Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< 気になる冷蔵庫の大きさ | main | 第111回ゴミコロリ >>
京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」@雪舞う、祇園

DSC_0036.JPG

 

Q&XLによるヘンタイ記憶パフォーマンス、京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」。今回は1月22日(月)に出動した「雪舞う、祇園」編をお送りする。

 

当初この日は「平安神宮」を予定していたのだが、あいにくの雨。「やむかもしれん」とか「あっちは降ってないかもしれん」とか言いながらとりあえず向かった「平安神宮」はやっぱりダダ降りで人影もまばら。何より我々が雨をしのげる場所が見つからなかったので、「どうしようか…」と考えた末に「祇園」を思いついたのである。

 

DSC_0032.JPG

 

京都・祇園。

 

DSC_0029.JPG

 

その祇園にある「よしもと祇園花月(祇園会館)」。

ここなら屋根があるし、バス停もあるし、人も多いんじゃないか? という読みを働かせた次第である。

 

DSC_0016.JPG

 

うむ。読みは当たった。

 

雨が降っている上にとにかく寒い寒い日であったが、次々に「迷い人」を発見。なぜかQ氏とXL氏の頭の中にほぼ全部インプットされている京都市バスの路線・系統情報を駆使し、目的地へのベストな行き方、乗り継ぎをご案内する。

 

DSC_0155.JPG

 

ところで祇園には我々が陣取った「よしもと祇園花月(祇園会館)」前の「Cのりば」に加え、通りを挟んで「Aのりば」と「Bのりば」が存在する。A、B、Cと違うのにバス停の名前は「祇園」ですべていっしょ! という状況がややこしいのは言うまでもなく、事実今回、本当はA(もしくはB)から乗るはずなのにCに来ちゃっている人に数多く出会うこととなった。

 

この状況は金閣寺「前」と金閣寺「道」の混乱(→)に少し似ているなと思った。

 

DSC_0158.JPG

 

また、加えてA、B、C、各のりばから出ているバスの系統がこんだけあるので、ややこしいったらありゃしない! を通り越して、なんかもう見る気もしない。でも実際、我々をアテにしてくれる人たちは本当に見る必要が無いのですよ! だってQ氏とXL氏の頭の中にこれら(だいたい)全部入ってるんだから! さあ! ど〜ん! といらっしゃい!

 

あらためてなんてモノを頭の中に入れてるんだろう…と思う。

 

DSC_0135.JPG

 

「祇園/Cのりば」からご案内した行き先ナンバー1は「銀閣寺」だった。ここから銀閣寺に向かうには「203」か「急行100」で乗り換え無し1本。しかしQ氏とXL氏は揃って「急行100」を強く推しまくる。急行だから停車するバス停の数が少なくて早い! までは僕でも分かったが、よりグッド! なのは「203」は銀閣寺「道」までしか行かないが、「急行100」は銀閣寺「前」まで行くので近くて分かりやすいのだと言う。雨の日だけにこの情報はかなりステキ! と思ったが、各地に張り巡らされた「道」と「前」の罠って一体なんやねん…。

 

DSC_0064.JPG

 

この方たちにも「銀閣寺」の行き方をご案内。皆さん日本人で意思の疎通もしやすかったため、間もなくやって来る「203」をスルーして「急行100」を待ってもらうという、トリッキーな案内をさせていただいた(理由は上記の通り)。

 

DSC_0086.JPG

 

ダイヤも乱れまくって「次のバスがいつ来るか分からない」状況でこうした案内をするのは勇気の要ることなのだが、バスの待ち時間にいつしか雑談を交わし、「信じるわ〜、あんたらお金取れるわ〜」とまで言ってもらえるくらいに段々と仲良くなったことが大きかったのだと思う。人力交通案内の最中にはこうした予期せぬ友情(?)のようなものが生まれることが時々あり、Q氏やXL氏は知らないが(たぶん興味ないが)、個人的には密かな楽しみだったりする。

 

DSC_0025.JPG

 

「銀閣寺」以外のご案内で非常に興味深かったのは「祇園はどこですか?」と、「祇園」のど真ん中で「祇園」を探している人たちがかなりいたことである。最初は僕たちの方が面くらってしまってひたすら「Here!」と言いまくっていたが、なんか上手く通じない(当たり前だ)。そうしてふと、世界各地の皆さんは「祇園」らしい「祇園」、つまり「花見小路」を探しているんじゃないか! ということに気がついた。

 

 

アバウトな「祇園」に来ることはたま〜にあるし、なんとなくただの地名として理解してしまっているけれど、庶民として京都に住む者としてはあまり来ることがない(と思われる)場所、「花見小路」。そうか! ここが世界標準の「祇園」なのか! と気づけたことは1つの、「灯台もと暗し」的な大きな発見だった気がする。今回のような雨の時にはまた「祇園」に来ることもあるかと思うので、この発見を今後も忘れず活かしてゆきたい。

 

そう…今回は…雨…。

 

DSC_0123.JPG

 

よしもと芸人の中に入ってごまかしてみても、雨は…雨…。

 

DSC_0121.JPG

 

…ていうか、雪!!!

 

もう寒くって耐えらんない! というわけで、「Cのりば」よりももっと分かりやすく屋根に覆われた「Bのりば」へ(軽い運動も兼ねて)そそくさと移動する。 

 

DSC_0200.JPG

 

はい〜、スタンバイ、オッケイ〜!

でも全然、寒さは変わらず…。XL氏、手がかじかんで動かないようである。

 

 

シャケが取れなくなったら困っちゃうね…。

 

DSC_0158.JPG

 

ぐお〜! 「Bのりば」なんか激しい!! 激戦区!!! 

しかし、よ〜く目を凝らして見ると、著名な観光地は「金閣寺」くらいしかないようである。

 

DSC_0221.JPG

 

はいはい、どこですか? 「金閣寺」でしょ? 

え? 違うの? 四条河原町? 歩いてもいけまっせ?

 

DSC_0232.JPG

 

…て、言うてる間にバスが来たので、(軽い運動も兼ねて)バスをSTOPさせてご乗車していただきました。

 

よい旅を。寒いけど。

 

DSC_0254.JPG

 

このお2人には「烏丸御池」までの行き方をご案内。バスだけでなく地下鉄もOK! ということだったので、市バスから地下鉄乗車の最短ルートをご案内したのだが、Q氏が「地下鉄/国際会館方面行き」のことを「コクサイカイカンホーメーン!」と英語っぽく言っていたのがオモシロかった。これ、「人力交通案内あるある」である。ちぇき。

 

DSC_0204.JPG

 

あまりの寒さに冬眠の準備をはじめたXL氏をよそに、予想通り「金閣寺」ご案内ラッシュがはじまる。「金閣寺」への行き方はシンプルに「12」系統で1本! のみを淡々と続ける2人。なんか知らんけどそれがベストなのだろう。ところで1つオモシロかったのは「ろくおんじの行き方、分かりませんか?」と尋ねる「迷い人」がいたことである。ご存知の方はご存知かと思うが、「鹿苑寺(ろくおんじ)」とは「金閣寺」の正式名称である。にも関わらず滅多に耳にすることも口にすることもないし、「金閣寺」が圧倒的に一般的といって間違いない。恐らくどこのバス停にもこの名は表示されてはいないだろう。尋ねられた時、(日本人ではなかったし)言葉としては上手く聞き取れなかったのでスマホの画面を見せてもらうとそこには「鹿苑寺/Rokuon-ji」。なぜに!?? と共に、高校生の頃に習ったなあ…となんだかちょっと懐かしい気持ちがした。


さて。突然だが、人力交通案内史上、最大の失敗をここに告白する。

 

これまでの最大の失敗と言えば、かつてこの活動のメンバーだったアッキーによる『中途半端な市バスの知識しかないのに「迷い人」を「聞いて! 聞いて!」と深追いし過ぎて怒らせる事件』がトラウマ級に断トツだが、ショック…という意味では今回の一件の方がやはり根深い。

 

…写真のこの方、かなりの大所帯で京都へと来ていた外国人観光客ご一行のお1人である。

行き先は「金閣寺」。回答はシンプルに「12」。

 

DSC_0237.JPG

 

…が、その「12」系統が実際なっかなか来ず「もう20分も待ってるのよ! あと何分待てばいいの? 他の行き方は無いの?」とこんな感じになり、「じゃあ、それなら…」と案内してしまったのがまずかったのである。

 

DSC_0240.JPG

 

やって来た「201」系統に乗ることを3人全力ですすめ、でも、もうバスは来てしまっていたので乗り継ぎ案内を完了することができず、この方たちをXL氏と共に追っかけ、車内にまで一瞬乗り込み、(この方の機転で)乗り換え地点をスマホに録音させることに成功したのである。

 

「シジョウホリカワ(四条堀川)!」と。

 

…が、ダメなんである。…「金閣寺」に行きたい人が「四条堀川」で乗り換えてもダメなんである。混乱の中、XL氏はなぜか「二条城」への行き方を案内してしまったのだという。このことを直後に知り、僕たちはかなり凹んでしまった。今回も同行してくれた美馬くんもかなり凹んでいた。誰も悪くないと思う。でも我々は焦ってしまい、「金閣寺」に行きたがっていた人たちを「二条城」にご案内してしまった。全然違う。やっぱり、後味は悪い。

 

…では、本当はどこで乗り換えてもらえばよかったのか?

今、ついさっき、XL氏に電話をして確認する(2月15日午後8時半)。

 

「なあ、はっちゃん(XL氏の本名:服部光男=はっちゃん)、先月の交通案内で間違えたん覚えてる?」

 

「うん、覚えてる」

 

「あれ、本当はどこで乗り換えてもらったらよかったん?」

 

「四条堀川」

 

「…四条堀川!??」

 

「そう。四条堀川から急行101」。

 

「…で?」

 

「金閣寺道で降りる」

 

わお!!! なんや!!! 合ってたんかい!!!

なんだかよく分からないが、「二条城」と勘違いしたことはしたらしいが、「四条堀川」乗り換えで結果オーライ! だったらしい。美馬く〜ん、安心やで〜。あの人たち、ちゃんと(たぶん)「金閣寺」に着いてんで〜。

 

あー、なんかホッとした…。

でも、どんな時も焦らないことが肝心!!! これは確かな教訓!!!

 

というわけでアッキーによる『中途半端な市バスの知識しかないのに「迷い人」を「聞いて! 聞いて!」と深追いし過ぎて怒らせる事件』を最悪の失敗としてキープしつつ、次回、京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」は来る2月19日(月)、「平安神宮」に出没予定である。ちぇき。

 

木ノ戸

| 【OYSS!】京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」 | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.swing-npo.com/trackback/1400533
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE