Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< 欧陽菲菲777 | main | 居眠りなんか、するもんか!Part.5 >>
展覧会「What’s Art Brut?We just enjoy HyoGen!!」


ごあいさつ

「オレたちひょうげん族」は2008年より「NPO法人スウィング」(京都市北区上賀茂)が展開してきた絵・詩・ものづくりの芸術創作活動です。スウィングに所属する障害のあるメンバーたちが、意欲に満ちて張り切ったり、やる気なくダラダラしたりしながら、日々、それぞれの制作を繰り広げています。

障害者は、特殊な才能を持った特殊な人だという人がいます。
障害者は、障害に負けずに頑張る美しい人だという人がいます。
障害者は、ただただ不幸な可哀そうな人だという人がいます。
障害者は、浮世離れした純粋無垢な人だという人がいます。

ちゃいます、ちゃいます。
思いっきり「偏見」どす。

「偏見」は知らないことから生まれます。知らないことの不安や恐怖から、身を守るために生まれます。 スウィングはこれまで、自分たちとは違う「特別」な存在として障害のある人を見る、まだまだ社会に根強くある様々な「偏見」を打ち砕くため、ユーモア溢れる多様な実践と発信を続けてきました。


今、障害のある人が生み出すアートが、「アール・ブリュット」という、ちょっと洒落た感じの言葉に先導され、これまで以上に加速度的に注目を集めつつあります。本来は歓迎すべき喜ぶべきことなのでしょうが、ムーブメントの端くれにいるものとして、大きな大きな不安を抱いている…というのが正直なところです。なぜなら昨今のこの「アール・ブリュット」ブームは、その名のもとに多様な作品や多様な作者をギュッ!と押しこめ、ともすれば障害のある人をますます「特別」な存在にしてしまっているのではないか?「ノーマライゼーション」とはむしろ反対方向を向いてしまっているのではないか?…そんな風な危機感を覚えてしまうからです。

本展覧会では、愉快な作品の数々にニヤニヤしつつ、「アール・ブリュット」をめぐって障害のある人たちが置かれたちょっと複雑な事情にも、ひととき思いを寄せていただければ幸いに存じます。

​NPO法人スウィング
施設長 木ノ戸昌幸






…上の挨拶文は、現在開催中の展覧会「What’s Art Brut?We just enjoy HyoGen!!」に寄せたものです。

(ばれてる?ばれてる?マニアックなスウィングファンにはバレてる?この挨拶文が昨年開催した「オレたちひょうげん族 We enjoy HyoGen!! Vol.2」展と先月開催した「Enjoy!Open!!Swing!!! Vol.2 〜「特別」な人なんてどこにもおらへんのちゃう?〜」展の挨拶文のええとこを合わせ技して作ったモノだということを!)




この「What’s Art Brut?We just enjoy HyoGen!!」展は、“昨今の「アール・ブリュット」ブームに疑問符を投げかける機会・第2弾”に当たります。(第1弾はこちら!→
いろいろな考え方ややり方があっていいのだと思います。でも、今の「アール・ブリュット」ブームは、やっぱりどこかおかしい…。この気持ちの悪い違和感を誰かが伝えてゆかなアカン!と決意し、今年1年、微力ながらモノ申してゆくことに決めました。ちなみに来年はもうやめよ!と今のところ考えています。スウィングのモットーは「Enjoy!Open!!Swing!!!」ですが、最近、“Swing”ばかりに気を取られて、真剣に“Enjoy”することをさぼっとるなあ…と、ある人からある言葉をもらって気づかされたからです。(新潟のすんごいクリエイト集団!「hickory03travelers」の野中さん、ホンマにありがとう!)文句垂れるのは腹さえ決めれば割に簡単、でも本気で“Enjoy”すること、楽しむことは、イコール“楽”なことでは全然ない。むしろしんどい。さぼらず逃げず、果敢に“Enjoy”する気概を持ち直さなくては!と決意する今日この頃です。


閑話休題。





さてさて「What’s Art Brut?We just enjoy HyoGen!!」展の会場は(全然知られてない場所ですが)「京都府アールブリュッ都ギャラリー」。
つまり(全然知られてない場所ですが)「アール・ブリュット」の懐の中で、「え?アール・ブリュットって何?ワイら表現楽しんでるだけやで?え?どしたん?」と問題提起するという、なかなか挑戦的な試みなのです!




DMには全然「アール・ブリュット」ぽくない、Qさんのなんかポップなワニがぴょんぴょんしてるヤツ(クロコダイルダンス/2014)を使用。壁一面に飾った“We just enjoy HyoGen!!”な絵画作品群と共に、スタッフ、メンバーみんなで意見を言い合った「アール・ブリュット」ブームへの思いを吹き出しにして並べています。



会期は残りわずか!
3月30日(月)まで!


春です。嵐山、ホンマにええとこです。
観光がてら、ぜひぜひお立ち寄りください!!!


What's Art Brut?We just enjoy HyoGen!!

「アール・ブリュット」てなんなん?それって誰のため?なんのため?
スウィング「オレたちひょうげん族」によるポップで愉快な作品展示と共に、
昨今の「アール・ブリュット」ブームに率直な疑問符を投げかけます。


ひらめき会期:2015年3月5日(木)−3月30日(月) 10:00−17:00 火曜日休館
ひらめき
会場:京都府アールブリュッ都ギャラリー
       京都市右京区嵯峨天龍寺北造路町18-1「ぶらり嵐山」内


ひらめき企画:NPO法人スウィング
ひらめき
主催:京都府/松花苑みずのき

木ノ戸
| 芸術創作活動「オレたちひょうげん族」 | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 【追記】新型コロナウィルス感染拡大に伴う今後(4/13以降)の方針について
    kinoto (04/14)
  • 【追記】新型コロナウィルス感染拡大に伴う今後(4/13以降)の方針について
    阿部千津 (04/12)
  • フリーペーパー『Swinging Vol.27/総力特集:事務員越え』!!!
    kinoto (02/04)
  • フリーペーパー『Swinging Vol.27/総力特集:事務員越え』!!!
    oni cafe (02/04)
  • 【クソ真面目エッセイ-16】世界が芸術「的」でありますように。
    kinoto (08/01)
  • 【クソ真面目エッセイ-16】世界が芸術「的」でありますように。
    おかる (07/29)
  • 第68回プチコロリ@親キャバ in 鳥取・松崎
    Kinoto (05/10)
  • 第68回プチコロリ@親キャバ in 鳥取・松崎
    トキママこと楢崎とき (05/07)
  • 展覧会「Swing Langue! −スラング!−」のお知らせ
    塩山昌彦 (03/28)
  • 怖いもの知らずが怖いモノ
    kinoto (03/18)
LINKS
PROFILE