Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< 「ほっとはあと製品」応援事業デザイン支援展 | main | Gさんからの挑戦状 >>
ナっちゃんとタっちゅん
昨日の午後3時半。
作業終了、掃除の時間だ。

ひとり職員室で事務作業をしていると、
職員室掃除担当のAさんがやってきた。

Aさんは扉を開けるなり、大きな声でこう僕を呼んだ・・

「ナ〜ッツくん!!」


・・ひとの呼び名は変わる。(・・とも限らないが変わる場合もある。)

例えば小学生の頃、僕には田村という友人がいた。
彼の場合、最初は皆、当然「田村くん」。
(女子は以後も「田村くん」をキープ。)
しばらくすると「田村」と呼び捨て。
もっと親しくなると「タムちん」。

そうして、そのうち度を超してしまうと、
「ちん?ん」などと呼ばれていた。
(本当はもっとひどいことになったのだが書けない・・)

なぜ、「タム」が残らず「ちん」がフューチャーされたのか?
・・よく分からないが、とにかく「親しさ余って」のことだ。


「ナ〜ッツくん!!」

一瞬の戸惑いを覚えたが、次の瞬間、僕はAさんをこう呼んでいた。

「タ〜チオくん!」

・・千林商店街に心奪われ、もう豆コンビのことは
忘れてしまったものと思っていた。

けれど心のどこかで、

なんにも終わってなんかいない!!
・・きっと何事もなかったように、
あの頃のふたりに戻れるに違いない!!

そう信じている自分がいた。
信じること。
とても難しく、とても大切なことだ。

束の間の冷却期間を経て、
ピーナッツ君はナッツくんに、
ピスタチオ君はタチオくんになった。

・・そして今日。午前8時過ぎ。
先に出勤していたAさんは、僕を見るなりこう言ったのだ。

「ナ〜っちゃん!!おはよう!」

僕はふたりの関係がさらに深まった喜びをじんわりと感じながら、
すかさずこう返した。

「タ〜っちゅん!!おはよう!」

ピーナッツ君からナッツくん。・・そして、ナっちゃん。
ピスタチオ君からタチオくん。・・そして、タっちゅん。

もう「ナ」と「タ」しか残っていない。
これ以上は変わりようがない。恐らくここが終着駅だろう。
(・・間違いなく、「田村くん」→「ちん?ん」よりはいい。)

グッバイ!ピーナッツ君!

ひとの呼び名が変わる時、
そこにはそれぞれのドラマがある。

木ノ戸


ゴミコロリのゼッケンができました!!
| 珍コンビシリーズ | 17:52 | comments(1) | trackbacks(0)
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2017/03/15 11:33 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 【追記】新型コロナウィルス感染拡大に伴う今後(4/13以降)の方針について
    kinoto (04/14)
  • 【追記】新型コロナウィルス感染拡大に伴う今後(4/13以降)の方針について
    阿部千津 (04/12)
  • フリーペーパー『Swinging Vol.27/総力特集:事務員越え』!!!
    kinoto (02/04)
  • フリーペーパー『Swinging Vol.27/総力特集:事務員越え』!!!
    oni cafe (02/04)
  • 【クソ真面目エッセイ-16】世界が芸術「的」でありますように。
    kinoto (08/01)
  • 【クソ真面目エッセイ-16】世界が芸術「的」でありますように。
    おかる (07/29)
  • 第68回プチコロリ@親キャバ in 鳥取・松崎
    Kinoto (05/10)
  • 第68回プチコロリ@親キャバ in 鳥取・松崎
    トキママこと楢崎とき (05/07)
  • 展覧会「Swing Langue! −スラング!−」のお知らせ
    塩山昌彦 (03/28)
  • 怖いもの知らずが怖いモノ
    kinoto (03/18)
LINKS
PROFILE