Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
<< Gさんからの挑戦状后 租え合わせ〜 | main | 大西ライオン IN MY HEAD. >>
内海好江師匠 vs. 沼田亮平
2階でひとりデスクワークをしていると、
階下から新人メンバー内海好江師匠が、
興奮した様子でまくし立てるのが聞こえてきた。



故・内海好江師匠。

確か好江師匠はほかの面々と一緒にウォーキングに行っていたはずだ。
(最近のスウィングは運動不足や肥満改善の為、
山登りやウォーキングなどに力を入れているのだ。)

一体どうしたのだろう?と1階に下りると、
好江師匠のまるで機関銃のような罵詈雑言は、
どうやら沼田君に向けられているらしい。

沼田君は沼田君で、
「師匠だからって特別扱いはできませんから!」などと、
これまた興奮した様子で言い返している。

状況がうまく掴めぬまま、2人とも落ち着きましょうと仲裁に入り、
とにかく好江師匠には2階の相談スペースに来ていただくことにした。

ピンと背筋を伸ばして椅子に座った好江師匠は、
少し落ち着きを取り戻した様子で淡々と語る。

毎日の散歩コースにお気に入りの和菓子屋がある。
あたしゃ、いつもそこに寄ってお饅頭を買って食べるのを楽しみにしているのに、
今日は沼田君があんまり先先歩くので寄ることができなかった。
年寄りの数少ない楽しみなのにあんまりじゃないか。

…というのだ。

僕は好江師匠が散歩を楽しみにしていることをとても嬉しく感じながらも、
病気の都合なんかでお菓子とかあんまり食べちゃいけない人もいるから…
一緒に歩くメンバーによってはご遠慮いただく場合もあるかと思います…
と、丁寧に説明した。

すると好江師匠は「そういう事情がありましたか…」と、
すぐに神妙な面持ちで納得され、少しの沈黙の後、
「沼田さんを呼んでいただけますか?」と、ハッキリとした口調で言った。

…そうしてまだ憮然とした表情を浮かべた沼田君がやって来ると、
師匠はすっと椅子から立ち上がり、

「先程は言い過ぎました。大変失礼いたしました。
明日もよろしくお願いします。」

と、深々とを頭を下げたのだった。

…沼田君の表情が見る間に緩み、今度は一転恐縮した様子で、

「こちらこそちゃんと説明すべきでした。
大きな声を出してすみませんでした!」

とこれまた師匠以上に深々と頭を下げた。

顔をあげた2人は、互いに安心したような、
少し照れ臭いような、とてもいい表情を浮かべている。

なぁ〜んか喧嘩してちょっと仲良くなった感じぃ?
僕はホッと一安心しながらも、そんな2人を少し羨ましく思った。


木ノ戸


先日ボウリング大会の模様でやんす。


初の“ガターあり”はこんな感じでやんす。


こ、こんな感じでやんす。


ガタガタや〜。


だめだこりゃ。


仁王立ちで厳しい視線を送るKさん。


“ガターあり”でも大活躍したスウィング賞(MVP)のNTさん。

ランキングに投票して下さい!
人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
| 夢みるスウィング | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.swing-npo.com/trackback/1268847
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE