Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< 審判のおっちゃん、うっかり和洋折衷!の巻 | main | 顔間違い >>
ワークショップ「バッジ・グー!」を開催しました!!



去る10月5日(土)、6日(日)、「京都文化祭典'13 Kyoto Art Festival 」内イベント、
「市民ふれあいステージ」に参加、ワークショップ「バッジ・グー!」を開催しました。





「バッジ・グー!」は、スウィングメンバー・ヒッピーさんが日々淡々と制作を進めている
なんかボール紙に、なんか色とりどりのシールを切って貼って、なんかいろんな模様とかを
作るという、なんかそういうヤツを、子どもたちにオモシロがってもらえるんちゃうか?
と考えスタートした、スウィングの新しいワークショップです。
(ネーミングはもちろんあの有名な死語、「バッチグー!」から拝借しました。
2013年現在、鳥肌が立つか立たんかくらいの絶妙なダサさがスウィング好みです。)



「1日100人!」という大きめの目標を掲げ、
スタッフかめちゃんが中心となり準備を進め挑んだのですが、
蓋を開けてみると予想を大幅に上回りまくる大人気!
2日間でなんと350人もの子どもたちが参加してくれました!

バッジ・グー!バッチグー!!



生モノはやっぱりいいなあ…と改めて感じました。
障害も健常も大人も子どもも関係なく、その場に「ただ在る」ということ。

あちゃみちゃんやQちゃんが、子どもたちに教えたり、お話したりしています。





ヒッピーさんや後藤さんが子どもたちと一緒に一生懸命制作しています。

スウィングのことは別に誰も説明しません。
(帰り際にさらっと「Swinging」を渡しましたけど。)






いろんな人が、ワークショップを通じて、「ただ在る」だけ。そんだけ。


もっかい言お。


「ただ在る」だけ。そんだけ。










「福祉」や「障害」や「アート」は特別なモノではなく、普通のコト。
でも、今はまだまだそうなっとらんし、普通とか言ってる僕ら自身も意識しまくっとる。
だからこそ押し付けがましい「啓蒙」とかじゃ無くって、やっぱこういうのがいい。


何より楽しいから。




…ま、350人の子どもにはさすがに皆疲れたようですが、
可能性と充実感に満ちた2日間を過ごすことができました。

お誘いいただいた「NPO法人こどもアート」の加藤ゆみさん、
2日間いっしょになって現場を支えてくれた京都造形芸術大学・こども芸術学科の
宮崎あかねさん、田中美生さん、本当にありがとうございました!

子どもたちぃ〜、また遊びに来てねー!

木ノ戸


バッジ・グー!バッチグー!!

人気ブログランキングへ
| 【OYSS!】コドモとアソブ | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.swing-npo.com/trackback/1399925
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE