Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< 千円札の人 | main | 祝!10周年 第120回ゴミコロリ >>
京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」@アッコ大好き上賀茂神社

 

京都市北区上賀茂に位置する、世界文化遺産「上賀茂神社」(正式名称は「賀茂別雷神社」。「かもわけいかづちじんじゃ」と読みます)。世界的観光都市・京都の中でどのくらい人気があるかというと、「トリップアドバイザー」で第26位、「じゃらん」によると第30位という結果になっている(2018年11月5日現在)。この数字は「なるほどな」という感じがするのだが、この感じを分かりやすく言うと、いつも一定数の参拝者はいるけれどもめちゃくちゃな人波でどうにかなっちゃいそう…ということはなく、いつでもゆっくりとその空間を満喫できる! ということになると思う。僕自身の実感としても、広々とした上賀茂神社の境内はとても居心地がよく、晴れ晴れとした「気」のようなものがクラクラするくらいにハンパない! といつも感じている。

 

 

そして上賀茂神社はスウィングから徒歩5〜10分くらいのところにあり、たいとくんなどは尿意をもよおすたび、なぜかこの歴史ある、由緒正しき世界文化遺産のトイレまで行って用を足すというリッチな日常を送らせていただいている。…にも関わらず、我々「京都人力交通案内」一行はこの地を舞台に選んだことがこれまで一度もなく、それは言うなれば「灯台下暗し」的な、いや、「近いからいつでも行けると思ってるうちに気がついたら生まれてから一度も行ったことないわ〜」的な、いや、「アッコとオレ、今まで距離が近すぎて全然気づかなかったよ。でもオレ、今はっきりと気づいた。アッコのことが世界で一番大好きです!!!」的なやつだと思う。

 

 

…というわけでアッコへの熱い思いにようやく気がついた我々は、なぜか京都市バスの路線・系統を(ほぼ)丸暗記しているQ&XLのヘンタイ記憶を駆使し、観光客やお困りの方にベストな行き方、乗り継ぎをご案内すべく、去る9月27日(木)上賀茂神社へと足を向けたのだった。いつも車で移動しているだけに歩いて行けることがまず新鮮。毎日、横目に眺めている社家の町並みも改めて美しく見え、スウィングはえらいとこにあるんだなあ…と思ったりする。

 

DSC_0018.JPG

 

しかし我々がやるべきことは、そこがどこであろうと変わらない。まずは「上賀茂神社前」バス停から、次に人々が向かう先はどこだろうか? と推測する。上賀茂神社とニコイチの関係にあるのが、やはり世界文化遺産である「下鴨神社」(正式名称は「賀茂御祖神社」。「かもみおやじんじゃ」と読みます)だ。かつて「銀閣寺編」で金閣寺への案内が非常に多かったのは、「金銀、そろえたい!」という、シンプルな人間心理に依っていたように思う。だとすると上賀茂神社と下鴨神社は金閣寺〜銀閣寺間より距離的にも全然近く、即ち心理的にもなおさら「行きたくなる」ような気がする。また、前回の「四条大宮編」などと違って「上賀茂神社前」バス停は1つしかなく、ここから出る主要な路線も4系統と46系統に限られている。と言うことは行き先も限られているように思うのだが、こんな活動をしながら大して京の観光事情に詳しくない我々には、正直言って下鴨神社以外まるで思い当たるところがない。

 

DSC_0019.JPG

 

ここからもう1つ出ている67系統はもはや幻の路線である。

 

DSC_0016.JPG

 

さあバッチ来い! はじめてのホームゲームを充実させようぜ! 「上賀茂神社前」バス停、なかなか趣があるでしょう?

 

DSC_0048.JPG

 

木曜日のお昼過ぎ。あまり人はいないが、まあ大体いつもこんな感じである。

 

 

バスがそろそろ来るよ〜という頃合いになると人がわらわらと集まりはじめる。今回、気がついたのは上賀茂神社を参拝する方の多くが、帰りのバスの時間を決めて、その時間に間に合うように行動していることだ。当たり前っちゃ当たり前のことなのかもしれないが、たとえ1本乗り過ごしても次々とバスがやって来る京都において、また、様々な場所で交通案内をしてきた我々の経験上、あまり見ない現象だなと思った。ここが「始発」なので時刻表通りにバスが発車することがその理由だろうか(…でもなんでや?)。

 

DSC_0066.JPG

 

はい、そうこう言うてる間に最初の「迷い人」到来。予想通り下鴨神社へ向かいたいと。はいはい、下鴨神社へは4系統で一発でございますよ。ところでこの2人、何を見ているかというとこれである。

 

DSC_0021-1.jpg

 

系統図。…これ、「系統図」っていうのか。…カタいな。て言うか「路線図」じゃないの?? 何にせよ、ここから出るバスがどんなルートを通ってどこへ行くかを分かりやすく示した図であることには違いない。当然いろいろなバスが出れば出るほどこの図もややこしくなるのだが、3つの系統しか出ていないここ「上賀茂神社前」はシンプルで見やすい。

 

DSC_0075.JPG

 

はい、この方の行き先もやはり下鴨神社。

 

DSC_0021.JPG

 

XL氏が指し示しているところを拡大する。「下鴨神社前」まではここから2、30分といったところか。シンプルだけどまあまあ遠いな。

 

DSC_0130.JPG

 

この方たちの行き先もやっぱり下鴨神社。「上下、そろえたい」欲求は、予想通り「金銀、そろえたい」欲求を凌ぐ勢いである。

 

DSC_0110.JPG

 

そして修学旅行生たちも。…え? なに? 下鴨神社ちゃうの? 金閣寺? そりゃまた、ベタやなキミら。でも今から金閣寺行っても、それから銀閣寺行くのはちょっとキツいで。金銀も上下もそろわへんで。え? そろえたいわけではない? さっきから「そろえる、そろえる」言うてアホちゃうかて? アホちゃうで。アホみたいにバスに詳しいねんで。金閣寺へはな、まずここから46系統に乗って、「千本北大路」というところで降りればよろし。そこから204か205か12か59か急行101か急行102かに乗り換えて、「金閣寺道」もしくは「金閣寺前」で降りて、眩しい方向に進めばよろし。

 

DSC_0161.JPG

 

気をつけて行ってきーやー。かなりの金色やし目、気ーつけやー。

 

DSC_0169.JPG

 

お次この方は「あぶり餅」で有名な今宮神社へ行きたいと。46系統ですぐですよー。

 

DSC_0180.JPG

 

お、お次はやはり下鴨神社ですか。4系統は15分おきくらいに出てますよー。…てかずっとXL氏しか登場してないし! コラQ! どこや! 働け!

 

DSC_0102.JPG 

 

アハ!!!

 

DSC_0052.JPG

 

ねー、ほらほら、見てみてー。

 

DSC_0045.JPG

 

バス停の裏側に観光案内図みたいなやつ。確かにおかしいね。昔からあるものなんやろうね。間近で見つめているのは以前、「出町柳編」にも登場した石田さん。そして姿の見えない撮影者は今回も美馬くんです。いつもありがとう。

 

DSC_0091.JPG

 

ねー、ほらほら、見てみてー。バスが道路に出るとこー。

 

DSC_0093.JPG

 

めっちゃ凹んでるー。

 

DSC_0170.JPG

 

ガクン!!! てなるー。

 

DSC_0089.JPG

 

ねー、ほらほら、見てみてー。バスが道路に出るとこのちょっと手前ー。この木ー。

 

DSC_0094.JPG

 

危ないからこんなん、ぶら下がってるー。

 

 

なるほどー。今まで気がつかなかったなー。

 

DSC_0160.JPG

 

ねー、ほらほら、見てみてー。このおじさんのー。

 

DSC_0157.JPG

 

裏っかわにカマキリ―。

 

DSC_0171-01.jpg

 

本題に戻る。予想通り下鴨神社へのご案内が圧倒的多数(全16組中8組、次点は京都駅で3組)であったが、最終盤、この方が超難問を放り込んでくれる。…えっと、どこですか? …げ、源光庵??

 

DSC_0171.JPG 

 

…どこや?? …それ??? ヘンタイ2人、口をあんぐり開けて一瞬ひるんだ後、遂にその本領を発揮したのはQ氏である。

 

「46系統で「佛教大学前」まで行って、そこで6系統に乗り換えて着く。6系統のバス停は道路の反対側」

 

すごいな、おい!! よ―知っとったなー、おい!!! 「仕事サボっていろいろ行ってたからな」と笑顔で語るQ氏。サボった時間がこんな機会に活かされるとはね! サボってみるもんやね!

 

 

というわけではじめてのホームゲームは程よくのんびりムード、オール日本人へのご案内で無事に終了した。思えばこの京都人力交通案内がスタートしたのは2012年6月、今回ご案内しまくった下鴨神社が舞台であった。新聞の取材も受けたが「知的障害者 京の乗り継ぎ案内」の見出しがなんか怖いし、「特技生かし、自信を」なんて言った憶えはない。そして「市バス・京阪・近鉄の全路線暗記」は丸っきりの誤情報である。メディアって怖いが、怖さよりも数年後には(知識が曖昧すぎて)この活動をクビになったアッキーが、このときは主役のように張り切っている姿が懐かしくちょっと悲しい(そして全路線暗記もアッキーが言ったに違いない)。

 

 

そしてその数年後、再び新聞に掲載された頃には「上賀茂手づくり市」を舞台にしていた。ということは今回がはじめてっちゅうわけでもなかったんやなあ。しかしながら「北区の障害者施設利用2男性」「■運転手風の帽子」ってさらに怖くなっとるで…。「観光客「心温まる」」もそんなん誰かほんまに言うたんか〜。我々はホッカイロちゃうんやで〜。

 

 

まあ良い。なんか知らんけどヘンタイ2人のヘンタイ記憶が、京を彷徨うどこかの誰かのお役に立つ限り、この活動を地道に続けてゆこうではないか。そんな我々の思いを語りきれたかどうだか、そもそも思いがあるんだかどうだか、先日、いつもこの活動に同行してくれている美馬智さんにインタビューをしてもらったので、そのうち本ブログにアップいたします!

 

次回、京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」は11月12日(月)、(恐らく紅葉もそこそこの)「金閣寺」に出没する。

 

木ノ戸

| 【OYSS!】京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」 | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.swing-npo.com/trackback/1400604
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE