Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< 第87回ゴミコロリ | main | 第21回 輝け!その場でゴミコロリ大賞! >>
緊急レクチャー!「YES」を伝える、ある方法


相談スペースから、噛み合わないラリーを繰り返すQさんと西川君の声が聞こえてくる。

2月。スウィング的には「面談」のシーズンである。

現在、「ひとり暮らし」を目指しているQさん。何かと不安や心配が尽きないらしく、西川君の助言もなかなか響かないようだ(聞いちゃいねえとも言う)。ちょっとワンクッション入れた方がいいかなとデスクを離れ ― 相談スペースは僕のデスクの右斜め前方約3メートルにある ―、Qさんの横に立つ。


「あんな、Qさん、はじめてのことやし、あれこれ悩むんは仕方ないよな。でも、頭ん中でぐるぐるしててもしんどいだけやし、得意の詩に書くとかノートに書き出すとかしてみたら?ちょっとは整理できると思うよ。」


やるかやらないかは全く別として、融通の効かないQさんがこの提案を果たして受け入れるか否か?
どや?どや、このQの字。なかなか、ええアドバイスやろ?

…そうして次の瞬間に起こったことを、ゆっくり丁寧に書いてみようと思う。



Qさん 僕の ティンティンを 触った

Qさん 突然 僕の ティンティンを 

笑いながら てろん と 触らはったんや




…タッチの度合いから察するに、恐らく「なるほど。お前まあまあ、ええこと言うやんけ」という返答なのだろう。でも、なんでよりによってティンティンを触るの?頷くとか「なるほど」と声に出して言うとか、もっとまともな方法がいっぱいあるでしょうが!


「…あの…ティンティンを触るのは…やめてくれるかな?」


少々動揺しながらそう言うと、Qさんはこれまで見たこともないくらい力強く、そして笑顔で頷いた。
それ!1コ前の段階でしなはれ!
ティンティンを笑いながらてろんと触る代わりに!


木ノ戸
| その名は“Q”。 | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.swing-npo.com/trackback/1400321
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE