Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< 第131回ゴミコロリ | main | 第73回プチコロリ@嵐山 >>
犬の真実

 

天然ボケ vs. 知的障害 vs. 認知症という、三つ巴の戦いを日夜繰り広げているスウィング最高齢、Gさん(81歳)。

最近は「認知症、優勢!」が我々の大方の予想であるが、はてさて、真実はどうなのだろうか?

 

仕事終わりの送迎車内。

信号待ちで停車し、ゆっくりと窓外を眺める時間は、即ち三つ巴の戦いが最も激しさを増す時間だ。

 

「あれ、犬か??」

 

ふいに呟くGさんの、視線の先を追うドライバー西川君。

けれど犬なんてどこにも見当たらない。……ひょっとして遂に四つ巴がはじまったのか??

 

「どれ、ですか??」

 

一応尋ねてみる。

すると、Gさんは迷うことなく、ある方向をはっきりと指さす。

 

「あれや。犬か??」

 

思わず息を呑み、動揺を抑えるために大きな深呼吸をひとつつくドライバー。

OK。おかしいのはおれの目でも頭でもない。

 

あれは絶対に犬ではない。

あれは間違いなく、「三輪車に乗った男の子」だ。

 

 

「……犬ちゃいますよ。……人間の男の子ですよ」

 

Gさんの反発(?)を覚悟しながら、絞り出すように何とか真実を言い切る。

言い切った途端に犬が見えたりするんじゃないかと不安だったが、よし、それもない。

あれはやっぱり人間だ。可愛らしい「三輪車に乗った男の子」だ。

 

しかしながら、このままでは終わらないのが三つ巴の猛者である。

猛者は素直に真実を受け入れたらしいが、今度は独り言のような小さな声でこう言う。

 

 

 

「あれ、人間か。なんて鳴くんや??」

 

 

 

天然ボケ vs. 知的障害 vs. 認知症。

何が優勢なのか劣勢なのか、もはや誰にも知る由はないのだろう。

 

木ノ戸

| THEE G | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.swing-npo.com/trackback/1400700
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE