Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< 第72回プチコロリ 〜「奈良県障害者大芸術祭」のヤツ編〜 | main | 第131回ゴミコロリ >>
哀しきヒーローの定め Thank you Jesse, and Good bye.

 

9月30日(月)午後。

僕は京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」メンバーの一員として、歌舞伎公演で著名な「南座」(京都市東山区)のほぼ真ん前、「四条京阪前」バス停/Bのりばにいた。

 

 

14時46分。


そこから(もちろん全部、異国語で)「産寧坂に行きたいんだけど、どう行けばいいの?」と尋ねてきたのが彼だ。


彼こと、ジェシー(仮名)だ。


産寧坂に行きたいとは珍しいリクエストだが、ジェシーはくわえて清水寺に行けばいいのか、金閣寺に行けばいいのか迷っていたみたいなので、なるほど、産寧坂って言うかとにかく清水寺に行きたいのね、と察した僕は、Q&XLのヘンタイ知識により、通り向こうの「Aのりば」から207に乗るよう案内した(下車は「清水坂」バス停)。

 

 

丁寧に手を合わせて少し頭を下げ、片言の日本語で「アリガトウ」とジェシー。

僕たちは、無事に目的地にたどり着けるよう願いつつ、彼の背中を見送ったのだった。

 

 

その2日後。

 

 

 

10月1日(水)午後。

僕は清掃活動「プチコロリ」メンバーの一員として、名刹・嵐山にいた。この日は日本経済新聞の取材も入っていたので、ベタに盛り上がる超有名観光地に行くことにしたのだ。


15時12分。


約2時間に及んだゴミ退治の最終盤のことだ。

僕は「嵐山」バス停/Bのりばに、見覚えのある人物を発見する。

 

ああ、忘れてなるものか!

ああ、僕のジェシー(仮名)!!

 

たった3日間のうちに、この広い広い世界の片隅で(まあ京都市内やけど)、二度も偶然出会うことなんてある???

これはもう、なんかやで! 

おれたちはあの〜、その〜、運命的なアレに導かれて出会うべくして出会った、なんかやで!

思わず興奮して両手を広げて近寄るが、なぜだか彼は微妙な表情を浮かべている。

 

どしたん? ジェシー? おれやん? 

2日前の、南座の、バス停の、産寧坂の、清水寺のおれやん??? 

 

 

……って、絶対わかんないよね。

 

今日のおれ、真っ青やん。

真っ青っていうか、そもそも人間ちゃうやん。

ヒーローやん。ゴミブルーやん。

 

 

僕のジェシー。

礼儀正しい、素晴らしいジェシー。

観光客のお手本のようなコースを巡っているジェシー。

 

これほどまでに己を、いや、ヒーローとして生きる己の定めを呪ったことがあっただろうか。

マスクを脱いで、今すぐ強く彼を抱きしめたい。

でも、それはできない。決してできないことなのだ。 

バットマン先輩、スーパーマン先輩、スパイダーマン先輩、タイガーマスク先輩、仮面の忍者・赤影先輩ほか多数。

今ようやく、パイセンヒーローたちの苦悩が、身を切るような痛みを伴いながら我が事として感じられる。

 

「Picture ok?」と、さらに近づく真っ青野郎を快く受け入れてくれたジェシー(いや普通、逆やで)。

そうして記念撮影を終えた別れ際、彼は僕たちに向かって手を合わせ少し頭を下げ、再び静かにこう言ったのである。

 

 

「アリガトウ」

 


ひょっとすると彼は、全てを分かっていたのかもしれない(んなわけ、あるかい)。

 

木ノ戸

| スウィンギン・ドキュメント | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.swing-npo.com/trackback/1400696
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE