Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
平和のモノサシ

 

ミサさんが調子よく日々を生きているとき、僕は「あ、世界はまだ平和だな」とか「ミサさんがいつまでもこんな感じでいられる世界じゃないとな」とか思う。

少し大袈裟かもしれないが、言うなれば「ミサさんが調子よく生きているかどうか」は、僕の中での「平和のモノサシ」なんである。

 

 

たとえば調子よく生きてるときのミサさんはこんな感じさ。

今さら「10回クイズ」にチャレンジしているときの彼女はこんな感じさ。

はい、ピザって10回言って。 

 

 

 

「ピザ、ピザ、ピザ……わたし今、何回言った???」

 

 

 

一瞬でクイズ出す側になっとるやないか!!!

 

 

でも時には心配そうな顔をしているミサさんだっているのさ。

それはたとえばこんな感じさ。

 

 

「だいじょうぶかなあ……今日止まってないかなあ……」

 

 

不安そうな彼女を見て、僕も少し心配になる。

どうしたの? 止まるってなんのこと?

 

 

「湖西線」

 

 

あ、JR湖西線のことか。でも、なんで?

 

 

「だって風が強いから」

 

 

ああ、確かに湖西線は強風の影響で止まること多いよね。

え? でも今日、ぜんぜん風強くないよ?

 

 

 

 

「あ、昨日やったわ」

 

 

 

 

目の前の風を感じろ!!!!!

 

 

でも時には冷静なミサさんだっているのさ。

それはたとえばこんな感じさ。

 

 

「あ、ツバメさんがお話してる」

 

 

確かにツバメが2羽、お話してるみたいに仲良くしてるね。

あれ? でもぜんぜん冷静とは言えないよ? むしろ脳天気なメルヘンタッチだよ?

あ、あふる君が嬉しそうに「なんて話してるんですか?」って。

いいねえ、平和な風景だねえ。「冷静」とかもうどうだっていいね。

おれも知りたいな。ツバメさんたちは何をお話してるの?

 

 

 

 

「あ、わたしツバメじゃないんで」

 

 

 

 

そこで急に突き放すんか!!!!!

 

彼女がいつまでもこんな感じでいられる世界を。

 

木ノ戸

| 無敵! 脳天気一刀流! | 20:09 | comments(0) | trackbacks(0)
オーブンに顔を突っ込んで大きな声で叫びたい

 

誰が何を言っても言わなくてもいい朝礼で、今日も「言うほうの」ミサさんが言う。

 

 

「昨日、オーブンが壊れました」

 

 

言うねー。家庭内の細かなやつ言うねー。

でもオーブンってなかなか壊れるもんじゃないよね。普段使いしてるんなら困るんじゃないの?

 

 

「でも、だいじょうぶ。昨日、新しいのが届きました」

 

 

は? 新しいのが届いた? 昨日のうちに? おかしないか? 「昨日」古いのが壊れて、「昨日」新しいのが届くておかしないか?

 

 

 

「お父さんがとっくの昔に注文してたみたい」

 

 

 

…もう勘忍して。

 

木ノ戸

| 無敵! 脳天気一刀流! | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0)
下も大事

 

「本当にどうでもいいこと」を言っても言わなくてもいい朝礼で、今日もミサさんがうれしそうに言う。

 

 

「今日帰ったらジャージを洗います!」 

 

 

なんのこっちゃ! ほんっとにどうでもいいね! でも、こんなん平気で言えるってやっぱ素敵なことやんね!

ん? まだなんか言いたそうやん? どんどんいこうぜ!

 

 

「最近、スウィングで血圧を測っていて調子がいいです!」

 

 

おお、それはそれは! 全然どうでもよくないやん! メチャクチャええことやん!

みんなの反応に気をよくした様子のミサさん、うれしそうに続ける。

 

 

 

 

「今日は上が136で、…です!!!」

 

 

 

 

下をどうでもええことにすな!!!!!

モヤモヤするわ!!!!!

 

木ノ戸

| 無敵! 脳天気一刀流! | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0)
疑惑の対象

 

ある寒い寒い冬の日の朝っぱら、勢いよく28教室の扉を開けて入ってきたのはミサさんである。そうしてなぜか一直線にQさんの方へと向かいながらこう言う。

 

 

「Qさん、あんな、疑ってるわけじゃないんやけどな」

 

 

…なんやなんや、なんかあったんか? (普段は明らかに詰め寄ることの方が多い)Qさんもさすがに驚いた様子である。無理もない。いきなりこう言われてしまっては誰だって身構えてしまう。で? で? 疑ってるわけじゃないけどなによ? 

 

 

「私のお茶、飲んだ???」

 

 

どストレートやな、おい!!!

200%疑っとるやないか!!!

 

…で、どうなんよ、Qさん、よー分からんけどミサさんのお茶飲んだんかいな?

 

 

 

「飲んでないよ…」

 

 

(普段は明らかに相手に「心外」な表情を浮かべさせることの方が多い)Qさん、「なんでおれやねん…」という感じでこう答える。Qさんにウソはないように思う。Qさんは人の物をパクることはあっても、人のお茶を飲むような人ではない。それにこんな風にスムーズに、はっきりとウソをつける人ではない。ミサさんももう、Qさんとは10年以上の付き合いである。これ以上、しつこく追求するようなことはせず、ぼんやりとした様子でこう言う。

 

 

「そっか、じゃあ、私が飲んだんかな…」

 

 

…??? 

Qさんをまず疑って、その次に疑うのが自分? ということは自分以外に疑うのはこの世でQさんだけ? 

ひどくない? それちょっとひどくない?

え? なに? 私が飲んだんかな? 普通まずそっち考えへん? 

…ていうか、とにかく、なんか、怖い。

 

ミサさんのお茶を誰が飲んだのか、それは(皆目)分からない。だがこの瞬間、その場にいた全員が息を飲んだことだけは、確かな事実である。

 

木ノ戸

| 無敵! 脳天気一刀流! | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0)
悼む人(否、悼み方が独特過ぎる人)

 

今年の1月、ミサさんのおばあさんが亡くなられた。

お会いしたことはないが(ミサさんからいろいろと話に聞いて)ずっと親しく感じてきた方だったし、サポーター(賛助会員)としてスウィングを支え続けてくれた方でもあった。だからミサさんから悲しい声で訃報を聞かされた時には僕もとてもショックだった。

 

お葬式のこと、法要のこと、誰もいなくなってしまったおばあさんの家のことなど、ミサさんはいつも少し悲しそうな表情をしながら、伝え続けてくれた。そしてつい先日、お骨を納骨する目途がようやくたったと、家族一同ひと安心していると、教えてくれた。

 

それはそれはひと段落やね。気持ちの整理をまたひとつ付けることができるね。

ミサさんのおばあさんを深く悼む心、きっと天国のおばあさんにも伝わっていると思うよ。

 

するとやっぱり少し悲しそうな表情を浮かべたミサさん、(まるで嘘みたいに、昔のベタなドラマやアニメのヒロインみたいに)秋晴れの空を見上げながら、つぶやくようにこう言う。

 

 

「ああ、おばあちゃん、まだ死んだこと知らへんのかなあ」

 

 

そんな悼み方あるか!?????

 

木ノ戸

| 無敵! 脳天気一刀流! | 16:58 | comments(0) | trackbacks(0)
怪奇! シビックのエンジン音…

 

ある日の昼休み、ミサさんが言う。

 

 

「あんな、お父さんの車な、もう作ってないやつやねん」

 

 

ほお。古いのを大事に使ってはんの? いいねー。どこのなんていう車なん? 

 

 

「ホンダのシビック」

 

 

 

へー! おれも昔のシビック好きよ! ザ・車! って感じでなんか好き。

 

 

 「エンジンの音が独特やから、お父さん帰ってきたらすぐに分かんねん」

 

 

なるほどねー。…でも、家帰って来はったらどんな音でも分かるんちゃうの?

 

 

 「でもすっごい独特の音やから」

 

 

ふ〜ん、そうなんやね。でも、独特の音ってどんな感じなん?

 

 

「もう寝てるから分からへん」

 

 

…は???

 

 

「完全に熟睡してるから分からへん」

 

 

怖い!!! 

怖い!!! 怖い!!! 怖い!!!

 

木ノ戸

| 無敵! 脳天気一刀流! | 13:55 | comments(0) | trackbacks(0)
エスパー vs. 逆エスパー

 

清掃活動「ゴミコロリ」の醍醐味はもちろん街を美しくすることだが、コンビニでの休憩時間も僕たちの楽しみのひとつとなっている。一服ついて飲み物を飲んだり、アイスを食べたり、特にアッチッチな夏場には欠かせない時間である。…時間であるが、あれ? あかんあかん。お金忘れてしまった。側にいたミサさんに「お金貸して」とお願いすると「ええよー」と快諾してくれる。ありがとう、助かったわ〜。

 

 

さあて、今日はアイスにしよっかな〜とコンビニに入り、アイス売り場にたどり着くと、横からミサさんがこう言う。平然とした顔でこう言う。

 

 

 

 

「140円」

 

 

 

 

なに!? どういうこと!?? なんの決めつけ!???  

ビビりながら熟考し、「これや!」と思うものを手に取り、値札をのぞいてみると……140円!!!

 

…う〜む、…エスパー。

 

そんなこんなで「ゴミコロリ」を終え、早めにお金を返しておこうとミサさんに140円を手渡す。ありがとう、びっくりしたけどあのアイスうまかったわ〜。するとミサさんはこう言う。不思議そうな表情を浮かべてこう言う。

 

 

 

 

「なにこれ???」

 

 

 

 

なにそれ!? さっきのや!!!

 

…う〜む、…逆エスパー。

 

木ノ戸

| 無敵! 脳天気一刀流! | 13:53 | comments(0) | trackbacks(0)
Hybrid Japanese

 

今日も1日お疲れ様、クレンジャーズのひと仕事を終えた帰りの車内。

充実感溢れる心地良い疲れに身をゆだねながら、それぞれがそれぞれにくつろいでいる。

 

 

カーナビに映し出されたニュースに反応したあちゃみちゃんが言う。

 

 

「この国、ホンマに意味分からへんわ!」

 

 

北朝鮮がまたミサイルを撃ったとかどうとか…。

あちゃみちゃんの意見に反論するものは世界中を見渡してもそれほど多くはいないだろう。

 

 

ミサさんも激しく共感した様子で不快感を露わにする。

 

 

 

 

「ホンマや! 

 

もう、アンポンカンポンや!」

 

 

 

 

…アンポン…カンポン?????

 

不思議な静寂に包まれる車内。

聞いたことのあるような気もするが、よく知っているような気もするが、はじめて聞く言葉のような気もする。

 

 

すると何かに気づいた様子の四至本くんが恐る恐る口を開く。

 

 

「…アンポンタンとチンプンカンプンが混じったん?」

 

 

はい!! スッキリ!!! 

 

木ノ戸

| 無敵! 脳天気一刀流! | 19:08 | comments(0) | trackbacks(0)
大晦日のあそこ

 

スウィングでは毎日マジメに終礼なるものを行っている。

10分という短い時間ではあるが、(とっても)大事なことや(本当に)どうでもいいことなどを皆で共有する、なかなか大切な時間なんである。

 

発言はまったくもって自由!

ホレホレ、今日はミサさんが元気よく「はい!」と手を上げているぞ。 

ナニナニ? (とっても)大事なことの方? (本当に)どうでもいいことの方?

 

 

 

「えっと〜、12月31日に〜…」

 

 

え!? いつの話!?? え!?  そんな前の話、今言うの!? 今言うの!?? 

 

 

「足りないモノがあったので〜、スーパーに行ったんですけど〜」

 

 

え!? 足りないモノ!?? そこの説明は全く無いの!??? 

…でも確実に(本当に)どうでもいいことの方ね。

 

 

「もう5時で〜、駐車場がめっちゃ暗くって〜」

 

 

ほんで? ほんで?

 

 

「隣の芝生との 県境 が見えなくって〜、 

 

つまずいて足をくじきました!」

 

 

はい!!! 絶対にそこに県境はありまっせん!!!!!

 

 

木ノ戸

| 無敵! 脳天気一刀流! | 18:23 | comments(2) | trackbacks(0)
猫も漱石も発狂。

 

猫ブームなんですか?

よく知りませんが、スウィングの猫グッズもよく売れているようです。

 

はい。こんな猫のポスターがありました。

 

 

これを見たね、ミサさんがね、ニャアニャアこう言うんですよ。

 

 

 

「猫って言ったらアレやんな! 

 

『我輩は“なんとか”である』やんな!」

 

 

 

ニャアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!

 

木ノ戸

| 無敵! 脳天気一刀流! | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE