Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< 第61回プチコロリ 〜徳島・神山編〜 | main | 未知との遭遇/「ラブライブ!サンシャイン!!」を観る! >>
未知との遭遇

P_20190101_130010_vHDR_On.jpg

 

今年は「チャレンジ」の年と決めた。曲がりなりにも41年間を生きてきたが、こんな真っ当な目標を持ったのは生まれてはじめてのことだ。けれどここには僕なりの切実さがある。スウィングを通しての実践や発言だけを見たならば、結構大胆なことをやっているように思われているかもしれない。が、実は(……なんて大袈裟に言うのも恥ずかしいが)僕はこれまで海外旅行はおろか、ひとり旅すら一度もしたことがない、相当なチキン野郎なのである。

 

そもそも興味がなかった……とも言えるし、これまで歩んできた人生の各場面には、なんだかんだ家族や友人やパートナーがいたことも大きかったのだと思う。けれど僕にとって、ひとりで行動し、ひとりで経験するということは不安いっぱい、「怖いよ〜、心細いよ〜」の叫び渦巻く、まるで未知の世界なのである。

 

ココルームの上田假奈代さんに「孤独は味方につけるものよ」と諭されたのは2年前くらい前のことだったろうか。人はひとりでは生きてゆけないが、それでも、どこまでいっても「私」という人間は絶対的にただの独りだ。誰かの人生をとってかわって生きることはできないし、僕の人生は僕だけにしか生きられない。

ここ数年、いろいろなことがあった。離婚を経験し、それなりに白い目で見られ、世間に対して負い目を感じ、と同時に刷り込まれてきた家族や生き方の「型」のようなものの脆弱さと限界を改めて実感し、新たな繋がりや生き方を模索している人たちの存在を知った。

 

「孤独は味方につけるものよ」

 

少しずつ假奈代さんの言葉の意味が、腑に落ちてきたような気がしている。

 

「自分のこれから」と「スウィングのこれから」をごっちゃにしてはいけないと悩んでいるとき、「なに言ってるの。スウィングはあなたのことよ」とサラッと言ってくれたのも假奈代さんだ。上田假奈代の言葉の影響がデカすぎるのが少々気になるが、スウィングを創り続けてゆくことは僕にとって恐らくライフワーク。まだまだ更新してゆく気は満々だし、こんな僕でも頼りにしてくれる人が確かに存在しているわけだし、そのためにも僕は僕自身を更新しなければいけない。更新し、生きる術を磨き、新たな繋がりを生み出し、もっともっと自分本来の姿に戻ってゆかねばならない。

 

 

しかし「チャレンジ」とは味も素っ気もないしダサすぎるし漠然としすぎている。じゃあ、スピルバーグの大好きな映画にあやかり「未知との遭遇」と言い換えてみよう。よし。少しやるべきことがはっきりしたような気がする。どんなに小さなことでも構わない。自分にとっての未知、つまり「はじめて」に出会う実験を繰り返してゆくのだ。たとえ宇宙人には出会えないとしても。

 

これまで、このブログでも僕なりの挑戦を重ねてきた。スウィングという公的な場の発信の中に非常に私的な話題を放り込んでみたり、隙あらばギリギリアウトを狙い、セーフゾーンを広げてゆこうと模索してきた。その模索がどう実を結んだのか、あるいはその模索によって何を失ったかのは分からない。が、幸か不幸か模索を続ける意気込みだけは変わらない。公と私、ワークとライフ、働くことと遊ぶこと、家族と家族ならざるもの、健常と障害、アートとアウトサイダーアート……。これまで当たり前に区別されてきた物事の境界が揺らぎ、既にもう全国各地、いや恐らく世界各地で、これからの時代を生き抜くための「越境」がはじまっている。越境し、更新し、未知なる何かに出会うために。

 

木ノ戸

| ひとりごと | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.swing-npo.com/trackback/1400623
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE