Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
嗚呼、目覚めのガクンガクン

人身事故が多い!運転が荒い!運転手のマナーが悪い!
京都市民に必要不可欠な交通機関。
しかし何かと評判の悪い京都市バス。
そんな京都市バスはさまざまなドラマを僕たちに届けてくれるのです…





ある秋の朝、スウィングスタッフ四至本くんは、
いつものように市バス4系統に揺られながら、いつものように居眠りをしていました。

通退勤途中の仮眠は、忙しく働く30代にとって、
欠かすことのできない貴重なひと時です。(そうなのか?)
電車やバスで居眠りをしていてうっかり寝過ごした!!…なんて話はよく耳にしますが、
毎朝四至本くんが降りるのは終点の「上賀茂神社前」。
終点ですから寝過ごす心配は絶対に無い、
最悪起きれなくっても運転手さんが起こしてくれるもーーん。…ちゅーわけです。

ちゅーわけなので、今朝も安心、安心。
無防備な眠りを披露していた四至本くんでしたが、…あれ、今朝はなんかいつもと様子が違う!?
なんかバスがガクンガクン揺れてる!??

…地震?

不吉な揺れを感じて目を覚ました四至本くん。
あたりを見回すとどうも地震ではない…。バス車内には自分以外に誰もいない…。
どうやらバスは終点「上賀茂神社前」に到着し、すでに停まっているようです。

にも関わらず…ガクンガクン。

停まっているのに…ガクンガクン。

なんと親切すぎる運転手さん!
四至本くんを起こすために、バスを停めたままクラッチペダルを踏み込んだり離したり、
ガクンガクンとわざとエンストを繰り返し、バスの車体を大きく揺らしてくれていたのです!

普通はせいぜい肩トントンとかマイクで「着きましたよー」なのに。
オレのためにここまでしてくれるなんて!

すっかり市バスのサービス向上に感激してしまった四至本くん。
いつも以上に大きな声で「ありがとう!」を伝え、ご機嫌にバスを降りたのでした。

木ノ戸


かなえさん、「第7回産経はばたけアート公募展」で佳作に選ばれました!おめでとう!

人気ブログランキングへ
| ぼくらの市バス | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0)
落ちてませんよ〜ん。

人身事故が多い!運転が荒い!運転手のマナーが悪い!
京都市民に必要不可欠な交通機関。
しかし何かと評判の悪い京都市バス。
そんな京都市バスはさまざまなドラマを僕たちに届けてくれるのです…





毎月恒例、わく星学校さんとのスポーツ交流の帰り道、
市バス204系統を降りようとしていた時のことです。

慣れた手つきで運転手さんに療育手帳を見せ、
ちゃっちゃっと降車口に差し掛かったスウィング・メンバーIさんに、
運転手さんがこう言いました。


「落ちましたよ。」


運転手さん、いつもIさんが小脇に挟んでいる「1日のスケジュール」が
スルリと落ちるのを見て、親切に声をかけくれたのです。

そうです、Iさん、このスケジュールをよー落としまんねん。


<特にゴミコロリの時によー落としまんねん。>

けどね、今はね、もう落ちないようにね、ブラ〜ン…となるようにしてまんねん。




ブラ〜ン…。





ブラ〜ン…。


だからね、落ちてませんよ〜ん。

スケジュールをブランブランさせながら、ステップをタタタと降りゆくIさんを、
運転手さんは、分かりやすく苦〜い顔をして見つめていたのでした。



木ノ戸

↓↓↓ クリックしておくれやすグッド

人気ブログランキングへ ブログ王ランキング

| ぼくらの市バス | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0)
お客様やダイヤよりも大事なこと、それはね…

人身事故が多い!運転が荒い!運転手のマナーが悪い!
京都市民に必要不可欠な交通機関。
しかし何かと評判の悪い京都市バス。
そんな京都市バスはさまざまなドラマを僕たちに届けてくれるのです…



いつもの通り、いつもの市バス4系統に揺られていたスウィング・メンバーTIさん。

起きぬけから続く頭痛と眠気にボーッとしていましたが、
にわかに訪れた“その時”には、思わずスッと背筋を伸ばし、
キョロキョロと辺りを見回さずにはいられませんでした。


“その時”は午前7時57分にやって来ました。


「下鴨神社」バス停を過ぎてしばらく、バス停でも信号でもなんっでもない
完全無欠のザ・路肩で、突然バスがゆっっっくりと停車したのです。
そして帽子を脱ぎマイクを外した運転手さんが、
無言のままバスを降り、あっと言う間に姿を消してしまったのです。

他のお客さんたちも立ち上がって外を見たり、状況を掴めず怪訝な顔をしています。
中には席を立ち、バスを降りてしまうひともいます。

何かあったのなら説明くらいしてくれないと!!

あったり前です。クラッカーです。
乗り合わせた全員がそう思っていたに違いありません。


…そうして待つこと7分。午前8時4分。
(タイム計測はTIさん。)

不安と焦りと怒りがパンパンに充満した車内に、
突然の失踪をやってのけた運転手さんが颯爽と帰ってきました。
運転手さんはキリリと帽子を被り、スッと運転席に座り、サッとマイクをつけると
発車オーライ!またまた無言でバスを再出発させました。

お客さん全員が、当然「おい!!」と心の中でつっこみました。

たまらずひとりのお客さんが席を立ち「ちゃんと説明せんかい!」と叱ったところ、
運転手さんは「すみません…。」と謝り、けれどもやっぱり何の説明もしませんでした。

TIさんは思いました。
誰にだってうんこがしたくてしたくてたまらない事はある。
それは決して恥ずかしい事じゃないし、むしろとっても哀しくて恐ろしい事なのだから、
正直に言えば良かったのに…と。

確かに運転手さんがうんこをもらしてしまったのでは、
その後のうんこうにも支障があるでしょう。

だけどあなたがスッキリすればそれでいいの?ん?
だいじょーぶ。
きっとみんな分かってくれるから、ちゃんと説明くらいしましょうね。

ね?


木ノ戸


旅館清掃メンバーと立命館大学・学生ジョブコーチさんとのミーティングの模様。
学生の皆さん、いつもありがとう。

↓↓↓ クリックしておくれやすグッド

人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
| ぼくらの市バス | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0)
いやいや、お前が黙っとけ。

人身事故が多い!運転が荒い!運転手のマナーが悪い!
京都市民に必要不可欠な交通機関。
しかし何かと評判の悪い京都市バス。
そんな京都市バスはさまざまなドラマを僕たちに届けてくれるのです…



ある朝のこと、スウィングメンバーTIさんは、
市バス46系統に乗り込み、ユラユラと揺られていました。

とある停留所。
満員の車内に杖をついた目の不自由なひとが乗り込んできました。

親切なTIさん。
こういう場面は得意中の得意です。
ひとりOYSS!の大チャンスです。

すぐに「どうぞ座って下さい。」と声をかけたのですが……


「人の事にかまうな!!黙って座っとけ!!」


……耳を疑う心無い怒声は、目の不自由なそのひとではなく、
どっかと優先座席(!)に腰をおろした、
見ず知らずのしょうもないおっさんからのものでした。

TIさんが驚くやら腹が立つやらしている間も、
「アホ」だの「ボケ」だの、しょうもないおっさんはブツクサ言っています。

しょうもないおっさんはすぐにバスを降りてしまいましたが、
「なんであんなこと言われなあかんの??」「なんで誰も助けてくれへんの??」
TIさんの心は傷つき、怒りは簡単にはおさまらなかったのでした。




…スウィング出勤直後、怒りを露にこのエピソードをぶちまけたくれたTIさん。

本当に気の毒なことでした。
あなたは立派なひとだ。
そんな××××気にしなくていいよ。
うんこだよ。

けれどひとしきり話を聞いた後、少しでも彼女の気持ちをほぐそうと、
うっかり笑かしにかかったのは大きな失敗でした。

プンプンしながら野菜ジュースを飲んでいたTIさんは
キレ味鋭いジャパニーズ・ジョークに耐え切れず、
僕の机の上の書類や何やかやに向かって、
わざとか!??というくらいに勢いよく、赤味がかった液体を噴射したのです。

…この手のシリーズ史上、最大の被害は免れませんでしたが、
TIさんにも笑顔が戻ったことですし、まあ良かった、良かった。

木ノ戸


バイキングの風景。

↓↓↓ クリックしておくれやすグッド

人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
| ぼくらの市バス | 13:26 | comments(0) | trackbacks(0)
イナヅマ運転手さん
人身事故が多い!運転が荒い!運転手のマナーが悪い!
京都市民に必要不可欠な交通機関。
しかし何かと評判の悪い京都市バス。
そんな京都市バスはさまざまなドラマを僕たちに届けてくれるのです…



先日、友人に誘われ、ひさしぶりにライブを見に行きました。

会場は京都・拾得
2004年、あの中島らもさんのライブを見に行って以来ですから、
相当に久しぶりです。

ウキウキしながら会場に入ると、
ウキウキなお客さんとウキウキな音楽でいっぱい!

こんなにたくさんのお客さんをウキウキさせて、
ウキウキなソウルミュージックを奏でているのは
どんな人たちなんだろう?と、ステージに目を向けると、
メンバーは総勢10名くらい、それもいい歳をしたおじさん達が
大多数を占めていました。

バンドの名前は『イナヅマホーンズ』。

ああ、かっこいいなあ、こんなおっさんになりたいなあ…と、
ぼくは思いました。

中でもひと際目を引いたのはボーカルのおじさん、サトシさんです。

華があって、歌声も迫力があって、
ノリもトークもコテコテで、カッコいい!!



…そしてこの50過ぎ(60前?)のイカしたソウルシンガーは、
元・市バスの運転手さんだというではないですか!!!

しかも我らがスウィング・メンバーがいつもお世話になっている、
上賀茂神社発、および着、46系統をドライヴィンしていたらしいのです。

ぼくは心地よいグルーブに身を委ねながら、
あのどっかおかしい、どっか腹立つ、どっかナメとる
(もちろんそんな人ばかりじゃありません。)
運転手さん達にも、こんなカッチョいい裏の顔があったら、
見る目変わるなあ、と思いました。

でもこんな人ばっかりでも困るだろうなあ、とも思いました。


木ノ戸


広来さんで外食です。天津飯!


ギョウザ!


ラーメン!




「…ええなあ」「さっき食ったやん!」

ランキングに投票して下さい!
人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
| ぼくらの市バス | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0)
マリリンに会いたい
人身事故が多い!運転が荒い!運転手のマナーが悪い!
京都市民に必要不可欠な交通機関。
しかし何かと評判の悪い京都市バス。
そんな京都市バスはさまざまなドラマを僕たちに届けてくれるのです…



研修に向かうため乗車した京都駅発マニアックな方面行き市バス。
運転席に座っているのは最近よく見かけるようになった女性運転手です。

とても感じのいい綺麗な人で、運転席後ろに掲示されているネームプレートを見て、
即、通称マリリンが決定しました。

定刻。
マリリンは、穏やかな声音で出発を告げると、
颯爽とターミナルを走り出しました。

するとすると…。

歩行者の交通整理をしているおじさん、
同僚とおぼしき中年男性などなど、
マリリンを運転席に確認した人達(全員おとこ!)が次々に手を振り、
にやけた笑いで見送っているのです。

マリリンは微笑みを浮かべながら、ヒラヒラと手を振り返しています。

まるで宮崎駿アニメにでも出てきそうな温かな光景。
マリリンは、きっと市バス界のアイドルなのです!

マリリンは美人に加えてとにかく親切。

ターミナル内では
「しばらくカーブが続きますのでお気をつけください。」

あるバス停で乗車してきたスポーツ新聞が異常に似合うおじさんには、
「後ろから…番が来ますがお間違えありませんか?」

しばらくして、案の定そのおじさんが「あ!しも〜た!間違えた!」と
大きな声を上げた時にはしようがない人ねえ…と微笑しながら
「大丈夫ですか?次降りられますか?」

しばらくしてまたまたそのおじさんが「あ〜、一万円札しかないわあ!」と
再び大声を上げた時には少し困ったような微笑を浮かべながら
「他のお客さんにくずせるか聞いてみましょうか?」

う〜ん、なんて温か。
一万円札の両替なんて舌打ちする運転手だっているのに。

…おじさんとのやり取りを最後まで見届けたい思いでしたが、
程なく、目的の場所が近づき、僕はバスを降りました。
マリリンの笑顔に見送られながら。

僕はしばらく歩いて振り返り、
まさに走り出そうとするマリリンに向かって手を振ってみました。

…するとマリリンは、ニッコリ微笑みを浮かべながら、
ヒラヒラと手を振り返してくれたのでした。


木ノ戸


NTさんに続け!と詩作に励むYさん。んふ〜、詩もマニアック!


来年のNHKハート展への応募に向けて。AMさんはかなりの多作!!


う〜ん、と悩むTIさん。悩み過ぎてこの後眠りに落ちました…。


Cさんは豪快な字!すごく楽しい詩ができました。

ランキングに投票して下さい!
人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
| ぼくらの市バス | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0)
バイリンガル・ドライバー
人身事故が多い!運転が荒い!運転手のマナーが悪い!
京都市民に必要不可欠な交通機関。
しかし何かと評判の悪い京都市バス。
そんな京都市バスはさまざまなドラマを僕たちに届けてくれるのです…



…外での会議を終え、さあ帰ろう!とバス停へ向かいました。

けれど目的のバスはついさっき出てしまった模様。
おおよそ15分ほどの待ち時間です。

すぐに次のバスがやってきました。
街なかのバス停ですので、いろいろな系統のバスが、
ひっきりなしにやってきます。

プシュー!と開いた降車口から2、3人が降り、
乗車口から4、5人がぞろぞろと乗り込みました。

乗り込みました…が、
なぜか前後の扉が閉まる気配がありません。

時間待ちをするような呑気なバス停ではないはずです。
誰か遅れてきた人を待っているのかな??
別のバスを待つたくさんの人たちがキョロキョロと周囲を見渡したその時、
突然、降車口から姿を現したのは、遅れて降りてきた乗客…ではなく、
なんと制服・制帽に身を包んだ運転手さんでした。

てやんでえ、バーロー!市バスの運転なんかやってられっか!と、
不意に強烈な虚しさに襲われたのでしょうか?

道路にキラリ。と光る100円玉を見つけ、
誰かに取られてなるものかと、たまらず降りてきたのでしょうか?

運転手さんは降車口を1段だけ降り、
身を乗り出すようにして視線をバス停に向けると、
突然、ちょっとぎこちない英語で話しはじめました…。

「エクスキューズミー!
アナタドコイコオモテハルーノ?
コノバスチャイマスーカ?」

驚いて運転手さんの視線の先に目をやると、
そこには大きく地図を広げた外国人女性が…。

運転手さん、どうやらその女性に行き先を尋ねているようです。

たいてい早く出たがる市バスなのに、
いまだかつて見たことのない馬鹿丁寧な親切です!

「OH!ペラペーラペラペーラ、
ペラランペララン、ペペラペーラ!
アリガットー!
サンキューソーマッチ!!」

女性が乗りたかったのは別のバスだったようですが、
感激して丁寧なお礼を伝えている様子でした。

そうして運転手さんは運転席に戻り、颯爽とバスを走らせたのです。

僕ははじめて見る風景に、
こんな親切な運転手さんばかりなら素敵だなあと思いました。

けれど日本人の乗客にもここまでするだろうか?と、
ちょっと疑問にも思いました。


木ノ戸


今月のわく星学校さんとのスポーツは、諸般の事情により、
…急遽ゲーム大会になりました。


わく星の子どもたちはほんとに元気がいい!


ジェスチャーゲームでわく星・山下さんとうごめくCさん。


ひとりでうごめくAさん。


3人がかりでうごめくNTさん、XLさん、TDさん。

ランキングに投票して下さい!
人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
| ぼくらの市バス | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0)
チンピラ運転手さん。
人身事故が多い!運転が荒い!運転手のマナーが悪い!
京都市民に必要不可欠な交通機関。
しかし何かと評判の悪い京都市バス。
そんな京都市バスはさまざまなドラマを僕たちに届けてくれるのです…


プシュー。

バスが停まり、ぞろぞろとひとが降りてゆきます。

しばらくしてひとの流れが途切れた時、
若い女性が少し遅れて降車口にやってきました。

…けれど運転手さんは女性に気付かず、扉を閉めてしまいました。

女性は困ってしまった様子で運転手さんに何やら声をかけました。

すると運転手さんははじめて女性に気づき、
女性の顔をまっすぐに睨みつけると、
車内マイクをフル活用してこう怒鳴ったのです。


「降りるんかい!!!!!」


まあ大変!!

てっきり運転手さんだと思っていた人は、
ただのチンピラだったのです…。


木ノ戸


青空バーバー沼田の図。MDさん、夏仕様ですっきりしました。

ランキングに投票して下さい!
人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
| ぼくらの市バス | 16:45 | comments(0) | trackbacks(0)
赤いおっさんは午後7時に歌う。
人身事故が多い!運転が荒い!運転手のマナーが悪い!
京都市民に必要不可欠な交通機関。
しかし何かと評判の悪い京都市バス。
そんな京都市バスはさまざまなドラマを僕たちに届けてくれるのです…



ある晩、僕は市バスに乗り、河原町の方へ向かっていました。

もうすぐうまいうまいビールが飲めるんだと思い、
口の中がムヒャヒャとなりはじめた頃、
突然、車内に演歌調の歌が鳴り響きました。


あ〜とぉは〜

焼酎を〜

あおるぅだけ〜



思わず振り返ると、赤い顔をしたおっさんです。
おっさんが大声で歌っています。

おっさんは満足したのか、恥ずかしくなったのか
歌い終わると、

「すみません、すみません、歌ってしまいました!」

と謝っていました。
そして次のバス停でそそくさと降りてゆきました。


あ〜とぉは〜

焼酎を〜

あおるぅだけ〜



…あとは焼酎をあおるだけ。
時刻はまだ午後7時でしたが、おっさん、もう仕上げの段階だったようです。
河島英五みたいで、ちょっとカッコいいなあと思いました。

僕はますます早くお酒が飲みたくなりました。


木ノ戸


ポン、ポ〜ン!
愛媛のまじめで粋な小西さんから、こんな嬉しいFAXをいただきました!

ランキングに投票して下さい!
人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
| ぼくらの市バス | 18:59 | comments(0) | trackbacks(0)
だって置き場がないんだもん!
人身事故が多い!運転が荒い!運転手のマナーが悪い!
京都市民に必要不可欠な交通機関。
しかし何かと評判の悪い京都市バス。
そんな京都市バスはさまざまなドラマを僕たちに届けてくれるのです…



スウィングからの帰りの道中、
Qさん、かなえさん、ミサさんは同じバスに乗っていました。

ふとミサさんは、運転席のすぐ後ろの座席に、
カバンが置いてあるのを見つけました。

...人は座っていません、カバンだけがポツンと。

当然、ミサさんは忘れ物だと思い、
運転手さんに「後ろの座席に忘れ物があります。」と伝えました。
すると運転手さんは悪びれもせずこう言いました。

「あ、それ僕のですから。」

…ここは、あんたの部屋か?

ミサさんは、しばらく固まってしまいました。


木ノ戸


2月24日(火)。地下鉄に乗って・・


京都国際マンガミュージアムでマンガ三昧。


2月26日(木)、毎月のお楽しみ、わく星学校さんとのスポーツ。


「だるまさんがころんだ」で巨漢XLさんに隠れるわく星キッズ。


・・その�。


2階の暗闇をひとりウォーキングするのはYさん。・・暗〜。


2月28日(土)、「小児がんゴールドリボンキャンペーン2009 in Kyoto」
に出店させていただきました。


「かわいくな〜い?」「石鹸めっちゃいいにおい〜ラブ


お世話になっているうじ・はんどめいどショップの小畑さんも休日返上!
| ぼくらの市バス | 18:48 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ランキングに投票してください!!
人気ブログランキングへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE