Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< NEWアイテム! 出だし補助付きメッセージメモ! | main | 展覧会「WE ARE HYOGENZOKU !!」、明日より開催!!! >>
【クソ真面目エッセイ-11】なあ、沼田くん。

 

今号の「Swinging」は沼田くんの特集だって。ちょうどよかった。聞いてほしい話があるんだよ。特集されついでに、沼田くん、ちょっと聞いてくれよ。

 

昨日まで元気だった人が、今日、亡くなってしまう。そういうことを、仕事の上で二度経験したよ。たくさんの向精神薬の副作用で、筋肉の一部が固まり足を引きずって歩いていた人の「原因不明の突然の」死。大柄な父親から、体が吹っ飛ぶほどの殴打を日常的に受けていた人の「急な」病死。原因不明?突然?多剤多量処方が、暴力が、その死に関係していないわけがないと思うのだけれど。お茶を濁されながら生きていた人たちは、その最期だってうやむやにされてしまったよ。

急に家を飛び出したり大声をあげたり食事のたびに嘔吐したりして、家族からも福祉関係者からも「無理」と言われて精神科に入院させられた人がいたよ。退院の予定のない入院は、もうすぐ五年目を迎える。二十代で、人生を丸ごと封印された人。 拘置所での生活と有罪判決を経て、地元から遠く離れた町の施設で暮らしている人がいるよ。裁判中に支援者から提示された出所後の道は、施設入所かホームレスの二択。選択の余地はないから、実質的には強制的に入所させられたわけだけれど、それでもこの人は「自分で」遠くの施設に入ることを「選んだ」と思っている。「そう思わされている」ということに、気づいていない。 なあ、沼田くん、あの人の死を、あの人の入院を、あの人の事件を、防げなかったのは、誰だと思う?あの人から目をそらし、あの人を捨て、あの人にふたをしたのは。いつも安全な場所で手をこまねき、論点をはぐらかし、自分の生活を優先させているのは。全力を尽くしていることに偽りはなくとも、そもそも力を注ぐポイントがずれている、手をつけやすいところだけを撫でているのは。その「関係」の当事者だというのに、部外者ヅラをしているのは、だーれだ?

 

「それはお前だろ」ってか。ああそうだよ。

沼田くん、それは俺だよ。

 

そんな俺に、福祉ファンタジーのテーマソングを歌うのは、やめてくれよ。利用者の思いを尊重しようって、もう言うなよ。一緒に暮らしている家族の気持ちでさえよく分かっていない、この俺に。利用者本位の支援を提供しようって、もう言うなよ。そんなに豊かな想像力は持ち合わせてはいないよ。利用者の潜在能力を引き出そうって、もう言うなよ。そんなことができるって、どれだけうぬぼれたら思えるのだろう。利用者の強みを活かそうって、もう言うなよ。お前は強みを活かしていないなんて、そんなことを言われたら、マジうざいよ。関係機関と連携しようって、もう言うなよ。いつもいつも連れションばかり勧めるなよ。天気のいい日は一人で立ちションさせてくれ。すべては計画書に沿ってって、もう言うなよ。その紙っぺらに書かれているのは、茶番劇のシナリオじゃないかよ。

なあ、沼田くん。うぬぼれと勘違いと嘘と自己欺瞞のアンサンブルを、超ファックな福祉ファンタジーのテーマソングを聞いているうちに、「エンパワメント〜♬か〜ら〜の〜ストレングスモデル〜♬」なんつって、いつの間にか口ずさんでしまっている、ゲスの極みの乙女座のおっさんは、だーれだ?

 

「それはお前だろ」ってか。ああそうだよ。

沼田くん、それは俺だよ。

 

なあ、沼田くん。支援員とかヘルパーとかいう立場の我々に、できることがあるとすれば、それは何なのだろう。我々がなすべきことは、何なのだろう。我々はどこに向かえばよいのだろう。いや、違うよ。答えがほしいとは思っていない。知っているよ。こういう問いに解はない。でもすでに、我々は何かができていて、何かを期待されていて、どこかに向かって歩き出してしまっている。正しいのかどうか分からないままに、よく分からないままにそうなっているということの気持ち悪さ、しっくりこない感じを、沼田くんと確認し合いたいんだよ。

なあ、どのぐらい気持ち悪い?ナマズを枕にして寝るぐらい気持ち悪い?

何をしてもしなくても、歩こうが立ちどまろうが、いつもしっくりこないだろ。

なあ、沼田くん。どのぐらいしっくりきていない?ナマズをどうしたときぐらい、しっくりきていない?

(フリーペーパー「Swinging Vol.21 総力特集:永遠のリストラ候補 沼田亮平 」より転載) 

 

文:駒田健一(こまた・けんいち)

2010年12月に株式会社Straightを設立。ヘルパー派遣事業所「ストレイト・コンサルティング」、ショートステイ事業所「ストレイト・フローネル」管理者。食べてみたいものはオオサンショウウオ。京都市在住。

 

※ フリーペーパー「Swinging」は、スウィング賛助会員の皆さまからの会費を原資に制作・発行を行っております。→
※ 全国津々浦々「お!それウチに合うよ!置くよ!」という店舗さま等いらっしゃいましたら、スウィングまでご連絡ください!(10部〜20部程度)
※ 全国津々浦々「お!あの店に置いたらええんちゃうん?」的な情報がございましたら、スウィングまでご連絡ください! → Tel:075-712-7930 → Mail:swing.npo@gaia.eonet.ne.jp(木ノ戸)
※ 現在の配架先については(情報が古いですが)コチラをご参照ください。→
※ 次号「Swinging Vol.22」はもうちょっとだけ先! 2017年6月15日発行の予定です!

| フリーペーパー「Swinging」掲載! | 13:25 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.swing-npo.com/trackback/1400453
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE