Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< 【クソ真面目エッセイ-18】僕とONLY FREE PAPER | main | 広告:大切な京都に共産党の市長は「NO」/京都新聞社の見解 >>
しばらく京都には来ないでください

 

信じられない新聞広告を目にした。

岡山で充実した2日間を過ごし、心地よい疲労感に浸っていたその最中に。

 

涙が止まらない。

 

新幹線の中でも、バスの中でも、そして今も泣き続けている。

 

ここに書かれていることは一体何なのだろうか??

 

京都の未来を作るとか言ってる人たちが、こんなにも心ないやり方で、たとえ方法や思いに違いはあるとしても、本気で京都を良くしたいと奔走しているひとりの「京都市民」を露骨に攻撃し、排斥しようとしている。

 

情けない。逸脱している。

完全にアウトだ。許されない。

 

これを掲載した新聞というメディアにも絶望する。 

プライドはないのか??

 

子どもに見せてはいけない。

こんなものは、ただでさえ不安で不透明な未来の足枷にしかならない。

 

京都に来て、もう20年以上になる。

「京都」の壁は厚い。よそから来た「外様」であることを理屈でなく、肌感覚として未だに感じ続けているし、ずっと悩んでいる。いつもいつもというわけではないけれども。

 

しかしながら、「京都市民」であることを心から恥じたのは今日がはじめてだ。 正直、ここまでキテいるとは思っていなかった。

 

恐らく、高いお金を払ってこの広告を載せた人たちは、この広告が含有した暴力性や排他性、あるいは特定の個人、ひとりの人間を悪意100%で公然と攻撃し、傷つけていることに「気づいていない」のだ。

 

そこが一番怖い。

 

その感性で未来を作れると思っていることが恐ろしすぎる。

 

選挙はパワーゲームだ。けれど市長候補であろうが、手段であろうが、広告だろうが、勝ち負けが全てだろうが、人間性や「人を傷つけ、排他することの恐ろしさ」(=自分が傷つけられ、排他されることの恐ろしさ)への想像力を失ったならば、もう終わりだと思う。 彼らはもう疲れ切ってしまっていて、麻痺しているのだと信じたい。もう休んでほしい。そうじゃなければ、今夜僕が眠れない。

 

攻撃された側は、今が反撃のチャンス! だと息巻くのだろうか?

 

それも違うと思う。これはそんなんではない。そういう次元の話ではない。

 

ちゃんと傷ついてほしい。

哀しんでほしい。

 

未来は今と地続きだ。 今を大切にできない人に、決してより良い未来は築けない。

 

世界中からたくさんの人が訪れるKYOTOは、実はここまでダサい状況です。虚栄と慢心から解き放たれるまで、今しばらくお待ちください。

 

木ノ戸

| 考えごと | 02:18 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE