ちゃんとせねばならない」という思いで覆い隠し、出来ない自分を否定する自己嫌悪の日々を、二十数年間に渡って送り続けた。

 

自分が目を背け、否定し続けた「不器用」こそが強みであり、沼田らしさであると言われ続けて10年目。まだまだ過去の呪縛を完全に解くことは出来ていない。しかし、スウィングで寸劇やワークショップを担当させてもらい、「人前に立つ」という自分が最も恐れていた場面を繰り返し経験してゆくことで、思いもしなかった「自分らしさ」の端っこを掴むことは出来たように思う。ガチガチに緊張し、読み込んだ台本のセリフをすっ飛ばしながらも、「勢い」だけを頼りに乗り切ってきた。それでもまだ過去の自分は「上手くやれ、上手くやれ」と耳元でささやいてくる。それこそが否定すべき自分であり、さんざん失敗してきた原因でもあるのに。

 

二十数年間の呪縛から解放される日はまだ先だと思うが、ようやくスタートラインに立つことは出来た。「器用に生きたい」「上手くやらねばならない」という自分自身にかけ続けた呪縛を解く場所がここにあること、またそんな呪縛に苦しみ悩む自分を諦めずに見守り続けてくれる人たちがいることを今一度心に刻みつつ、自分らしく、「不器用」に生きる道を進み続けたいと思う。

(フリーペーパー「Swinging Vol.21 総力特集:永遠のリストラ候補 沼田亮平 」より転載) 

 

文:沼田亮平(ぬまた・りょうへい)

1979年5月6日生まれ。大学時代はボランティアサークルに所属。地域の児童館をまわり、人形劇や工作のワークショップを行う。卒業から十数年の時を経てこれらの経験が活きることになるとは、当時の沼田は夢にも思っていない。

 

※ フリーペーパー「Swinging」は、スウィング賛助会員の皆さまからの会費を原資に制作・発行を行っております。→
※ 全国津々浦々「お!それウチに合うよ!置くよ!」という店舗さま等いらっしゃいましたら、スウィングまでご連絡ください!(10部〜20部程度)
※ 全国津々浦々「お!あの店に置いたらええんちゃうん?」的な情報がございましたら、スウィングまでご連絡ください! → Tel:075-712-7930 → Mail:swing.npo@gaia.eonet.ne.jp(木ノ戸)
※ 現在の配架先については(情報が古いですが)コチラをご参照ください。→
※ 次号「Swinging Vol.22」はもうちょっとだけ先! 2017年6月15日発行の予定です!

| フリーペーパー「Swinging」掲載! | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0)
展覧会「WE ARE HYOGENZOKU !!」、明日より開催!!!

 

スウィング「オレたちひょうげん族」、明日よりTOKYOに上陸します!!!

去年も「マジェルカ」さんでXLの個展したし〜、一昨年は「Good Job!」展にいろいろ登場させてもらったし〜、なんだかんだTOKYOにお邪魔する機会も多いスウィングです。今回は「J 'GALLERY&CAFE」さんのお誘いをいただき、絵画作品&詩作品を結構な長期間にわたって展示させていただきます。スウィングでは「場」を創るたびに目的を設定するのですが、今回の目的はズバリ! 「売る」であります! 「あ! これ欲しい!」と思っていただければ「イヤン! うれしい! もう十分!」と思いがちな我々ですが、できれば“現金ニコニコ払い”までこぎつけていただければ幸いです!

また、(京都を朝7時に出発します悲しい)9日(金)にはトークイベント(「障害者アート」あるある)、10日(土)にはQ&XLによる似顔絵も開催いたしますので、ご来場いただければとってもうれしいです!

 

展覧会「WE ARE HYOGENZOKU !! 」

NPO法人スウィング(京都)が展開する芸術創作活動「オレたちひょうげん族」から生まれ出た「表現」の数々から、絵画作品を中心に展示します!


ひらめき 会 期:2017年6月3日(土)→7月22日(土)14:00→19:00 OPEN ※ 日・月・火休廊
ひらめき 場 所:J 'GALLERY&CAFE 東京都北区滝野川6-56-14 →

ひらめき 問合せ:NPO法人スウィング(担当:亀井・木ノ戸) 
   Tel:075-712-7930/E-mail:swing.npo@gaia.eonet.ne.jp

  →Facebookイベントページはコチラ! →

 

グッド オープニング・パーティー
ひらめき 日 時:2017年6月3日(土)15:00→19:00


グッド イベント トークイベント: 「オレたちひょうげん族」のこと!&「障害者アート」あるある!
ひらめき 日 時:2017年6月9日(金)17:00→19:00
ひらめき 話す人:木ノ戸昌幸(NPO法人スウィング)

        杉千種、山口里佳(con*tio) 
ひらめき定 員:30名(要・事前お申込!)

ひらめき参加費:1,500円 ドリンク(市販のやつですが飲み放題!)、おつまみ代込み。
ひらめき お申込:J 'GALLERY&CAFEまでお申込みください。

お名前*/ふりがな*/人数*/ご所属/ご住所/電話番号*/Mail/ドリンクについて*(アルコール or ソフトドリンク)

《* は必須》を、Mailにて担当・竹居さんまでお知らせください。
Mail:
jgallery.cafe@gmail.com(件名を【6/9 イベント申込】としてください)

 

グッド イベント 似顔絵: Qの型破り合体メカ似顔絵&XLの全員少数民族系似顔絵
ひらめき 6/10(水)14:00→18:00   

ひらめき 料金:おひとり1,000円

 

※ J 'GALLERY&CAFEさんのFacebookより拝借しました。

 

皆さまのご来場を心よりお待ちしております!!!

→Facebookイベントページはコチラ! 

