Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< 第54回プチコロリ@嵐山 | main | 初夏のスウィングは狂いそう。 >>
京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」@学問の神様・北野天満宮

 

う〜ん、重い…。

Q氏の鼻を2本の指でつまんで持ち上げようと思ったのだがやっぱり無理だったか…。今度は鼻の穴に指突っ込んで持ち上げてみよう。うん、それならきっと上手くゆくだろう。

 

はい、というわけでQ&XLによるヘンタイ記憶パフォーマンス、京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」。

去る4月23日(月)、「学問の神様」として名高い「北野天満宮」へと向かった(それにしても月日が経つのが早すぎる…)。

 

ところで皆さん、京都市バスの年間利用者数(「年間旅客数」というそうです)がどのくらいかご存知だろうか?

答えは2016年度実績でなんと1億3233万人。現在の日本の人口が1億2649万人だそうだから、とにかくものすんごい数字である。そしてその京都市バスの中で最も乗客数が多いのが「205系統」で、その数、1日あたり約3万5000人(これ、ちょっと京都市バスに詳しい人なら「206系統」って答えがち。「206」は2番目で1日あたり約2万8000人だそう)。そしてその「205」の運行本数は臨時便やらなんやら合わせて1日300本にのぼるという。なんかもう凄すぎてついていけないが、我々のやっていることのちっぽけさを思うと共に、やっぱそれなりに意味あんじゃね? の思いも深まる。よし! なんか知らんけど今回も自信持っていってみよう!

 

 

いきなりお口半開きのQさん。お口半開きの顔半分で「BUS MANIA」てアヤシ過ぎるで、おい。でも、今回も写真カッコいいっしょ? 前回に引き続き、成田舞さんによる撮影。そして今回も同行の美馬くんは動画撮影をしてくれました。おふたり、ありがとう。

 

 

さて、「北野天満宮前」バス停はかなりシンプルな「Aのりば」「Bのりば」の2ヶ所。これなら「のりば間違いは少ないだろうな」と予想しつつ、まずは「Bのりば」へと向かう。

 

 

けど、たくさんのバス走っちゃってるねえ。でも行き先は「二条城」メインで割とシンプル。やっぱ「二条城」行きたい人、多いんやろか?

 

 

…というわけでもなく、まずはこのお2人に「晴明神社」への行き方をご案内。「203」か「急行101」か「急行102」に乗って「堀川今出川」下車、そこから歩いてすぐですよー。世界的にはマニアックな部類に入るのか、ここ「北野天満宮」に外国人観光客の姿はほぼ見られず、したがって今回ご案内したのはオール日本人であった。これは率直な経験則であるが、この活動において日本人が我々に行き先を尋ねてくることは非常に少ない。その理由は1つじゃないにしても、たぶん「同じ日本人目線で見た時、我々がとてもアヤシイから」が大きいのでは…と推測する。なので自ずと我々の方から「お分かりですか?」とか「どこ行かはりますか?」とか話しかけることになるのだが、このお2人に対してもそうであった。

 

 

しかしこのお2人、しばらく後に「晴明神社」に行った後に「下鴨神社」へ行くにはどうしたらいいですか? と尋ねてきてくださった。こういうのは嬉しい。こんな感じで信頼され、頼りにされるのってやっぱり嬉しい。「堀川今出川」まで戻って「203」か「201」に乗って「河原町今出川」で下車、そこから歩いてもまあ近いですし、「1」に乗り替えたら「下鴨神社前」っていうナイスなバス停がありますよ〜。でも「1」に乗るんなら降りたところ(同じバス停)からそのまま乗れるから「203」に乗った方がいいですよー。

 

 

やっぱりQ&XL、すごい。

 

 

そして「日本人が我々に行き先を尋ねてくることは非常に少ない」の例外が、修学旅行で京都にやって来ている中学生たちだ。もちろんその例外もたくさんあるわけだが、「やっぱり若いっていいねー。素直だもんねー」とか思ってしまう。

 

 

この子たちも。

 

 

この子たちも。

 

 

この子たちも(Qさん! お口お口!)。

 

そして彼らの行き先は揃って「スポーツの神様」として知られる「白峯神宮」。はいはい、そこにはね、「203」か「急行101」か「急行102」に乗って「堀川今出川」で降りたらすぐやで(「晴明神社」といっしょ)。しかし「学問の神様」お詣りして「スポーツの神様」お詣りしてってなんかね…。「君たちなんかスポーツやってんの?」 「いえ、やってないです」。んもう!!! なんやねん!!!

 

 

お。メガネの男性が僕の「Q氏2本指持ち上げ」に対抗したのか指1本でご自分を持ち上げようとしているけど、そりゃムリやろ。

 

 

今回、(バス案内ではないけど)地元のおじさんたちに興味を持ってもらってたくさん話しかけられたのも印象的だった。

 

 

ところでQさん、足、足。靴ヒモほどけてまっせ。

 

 

んもう、面倒くさいな〜。

 

 

って、なんでやねん。

 

 

いや、なんつーか靴ヒモの長さが根本的にね…。

 

IMG_2617.jpg

 

とかなんとか言うてる間に遂に「二条城」行きたい人やって来たよー。

 

IMG_2623.jpg

 

たくさん行く方法あるけど、やっぱこれ! これ!! 前回「二条城編」でもお伝えしたものすんごいヤツ!!!

 

IMG_2608.jpg

 

鉄板の観光地、「金閣寺」と「二条城」を結ぶスマホにも出ない謎の「二条城・金閣寺エクスプレス」!!! これがね、「北野天満宮前」を経由して「二条城」までぶっちぎりで行くわけですよー。これ絶対おすすめなんで乗ってくださいね! ね? Qさん?

 

IMG_2610.jpg

 

ぶっは!!! こっわ!!!

 

IMG_2642.jpg

 

気分を変えようと通り向こうの「Aのりば」へと向かう。

 

IMG_2684.jpg

 

「Aのりば」からは〜…ふむふむ、「金閣寺」行きたい人が多いかな? と推測。

 

IMG_2659.jpg

 

お! ここでもやはり中学生! なに? 「金閣寺」じゃなくって「嵐山」に行きたい? それならね、まずは「10」に乗って「山越中町」ってところで降りて「11」に乗り換えて「嵐山」で降りたらいいんだよ。

 

 

こっちでも地元のおじさんとの会話が。どうも、どうも。

 

 

「Aのりば」はもひとつ盛り上がらなかったので再び「Bのりば」へ。はい、この指差しが出ている時はご存知、のりば間違い。2つしかなくってもやっぱりあるんやねー。はい、「金閣寺」へは向こうの「Aのりば」から「急行101」か「急行102」に乗ってください。

 

IMG_2775.jpg

 

はいはい、お次は「四条烏丸」ですね? え〜と「四条烏丸」は〜…ん? Qさん?

 

IMG_2775-1.jpg

 

また靴ヒモ!!! だから根本的に長さが!!!


IMG_2899.jpg

 

じゃあねー!!! というわけで超観光名所を離れ、ちょこっとマイナーな場に挑んだ今回。平日にも関わらず「北野天満宮」は大勢の人手で賑わっていたが、既述の通り外国人観光客はほとんどいなかった。当たり前っちゃ当たり前かもしれないが、ものすんごく行き先が偏ってるんだろうな、ということを改めて実感した。また、日本人観光客の多くも「北野天満宮」から「晴明神社」や「錦市場」へと向かう人が多く、この2つの行き先も、これまでの活動の中で実感してきた、突出した人気スポットである。「どうやら京都の観光事情はこんな感じらしいよ」という情報にテレビやネットを通じて触れることも多いが、やっぱりこうして自分たちの身体を通して感じるのは単純に楽しいな! と思う。

 

さて、次回の京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」は、次回っていうか本日5月21日(月)! 京都の変わった地名の代表格(?)、「出町柳(でまちやなぎ)」に出動してきたところである。案内の数自体は少なかったけれど、なんだかすっごくオモシロかったです! レポートはまた後日!

 

木ノ戸 

| 【OYSS!】京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」 | 20:25 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.swing-npo.com/trackback/1400561
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE