Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
さよなら人類

 

プチコロリ、ゴミコロ支部、寸劇「まち美化戦隊ゴミコロレンジャー!!」など、我らが清掃活動「ゴミコロリ」からは、様々なスピンオフプロジェクトが生まれている。

 

けれど「ゴミコロリP」をご存知の方はほとんどいないんじゃないだろうか。

 

まるで腹痛の薬のようなネーミングだが、もちろんそうではない。

「P」は「Parking」の「P」。

つまり「ゴミコロリP」とは、コインパーキング清掃に特化したゴミコロリなのである(ちなみに勝手に特化しているわけではなく、管理会社の依頼によって成り立っている手堅い仕事なのだ!)。

 

月に2回、毎回3〜4人のメンバーで出動するこのお仕事。

 

ああ、この日はよりにもよってこのメンバーなのね……。アッキー、西川、XLの3人なのね……。

 

 

実はアッキーとXLは、露骨にいがみ合ったり、口を聞かぬほどではないけれど、はっきり言ってあんまり仲がよろしくない。

先月の一泊旅行(行先:京都・花脊)では、一部のメンバーがひたすら野球をしまくっていたが、「決して走ってボールを追わない」アッキーに、XLがブチ切れかけていたことは、その場にいた誰もが知る事実だ。

 

 

ああ、この日の「ゴミコロリP」でも、あかんほうのアッキーが思い切りはみ出しているようだ。

 

コインパーキング清掃というミッションに勤しむアッキーはどうあかんのか?

 

もちろん走って追いかけるべきボールはないのだが、もうええ! っちゅーのに精算機ばっかり拭き続けているのだ。

パッと見、「やってるふう」に見えるけれど、それ以上にハッキリと見えるのは全身の毛穴から噴き出しまくる「怠惰」という名のオーラである。

 しかも「まだやんの???」みたいな感じでチラチラ見てくる視線が西川には痛い。

ハートの一番デリケートな部分にズンズン突き刺さってくる。

何とか視点を変えないとハートがもたない。

 

 

ああ、なるほど。アッキーは墓参りにやって来て、ご先祖様のお墓を一生懸命拭いているのか。

随分と久しぶりなもんだから、その申し訳なさも手伝って、もうええ! っちゅーのにしつこく拭き続けているのか。

 

な? 墓にしよ? 

目〜細めて精算機、墓に見立てよ? 

そしたら一見、好青年に見えるくない?

 

イライラしはじめたXLに無言のメッセージを送る西川であったが、まあ、そりゃ無理だ。

どう見てもアッキーはゴリゴリの精算機を無意味に拭き続けている。

たまりかねたXLは、怒気をはらんだ口調でこう言う。

 

 

 

「アッキー、もうそこ拭かんでええて! こっちやって!」

 

 

が、無念、アッキーは「え〜? なに〜?」とまるで意に介さない。

本当は聞こえている。もちろん意味も分かっている。

が、それでも(できるだけ力を込めないように)優しく精算機を拭き続けているのだ。

 

西川のハートは余計にざわつく。

ああムカつく。ああ体に悪い。

 

……いや、「ご先祖様のお墓大作戦!」を遂行しているおれでさえ、こんなふうなのだ。

丸腰で正しいことを言って、思い切りスルーされたXLの心中は怒りの業火で燃えているのではないだろうか。

しかし、事実は小説よりも奇なり。

西川は思いがけず、ひとりの男が遂に悟りを得る瞬間を目撃する。

 

 

 

 「あ、そうか。アッキーに言うてもしかたないんやったわ」

 

 

 

そのとき、西川の目の前にはご先祖様のお墓を熱心に拭き続ける男と、男を冷徹に見つめる仏の姿があったという。

 

木ノ戸

 

●そんなアッキーやXLがよしもと芸人の肖像画を描きました!

●『DARE(だれ)展』(「京都国際映画祭」内企画)は本日10月17日(木)〜20日(日)までの開催です!

●詳しくはコチラ! →
| XL伝説 | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0)
夢を見たことがない男の白昼夢

 

ワケあって、XLのいい顔を撮ることになった。

 

まあ放っておいてもいつもニコニコしてる人だから、別段何もしなくてもいいのだが、でも普通のニコニコではなくって、とってもニコニコを撮りたかった僕は、「いいねえ!」とか「写真撮られるの好き?」とか、とりあえず「ぽい」言葉を連発しながら、ふと「あ、これはひょっとして効果的なんじゃないか?」と、あることを思いついた。

 

 

 

「壇蜜のこと考えて!  壇蜜のことだけ考えて!」

 

 

今がどうかは知らないのだが、XLはかつて「壇蜜好き」を公言していた。それはそれは好きそうだった。

だから彼の頭の中が壇蜜でいっぱいになったら、ニコニコというか、ニヤけたいい感じの顔をするに違いない、そう考えたのだ。

 

 

XLとの付き合いはもう15年にもなるが、僕はこれまで彼を「カッコいい」なんて思ったことは一度もない。

でも先日、徳島県・神山で『まともがゆれる』の出版記念イベントをしていただいたとき、ロックバンドが轟かせる爆音に身じろぎもせず、ものすごい集中力を発揮して描き続けているその横顔を見て、僕ははじめて「こやつ、カッコいい……」と思ったのだった。

 


その凄まじい集中力が、ふいにまた出た。

 

 

「壇蜜のこと考えて!  壇蜜のことだけ考えて!」



パシャパシャ写真を撮られながら、言われるがまま壇蜜にファーカスしはじめたXL。

するとアレアレ予想外、彼の表情はニヤけるどころか、なぜか滅多に見せることのない真顔へと近づき、ボソッと独り言のようにこう言うのだった。

 

 

 

 

「あ、いっしょにお風呂はいってる」 

 

 

 

夢を見たことがない男、XL。

暑すぎる夏の昼下がりに見る白昼夢は、自由自在に操れるようだ。

 

木ノ戸

| XL伝説 | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0)
千円札の人

 

XL、うれしそうに言う。

 

 

 

「旧札や! 旧札の千円札や!」

 

 

 

あ、ほんまや。夏目漱石や。僕、ふと疑問に思う。

 

 

 

「今の人って誰やったっけ? …王貞治?」

 

 

 

XL、再びうれしそうに言う。

 

 

 

「ちがうわ! …あれ? 誰やったかな?」

 

 

 

 

先日、XLの描いた「王貞治」が、王貞治さんご本人のお手元に渡った。今でも、そのことを思うとゾクゾクする。ゾクゾクして夢見心地になる。でも、そやろ? 誰だか思い出せへんやろ?

 

 

 

「はっちゃん、ちゃうん?」

 

 

 

「はっちゃん」というのはXLの本名だ。服部光男(はっとり・みつお)だから「はっちゃん」なのだ。はっちゃんが千円札の人になったならば、それはきっととてもいい世の中か、ものすごくやけくそな世の中にちがいない。で、どうなの? はっちゃん、ちゃうの?

 

 

 

 

「ちゃうわ! まだなってへんわ!」

 

 

 

 

なる気か!! あんた後々はなる気か!!!

 

木ノ戸

| XL伝説 | 16:13 | comments(0) | trackbacks(0)
【参加者募集!!!】XLの夢主催 第1回寄せ集めソフトボール大会開催!!!

DSC_0022.jpg

 

 

 

「おれも野球がしたい」

 

 

 

XL氏が自分からこんな風にはっきり言うことは極めて珍しい。いや、この15年の付き合いの内に一度として聞いたことがない。

(僕は氏から買い物付き添い依頼をよく受けるのだが)一緒に服を買いに行く時にも突然「今度、服いつ行くの!??」とまるで僕がお願いをしているかのように言うし、何かを選ぶときにも「これでええんちゃうん???」と他者に決定を委ねるような物言いをしたりする。そんな氏の在り方を「激しいいじめに遭ったからね」とか「15年引きこもったからね」とか分析するような気はさらさらなく、「なんでそんな言い方やねん!!!」とつどつど言い返して苛立ったり笑ったり…というのが僕らの日常である。

 

そんな氏が「おれも野球がしたい」と別人のような調子で言ったのは、確か昨年の秋、2人で(なんでか理由は忘れたけど)ママさんソフトボール大会みたいなやつをボンヤリ見ていた時のことだ。僕は「わお!! なんか、こんなこと言っちゃってる!!!」と驚き、この次いつ起こるか分からない奇跡みたいな瞬間を逃してはなるまいと「まじで? やろう、やろう」と瞬時に、しかし努めて冷静にリアクションしたのだった。

 

あれから約半年。グローブやバットを買いに行ったり、増田さんもXL氏から「やろ?」と声かけられて「こんなん言われたんはじめてやー!」と興奮したり、グラウンドを利用できる準備を整えたり、時間を見つけていろいろと動き回り、遂に来る5月12日(土)、史上初! 夢を見ないXL氏がはっきりと口にした「夢」が実現する! …いや、と言うかさせるために! そして普通にいい汗かいて旨い飯食うために! 皆さん、いっしょに寄せ集まってソフトボールしませんか? 以下、大会詳細となります!

 

DSC_0018.jpg

 

XLの夢主催 第1回寄せ集めソフトボール大会

ベースボール 日時:2018年5月12日(土)10時〜12時(集合:9時45分) ※ 雨天の場合は中止

ベースボール 場所:殿田公園野球場運動場 京都市南区東九条下殿田町

※ 「京都テルサ(京都府民総合交流プラザ)」東隣

 

 

※ 京都市営地下鉄烏丸線『九条駅』下車 徒歩5分

※ 京都市営バス『九条車庫前』下車 徒歩5分

※ 駐車場はございません。公共の交通機関のご利用の上、お越しください。

※ お車のお越しの場合は近隣のコインパーキング等へご駐車ください。

ベースボール 参加費:1,000円(保険料込み) ※ 見学・応援は無料

ベースボール お申込:電話またはMailでお申込みください。お名前*/ふりがな*/人数*/電話番号*/Mail/(* は必須)をお知らせください。

Tel:075-712-7930(NPO法人スウィング)

Mail:0506@swing-npo. com(担当:沼田/件名を【5/12ソフトボール大会申込】としてください)


ベースボール お申込締切:2018年5月9日(水)までにお申込ください。

ベースボール 持ち物:飲み物やタオル、選手の方はグローブをご持参ください(グローブがない方はお貸しいたします)。

ベースボール 主催:XLの夢(NPO法人スウィング)

 

DSC_0010.jpg

 

…というわけで「おれも野球がしたい」がソフトボール大会になっちゃってるのは安全面等考慮してのこと…とご容赦いただき、初夏のひと時、XLの夢と共に皆さまと楽しい時間を過ごせればと思っております。 

ご参加を心よりお待ちしております!!!

 

木ノ戸

| XL伝説 | 14:02 | comments(0) | trackbacks(0)
おれは淋しかった

 

いつもニコニコ、多くは語らぬ「ポップ仏」ことXL氏が(なんのきっかけだったか…)、遂に吐いた。

 

10円玉を握りしめ、ただただゲームセンターと自宅を往復するだけの、15年(概算)に及ぶ引きこもり生活について。

 

 

「しんどかった」

 

「何がしんどかったん?」

 

「淋しかった」

 

 

これまでのXL氏は、引きこもりも今の生活も大して変わらへんと言い続けてきた。→

それは一面、本当のことなのかもしれない。いや、本当のことに違いない。

けれど今、(至極狭い世界ではあるが人気者となり)ただただニコニコと(無難に)毎日を過ごすXL氏の表情が、あの15年という長い歳月に一瞬でもあったのだろうか? 恐らく無かったのではあるまいか。 幼少期から「出来ない、出来ない」と罵倒され続け、遂には(今で言う)引きこもりという道を“選ぶしかなかった”XL氏。

 

この短いエピソードを、XL氏特有の「感動ポルノ」として消費していただきたくはない。

 

なぜならこれはきっと、あなた自身の中にもある物語なのだから。

 

木ノ戸

| XL伝説 | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0)
XLのお墓参り

XL1.jpg

 

夏真っ盛りの頃、スウィングで交尾をしていたセミたちに「こんなトコで、すな!!!」と一喝していたXL氏。

けれどセミには偉そうに言うくせに、亡くなったお母さんのお墓参りにはこれまで一度も行ったことがなかった。

 

XL氏のお母さんは昨年の夏、急な病に冒され、そして本当に、あっと言う間に亡くなってしまった。

 

あれからもう1年。

お盆ももう過ぎてしまったが、そろそろ重い腰上げろや、XL!!! …ということで、なかば無理やり「行くぞ!」とお母さんが眠るお寺に沼田くんと3人で向かった。

 

行ってみて分かったことだが、「行くぞ!」なんて偉そうに言う資格は僕には無く、ずっとほったらかしにしていたのは僕自身も同じだったことに気づいた。セミにも人にも偉そうにしてはダメだダメだ。

 

XL3.jpg

 

XL氏のお母さん。

氏とは真反対に体が小さく、氏と同じように優しい優しい人だった。

 