木ノ戸

| 芸術創作活動「オレたちひょうげん族」 | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0)
【クソ真面目エッセイ-11】なあ、沼田くん。

 

今号の「Swinging」は沼田くんの特集だって。ちょうどよかった。聞いてほしい話があるんだよ。特集されついでに、沼田くん、ちょっと聞いてくれよ。

 

昨日まで元気だった人が、今日、亡くなってしまう。そういうことを、仕事の上で二度経験したよ。たくさんの向精神薬の副作用で、筋肉の一部が固まり足を引きずって歩いていた人の「原因不明の突然の」死。大柄な父親から、体が吹っ飛ぶほどの殴打を日常的に受けていた人の「急な」病死。原因不明?突然?多剤多量処方が、暴力が、その死に関係していないわけがないと思うのだけれど。お茶を濁されながら生きていた人たちは、その最期だってうやむやにされてしまったよ。

急に家を飛び出したり大声をあげたり食事のたびに嘔吐したりして、家族からも福祉関係者からも「無理」と言われて精神科に入院させられた人がいたよ。退院の予定のない入院は、もうすぐ五年目を迎える。二十代で、人生を丸ごと封印された人。 拘置所での生活と有罪判決を経て、地元から遠く離れた町の施設で暮らしている人がいるよ。裁判中に支援者から提示された出所後の道は、施設入所かホームレスの二択。選択の余地はないから、実質的には強制的に入所させられたわけだけれど、それでもこの人は「自分で」遠くの施設に入ることを「選んだ」と思っている。「そう思わされている」ということに、気づいていない。 なあ、沼田くん、あの人の死を、あの人の入院を、あの人の事件を、防げなかったのは、誰だと思う?あの人から目をそらし、あの人を捨て、あの人にふたをしたのは。いつも安全な場所で手をこまねき、論点をはぐらかし、自分の生活を優先させているのは。全力を尽くしていることに偽りはなくとも、そもそも力を注ぐポイントがずれている、手をつけやすいところだけを撫でているのは。その「関係」の当事者だというのに、部外者ヅラをしているのは、だーれだ?

 

「それはお前だろ」ってか。ああそうだよ。

沼田くん、それは俺だよ。

 

そんな俺に、福祉ファンタジーのテーマソングを歌うのは、やめてくれよ。利用者の思いを尊重しようって、もう言うなよ。一緒に暮らしている家族の気持ちでさえよく分かっていない、この俺に。利用者本位の支援を提供しようって、もう言うなよ。そんなに豊かな想像力は持ち合わせてはいないよ。利用者の潜在能力を引き出そうって、もう言うなよ。そんなことができるって、どれだけうぬぼれたら思えるのだろう。利用者の強みを活かそうって、もう言うなよ。お前は強みを活かしていないなんて、そんなことを言われたら、マジうざいよ。関係機関と連携しようって、もう言うなよ。いつもいつも連れションばかり勧めるなよ。天気のいい日は一人で立ちションさせてくれ。すべては計画書に沿ってって、もう言うなよ。その紙っぺらに書かれているのは、茶番劇のシナリオじゃないかよ。

なあ、沼田くん。うぬぼれと勘違いと嘘と自己欺瞞のアンサンブルを、超ファックな福祉ファンタジーのテーマソングを聞いているうちに、「エンパワメント〜♬か〜ら〜の〜ストレングスモデル〜♬」なんつって、いつの間にか口ずさんでしまっている、ゲスの極みの乙女座のおっさんは、だーれだ?

 

「それはお前だろ」ってか。ああそうだよ。

沼田くん、それは俺だよ。

 

なあ、沼田くん。支援員とかヘルパーとかいう立場の我々に、できることがあるとすれば、それは何なのだろう。我々がなすべきことは、何なのだろう。我々はどこに向かえばよいのだろう。いや、違うよ。答えがほしいとは思っていない。知っているよ。こういう問いに解はない。でもすでに、我々は何かができていて、何かを期待されていて、どこかに向かって歩き出してしまっている。正しいのかどうか分からないままに、よく分からないままにそうなっているということの気持ち悪さ、しっくりこない感じを、沼田くんと確認し合いたいんだよ。

なあ、どのぐらい気持ち悪い?ナマズを枕にして寝るぐらい気持ち悪い?

何をしてもしなくても、歩こうが立ちどまろうが、いつもしっくりこないだろ。

なあ、沼田くん。どのぐらいしっくりきていない?ナマズをどうしたときぐらい、しっくりきていない?

(フリーペーパー「Swinging Vol.21 総力特集:永遠のリストラ候補 沼田亮平 」より転載) 

 

文:駒田健一(こまた・けんいち)

2010年12月に株式会社Straightを設立。ヘルパー派遣事業所「ストレイト・コンサルティング」、ショートステイ事業所「ストレイト・フローネル」管理者。食べてみたいものはオオサンショウウオ。京都市在住。

 

※ フリーペーパー「Swinging」は、スウィング賛助会員の皆さまからの会費を原資に制作・発行を行っております。→
※ 全国津々浦々「お!それウチに合うよ!置くよ!」という店舗さま等いらっしゃいましたら、スウィングまでご連絡ください!(10部〜20部程度)
※ 全国津々浦々「お!あの店に置いたらええんちゃうん?」的な情報がございましたら、スウィングまでご連絡ください! → Tel:075-712-7930 → Mail:swing.npo@gaia.eonet.ne.jp(木ノ戸)
※ 現在の配架先については(情報が古いですが)コチラをご参照ください。→
※ 次号「Swinging Vol.22」はもうちょっとだけ先! 2017年6月15日発行の予定です!

| フリーペーパー「Swinging」掲載! | 13:25 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ランキングに投票してください!!
人気ブログランキングへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE