Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< ゲラゲラ笑うシャワー | main | Swinging Vol.22、間もなく発送!!! >>
「境界線」上の京都人力交通案内

DSC_0004.jpg

 

Q&XLによるヘンタイ記憶パフォーマンス、京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」。

去る6月27日(火)、我々は前回(→)と同じく、世界的観光都市・KYOTOの玄関口、JR京都駅へと­足を向けた。

 

実施場所を決めるにあたって「また京都駅でいいんちゃう?」とサラッと言ったのはXL氏だが、確かに京都駅にはどう行ったらいいのか困っている人が圧倒的に多いし、京都駅のような公共の場でこの活動をする場合、どこで許可をとればいいのか、そもそも許可が必要なのか、その確認もできるかもしれない。

 

DSC_0010.jpg

 

今回も様々な発見があった。「迷い人」(=行き先や行き方を探る人たち)の多くは系統や主な行き先が表示された電子掲示板の前でにらめっこをしている。じゃあ、そこでお役に立てれば! と思って一旦陣を構えてみたのだが、なんだか上手くいかない。スムーズにことが運ばない。…なぜだろう? 

 

それは「迷い人」のみならず、他ならぬQ氏やXL氏が掲示板に惑わされまくったからだ。

 

掲示板に表示されている情報は既に頭の中にインプットされているにも関わらず、掲示板があるばかりにそこばかり見てしまう。もう知っていることを掲示板の中から探し出そうとしてしまう。しかも、「間もなく到着します!」みたいなことまで表示されるので、「もう来る! もう来る!」とか、余計なことまで考えてしまい、結果として焦ってパニクる。

 

総じて言うと、みんなが掲示板頼りになって、何より大切にしている「生身のやり取りのオモシロさ」が削がれてしまう。

 

「親切すぎるモノ」が「それがなくてもできるコト」を奪ってしまうという現象。なかなか深いな……とか思いながら、前回同様、目まぐるしく情報渦巻く掲示板から少し距離を置いたところに場を戻すことにした。

 

DSC_0013.jpg

 

人の流れはなかなか読めない。思わぬ方向から、思わぬタイミングで「迷い人」の皆さんから行き方を尋ねられるが、Q氏やXL氏は手慣れたもので次々と的確な案内をささっとやってのける。中にはトイレやATMの位置まで聴いてくる人もいるから「帽子」というコスチュームが持つ効果は絶大だ。ちなみにQ氏はこの日、全員が揃ってはじめる前に「ソリスト」として既にお2人の案内をしていたという(ワケあってQ氏とは京都駅で直接待ち合わせていたのだ)。

 

DSC_0034.jpg

 

「迷い人」の半数以上は外国の人だが、割と曖昧な情報しか持たないままで行き方を探していたりする。この方はものすごく英語が上手すぎて(当たり前だ)非常に聴き取りにくかったのだが、「グッドビュー」「テンプル」「メニーメニースモールショップ」「アップ」「ヒル」等の言葉が聴きとれた(気がした)ため、行き先を「清水寺」と断定。元気いっぱい歩いてゆくというので、「アソコをストレイト!」「ゴジョードーリでライト!」等の完璧な英語を駆使し、完璧な案内をさせてもらった。清水の舞台から落っこちてなければいいのだが。

 

DSC_0043.jpg

 

この方は日本語が堪能でご案内はしやすかったのだが、「2、3時間で行って帰れるええとこな〜い?」みたいなノンビリ屋さんだったので、皆で相談の末、「嵐山」をご案内した。「どこそれ? 全然聞いたことないわ!」みたいな感じだったので良かったのではないだろうか。渡月橋から落っこちてなければいいのだが。

 

DSC_0021.jpg

 

さてさてやって来られた警備員さんたち。今回は前回と違って、代わる代わるいろんな人が、遠巻きに我々を見ていたのが印象的だった。勧誘でもない、宣伝でもない、もちろん営利目的でもない、恐らく「ただ親切をしているようにしか見えない」(事実、そうである)我々にどうアプローチしたらいいのか、あるいはそもそもアプローチするべきなのか迷っている様子が見てとれて、この取り組みが「グレーゾーン」、何らかの「境界線」上にあることを僕は理解した。

 

DSC_0042.jpg

 

そのうちにこうして近づいて来たりするんだけれども、バンバン「迷い人」はやって来る。我々は困っている人に対し、ただ問答無用の親切をしている。だんだんと警備員さんたちが「真の迷い人」になってゆく様子がちょっとオモシロかったが、周りをウロウロされるのも気持ち悪いし、何だか気の毒な気もする。そして何より「制服を着た人」(=たぶんある種の「力」を威圧的に匂わすもの)が近寄ってきただけで、ものすごく萎縮してしまうQ氏の様子もちょっと痛ましい。

 

 

Q氏のこの委縮は「第43回プチコロリ(in 祇園)」でのあちゃみちゃんの様子に通じる(→)。

「きっと理不尽に頭ごなしに、“ただ”怒られた経験がたくさんあるんだろうな……」というのは僕の勝手な想像だが、あながち間違っていない気もする。でも理屈ではなくQ氏は縮こまってしまっているわけで、やっぱり気持ち良く、正々堂々と活動したい。そうしてこちらの方から警備員さんに話しかけてみた結果、やはり前回と同じく「看板ははずす。帽子はファッションだからOK」というよく分からない妥協点に落ち着いた。でもまだ釈然としない。「境界線」上にいるのはオモシロくもあるが、同時に気持ちの悪いことでもあるようだ。少なくともこの場合においては。

 

DSC_0059.jpg

 

今度は「許可」はどこで取ればいいのか? 尋ねてみたところ、近くにある管理会社のようなところを教えてくれたので、早速向かってみることにした。

 

DSC_0067.jpg

 

管理会社に向かう途中、なぜだかドアを開けてくれるQ氏。

「許可は取ってますか?」と尋ねる僕。

 

皆、笑う。

 

DSC_0072.jpg

 

担当者はすぐに、そしてとても親切にいろいろなことを教えてくれた。京都駅前のあの広場ひとつ取っても権利を所有している団体が細かく分かれていること。ボランティア活動に使用するという想定がそもそもなく、イベント使用時の規約しかないこと。そしてその使用料がとんでもなく高額で、使用するのは「行政」がほとんどだということ。

 

 

「困るんですよね〜」と言っていた警備員さんは、僕たちの活動に対してというより、ルール外のことにどう対応していいのか困っていたようだったし、管理会社の担当者も僕たちの活動には理解を示しながらも、やはりどう扱っていいのか分からない様子だった。これでは僕たち困ってしまう。「じゃあ、気持ち良く活動するにはどうすればいいですかね?」と尋ねてみたところ、京都市バスの案内に特化しているのであれば「京都市交通局」に相談してみては? という(恐らく)グッドアドバイスをもらうことができた。

 

「許可」という謎の、強大な力に縛られ、弾力を失ってしまった社会に心が白ける。そして世の中のあちこちに存在するグレーゾーンをどう捉えるかは、その社会が有する許容値(幅)を示す、ひとつの指標と言えるのではないだろうか。

 

さあ、どこへ向かうか? 京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます」。

まだ僕たちの行き先は分からない。

 

木ノ戸

| 【OYSS!】京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」 | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.swing-npo.com/trackback/1400465
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE