Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< 「ACKEY'S EXHIBITION マボロシ☆リアリズム VOL.1」はじまる! | main | 展覧会の感想 >>
Ackey、“天狗”に気をつけろ!!

文・木ノ戸昌幸(NPO法人スウィング施設長)

昨今、障害を持つ人々による「アート」が話題である。絵画展示を主とした展覧会が日本各地、世界各地で催され、欧米などではマーケットが確立し作品が高値で売買されているという(「欧米」というのは何と便利な言葉であろうか。ざっくり括って知った風な口を聞ける)。
僕らスウィングも、意図せずこうした世界的な“波”に乗り、2008年より芸術創作活動「オレたちひょうげん族」をスタートしたわけであるが、いやいや、特にここ数年の勢いというかブームというのか、良くも悪くも、もの凄いものを感じる(…と、ここまで読んできて、「え?そうなん?そんなに話題なん?全然知らへんかったわ〜」こんな風に思われた方も少なくないのではないだろうか。そうなんである。きっとまだまだマニアックな内輪の盛り上がりなんである)。




そんな時勢の後押しもあってか、我らがAckeyもお気に入りの真っ赤なサーフボードでしっかりと“波”をとらえ(イメージ。本人、生粋の「赤」好きではあるが、サーフボードといったガラでは全く無い)、ノリノリに描きまくっているうち、いつしか少なからぬ数の“ファン”などという存在を獲得し、生来のサービス精神旺盛な明るく人当たりの良い性格も手伝ってか、(狭い狭い、小さな小さなほんの世界の片隅の話ではあるが…)今では「Ackeyさ〜ん! ファンなんです〜!」とかなんとか、チヤホヤされる機会も決して珍しくない。たぶん誰だってチヤホヤされたい。チヤホヤされたら嬉しいに決まっている。だからAckey、とっても嬉しそうだ。正直、時々とっても羨ましい。けれどチヤホヤされて、ちょっと偉くなった気がして調子に乗って、そのうちいろんなことがダメになってしまった…みたいな話はよく聞く話で、嬉しそうにしているAckeyの周りにいる僕らが今心配しているのは、「頼むからAckey、“天狗”になるなよ!」ってことなのだ。Ackeyの絵はステキだ。でも絵がステキだからって全然偉いわけじゃない。誰しも、Ackey自身も、“天狗”になることなんかまるで望んじゃいない。でも、Ackeyのノリノリな性格を思うと(それに「赤」が大好きやし)、そして真面目な話、Ackeyをサポートする僕たちの責任として、断固天狗化阻止! これを肝に銘じなければならないのだ。

…そんなことを思いながら過ごしていたある日のこと、Ackeyのジーンズのポケットから、キーホルダーの輪っかの部分がはみ出している。「それ何?」と尋ねると、「家のカギ〜!」と言いながらわざわざ取り出して見せてくれたAckey。僕らは思わず息を呑んだ。それはなんと…! 赤い赤い“天狗”のキーホルダーだったのだ!

危ないぞ! Ackey! “天狗”に気をつけろ!!

(展覧会「ACKEY'S EXHIBITION マボロシ★リアリズム VOL.1」より)



うむ。まだ鼻は低い。

人気ブログランキングへ

| Ackey Cha Cha Cha! | 18:13 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.swing-npo.com/trackback/1400073
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE