Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< 第43回プチコロリ | main | 第101回ゴミコロリ >>
NPO法人スウィング平成29年度事業計画 〜 はじめに 〜

 

はじめに

 

12度目の事業年度となります。記念すべき法人設立10周年を迎えた昨年度は、「新たな10年」のはじまりに際し、正に節目の年となりました。これまでスウィングが1日1日の積み重ねのうちに醸成してきた「文化」ともいうべきもの。ひとりひとり違うその人その人が「『ただ在ること』の価値を認め合うこと」。この認め合いこそが良き仕事、良き表現、良き場づくりの出発点となることが、様々な形でよりはっきりと示された1年だったように思います。

 

杓子定規な固定観念や曖昧な「まとも」や「普通」に捉われ、多くの人が生きづらさを感じざるを得ない社会。自分とは違う誰かの在り方や働き方を認め、受け入れることにはそれなりの手間と時間と労力を要しますが、どれだけ効率よく、高い生産性をもって仕事をし収入を得たとしても、自分のありのままを否定され、認められない社会であったならば、それはとても淋しくむなしいものです。

 

対価の有無や大小に関わらず、自分のままに生き甲斐ややり甲斐をもって取り組むことができる仕事を人それぞれに実現し、市民団体たるNPOとして、社会福祉事業を使命とする社会福祉施設として、多様かつユーモア溢れる活動を広く社会に繋げ、発信してゆくことを一層大切にしてゆきます。

 

 

事業計画をこのブログに掲載するのははじめてのことだが、一応マジメに毎年度こんな感じでちゃんと作っていたりする。

この「はじめに」の後に、「重点実施項目」とか何とか具体的な細々としたことが続いてゆくわけであるが、むしろそれらはオマケみたいなもので(もちろん軽んじてはいない)、この「はじめに」が最も大切なものだと感じている。

 

 

昨日、毎月恒例の「全体ミーティング」を実施、あらためて活動会員(メンバー&スタッフ)全員(とはいっても参加したくない人は参加しなかったりもするし、休んでいる人や外の仕事に出ている人は当然その場にはいない。多分それでいいんである)で計画を共有した。僕とQさんとで進行を担当したのだが、時間が経つにつれ、退屈さに耐え切れずに続々とその場を離れてゆく人が頻出したのがとてもオモシロかった(やはり多分それでいいんである。ちなみに今夏開催される「平成29年度京都府相談支援従事者初任者研修」には、スウィングを代表して僕とQさんも講師として登壇させていただく予定です!)。

 

 

 

杓子定規な固定観念や曖昧な「まとも」や「普通」。

 

 

使い古された若干キモいフレーズではあるが、正に「障害のあるなしを問わず」、これらの事々にジワジワと苦しみ続けている人がメチャクチャ多いことを、ここ数年とみに実感している。枠組みを崩してゆくことばかりが良しとも思わないが、また崩した先には新たな枠組みが生まれるに違いないが、「ひとりひとり・それぞれに・当たり前に違う!」という動かし難い人間の大原則を無いことにして、恐らく「効率」や「生産性」(言ってしまえば「金」)の為に、暴力的とも言える力が社会のいたるところで働いていることを感じざるを得ない。

 

なんかもう、上手く言えないが、順番がまるっきり逆だと思う。

 

「皆、同じ人間」なのは、はい、分かった。シャラップ。うるさい。

たぶん小学生の頃くらいに道徳かなんかの時間に習って覚えた。

「皆、同じ人間」だけれども、同時に、絶対的に、それぞれ当たり前に違うのだ。

 

そっから入れ! 丸め込むな!! 丸め込まれるな!!!

違うのに! 違うのに!! 違うのに!!!

 

ちなみに昨年度の事業計画の「はじめに」も大体似たような感じ、次年度以降もやはり大体似たような感じになる見込みである。

 

木ノ戸

| スウィングにとって大事なこと | 18:46 | comments(2) | trackbacks(0)
コメント
>ゆきさん

冷静ですよ(^_-)-☆

冷静に怒り、哀しみ、楽しんでいるつもりです!

苦労も…した覚えはあまりありませんね(*^。^*)
ただ、当たり前のことを当たり前にやり続けてきただけ、やり続けるだけ、という思いです。

それがなかなか難しいんですが、同時にとても遣り甲斐のあるものだと感じています。

出来ることを出来る範囲で。

いっちばん大切なことだと思います。

| kinoto | 2017/04/14 8:41 AM |
10周年、おめでとうございます。
きっと、それまでにはいろいろなご苦労があられたと思います、
それを感じさせない、今までのブログの内容にプロのお笑いさんがなさっているのでは…。と、思っておりますが。

木ノ戸さんはだいぶ怒ってはりますね。
ちょっと冷静にならはりましたか?

一生懸命に頑張ってられますね。
でも、世間に、頑張ってるのにのれんに腕押しみたいな感覚を受けて疲れてしまわれてるのかなと、勝手に思ってます。

私は精神、肉体、その他、いろいろ病いはあるけれど、出来る事があると思います。
あくまでも、自己申告ですよ。
その人の出来る範囲で、挑戦してみればいいのではないかと思います。もちろん、強制ではなく。
| ゆき | 2017/04/14 12:51 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.swing-npo.com/trackback/1400441
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE