Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< XLのお墓参り | main | アンソニー・ホプキンスって 知ってるぅ〜? >>
「ありのまま」ということ

 

障害者は健常者と違って「ありのまま」に生きている? 

そうした姿を見て自分の生き方や不自由さを顧みる?

よく聞く、よく聞く。はいはい、偏見、偏見、ド偏見。

 

そういう人もいるかもしれないが、そうでない人もいる。

悩み多き人もいれば、割と気楽に生きている人もいる。

誰だって調子がいい時もあれば悪い時もある。

 

それがそれぞれ個別である“人間”の「ありのまま」の姿ではないのか?

そこに障害者うんぬん、何の関係があるのだろうか?

あなたが何かに深く悩んでいるなら、それがあなたの「ありのまま」ではないのか?

あなたが「常識」や「ルール」や「普通」や「規範意識」にがんじがらめになっているのだとしても、それがあなたの「ありのまま」ではないのか?

 

大切なのはいつだって、どんな状況だって、“自分の”「ありのまま」にOKを出し続けることだ。

ありのままでいい。今のままでいい。何にもいじくらなくったっていい。

 

楽しい時には楽しいままに。

嬉しい時には嬉しいままに。

哀しい時には哀しいままに。

しんどい時にはしんどいままに。

 

人は皆、生きてるだけで大仕事。

 

自分とは違う誰かを「他者化」し「対象化」し、さりげなく生み出される巧妙な「感動ポルノ」。

24時間テレビの方がまだずっとマシだぜ。

 

木ノ戸

| 考えごと | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.swing-npo.com/trackback/1400374
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE