Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< 第73回プチコロリ@嵐山 | main | 眠らなければ死ぬ >>
さよなら人類

 

プチコロリ、ゴミコロ支部、寸劇「まち美化戦隊ゴミコロレンジャー!!」など、我らが清掃活動「ゴミコロリ」からは、様々なスピンオフプロジェクトが生まれている。

 

けれど「ゴミコロリP」をご存知の方はほとんどいないんじゃないだろうか。

 

まるで腹痛の薬のようなネーミングだが、もちろんそうではない。

「P」は「Parking」の「P」。

つまり「ゴミコロリP」とは、コインパーキング清掃に特化したゴミコロリなのである(ちなみに勝手に特化しているわけではなく、管理会社の依頼によって成り立っている手堅い仕事なのだ!)。

 

月に2回、毎回3〜4人のメンバーで出動するこのお仕事。

 

ああ、この日はよりにもよってこのメンバーなのね……。アッキー、西川、XLの3人なのね……。

 

 

実はアッキーとXLは、露骨にいがみ合ったり、口を聞かぬほどではないけれど、はっきり言ってあんまり仲がよろしくない。

先月の一泊旅行(行先:京都・花脊)では、一部のメンバーがひたすら野球をしまくっていたが、「決して走ってボールを追わない」アッキーに、XLがブチ切れかけていたことは、その場にいた誰もが知る事実だ。

 

 

ああ、この日の「ゴミコロリP」でも、あかんほうのアッキーが思い切りはみ出しているようだ。

 

コインパーキング清掃というミッションに勤しむアッキーはどうあかんのか?

 

もちろん走って追いかけるべきボールはないのだが、もうええ! っちゅーのに精算機ばっかり拭き続けているのだ。

パッと見、「やってるふう」に見えるけれど、それ以上にハッキリと見えるのは全身の毛穴から噴き出しまくる「怠惰」という名のオーラである。

 しかも「まだやんの???」みたいな感じでチラチラ見てくる視線が西川には痛い。

ハートの一番デリケートな部分にズンズン突き刺さってくる。

何とか視点を変えないとハートがもたない。

 

 

ああ、なるほど。アッキーは墓参りにやって来て、ご先祖様のお墓を一生懸命拭いているのか。

随分と久しぶりなもんだから、その申し訳なさも手伝って、もうええ! っちゅーのにしつこく拭き続けているのか。

 

な? 墓にしよ? 

目〜細めて精算機、墓に見立てよ? 

そしたら一見、好青年に見えるくない?

 

イライラしはじめたXLに無言のメッセージを送る西川であったが、まあ、そりゃ無理だ。

どう見てもアッキーはゴリゴリの精算機を無意味に拭き続けている。

たまりかねたXLは、怒気をはらんだ口調でこう言う。

 

 

 

「アッキー、もうそこ拭かんでええて! こっちやって!」

 

 

が、無念、アッキーは「え〜? なに〜?」とまるで意に介さない。

本当は聞こえている。もちろん意味も分かっている。

が、それでも(できるだけ力を込めないように)優しく精算機を拭き続けているのだ。

 

西川のハートは余計にざわつく。

ああムカつく。ああ体に悪い。

 

……いや、「ご先祖様のお墓大作戦!」を遂行しているおれでさえ、こんなふうなのだ。

丸腰で正しいことを言って、思い切りスルーされたXLの心中は怒りの業火で燃えているのではないだろうか。

しかし、事実は小説よりも奇なり。

西川は思いがけず、ひとりの男が遂に悟りを得る瞬間を目撃する。

 

 

 

 「あ、そうか。アッキーに言うてもしかたないんやったわ」

 

 

 

そのとき、西川の目の前にはご先祖様のお墓を熱心に拭き続ける男と、男を冷徹に見つめる仏の姿があったという。

 

木ノ戸

 

●そんなアッキーやXLがよしもと芸人の肖像画を描きました!

●『DARE(だれ)展』(「京都国際映画祭」内企画)は本日10月17日(木)〜20日(日)までの開催です!

●詳しくはコチラ! →
| XL伝説 | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.swing-npo.com/trackback/1400701
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE