Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< 第128回ゴミコロリ | main | 第71回プチコロリ(やっぱりイライラコメント付きver.) >>
高齢かつ知的な障害をお持ちの「物忘れする力」を積極的に活用したサバ読み回春大作戦

DSCF1010.JPG

 

スウィング最高齢・Gさん。

先日81歳の誕生日を盛大にお祝いした。

 

Gさんは昨年、長期間に及ぶ入院加療を余儀なくされ、無事に退院をしたものの、すっかり足腰が弱ってしまった。

いや足腰だけでなく、気力、体力とも大幅パワーダウンしてしまって、以前のように仕事中に大声で歌うこともなければ、もう自分の足で立つことさえも難しい。

 

DSCF1017.jpg


一般的に80を超える人がこのような状況になった場合、福祉就労であれどうであれ、とにかく「働く場」に来続けることはあまりないんじゃないかと思う。

 

だがGさんの場合、彼を取り巻く多くの関係者たち(病院関係者、成年後見人、ヘルパー等々)は、もろもろのリスクを承知した上で「Gさんにとってはスウィングに行くことが一番!!!」という共通認識を強く持って下さっており、(もちろんGさんの思いがあってこそのことなのだが)すんげー感動している。

 

DSCF1100.JPG

 

が、ただ感動しているだけでGさんの元気が出るわけじゃない。

ピンピンコロリなんて大きなお世話、勝手に死なせろと思っているけれど、でもやっぱり目の前の愛すべき人にはできるだけ笑って生きていてほしい。

 

 

こんなときに「仙豆」があれば最高なのだが、どうやらまだこの世界には存在しないらしい。

ツムラのホームページも見たのだが、やはりない。

 

ではどうするか?

そんなの決まっている。

 

我々が仙豆になるよりほか方法はない。

 

なに言ってんの??? と思われた方に100%共感する。

つまり。つまりGさんにとっての仙豆を僕たちなりに探り考え、実験を繰り返すしかないと言いたいのだ。

 

DSCF1109.JPG

 

さて、Gさんはおよそ2年ほど前から「もう77か〜」とか「ワシもう77やで〜」とか、(1日に10回くらい)語り出しており、それは今もって変わらない。が、既に書いた通りGさんは現在81歳、つまり彼の語りは思い切り間違っている。だからこれまで周囲の人間は「サバ読んどる!」と素早いツッコミを入れたり、正しい年齢を教えたりしてきた。

するとGさんは(現在なら)「そうかあ? 81か〜」と一時は納得するのである。

 

★2018.03.01 ブログ【失われた「ワオ!!!」を求めて】

★2018.04.13 ブログ【続・失われた「ワオ!!!」を求めて】 

★2019.07.11 soarインタビュー【“できない自分”のままで、楽しく生きる。障害のある人が好きなことで自己表現をするスウィング】

 

DSCF1087.JPG

 

が、先日ひょっとしてこのやり取りが仙豆になるんじゃないかとふと思い、早速実行に移してみることにした。

 

その方法はこうだ。

 

Gさんが「もう77か〜」とか言う。

▲ソ真面目に正しい年齢を返すのではなく、「違いますよ。59ですよ!」とか、Gさんのサバ読み(ではないんだけど)より、さらにウンと低い年齢をささやく。

 

するとGさんは、本当の年齢(81歳)の場合と同じく「そうかあ? 59か〜」と納得しちゃうのだ。

 

あれ? ワシ思ってたより全然若いやん? 年寄りの気でいたけどまだまだいけるんちゃう? という錯覚による元気を生み出す、(ちょっと行政風に)題して「高齢かつ知的な障害をお持ちの『物忘れする力』を積極的に活用したサバ読み回春大作戦」である。

 

どこまでいけるか実験を繰り返す。

 

「ワシもう77か〜」「42ですよ!」「42? ワシ42か〜?」

「ワシもう77やで〜」「ち・が・い・ま・す・よ。32!」「んなわけあるかい!」

 

実験の結果分かったのは、さすがに三十代、四十代あたりになってくるとGさんの中に違和感が生じること。

対して五十代、六十代あたりだと「マジで? まあそうやったかなあ」みたいな感じになること。

というわけで集中的に約15〜30歳のサバ読みを積極的に推進した結果、その成果はある日突然、このような形で表れたのである。

 

 

 

 

「ワシもう75か〜」

 

 

 

結論。ヒジョーにビミョー!!! 

でも2歳は回春したんだから地道にサバ読みを続け、「ワシもう55か〜」を当面の目標値としよう。

 

なお、我々が密かに進めている大粒仙豆、「Gうへうへ舞妓プロジェクト」ついては、もろもろ機が熟した後、あらためて本ブログにて報告したいと思っている。

 

木ノ戸

| THEE G | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.swing-npo.com/trackback/1400676
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE