Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< 「親の年金をつかってキャバクラ SWING EXPO」間もなく開幕!!! | main | 第116回ゴミコロリ >>
誤解を生むこと、大真面目にふざけること

P_20180709_142548_vHDR_On.jpg

 

今日は増田さんといっしょに増田さんの実家に行って、「親の年金をつかってキャバクラ SWING EXPO」で展示用什器として使用する家具の状態を見たり、明日の作業(実際の展示同様に並べ、最適な組み合わせを再検討したりする)に備えて家の整理をしてきた。懐中電灯必須、ほぼ真っ暗な「リアルお化け屋敷」(スウィング内では「忍者屋敷」と称されている)のようなあの場所に行くといつもワクワクするし、毎度体を使って動き回るのでとてもいい汗が流れる。そして家を出た後の気分はこの上なく爽快だ。かつて増田さんが「親の年金をつかってキャバクラ」行きまくっていた、正にその発端となった場所で、今、こんな風に楽しく爽やかに、そしてバカバカしく時を過ごしていることはかなり不思議な感じがするが、決して悪い感じではない。むしろかなりいい感じだ。

 

P_20180709_141945_vHDR_On.jpg

 

ところで最近はありがたいことに書く仕事をいただいたり、ちょろちょろとメディアにも取り上げていただいている。しかしながら僕なりに精魂込めて書き上げたものや紡ぎ出した言葉に対し、「…これは不必要な誤解を生んでしまうのではないでしょうか?」と言われることが少なくない。が、僕としては「え? 何が??」と、全くピンと来ないことが多く、説明されてやっと「ああ、なるほど…」と思ったり思わなかったりしている。しかしながら、そもそも「誤解を生むこと」って、そんなビクビクしないといけないものなのだろうか。不必要な誤解って、じゃあ必要な誤解ってあるんですか? と揚げ足を取ってしまいたくもなるし、「誤解を生むこと」を嫌がっているのは僕ではなく、そのことを心配する臆病なあなたでしょう、といつも思う。そして配慮と忖度と萎縮を重ねて生まれた「誤解を生まないもの」は、そのほとんどが最大公約数に向けた想定の範囲内、予定調和の枠内にすっぽりと収まるものになるだろう。

 

そんなの、なんだか、つまらない。

 

P_20180709_142403_vHDR_On.jpg

 

僕は誰かを意図的に傷つけようなんてしない限りは、世のギリギリアウトを狙い、少々の誤解を生むくらいがちょうどいいのではと思っている。ときどき若い学生の前で話す機会もいただくが、講義後のアンケート用紙に書かれた「モノの見方が変わりました」とか「人生観が変わりました」とかいう「いい言葉」にはあまり心が動かない(もちろん嬉しいことは嬉しいです)。それよりも「木ノ戸さんにはもう少し言葉に気をつけて欲しい」などときつく書かれていると「お! こいつはちゃんと聞いていてくれたんだな! 話の続きをしたい!」などと喜んでしまう。誤解とは、「揺らぎ」と言い換えられるのではないだろうか。良くも悪くも、心の内が揺らぎ、揺るがされるということ。そうした「揺らぎ」を歓迎しない多くの人の存在を僕もよく知っているが、想定内、予定調和の安全圏で揺らぐことをせず膠着してしまっていると、簡潔に言うと ― そして誤解を恐れずに言うと ― 人は、組織は、社会はジワジワと腐ってゆく。

 

 

増田さんが書にしたためた「親の年金をつかってキャバクラ」も、かつてとあるメディアから撮影NGが出されたことがある。さすがに僕もまあ、何となく分かる気がしたが、でもやっぱり「根性ねーな」と思った。この言葉が放たれるまでの辛く哀しい、過酷なエピソードを知って欲しいという気持ちもあるにはあるが、単純にこの言葉が有する絶妙さ(例えば「ソープ●●ド」ならアウト感かなり高まる)、普遍性(自分の身に絶対に起こらないとは言い切れない感じ、あるいは「親」「年金」「キャバクラ」というワードそのもの)はスゴイと思うし、事実、僕たちはこの言葉に触れたほとんどの人が呆れたように、ニヤニヤと、あるいは痛快に笑い、なぜか心を緩ませている光景をずっと見続けてきたのだ。

 

SE_A3_FIX-1のコピー.jpg

 

「親の年金をつかってキャバクラ  SWING EXPO」。このふざけたタイトルは、既に多くの人の誤解を生んでいるのかもしれない。そして「ふざけているのか?」と問われたならば、正直に「ふざけています」と答えるしかない。けれど僕たちはただふざけているわけではない。僕たちなりに、全力で、大真面目にふざけている。決して楽しいことばかりなんかではなく、受け入れ難いことや哀しいこと、そんな日常に巻き起こるいろいろに時に押し潰されそうになりながらも、いや、だからこそ全力で、大真面目にふざけているのである。

 

木ノ戸

 

「親の年金をつかってキャバクラ SWING EXPO 公式Facebookページ」はこちら!!! →

| 親の年金をつかってキャバクラ SWING EXPO | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.swing-npo.com/trackback/1400571
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE