Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< 第76回ゴミコロリ | main | かわいそうな苔 >>
ゆとり世代 ×(理不尽+無神経)=ドヤ顔沼田


どこか調子が悪いのだろうか?
KAZUSHIが元気無くペンを置き、ただデスクに向かってボンヤリしている...。

がしかし!がしかし!
タイミング悪くそこに現れたのはぁ〜!そこに現れたのはぁ〜!
“そういう感じ”をものともしない、スタッフ沼田君である!
危ないぞ!KAZUSHI!

「なんしてんの?KAZUちゃん。やろうや、仕事!」

いやいや、だからもうちょっと言い方とかあるやろ…。
明らかに様子おかしいやん…。

「ああ、木ノ戸さん気になってんの?」

コクン…と頷くKAZUSHI。
なんや。沼田君でもそこはなんとなく分かってんにゃ。
その日、木ノ戸は風邪の症状が酷く、午前中で早退をしていたのだ。
がしかし!がしかし!

「まあ、しゃあないやん!やろや!KAZUちゃん、仕事!
心配なんは分かるけど、KAZUちゃん、医者ちゃうしどうにもできひんしなあ!
医者なん?ちゃうやろ?ほなちゃんと仕事しいや!」


...お前は質の悪い修造か。
KAZUSHIが胸の内でそう突っ込んだかどうかは知る由も無いが、
彼の瞳から思わず流れ出た涙は、誰の目にも明らかだった。




KAZUSHIは別に仕事をサボっていたわけではないのだ。
確かに木ノ戸の事は心配だったが、前の絵を描き終わったし、
次の絵を何にしようか、スタッフなべちゃんに相談しようと待っていただけなのだ。
(ほんでワ〜レ〜。コラ沼田ぁ。ワイ言葉喋れへんのまだ知らんのんかぁ???)

鬼の沼田のメジャー級ド直球にボコボコにされ、
ただ震えるように泣いて、うなだれるしかない可哀そうなKAZUSHI…。

「あれ?KAZUちゃん、泣いてない?泣いてるやん…」

ようやくやって来てくれたなべちゃんと涙の筆談を交わす。


木ノ戸さんがかぜをひいてしんぱいなだけです!
つぎ、なんのえをかこうかまってただけです!まってただけなのに!
沼田さんが!沼田さんが!くやしい!こわい!こわい!



事情を知ったなべちゃんとKAZUSHIが向かったのは、
言うだけ言ってさっさとその場を去ってしまった鬼の住処である。

「ゆとり世代は“理不尽”に対しての耐性がゼロなんですよ!」

なべちゃんの説明によって事情を知った理不尽・沼田は、鼻をかみながらこう謝った。




「ああ、ごめんごめん。」

ハイ〜!謝罪の意思、永遠のゼロ!
更に無神経野郎はドヤ顔でこう続ける。

「オレはKAZUちゃんにとってインフルエンザの予防接種みたいなもんやな。」

??????????
(……バカ?)

ドヤ顔の意味も、ドヤ顔で言い放った言葉の意味も分からぬまま、
その日KAZUSHIは怒りと悲しみに肩震わせながら、家路についたのだった…。


…あくる日。
このエピソードを聞かされた僕が「ドヤ顔予防接種発言」の真意を沼田君に尋ねたところ、
「耐性をつけて打たれ強くなるという意味で。」ということであった。




この前向きさには驚くばかりであるが、沼田君のこうした在り方は、時に障害のある人に寄り添い“過ぎ”、時に障害のある人の「障害」を考え“過ぎ”、それゆえになんだかんだやり“過ぎ”てしまいがちなこの業界やら「支援者」と呼ばれる我々の現状に、一石を投じるものなのではないかと、ほんのちょっとだけ感じている。昔、沼田君を評してちなさんのお母さんが笑いながら言った「ちなと対等にケンカしてくれはる人ははじめてです。」という言葉。忘れてはいけない大事なモノとして心から離れない。KAZUSHIと沼田君、次の日にはよー分からんけど仲直りしましたとさ。

木ノ戸
| はい、沼田ですけど何か? | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.swing-npo.com/trackback/1400174
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ランキングに投票してください!!
人気ブログランキングへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE