Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< すぐに言葉になんてできないもの | main | 第123回ゴミコロリ >>
そのマリオの弟は違う

 

僕はゴルゴがまあまあ好きだが、自己アピールの度が過ぎるところなど、あまり好きではないポイントも多い。同じく僕はアッキーがまあまあ好きだが、ああ今日も声がデカい! ああ今日もそうちゃんに過干渉している! とかイヤだなあと感じること、頻繁である。誰かを好きということは、イコールその人の全てが好き! ということではないのだと思う。(付き合いが深くなればなるほど)嫌だなとか、苦手だなとか感じるところが1つもないことのほうが不自然だし、「この人の全てが好き!」なんて言葉の中にはウソや偽善の匂いを感じてしまう。即ち、無理して人の全てを好きになる必要なんてない。たとえば僕はゴルゴとアッキーがまあまあ好き。

 

そしてゴルゴとアッキーも客観的に見て、それほど仲が良いというわけでもなく、まあ、ほどほどの付き合いをしているように見える。いや、ゴルゴはアッキーのことが大好きなようだが、アッキーはそれほどでもないらしく、以前にはこんなエピソードもあった。

 

2018.04.27 Friday:図々しさと正直さと傷つきやすさと

 

 

さて、ある日の昼休み。ゴルゴがアッキーに「知らんやんな〜?」というちょっと意地悪な雰囲気を漂わせながら、ある質問をする。

 

 

「アッキー、スーパーマリオって知ってる?」

 

 

……ダサい質問やなあ、おい。しかしゴルゴのいやらしい雰囲気を敏感に感じ取ったらしいアッキー。いつもよりも一層デカい声で「知ってるよ」と答える。そんなん常識やん。何? 僕が知らんとでも思ってたん?

 

 

するとゴルゴ、疑いの眼差しを露骨に向けながら「ホンマに知ってる?」としつこくもう一度聞く。少し腹が立ってきたらしいアッキーは「知ってるよ!」 とさらに強い調子で立ち向かう。

 

 

「じゃあ、マリオに弟がいるの知ってる?」 

 

 

ホントにしつこいな。勝ち負けで会話するのはやめてくれへんかな。さらに強い語気で「知ってますよ!」と返すアッキーに対し、ますますゴルゴも臨戦態勢を崩さない。 

 

 

「じゃあ弟の名前、誰か知ってる?」

 

 

……え? ……名前? ……弟がいるのは何となくおぼえてるんだけど、名前となるとちょっと。……痛いとこついて来ますね、あなた。

癪にさわるけれど(何かに)負けたわ。正直に言うわ。

 

 

「う〜ん、ちょっと分からへん……」

 

 

さあ、遂に(何かに)勝利したゴルゴ。

その態度を一気に尊大に膨れ上がらせながら、厳しいひと言をアッキーに突きつける。

 

 

 

「アッキー、知ったかぶりはあかんよ! マリオとメルー」

 

「ああ! そうか!」

 

 

誰や、そいつは!!!!! 

どこのマリオで、どこのメルーじゃ!!!!!

 

全くもって意味不明だが、なぜだかさっきよりも仲良くなった感じのふたり。「よく知っている」ゴルゴにアッキーは敬意を表し、ゴルゴもまた、「知らない」を素直に告げたアッキーに(優越感を存分に匂わせつつ)敬意を抱いているようだ。

 

どうやら必要なのは「正解」ではないらしい。

 

木ノ戸

| スウィンギン・ドキュメント | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.swing-npo.com/trackback/1400633
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE