Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
内線電話の憂鬱

 

でけた、でけた。来年1月のスケジュールがでけた、でけた。

人に合わせて作らなあかんかったり、なかなか手間のかかる仕事である。

最後はいつものように間違いがないか、あちゃみちゃんにチェックをしてもらわねば。

あちゃみちゃんは今、28教室かな? ということは内線4番やな。

 

「はい」と沼田くんが出る。

僕は「あ、あちゃみちゃんに代わって」と言う。

沼田くんは「はい、分かりました」と言う。そして電話を切る。

 

 

…………………え???

 

 

僕は束の間、沈黙する。

やがて27教室(事務室みたいなとこ)に沼田くん(らしき人)がやって来る。

 

 

…………………は???

 

 

僕は束の間、沈黙する。

かめちゃんとゆみさんは笑顔を浮かべている。

僕は沼田くん(らしき人)に向かって、声を振り絞るように言う。

 

 

「…あ…あちゃみちゃん?」

 

 

沼田くん(らしき人)が束の間、沈黙する。

 

 

 

「あ! そっか!!!」

 

 

 

沼田くん(らしき人)はそう言い、バタバタと27教室を出てゆく。

かめちゃんとゆみさんが笑う。

僕もこらえきれず笑う。

 

木ノ戸

| はい、沼田ですけど何か? | 13:22 | comments(0) | trackbacks(0)
ムカデの人、道の人


スウィングの清掃部隊「THE CLEANGERS(ザ・クレンジャーズ)」!
京都市内のお寺や公共施設などの清掃業務を請け負い、定期的にピカピカにしている。
そしてレギュラーメンバーではないものの、クレンジャーズの仕事に時々助っ人として加わり、最近「クレンジャーズもどき」と言われているのが沼田君である。



さあさあ、今日も助っ人としてクレンジャーズの現場にやって来た沼田君。ちょっと一服の休憩時間、一体何を思ったのか、増田さんに向かって唐突にこう語る。


「生まれ変わったらムカデになりたいっすわ〜。」


…え〜っとぉ、仕事中にムカデを見かけたの?…それとも「もしも生まれ変わるとしたら」的なこと考えながら仕事してたの?どっちにしたって「ムカデになりたい」とか言うバ…いや、変わり者とははじめて出会ったぞ。う〜ん、面倒くさいけど気になるっちゃ気になる!ちょっと悔しい気もするけれど、増田さんは堪らず聞き返す。ムカデになりたい?なんで?ねえ、なんで?答えろ!さあ答えろ!沼田!














「だって、いっぱい靴が履けるでしょ?」














…………………そう…なの…かな?




…昨年11月、世の女性たちを震撼させ、一部の男性たち(僕を含む)の爆笑を誘った「道の人」をご存知だろうか?まるで天童荒太の小説のタイトルのようだがそうではない。「道の人」とはこんな人のことである。


道路脇の側溝に約5時間にわたって潜りこみ、女性のスカート内をのぞこうとしたとして、兵庫県警東灘署は11月9日、県迷惑防止条例違反の疑いで、市内に住む28歳の会社員の男を逮捕した。「見てました」と容疑を認めているという。時事ドットコムなどが報じた。

日刊スポーツによると、男は8月16日午前7時50分ごろ、神戸士東灘区の道路下の側溝内から、通りかかった美容師の女性(37)のスカート内をのぞき見ようとした疑いが持たれている。午前3時ごろから5時間にわたって深さ約60センチの側溝に潜り、格子状の鉄ぶた越しに上を見ていたという。男の髪の毛が鉄ぶたからはみ出していることに女性が気付き、下を見たところ、目が合ったため110番通報した。駆け付けた捜査員が、同容疑者を側溝から引っ張り出した。スマートフォンで盗撮する目的だったとみられている。

男は2013年6月にも東灘区の甲南女子大近くの道路の側溝の中に忍び込んで、女性のスカートの中をのぞき見したとして同じ容疑で逮捕されている。産経WESTによると、このときも3時間近くも身を潜めており、警察に対して「生まれ変わったら道になりたい」などと供述していた。(2015年11月10日「The Huffington Post」より→



たくさん靴が履けるから、生まれ変わったらムカデになりたい人。
女性のスカートの中をのぞき見するために、生まれ変わったら道になりたい人。

なんだろう?ふっと安心するのはなぜなんだろう?
神様、どうか2人の願いが叶いますように。

木ノ戸

※ そんなムカデの人が出演するのがこちらの企画!!!

グッド トークセッション:ちょっと奥さん!「障害者アート」がキテるんだって! 〜京都・左京区編〜
当初2015年の1年間としていた “昨今の「アール・ブリュット」ブームに疑問符を投げかける1年”を今年度いっぱいまで延長決定!想像以上の反響から得た「今まさにこうした姿勢が必要とされているのだ!」との確信のもと、スウィングなりにできることを続けてゆきます。ややこしくってマニアックな問題だからこそ、むしろ楽しくオモシロく!「障害者アート」を取り巻く今やこれからについて、ざっくばらんに語り合える場にしたいと思います!

ひらめき話す人(内輪!):木ノ戸昌幸・矢田陸雄・沼田亮平(NPO法人スウィング)

ひらめき話す人(ゲスト):金武啓子(大阪・西淡路希望の家)
ひらめき定 員:15名(要・事前お申込!)
ひらめき参加費:1,500円(アルコール飲む人ラブ)/1,000円(ソフトドリンク飲む人ラブ
ひらめきお申込:スウィングまでお申込みください。
お名前*/ふりがな*/人数*/ご所属/ご住所/電話番号*/Mail(* は必須)を、Mailまたはお電話にて担当・渡辺までお知らせください。
Mail:watanabe@swing-npo.com(件名を【1/30 トークセッション申込】としてください)
Tel:075-712-7930(渡辺)


展覧会「Enjoy!Open!!Swing!!! Vol.3」の関連イベントです!→

要・ご予約!ぜひぜひお気軽にご参加ください!
| はい、沼田ですけど何か? | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0)
ゆとり世代 ×(理不尽+無神経)=ドヤ顔沼田


どこか調子が悪いのだろうか?
KAZUSHIが元気無くペンを置き、ただデスクに向かってボンヤリしている...。

がしかし!がしかし!
タイミング悪くそこに現れたのはぁ〜!そこに現れたのはぁ〜!
“そういう感じ”をものともしない、スタッフ沼田君である!
危ないぞ!KAZUSHI!

「なんしてんの?KAZUちゃん。やろうや、仕事!」

いやいや、だからもうちょっと言い方とかあるやろ…。
明らかに様子おかしいやん…。

「ああ、木ノ戸さん気になってんの?」

コクン…と頷くKAZUSHI。
なんや。沼田君でもそこはなんとなく分かってんにゃ。
その日、木ノ戸は風邪の症状が酷く、午前中で早退をしていたのだ。
がしかし!がしかし!

「まあ、しゃあないやん!やろや!KAZUちゃん、仕事!
心配なんは分かるけど、KAZUちゃん、医者ちゃうしどうにもできひんしなあ!
医者なん?ちゃうやろ?ほなちゃんと仕事しいや!」


...お前は質の悪い修造か。
KAZUSHIが胸の内でそう突っ込んだかどうかは知る由も無いが、
彼の瞳から思わず流れ出た涙は、誰の目にも明らかだった。




KAZUSHIは別に仕事をサボっていたわけではないのだ。
確かに木ノ戸の事は心配だったが、前の絵を描き終わったし、
次の絵を何にしようか、スタッフなべちゃんに相談しようと待っていただけなのだ。
(ほんでワ〜レ〜。コラ沼田ぁ。ワイ言葉喋れへんのまだ知らんのんかぁ???)

鬼の沼田のメジャー級ド直球にボコボコにされ、
ただ震えるように泣いて、うなだれるしかない可哀そうなKAZUSHI…。

「あれ?KAZUちゃん、泣いてない?泣いてるやん…」

ようやくやって来てくれたなべちゃんと涙の筆談を交わす。


木ノ戸さんがかぜをひいてしんぱいなだけです!
つぎ、なんのえをかこうかまってただけです!まってただけなのに!
沼田さんが!沼田さんが!くやしい!こわい!こわい!



事情を知ったなべちゃんとKAZUSHIが向かったのは、
言うだけ言ってさっさとその場を去ってしまった鬼の住処である。

「ゆとり世代は“理不尽”に対しての耐性がゼロなんですよ!」

なべちゃんの説明によって事情を知った理不尽・沼田は、鼻をかみながらこう謝った。




「ああ、ごめんごめん。」

ハイ〜!謝罪の意思、永遠のゼロ!
更に無神経野郎はドヤ顔でこう続ける。

「オレはKAZUちゃんにとってインフルエンザの予防接種みたいなもんやな。」

??????????
(……バカ?)

ドヤ顔の意味も、ドヤ顔で言い放った言葉の意味も分からぬまま、
その日KAZUSHIは怒りと悲しみに肩震わせながら、家路についたのだった…。


…あくる日。
このエピソードを聞かされた僕が「ドヤ顔予防接種発言」の真意を沼田君に尋ねたところ、
「耐性をつけて打たれ強くなるという意味で。」ということであった。




この前向きさには驚くばかりであるが、沼田君のこうした在り方は、時に障害のある人に寄り添い“過ぎ”、時に障害のある人の「障害」を考え“過ぎ”、それゆえになんだかんだやり“過ぎ”てしまいがちなこの業界やら「支援者」と呼ばれる我々の現状に、一石を投じるものなのではないかと、ほんのちょっとだけ感じている。昔、沼田君を評してちなさんのお母さんが笑いながら言った「ちなと対等にケンカしてくれはる人ははじめてです。」という言葉。忘れてはいけない大事なモノとして心から離れない。KAZUSHIと沼田君、次の日にはよー分からんけど仲直りしましたとさ。

木ノ戸
| はい、沼田ですけど何か? | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0)
「まち美化戦隊ゴミコロレンジャー」の正体


午後5時。
静かな事務室。
スタッフ沼田君が誰かに電話をかけている。


「あ〜もしもし〜、

“まち美化戦隊ゴミコロレンジャー”の沼田です〜。

お世話になっております〜。」



マジか!!!
いつからそうなってん!!!
お前それで食っていけるんか!!!
家族、養えるんか!!!
簡単に正体をバラすな!!!


あーもーいろいろあり過ぎる。
せこい。オモロい。

木ノ戸
| はい、沼田ですけど何か? | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0)
この男、沼田亮平。


この男。
「沼田亮平」、「ぬまた・りょうへい」である。


男に届いたアッキーからの年賀状。(アッキー、本名を「中村章男」といいます。)



わお!アッキー、惜しい!
ていうか今までずっと合ってたのに、なんで今さら「売平」!??




まあ、新年やからね!

なんか「ウリヘイ」っていいね。
ウリウリ、ウリウリ。

次。




この男。
「沼田亮平」、「ぬまた・りょうへい」である。

彼は「ぬまた・りょうへい」であるが、ここ10年来、Gさんにはずっと「しばた・しょうへい」と呼ばれている。多分、Gさんの中で、「柴田恭兵」と混じりあった結果かと思われる。カンケーナイネ!




1月5日、ある事件が起こった。
遂に(?)Gさんが、「しばた・しょうへい」こと「沼田亮平」を、「ぬばた・しょうへい」と呼んだのである!
間違っている!
相変わらず綺麗に間違ってはいるが、男の名の先頭を堂々と飾る「ぬ」が、10年の時を経てはじめてGさんの口から飛び出したのだ!やったぜ、しょうへい!


まあ、新年やからね!

Gさん、もうちょっと、もうちょっと。
あっちへいってしまう前に1度で良いから完璧な本名で呼んであげてくださいね。

木ノ戸
| はい、沼田ですけど何か? | 17:51 | comments(0) | trackbacks(0)
展覧会「Enjoy!Open!!Swing!!!」 〜謎の男性におったまげ!の巻〜



入口のドアがゆっくりと開き、細身で長身、おしゃれなニット帽をかぶった男性が入ってきた。
年は50代後半から60代か。
男性は視線をぶらさず、迷い無くアッキーの作品の前に進んでゆく。

すると入口のドアが再び開き、少し会釈をするようにして、
年配の女性がそっと会場に足を踏み入れる。

…雰囲気からしてご夫婦だろう。

スタッフ亀井が応対に向かうと、男性はアッキーの作品群から目を逸らさず、
はっきりとした声でこう言った。


「これはパステルですか?」


当然、ある程度画材を知っている人でないと出ない質問である。
おそらくアート関係の人だろう。アーティストか。ギャラリーの経営者か。
男性はしばし感心した様子でアッキーの作品を眺め、「素晴らしい」と絶賛している。

思わずニンマリする。
ミーハーかもしれないが専門家にそんな風に言ってもらえるのはやはり嬉しい。

やはり男性の反応に気を良くしたに違いない亀井が、
しばしの談笑の後、「どちらでこの展覧会を知っていただいたのでしょう?」と丁寧に尋ねる。
うん、気になる、気になる。そして僕もぜひお話しさせていただきたい。

亀井の質問に男性はよく通る声でこう答えた。



「息子がスウィングに通わせてもらってます。」



…ビクン!とした。

え、ええ!?うっそ!??メンバーのお父さん????
だ、誰だろう…全く思い当たらないんですけど…。


夫人の方に目を向けても…やはり分からない。
事態は一転、亀井も助けを求めるような目で僕の方を見ている。
そうやんな…分からへんやんな…オレも分からへんねんもん…

あかんあかん!
これ、ホンマに分からんかったらホンマに失礼過ぎるやん!!

僕は今一度目を凝らし、集中力をフルパワーにして、男性を見つめ直した。

誰や誰や誰や…誰のパパやパパや…ぬまたぬまたぬまた…そうやパパやパパや…

ぬ!?ぬぬ!??




「ぬ、沼田さん!!!!!?」




ど、どっかで見たことある思たらスタッフ沼田君のパパさんやないかい!!!

ああ、お母さんも!
いつぞやの息子さんの結婚式以来ですね!

いやいやいやいや!ちゃうちゃうちゃうちゃう!
「息子がスウィングに通わせてもらってます。」て!!
なんでそんな婉曲なんすか!!分かりにく過ぎるっちゅーねん!!

ほんで、もうちょっとこう…できれば最初に分かりやすい挨拶的なものがあっても!
「これはパステルですか?」言うてる場合ちゃいまっせ!!

んんーさすがは沼田君のお父さん。
不必要なビクン!を誠にありがとうございました…。

…っていうか、息子はん!!
父ちゃん母ちゃん来るんなら先に教えとかんかい!!

木ノ戸

人気ブログランキングへ

| はい、沼田ですけど何か? | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0)
女性の声についての考察





女性は〜







声が〜







高い!!!



木ノ戸

人気ブログランキングへ
 

| はい、沼田ですけど何か? | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0)
顔間違い



芸術の秋です。

さあ、今日は楽しいワークショップ

子どもたち、たくさん、来てくれてありがとう。
 




未来へとつづく、真剣な子どもたちの眼差し。

少し頼もしく、どこまでも微笑ましい光景。

 



ああ、やって良かった。こんな子どもたちの姿に出会えるなんて。

沼田くんも思わず感激。





こぼれ出る笑みを止められません。


木ノ戸

人気ブログランキングへ
| はい、沼田ですけど何か? | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0)
闘いの春




こらーーー!沼田ーーー!!!





うら―――!沼田ーーー!!!





オチがいまいちーーー!2枚目がよかったーーー!!


木ノ戸

人気ブログランキングへ
| はい、沼田ですけど何か? | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0)
はじめてみたいな人のアレ




「あれ?沼田君は?」


「腹が痛いって病院行きました。」



ちょうど1週間前、午前8時半。
朝礼の席にスタッフ沼田君の姿が無い。

スウィングに出勤するや否や、
「腹が痛い…」と、ご近所・「上賀茂診療所」さんに駆け込んだらしいのだ。

よっぽどやったんやろか?…病院行ってもまだ診療前やで。

朝礼後、「上賀茂診療所」さんに様子を見に行くと、
待合室のソファにひとり、ふざけてるのか?と思うくらいに顔をしかめた沼田君が、
やはりふざけてるとしか思えないくらいになんか斜めになって座っている。


「…ふざけてんの?」


「ふざけてないです。」


「どしたん?」


「腹が痛くって…」


「いつから?」


「朝からずっとです。」


「…何しに来たん?」


「わかんないです。」


「…今日は帰っていいよ。」


「はい…。」



トンチンカンなやり取りをしていると、
「おはようございま〜す!」と看護師さんが姿を現した。

そして待合室のソファに不審な男を発見すると、にこやかにこう言った。


「えっと、最初の方…、はじめてですか?」


(不審な)最初の方とは、もちろん沼田君のことである。
待合室には、まだ沼田君と僕しかいない。

すると看護師さんの簡潔な問いかけに対し、沼田君はこう答えたのだった。


「はじめてみたいなもんです。」


意味わからん!!!
いくら腹痛いからってなんやねん、その雑でファジーな返答!??
“ファジー”って久しぶりにつこたわ!!

この問いには“はじめて”か“はじめてじゃない”しか無いねん!!!


「…はじめてみたいなもん??」


朝っぱらから面食らったような表情を浮かべる看護師さん。
まるでこう語りかけているようだ。


「あなた、アホですか?」


そうだ!答えろ!沼田!


「アホみたいなもんです。」


と。

実際にはそんなやり取りは行われず、沼田、苦悶の表情を浮かべるのみ。
仕方なくフォローに入る。


「あ、スウィングと申します。毎年健診ではお世話になってます。」


「ああ、スウィングさん。」



看護師さんは少し安心したような表情を浮かべ、
沼田くんの症状についてあれやこれやと尋ね始めた。
僕は「じゃあ、行くわ。」とその場を去った。


さて、約2時間後、スウィングに一旦帰還した沼田君。
診察の結果、腹痛?の原因は「尿管結石」であったという。

ころん…と可愛いのが出てきたらスウィングのオリジナルグッズとして売ろうねー。ねー。

 

木ノ戸

 

| はい、沼田ですけど何か? | 16:39 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ランキングに投票してください!!
人気ブログランキングへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE