Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< 京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」@「南座」近くのあの辺り編 | main | 「現代 アウトサイダーアート リアル」とあのリアル >>
第74回プチコロリ 〜沖縄・国際通り編供

39.JPG

 

宮里裕美さんのお招きによって、彼女が主宰する「アトリエm」(沖縄県那覇市)でトークイベントをしたり、寝泊まりをさせてもらったのはもうひと月前のことだ。

 

10月5日の夜、無事にイベントを終えた僕たちは、彼女の案内で首里城にも立ち寄った。

ほんの束の間だったけれども、そこにはまだ燃えていない、首里城があった。

 

以下はこの日の午前中、国際通りにて敢行したプチ・ゴミコロリ、「第74回プチコロリ」のレポートである。

執筆者は宮里裕美さん。高速で仕上げてくれたのに、アップするのがこんなに遅くなってしまった。

申し訳ない。そして心の痛むタイミングだ。

あの日、首里城火災のニュースを教えてくれたのも彼女だった。

首里城が負った甚大な傷と、あの城を深く愛する皆さまの心の傷がいつか癒えることを京都より祈っています。

 

木ノ戸

 

01.JPG

 

沖縄の那覇在住3児の母ひろみが書きます、どうぞよろしくお願いいたします。

なんやかんやで10月5日の午前中、沖縄で「第74回プチコロリ」開催の運びとなりました。

 

実はゴミブルー、今年2月に国際通りを一度プチコロっております。

その「第65回プチコロリ」、2019年2月17日の様子はこちら →

 

02.jpg

 

今回は前回できなかった続きをコロることとなりました。

さあ戦いに向けてまずは互いの体のチェック。

 

03.jpg

 

その最中、大問題発覚!!

 

ゴミブルーのマスクがビリッビリに破れているのです(人ではないからマスクなんかかぶってないのですけども)。

 

あまりの衝撃で撮り忘れてしまいましたが、キン肉マンの破れ具合なんてかわいいもんです。

 

ここ最近、ゴミブルーになる頻度が多かったようで(じゃない時はなんなのかはわかりませんが、人でよいのでしょうか、設定がわかりません)、酷使された代償でしょう。

 

04.JPG

 

集合時間も迫っておりましたため、移動しながらビリッビリブルーのマスクを、仲間のブルーが車中で縫うことになりました。

 

縫いブルーとても上手に縫います。

 

05.JPG

 

これできっと大丈夫。 と思いきや、駐車場に着いたとたん、地べたにへたり込む縫いブルーーー!!!?

 

「 酔い、ました 」

 

かな  っりの、車酔いです。

いや確かに、確かに車で下を向いて裁縫なんてしちゃったら酔うしかありません。

人は(人ではないけど)なんて浅はかな生き物なのでしょう。

 

06.JPG

 

しかしビリッビリブルーとデスコロイヤーXL、まったく動じる様子はございません。

冷たい飲み物を買ってきて、そっと酔いブルーに差し出すデスコロさん。

ビリッビリブルーは急かす様子もなく、酔いブルーが回復するのを見守ります。

 

始めてゴミブルーの皆さんとお会いいたしましたが、正直私はこの場で胸が熱くなりました。

コロリペーペーの私、彼らが積み重ねた絆の輪には入れませんが、私は私の役割をはたそう、そう誓った瞬間です。

 

07.JPG

 

一呼吸おいた後、携帯を取り出し、集合場所に集まっているであろう方へ「遅刻します、すみません」と一報を入れる私ひろみ。

任務、完了。

結局最後は酔いブルーを急がして集合場所へ向かいます。

 

08.JPG

 

急いでー急な呼びかけの中、一緒にコロることになったお2人との合流です。

 

コロり仲間でもまずは名刺交換。

合わせて上下ブルーを着てきたKさん、ニクい。

 

09.jpg

 

マスクも綺麗に縫い合わされ、ビリッビリブルーから傷ブルーへ昇進いたしました。

 

10.jpg

 

こちらは口のようなもの、見えておりますね。

まだ具合が悪いのです、いたしかたありません。

 

11.jpg

 

国際通りまで出る前に、ここ沖映通りもコロっといっちゃいましょう。

 

さあプチコロリ、出発ですっ!

 

鳳凰木(ほうおうぼく)の葉がそよそよと綺麗。

ちなみに沖映通りという名の由来は、今はありませんが、戦後建てられた「沖映本館」という映画館から名付けられたそうです。

 

12.JPG

 

早速デスコロイヤーさんがボーナスステージ(自販機裏)を発見。

空き缶が大量です。

まだ中に飲料が入ってるのって、とてもやっかいですね。

 

14.JPG

 

あら、奥さまいい反応。

 

15.JPG

 

清掃活動しながらも、向かいの歩道の人々へも気遣います。

 

16.jpg

 

17.JPG

 

いろんなもの、落ちています。

 

18.jpg

 

あらあら、Kさん、柵の中に入っちゃいました。

ではお手本として、奥のゴミブルーを見てみましょう。

 

19.jpg

 

技をリアルで見れて感激。

 

この形は・・ 鉄棒の技、「ツバメ」!

 

20.jpg

 

「ツバメ」の基本姿勢から、頭をかなり低く傾け、手を伸ばし獲物を掴む酔いブルー。

 

よくご覧ください。

 

吐き気がぶり返さないように腹部を避け、股関節を支点としています。

 

それでもかなり覚悟の上でしょう、ヒーローって大変ですね。

体を鍛えていない素人は、「ふとんほし」となりますのでお気をつけください。

 

21.JPG

 

さあ、やっと国際通りにぶつかりました。

ここ、むつみ橋(昔は橋があったそうです)から前回コロっていない南西方面を目指します。

 

23.jpg

 

28.jpg

 

22.JPG

 

26.jpg

 

コロリ、名刺配り、写真撮影。

 

いろんな対応をテキパキと、ヒーローっぽい身のこなしでこなしていきます。

さすがです。

 

29.jpg

 

27.jpg

 

30.jpg

 

ここの土地じゃない観光客の方が、ゴミブルーたちに「ありがとう」と声をかけます。 

 

誰のゴミとか、誰の場所とか、そういう理屈じゃなくてふと出てくる言葉ってすてきですね。

 

31 (1).JPG

 

その時、熱い視線を送る車中のガールズたちに気づくゴミブルー。

 

32.JPG

 

走る。名刺を渡せ、 たー

 

鍛錬されたブルーの走りと、渋滞でノロノロ運転だったのが功を奏しましたね。

よいこの皆さんは真似をしないように。

 

33.jpg

 

午後の予定もありますため、松尾でUターンをすることにいたしました。

続きは次回来沖の際にぜひ。

 

ちなみに午後の予定はこちら「おきなわでゆれる?2019」

 

34.jpg

 

こちら、傷ブルーのナンパショット。

 

35.jpg

 

あれ?ここらへん綺麗、と思ったらこんな札がありました。

やはりお店も死角となる花壇下に捨てられることに困っておられるのですね。

少なからずこの効果はあるようです。

 

36.jpg

 

あ、酔いゴミブルー、2月コロリで気になったんだけど買わなかったことを少し後悔していたシーサーパンツを発見いたしましたよ。

 

37.jpg

 

お買い上げ。

 

38.JPG

 

国際通りという名は、戦後に建てられた、これもまた今は無き「アーニーパイル国際劇場」から名前をつけられたそうです。

沖縄戦後、焼け野原となり混乱を極めた中でも、早くから復興の兆しをみせはじめたことから、「奇跡の一マイル」と呼ばれた国際通り。

現在は土産物屋が並び、いろんな国の方が行きかうようになりました。

看板も着ている服も売り物も皆カラフルで、ゴミブルーたちが歩いても全く違和感がありません。

時代と共に軽やかに変化し、ちゃんぷるーな沖縄を象徴している通りです。

 

さあスタート地点に戻ってまいりました。

観光地ながら、ちょっと路地を入ると地元の人たちに愛されるローカルなお店が並びます。

 

さて、ヒーローも、お腹、減りますよね?

どういう設定なのかちゃんと聞いとけばよかった。

いやヒーローもお腹減る減る、減るってことで。

 

39.JPG

 

元祖大東ソバ那覇店へ  

入 ・ 店  

か、かっこよき 一

 

40.jpg

 

41.jpg

 

仕事終えた後の食事は最高です。

 

42.JPG

 

さて本日の獲物はこちら。

 

43.JPG

 

飲料系のゴミが目立ちました。

このあと、瓶、缶、ガラスにきちんと分別して捨てましたよ。

 

以上、「第74回プチコロリ」でした。

 

ひろみ

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.swing-npo.com/trackback/1400703
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE