Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< 内線電話の憂鬱 | main | 猫も漱石も発狂。 >>
やれやれ!

 

ある師走の深夜

 

賀茂川沿いをひとり テクテクと足早に歩く

 

すると川の方から

 

寒い! 冷たい!

 

と 若い男のはしゃいだ声が 聴こえる

 

それと同時に はやしたてるような 若い甘い声の数々

 

京都の冬は

温度計が指し示す気温以上に 寒い

 

その京都で 冷たい川の中で 

泳いでいる 若いバカがいる

 

僕は やれやれ! と思う

もっともっと やれやれ! と

 

僕の(そして彼の) すぐそばを

ヒステリックな 赤いランプを消したパトカーが  

静かに ただ 通り過ぎてゆく

 

あるいは 彼は 

そこで 命を落としてしまうかもしれない

 

それでも 僕はやっぱり やれやれ! と思う

もっともっと やれやれ! と

 

だって 今の彼には

そうすることしか できないのだから

 

だって 僕たちには

今しか生きることが できないのだから

 

木ノ戸

| ひとりごと | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.swing-npo.com/trackback/1400404
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE