Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< 第133回ゴミコロリ | main | 京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」@狂乱の京都駅・南口編 >>
「障害者アーティスト」でOKなのはDARE?

268.jpg

 

去る11月28日、アッキーは東京「SHIBUYA TSUTAYA」にいた。

何をしていたか? というと、「異彩を、放て。」をミッションに掲げる福祉実験ユニット「ヘラルボニー」と吉本興業がタッグを組んだアパレルブランド『DARE?』の記者発表に、次長課長の河本準一さんや、今を時めくゆりやんレトリィバァさんらと共に出席していたのだ。

 

→★DARE? https://daredaredare.theshop.jp/

 

『DARE?』がすごいのは、「笑い」という強烈な武器をもって「福祉」や「アート」や「障害者」といった、ともすれば聖域化されがちな、アンタッチャブルな感じが漂うアレコレの敷居を下げ、日常の延長線上にコミット可能なものへと、見事に、そうとは気づかないうちに変換していることだ。

 

89.jpg

 

いとも簡単に、ではない。

 

難しいことを、「いとも簡単に」やっているかのように見せている。イチローの超ファインプレーが時としてごく普通のプレーのように見えたのは錯覚だ。本当のプロは難しいことを、入念な準備と卓越した技術や経験によって、まるで簡単なことのようにやってのける。ヘラルボニーの皆さん、吉本興業の皆さん、数多の関係者の皆さん、とりわけ『DARE?』の企画者である稲垣かのこさんには、この場を借りてあらためて心からの御礼をお伝えしたい。

 

209.jpg

 

ところで記者発表の様子は、多くのメディアを通して様々な伝えられ方をしたが、アッキーを「障害者アーティスト」と紹介するパターンがちょいちょいあったことは、まあ予想通りだった。もちろん基本的に「障害者アーティスト」という呼称には反対だ。意味が分からない。「アーティスト」の前になぜ「障害者」なんてくっつける必要があるのか? ファックだ。サノバビッチだ。

 

 

けれど、ことアッキーに限っては「障害者アーティスト」という肩書きがス〜ッと入ってくるというか、「うん! そうだね!」と何らの違和感も生じない摩訶不思議に、我ながら驚いている。僕のこだわりは、過剰なファイティングスピリットはどこへ行ってしまったのだ?

 

一体なぜだろうか?

 

それはおそらく当のアッキーが「障害者」であることを無条件で……と言うよりむしろ前のめりに受け入れ、また「障害者アーティスト」についても、一切意に介していないからなんだと思う。そりゃあ晴れやかに爽やかに堂々としたものだもの! 自分のことを元気ハツラツ「SYOUGAISYAデース!!!!!」と自己紹介したりするんだもの!

 

2017.05.15 Monday

I AM SYOUGAISYA !!!!! 

http://garden.swing-npo.com/?eid=1400448

 

254.jpg

 

こんなふうに書くと「アッキーは心の広い素晴らしい人だ!」なんて思われるかもしれないがそうではない。……「そうではない」と言い切るのもアレだし伝え方が難しいのだが、つまり彼は「障害者」や「障害者アーティスト」を文字通り言葉としては理解でき、また自分を指すものであることも知っているのだが、その意味についてはよく分かっておらず、そもそも意に介しようがないんである。これはもちろん他の多くの難しげな言葉についても同じことだから、アッキーという人は、かなり濃い目の「五里霧中」状態を常にたくましく生きているとも言える。

 

理解力という決定的な差はあるにせよ、僕と彼とを比較した場合、ケツの穴をすぼめて言葉にこだわり、囚われているのは明らかに僕のほうだ。人はそれぞれに、決定的に異なった個別の存在なのであり、即ち、物事の感じ方や捉え方だって実は百者百様である。絶対唯一の正解を持っている人なんてどこにもいない(だからといって「障害者アーティスト」という呼称が正しいとは思わないけれど)。

 

42.jpg

 

 

アッキーは「障害者アーティスト」。

 

 

アッキーが、そして僕自身が、一抹の違和感すら感じていない時点で、もうこれはこれでOKなんじゃないだろうか。……だとしたら、だとしたら、やったぜ! 自分の中にまたひとつOKが増えたぜ!

 

さて、東京での大仕事を終え、いつも通りスウィングにやって来た男の第一声はさすがであった。

 

 

「木ノ戸さ〜ん! 河本次長に会ってきました〜!」

 

 

……おしい。いや、これでこそアッキーだ。

 

木ノ戸

 

★切実なるお願い/視察・見学について★

・大変ありがたいことに、日々視察・見学の依頼をいただいております。

・が、その対応(連絡・調整)に担当者が追われまくっている、という状況があります。。。

・スウィングの見学日は毎月第3水曜日と第4金曜日となります。 

・時間、料金、定員、プログラム等の詳細については下記ブログをご覧ください。

 

2019.03.04 Monday

見学日を月2回(毎月第3水・第4金)とさせていただきます。

http://garden.swing-npo.com/?eid=1400635

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

NPO法人スウィング

木ノ戸昌幸

| Ackey Cha Cha Cha! | 10:04 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 【追記】新型コロナウィルス感染拡大に伴う今後(4/13以降)の方針について
    kinoto (04/14)
  • 【追記】新型コロナウィルス感染拡大に伴う今後(4/13以降)の方針について
    阿部千津 (04/12)
  • フリーペーパー『Swinging Vol.27/総力特集:事務員越え』!!!
    kinoto (02/04)
  • フリーペーパー『Swinging Vol.27/総力特集:事務員越え』!!!
    oni cafe (02/04)
  • 【クソ真面目エッセイ-16】世界が芸術「的」でありますように。
    kinoto (08/01)
  • 【クソ真面目エッセイ-16】世界が芸術「的」でありますように。
    おかる (07/29)
  • 第68回プチコロリ@親キャバ in 鳥取・松崎
    Kinoto (05/10)
  • 第68回プチコロリ@親キャバ in 鳥取・松崎
    トキママこと楢崎とき (05/07)
  • 展覧会「Swing Langue! −スラング!−」のお知らせ
    塩山昌彦 (03/28)
  • 怖いもの知らずが怖いモノ
    kinoto (03/18)
LINKS
PROFILE