僕の想像に反して、割と長い間手を合わせていたXL氏。

静かに眠るお母さんに一体何を語りかけていたのか。

 

XL2.jpg

 

存命中にXL氏とふたり、入院中のお母さんを見舞い、枕元に飾ったひまわりの絵はどこに行ってしまったのだろう。

お母さん、とっても喜んでいたのに。気になって帰り道の車中で氏に尋ねると「知らん」。

 

「知らん」て…。

 

XL氏の軸は相変わらずブレないが、数珠の持ち方もお寺の人たちに教わったし、自分にお寺までの人力交通案内をしていたし、これからはきっと、思い出した頃にまた、お母さんのもとを訪ねるのではないだろうか。

 

生きてても死んでても、大切なひとは、いつまでも大切である。

 

木ノ戸

| XL伝説 | 16:31 | comments(0) | trackbacks(0)
絵心なんかいらない! 〜『XL is XL ⇔ 4L』展開催に寄せて〜

 

今がどうかはよく知らないけれど、少なくとも僕たちが受けた学校の「美術教育」とかいうヤツは、相当に寂しく、絶望的に哀しいものだったように思う。

 

評価の尺度は上手いか下手か。上手いっていうことにもう少し多様な捉え方があればまだましだが、実際は「どれだけ似ているか? 写実的であるか?」というウンコのような一面的な価値観に縛られまくっていた。

 

スウィングで表現をしている人の中にも、学校時代には「下手クソ」という烙印を徹底的に押され、徹底的に苦手意識と劣等感を植え付けられた人がとても多い。

 

XLもそのひとりである。

 

XLの場合、その呪いから解き放たれるまでに実に40年という年月がかかった。

(まあまあ評価もされて、まあまあ人気のあるAckeyなんかでも、今でも「合ってる? 似てる?」と尋ねてきたりする。そして「教育」の持つ力をいつも痛感させられる。)

 

余りにも長きに渡る呪いから解き放たれ、ひたすら楽しそ〜うに絵を描くXLの姿は、作品の良し悪しなんか悠々と飛び越えて、ただただ気持ちが良い。ただただ清々しい。

 

絵心とかなんとか。上手だとか下手クソだとか。

ほんっとにどうでもええと思う。

 

何もかもがんじらめな世の中なんやから、そこんとこぐらいもっと自由に、何でもありに早よせんかい!!!

 

…というわけで呪いの(?)XLが来月「マジェルカ」(東京・吉祥寺)に現れますよ!!!→

 

ちぇき!!!

 

木ノ戸

| XL伝説 | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0)
XLの血の味

 

蚊が多いね。

そりゃあ、真夏だもの。蚊が多いよね。

 

真夏だろうが真冬だろうが、京都各所にブイブイ繰り出すスウィングの清掃部隊「THE CLEANGERS」!!!

(「ゴミコロリ」とはちがうんだよ! ややこしいよね! →

 

 

今日も炎天下のもと、水分と塩分と休憩をしっかりと取りながら、エイコラ作業を進めております。

いやあ、ホントカッコいいぜ、アンタたちよー。いつもお疲れ様っす! ありがとうございまっす!

 

…コラコラ、XLさんと京一さん???

カッコええけど、いくら暑いからって半袖着てたらバンバン蚊に刺されるで〜。

 

ほれ見い! 京一さん! もうバシバシ刺されまくってるやん!

…あれ、でもXLさんはほとんど刺されてないね〜。どうしてだろね〜。

 

 

 

「京一さんの血はやっぱり、美味しいんですかね〜」

 

 

四至本くんがこう声をかけると、京一さん、「いやあ」とか言いながら、ニヤニヤ嬉しそうな顔をしている。

なんでやねん。蚊に刺されまくってなにがそんなに嬉しいねん。

 

 

「XLさんは全然刺されないですよね〜。血が美味しくないんじゃないですか?」

 

 

四至本くん、今度はXLさんに水を向ける。キミもどうでもええことを上手いこと意地悪く言うの〜。

するとXLさん、悔しそうに「美味しいわ!!!」…やって。

 

イヤイヤ、「美味しいわ!!!」て。

全く根拠ないし、刺されへん方が全然よくなくなくなくなくない? 

...ていうか、ほんまにどうでもええわ。

さあ、無駄話はもうやめにして、さっさと仕事終わらせようぜ。

 

再び、噴き出す汗を拭き拭き、黙々と作業を進めるクレンジャーズ。

…と、XLさんがツカツカと四至本くんに近づき、日に焼けた腕を見せつけながら嬉しそうにこう言い放つ。

 

 

 

 

「ほら見い!!! 刺されたやん!!!」

 

 

 

…そりゃあ、良かったね。

…早よ〜、ムヒかなんか塗っときなはれ。

 

木ノ戸

| XL伝説 | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0)
ブレない男


去る9月12日、「グランフロント大阪」で開催されたファッションショー「バリコレ」(Eテレ「バリバラ」主催)に出演、自らが描いた衣装を身にまとい、堂々とランウェイを歩いてみせたXL氏。

いやあ、絵描き出しのも驚いたけど、まさかファッションショー出て笑顔振りまくとはねー。
15年くらい(概算)引きこもってたのにねー。
ちょっと前まで「いやや!」「知らん!」が口癖やったのにねー。

で、先日11月8日(日)に放送された肝心の「バリバラ」。
XL氏、まあまあ映ってたみたいであるが、当の本人はバリバリ裏番組の世界野球・日韓戦を見てたそうである。
それを知り、一応ちょっと大きな声を出してみる。


「おい!キミ!全国ネットやで!!」

「知らんわ!」



皆がワハハ!と笑う。
XL氏もニコニコしている。

これでいい。これがいい。
こんな感じでずっとずっといこうぜ。

木ノ戸
| XL伝説 | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0)
XL、「バリバラ」モデルデビュー☆


約2年前、ふいに絵を描きだしたXLさん。
今年の夏に初個展を開催し、今度はなんだ!?

「ファッションショーにモデルとして出て欲しいって。やる?」

今までのXLさんなら「え!?知らん。どうでもええ。」とか言いそう…
ん〜どうかな?今回はどうかな?

「やる!」

と、XLさん! はい、モデルデビュー決定☆

今回のファッションショーは「NHK」の「バリバラ」という番組が主催するもので、はるな愛さんが「バリアフリー・ファッションショー バリコレ」を企画しました。

このお話は「エイブルアート・カンパニー」からお誘いいただき、これまで「エイブルアート・カンパニー」で発表してきた洋服や傘、靴下などの商品を見にまといファッションショーに出演するというものです。

テーマは「レイン」。
雨の日でもお出かけが楽しくなるようなファッションの提案です♪

レインファッションだけどXLさんは大きいから傘だけかなー??
XLサイズの服……あるかな?

なかったら作ればいい!ということで「雨の京都」というお題で市販のレインコートに絵を描こう!
ということになりました。





無事完成し、その他の衣装もOK!
前日には、何度もリハーサルも行われ いざ本番!



「エイブルアート・カンパニー」チーム登場!

トップバッターは、左は「なづな学園」の福井さん。
もうすぐ「フェリシモ・UNICOLORT」から福井さんの描いた絵がテキスタイルになった洋服が販売されます。

右は「たんぽぽの家」の伊藤さん。
NHK「バリバラ」番組内でナレーションを担当されています。

どちらの衣装も「フェリシモ・UNICOLORT」のものです。ステキ!



そ!そして!スウィングXL!

かっこいいレインコート着てる〜
オシャレなステテコ(FDS)履いてる〜
かわいい靴下(Tabio)履いてる〜


どれもエイブルアート・カンパニーとアパレルブランドのコラボ商品。
颯爽と歩く姿、めちゃかっこいい!!

−モデルを終えてXLさん!今回どうでしたか?
XL:楽しかった。お客さんがたくさん来てくれた。

−緊張とかしないんですか?
XL:しーひん。個展の時いっぱい人来てくれたし。

−いや〜でも舞台あがるとか、かなり緊張するもんですよ。
XL:べつに。

−レインコートの制作はどうでした?
XL:おもしろかった。ちょっと描きにくかったけど…

−ファッションショーでどのチームのが良かった?
XL:「ピザ」とかになってたやつと着物。(放送をお楽しみに…)

−はるな愛さんとか押切もえさんはどうやった?もえさんと話してたやん!?
XL:かわいかった。はずかしかった。はるな愛は… ふつう。




ということで、みなさん気になる「バリコレ」!!!

放送日は…

【前編】10月4日(日)19時〜19時半
【後編】10月11日(日)19時〜19時半 です。

チラッとでもXLさんの姿が映りますように。
みなさん、日曜19時は、TV(Eテレです)の前にお集まりください!

(かめい)
| XL伝説 | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE