Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< 【クソ真面目エッセイ-17】ノストラダムスは大嘘つきだ。 | main | 【クソ真面目エッセイ-18】僕とONLY FREE PAPER >>
展覧会「Enjoy! Open!! Swing!!! Vol.6」のお知らせ

障害者と芸術表現の高い親和性が注目を浴びる昨今ですが、果たしてそうなのでしょうか? ハッキリ言うとちがうんじゃないでしょうか? なぜなら芸術表現って、全ての人間が元々持っている「普遍的なアレ」のひとつなんじゃないかと思うんです。で、普遍的といえばアレです、似顔絵です。誰でも知ってるし、似てても似てなくっても、描かれるとなぜだかうれしい。それが似顔絵のええとこなのです。そして一方的に描いたり描かれたりするんじゃなくって「描き合う」のがいい! というわけで、本展覧会では「オレたちひょうげん族」の面々と来場者の皆さんが「描き合いっこ」した似顔絵が展示されます。つまり展示作品を描くのは、アナタ「も」です! Enjoy! Open!! Swing!!!

 

 

★展覧会:Enjoy! Open!! Swing!!!  Vol.6 ドキッ! 丸ごと似顔絵 似顔絵だらけの似顔絵大会★

●会 期:2020.1.31(金)→2.4(火) 11:00→18:00 OPEN 

※ 2/1(土)・最終日17:00まで 

●場 所:BIT CUBE art space 京都市左京区一乗寺中ノ田町26-2/Tel.075-722-9282 

●参加費:¥500(似顔絵料金・画材費・額代・送料・光熱費等すべて含む) 

※ 子ども無料(小6まで)

 

★Facebookイベントページはコチラ! →

 

 

2014年にスタートしたシリーズ展「Enjoy! Open!! Swing!!!」。昨年は親キャバ開催の都合上1回お休みして、一昨年に続く第6弾を来る1月31日(金)より5日間に渡って開催します! 

 

作品を展示して、鑑賞する。それって交流なんだろうか? 「何か」が交流しているのは間違いないんだろうけど、もっと生身の「ホンマの交流」の場を生み出したい……このような思いから本シリーズははじまりました。

 

 

さらに今回は「分断をなくす」という、ちょっと難しげなテーマも設定しています(「超える」ではなく「なくす」。なぜならそれはそもそも、こしらえものだから)。分断とは【描く/描かれる】【展示する/鑑賞する】【障害者/健常者】といった分断、二分化。これらの分断は「障害者」や「表現者」を自分とは違う人として見つめる目線(他者化)、つまり芸術表現といういい感じの響きを通じた、大雑把な逆差別(障害者=芸術性に秀でた人)に繫がりかねないと、かねてより危惧してきました。

 

人は一人ひとり違う生き物なわけですが、そのこととカテゴライズされた「障害者」や「表現者」を、遠い目で見つめる目線はまったく違います。

 

 

じゃあ、そうした分断を「柔らかに」なくすためにはどうしたらいいのか? 

 

そこで浮上したアイデアが「似顔絵の描き合いっこ」です! このニャンニャンとした響きならば「絵はちょっと……」なんて人の心理的な敷居も下がるんじゃないか。それにもはや上手とか下手とかの次元とは無関係な「オレたちひょうげん族」の似顔絵を見たら、更にその敷居は下がるんじゃないか。 

 

そうして描き合いっこをして、できあがった似顔絵をドンドン展示して増殖させて、参加者みんなで一緒に似顔絵だらけの展覧会を作ろう! ……名付けて「ドキッ! 丸ごと似顔絵 似顔絵だらけの似顔絵大会」!!!

 

 

勢いよく名付けた割には例によって思い切りパクリです。このネーミングの元ネタであるテレビ番組が分かる人はそれなりの年齢……ということになろうかと思いますが、まあ今の社会ではいろんな意味でテレビ放映はムリ、そして誰も求めてないんでしょうねー。

 

しかしながら「似顔絵の描き合いっこ」については前回(Vol.5/テーマは「お金」の概念を排して「全部あげちゃう♡」)、実験済み。あのとき会場内に漂っていたE感じ、「これは、なんか、かなり、いいぞ」という可能性の実感こそが原点なのです。

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、ここで本展覧会のルールを説明します!

 

本展覧会では「オレたちひょうげん族」の面々と来場者の皆さんが「描き合いっこ」した似顔絵が展示されます。つまり展示作品を描くのは、アナタ「も」です!

 

案内されたイスに座ってください。

※【描く/描かれる人】は指定できません。 

「目の前の人」から渡された紙と封筒にお名前とご住所を記入し、目の前の人に返してください。  

(目の前の人の似顔絵を描く)紙を選んでください。 

目の前の人と似顔絵の描き合いっこをしてください♡ 

完成したら額を選んでください。 

マスキングテープで紙と額をくっつけてください。 

好きなところに展示してください。 

※「ひっつき虫」を使ってください。 

会期終了後、目の前の人が描いたアナタの似顔絵が、アナタの家に届きます♡

 

です! このルールが記載された紙は会場でもお渡しします。ヘタクソ歓迎! 全部、味!

続いて会期中に開催するトークイベントのご案内です。

 

 

★トーク! 『生きること=表現』……ってモヤモヤする!!★ 

「生きることは表現」とか言われてるけど……なんとなくは分かるけど……でも、もひとつしっくりこない! でも「障害者×表現」がしっくりきちゃうのはなぜなんだろう? どっかで区切って他人事にしているのかな? 特に肩書きのない3人のモヤモヤ〜(=モヤモヤしている人)が普通の目線で語らいます。 

 

モヤモヤ〜1:沼田 亮平(NPO法人スウィング/京都) 

モヤモヤ〜2:深町 葵(NPO法人スウィング/京都) 

モヤモヤ〜3:江原 有美(メジロック/東京) 

★進 行:木ノ戸 昌幸(NPO法人スウィング/京都) 

 

●日 時:2/1(土)18:00 → 20:00 

●定 員:15名(先着順/要・事前お申込) 

●参加費:無料(市販のやつですがドリンク飲み放題) 

●お申込:お名前*/ふりがな*/人数*/ご所属/ご住所/電話番号*/Mail/ドリンクについて*(アルコール or ソフトドリンク)(* は必須)を、Mailにて担当・亀井までお知らせください。 

 

Mail:kamei@swing-npo.com(件名を【2/1イベント申込】としてください)

 

こちら既に残席わずかとなっております! 

お早目のお申込をよろしくお願いします。

 

 

只今、スウィング「オレたちひょうげん族」は似顔絵特訓中! みんな、楽しそうです。

ヘタクソ歓迎! 全部、味! わたしたちの実験へのご参加を心よりお待ちしております。

Enjoy! Open!! Swing!!!

 

★Facebookイベントページはコチラ! →

 

木ノ戸

 

★切実なるお願い/視察・見学について★

・大変ありがたいことに、日々視察・見学の依頼をいただいております。

・が、その対応(連絡・調整)に担当者が追われまくっている、という状況があります。。。

・スウィングの見学日は毎月第3水曜日と第4金曜日となります。 

・時間、料金、定員、プログラム等の詳細については下記ブログをご覧ください。

 

2019.03.04 Monday

見学日を月2回(毎月第3水・第4金)とさせていただきます。

http://garden.swing-npo.com/?eid=1400635

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

NPO法人スウィング

木ノ戸昌幸

| 芸術創作活動「オレたちひょうげん族」 | 17:53 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE