Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< 怪奇! シビックのエンジン音… | main | 第106回ゴミコロリ >>
朝からはじめる「ギリギリアウトを狙うこと」

DSC_0014.JPG

 

先週の金曜日は遠く長崎から見学者がやって来て、その上えらくスウィングの風景に感動して帰ってくださった。雰囲気が自由であること、「ヘンタイ」という言葉が褒め言葉として当たり前に使われていること、そして「朝礼でたくさんの人が発言する様子」に目を輝かせてくれたことが何より嬉しかった。

 

 

スウィングの朝礼(や終礼)では「本当にどうでもいいこと」を本当に多くの人が発言する。昨日の晩ご飯の内容とか、昨日のスウィングからの帰り方(毎日いっしょ!)とか、昨日はこんなことがあったとか、これからこんな予定(その日が来るまで毎日のように同じ情報がプレゼンされる)があるとか。笑ってしまうくらい「本当にどうでもいいこと」が飛び交うのだが、僕はこの「本当にどうでもいいこと」を自由に言い合える雰囲気がとてつもなく大事だと考えている(ちなみにそれでも自分から発言しにくい人には、その人の「ひと言コーナー」のようなものが用意されている)。

 

 

なぜならスウィングが「どうでもよくないこと」しか言えない場であったならば、そこは当然「どうでもよくないこと」を言える人“だけ”しか発言できない場となり、同時に「本当にどうでもいいこと」“しか”言えない人たちの声は圧殺される。恐らく知らぬ間に。これは本当に怖いことだ。全然どうでもよくない。

 

「どうでもよくないこと」“しか”発言することを許されない環境で多くの時間を生きてきた人たちが、セーフゾーンどころか、どストライクゾーンとなった「本当にどうでもいいこと」を平気で言えるスウィングという場で、正にその人自身の言葉を取り戻し、いつの間にか声を発するようになり、更にはそうした積み重ねの上に、自由な仕事や表現が生み出されているように感じる(また、そうした雰囲気は言葉を持たぬ人にも伝わってゆくものだとも思う)。事実、たくさんの人がいる場に入ることさえ難しかったかなえさんが、今では毎日「本当にどうでもいいこと」を嬉しそうに発言し続けていたりする。

 

スウィングのモットーのひとつ…というか、スウィングがしていることのひとつに「ギリギリアウトを狙うこと」がある。

 

20170925 (164).jpg

 

 

「ゴミコロリ」にゴミブル―出しちゃってもいいのかな? …セーフ!!!

 

 

shimura kinoto (14).jpg

 

 

こんな表現しちゃってもいいのかな? …セーフ!!!

 

 

ギリギリアウトを狙い続けることでかつてはアウトだったものが少しずつセーフに変わってゆき、「常識」や「普通」や「まとも」や「当たり前」の幅が、言い換えれば「生きやすさ」の幅が広がってゆく。

 

DSC_0012.JPG

 

それは決して「ゴミコロリ」や「オレたちひょうげん族」といった表立ったモノばかりではなく、朝礼で昨日の晩ごはんのこと話しちゃってもいいのかな? …セーフ!!! といった、なんでもなさそうな空間と時間の中で、日々更新され続けているのである。

 

木ノ戸

| スウィングにとって大事なこと | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.swing-npo.com/trackback/1400485
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE