Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< 外はかまくら 中はまっくら 星をえがいてプラネタリウムをつくろう | main | NPO法人スウィング平成29年度事業計画 〜 はじめに 〜 >>
第43回プチコロリ

CIMG3345.jpg

 

…一体いつから僕は干され続けてきたのだろう?

 

Qさんとあちゃみちゃんと一緒にはじめた「プチコロリ」なのに、いつからか全くお声がかからなくなり、「次はいつ呼ばれるのかな〜」なんて待ってるうちにもう2年半も経っとるやないかい!!!(ラスト出動は「第20回プチコロリ」→

 

そんなわけで3月某日、たまたま「誰にしよかな〜」なんて言いながら企画を練ってるあちゃみちゃんに、遂に自ら、ちょっとシャクやったけれども、「最近、全然呼んでもらってないねんけど…」と直訴し、チョー久しぶりに「第43回プチコロリ」に出動することとなった。

 

 

メンバーは増田さん(ゴミブルーの中身)、ひーちゃん、ミサさん、かなえさん、カメラマンあちゃみちゃん、そして僕(木ノ戸=ゴミブルーの中身)の6人である。 出動場所は春やし、いい季節やし、どうせなら賑やかなところ行こうぜ!! というわけで京都・祇園に決定。これがまあ予想以上の大当たり(?)で、 祇園(八坂神社&円山公園)は平日だというのに想像以上の人・ヒト・ひとの大賑わい。…7割が外国人観光客といったところだろうか。住んでるとうっかり忘れがちだが、世界的観光都市・京都の力を改めて見せつけられたような心持ちである。

 

CIMG3359.jpg

 

残りの3割、つまり外国人観光客の他は日本人観光客と観光客ではない日本人(当たり前だ)。 中でも特に目立って多かったのが、東海学園大学の新入生たち。はるばる愛知から本山である知恩院に「祖山参拝」(入学報告の儀!)にやって来て、その流れで祇園の方にも足を伸ばしたらしい。

 

CIMG3397.jpg

 

皆、楽しそうに数人のグループに分かれて歩いていたが、実は出会ったばかりでそれほど仲が良いわけではなく、とりあえずひとりにはなりたくたい! 的な気持ちや新生活への不安や緊張感を纏いながらの祇園散策だったのだろう。そんな彼ら彼女らに僕たちの存在が一時の安心感や話の種にでもなったのであれば幸いである。

 

CIMG3349.jpg

 

ところで、僕たちは八坂神社の境内からコロリはじめたのだが、人ゴミに紛れながら数少ないゴミを拾ったり(境内はとても綺麗だった)、写真を撮られたり、ゴミブルー名刺を配ったりしているうちに、いつの間にか、全く気がつかないうちに、宮司さん3人(他に関係者らしき人がもうおひとり)に物々しく取り囲まれてしまっていた。

 

 

「なんだなんだ、この光景なんか知っているぞ」と思っていると「許可なく奉仕活動をしてもらっては困る」とのお叱り。「奉仕活動」という言葉に若干の違和を覚えつつも、決められたルールを守れていなかった(知らなかった)ことは我々が悪い。すみませんでしたと素直に謝り、「奉仕活動の許可をいただきたいんですけど、どのような手続きが必要ですか?」と尋ねると「今日の今日では許可できない」。…それもそう…なのかな…ちょっと意地悪な感じだけど…な…と納得し、そこからは境内を出て円山公園に入るまで一切ゴミ拾いをしないようにした。

 

CIMG3353.jpg

 

それにしても何故あんな風に、威圧的に、鬼の形相で怒られなければならなかったのだろうか。 あちゃみちゃんなんか萎縮してしまって、すっかりシュン…としてしまって、せっかく口から生まれてきたのに、自慢のノンストップおしゃべりもしばらく成りを潜めてしまうほどだった。 「許可」を得た、たくさんの「商業目的」の露店で賑わう神社で、「無許可」の「奉仕活動」をしてしまって厳しく怒られる。大切なルールを守れなかったことはもちろん反省しているが(そういうものなんだなと勉強にもなった)、神聖な場を侵そうなんて気持ちはまるでなかったし、許可なくゴミ拾いをする人だっているに違いないし、神様はそんなに狭量なのかなあ…とモヤモヤした気持ちが残ったのも本当のところである。

 

CIMG3352.jpg

 

…とまあ愚痴はこれくらいにして、今回久しぶりに「プチコロリ」に参加して改めて感じたことは、ゴミブルーという意味の分からん存在の「力」である。 ただのおっさん(今回は僕と増田さん)がブルーのスーツにものの5分程で着替えて勝手にヒーローに変身し、エイコラ町に繰り出しゴミ拾いをするだけで、無数のスマホやカメラを向けられたり、一緒に写真を撮って欲しいと頼まれたり、手を振られたり笑かしたり、小さな子どもを不安にさせたり。

 

CIMG3404.jpg

 

「アート」という言葉はなんか違う気がするし使いたくないが、僕の頭の中では「マジック!!!」と言うフレーズが絶えず渦巻いていた。

 

CIMG3408.jpg

 

「お花見シーズン」の「京都」「祇園」は、恐らく最もこうしたマジックが起こりやすい季節、場所だったに違いないが、ビジュアルのインパクトに加えて、ただの目立ちやがり屋がヒーローの格好をして、ただ歩いているだけではなく、誰がどう見ても地味ぃ〜で真面目なゴミ拾いをしているという点も、マジックを呼び起こす「くすぐりポイント」なのではないかと感じた。

 

CIMG3394.jpg

 

お花見をしている人たちは皆さん概ね上機嫌で、それゆえにからみづらい人たちもいないではなかったが、(中身はただのおっさんなのに)「こっちに来ないか」と手招きして仲間の輪に加えてくれたり、猪や熊の肉を食べさせてくれたり、たくさんの歓迎を受けたことは本当に嬉しかった(本当は僕もビールが飲みたかった…)。大勢の人、しかもはじめて出会う人たちと短時間に関わり合いまくったのは(ヒーローなのに)もちろん疲れもしたが、ああ行ってよかった! やってよかった! と心から感じられるステキな時間であった。

 

CIMG3387.jpg

 

そんなゴミブルーを取り巻く喧噪の一方で(ある意味)「すごいなあ」と思ったのはひーちゃんとかなえさんとミサさん。 そこで何が起きても、そこがどこであってもマイペースを全く崩さず! 「町を綺麗にする」という「プチコロリ」の当たり前の本分を、ただ黙々と、ただ淡々と丁寧にこなす姿は祇園を彩る桜よりも美しかった(いや、ミサさんはいつものように時々あくびなんかしながら、いつものように世間話に花を咲かせていた。お花見だけにね!)。

 

CIMG3378.jpg

 

そして偉そうだがあちゃみちゃんと増田さんも。

 

あちゃみちゃんは八坂神社の方に怒られた凹みから立ち直った後も、「撮れない〜撮れない〜」と得意のマイナス思考&発言を終始存分に発揮しつつ、いや、いざ見てみるとすっごいエエ感じに撮れてるやん! 完全無欠の「出来ないこと」を出発点にして、努力を重ねて「出来るようになってゆくこと」。このウソのない素直な姿もまた美しい(上の写真はゴミブルーが名刺をバラバラ!っと落としてしまい、危うくゴミになりかけたところを知らない人に助けてもらっている様子)。

 

CIMG3334.jpg

 

増田さんは「これがプロってヤツよ!」とスウィングを出発した時からゴミブルーのマスクを被り、次々に襲い来る観光客(しかも殆ど外国の人)の撮影攻撃にも堂々と胸を張って応えていた。かつて出勤率3割(つまり欠勤7割)を誇り、スウィングに見学者が来るだけで緊張し過ぎて休んでいたあの頃の増田さんは一体どこへ行ってしまったのだろうか? 増田さんとはもう十数年の付き合いになるが、増田さんの(かなり過酷な)出発点を知っている僕の脳内には、やはり「マジック!!!」というフレーズがグルグルと駆け巡った。

 

CIMG3411.jpg

 

…というわけでこの日の僕たちの姿は、さまざまな国々の人たちのInstagramやらTwitterやらFacebookにアップップされたはずだ。そして既に膨大なタイムラインの底に沈みこんでしまっているだろう。それらが世界中の、一握りの人たちの心をほんのひと時でも、少しでも和らげられたのならメチャクチャ嬉しいが、やっぱりなんてったって「生」が肝心、揺るぎない基本である。

 

「プチコロリ」もいつの間にやらもう「第50回」を間近に迎えようとしているが、特にどうということなく、神出鬼没の5〜6人(元々は3〜4人だったが)による地味ぃ〜な活動をこれからも地道に丁寧に続けてゆければと思う。

 

木ノ戸

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 15:14 | comments(2) | trackbacks(0)
コメント
>ゆうこさん
全くめげてなんかおらず、僕はああした瞬間をチャンス!!!と思ってしまうクセのようなものがあります(*^。^*)

神社の人に知ってもらえた! ルールがあるのが分かった! といった具合に。

これからもギリギリアウトを狙って「ええこと」し続けたいと思います(^_-)-☆
| kinoto | 2017/04/24 8:42 AM |
神社は人を幸せにしてくれるところのはずなのに・・
しゅんとさせちゃうなんて、悲しいですね(>_<)
でも八坂神社の神様はちゃんと見ていて、「うちの奴らは気が利かなくてすまんのぉ〜」って言ってくれてると思いますよ(^^)/
ファイト!

今さらのコメですが、ずっと気になっていました^^;
| ゆうこ | 2017/04/23 9:57 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.swing-npo.com/trackback/1400439
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ランキングに投票してください!!
人気ブログランキングへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE