Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
チャラ子は事故にも超ウケる。
ある日の早朝。
出勤途中のスタッフ西川君。

赤信号で停車し、しばしの信号待ちです。

ん?ん〜?

ふと反対車線の方に目をやると、
やったぜ!、ひっさしぶり〜!
チャラ子のステータスシンボル、ダイハツ・ムーブが目に入りました。

色はもちろん黒です!

けれど今度のムーブはなんだか様子が少し変です。
なんだかボンネットがグシャッ!と「く」の字の形です。

…なんとそのムーブは電柱に正面から激突!
もう全くムーブできない状態になっていたのです。

なるほど。
結構なスピードでぶつかったのでしょう。
ホイールが1個、西川君側の路肩にまで
飛ばされているではありませんか。


そして「く」の字ムーブの向こう側には、
チャラチャラ、チャラ〜い、チャラ子が2人、
民家にもたれて三角座りをしています。

すでにパトカーも、救急車も来ているようです。


あ〜あ、かわいそうに…。


うなだれた様子のチャラ子に同情した西川君でしたが、
それもほんの束の間、次の瞬間には思わぬものを目にしました。

三角座りのチャラ子たちは、
うなだれているっていうか〜、
ぴこぴこニンテンドーDSをしていたのです!!

す、すげぇ…。

唖然とする西川君の前方を、ちょっと待ってと手で制しながら、
警官がぴょこぴょこ駆けていきます。

飛ばされたホイールを取りに行っているようです。

ホイールを手にした警官は、
今度はチャラ子たちの方にぴょこぴょこ向かって行きます。

すると警官に声をかけられたのでしょう、
チャラ子たちがDSから顔を上げ、だるそうに立ち上がりました。

警官が神妙な面持ちで、
無残なホイールを差し出しています。

さすがのチャラ子たちも今度は顔を曇らせるのでしょうか…?


頼む!そうあって欲しい!!


…けれどやっぱり、やっぱり西川君の切ない祈りは、
ものの見事に、こっぱみじんに打ち砕かれたのです!!


なんと!なんとチャラ子2人は、
手を叩いて、そして腹を抱えて、
大爆笑しているではあ〜りませんか!!


ウケるぅ〜植物

ホイールはずれちゃってるしぃ〜鳥

ちょ〜ウケるんですけど〜〜
ツリー


たくましい…。
たくまし過ぎる…。
チャラ子というのはなんて強い人種なのだ…。

そっと静かにアクセルを踏んだ西川君は、
ほとんど尊敬に近い気持ちに包まれていたのでした。

木ノ戸


ひさしぶり。わく星学校さんとスポーツをご一緒しました。


フリースロー(みたいなもん)対決の模様。


わく星キッズ投げる!!


スポーツの後の飯は格別じゃわい。

ランキングに投票して下さい!
人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
| チャラ男とチャラ子 | 09:31 | comments(0) | trackbacks(0)
チャラ子が教えてくれたこと。
納品先に到着し、スウィング号を停止させたスタッフ西川君。

サイドブレーキOK、納品書OK、
さあ、降りようかとドアに手をかけたその時でした。

バンッ!

後方から聞こえた明らかに不吉な音…
そして次の瞬間、スウィング号の前方に現れたのは黒のダイハツ・ムーブ。

すでに嫌な予感でいっぱいの西川君は、
半ばヤケクソ気味に頭をフル回転させました。

えっとぉ〜、まずぅ〜、「バンッ!」
う〜ん、やっぱぁ〜、なんかぁ〜、当たられちゃったあ?

そんでぇ〜、黒の〜、ダイハツ・ムーブぅ〜?
なんかぁ〜、これぇ〜、多分ぜったいぃ〜…

…西川君の勘は見事に的中しました。

20メートルほど先に急停車したムーブから、
それはそれはチャラい、イッツ・ア・パーフェクト・チャラ子が姿を現したのです!

何でおればっかり…

思わず自分を呪い、永久に噛み合わうことのない、
不毛なコミュニケーションを覚悟した西川君でしたが、
次の瞬間、思わず目を見張りました。

ムーブから降りるや否や、
「らしからぬ」猛ダッシュで、
チャラ子がスウィング号に向かってくるのです!
もの凄い腕振りです!!

…奇襲か!?

一瞬ひるんだ西川君でしたが、
来るべき戦いに備えて、態勢を整えなおしました。

けれども、スウィング号のそばまでやって来た、
「らしからぬ」チャラ子は、こうまくし立てたのです。


「すみません、すみません、すみません!
車、大丈夫ですか!?


ほんっとに、すみませ〜ん!!」



…チャラく見えても、心は錦。
とっても素直な、心根のいい女性だったのです…。

西川君は何だか感激してしまって、
そして急速にいい人になってしまって、

「こっちは大丈夫ですけど、そちらこそ大丈夫ですか?」

と、「外だけ」チャラ子を気遣いました。

「大丈夫です!サイドミラーがもげただけです!!」

動転したチャラ子はこう言いましたが、
サイドミラーはスウィング号に当たって90度反り返っただけ。

幸いスウィング号にもムーブにも、ほとんど損傷はありませんでした。


『雅哉。人を見かけや先入観で判断してはいけないぞ。』

…おとん、おかん、ごめん。
雅哉はまだまだ未熟です…。

西川君は去りゆくチャラ子を見つめながら、つぶやきました。

「…おおきに。」

木ノ戸


いよいよ加茂中生3名との1週間です。


お互い緊張っす。


明日もよろしくお願いします!
| チャラ男とチャラ子 | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0)
無敵のチャラ子は「わからな〜い」。
ある休日。

西川君は自宅で飼っているフェレットの薬をもらうため、
動物病院に向かっていました。

車停められるかな?

心配しましたが、来院者専用の駐車場には、
運よく一台分のスペースが空いています。

西川君はバック駐車をするため、ハザードランプをたき、
スペースの右斜め前に車を滑らせました。

そうしてギアをバックに入れたその時、
…バックミラーに不穏な影が写ったのです!

なんと今まさに停めんとしていたそのスペースに、
黒のダイハツ・ムーブが勢い良く
前向きに突っ込んだではありませんか!

ほおぉ、うまいこと入れよんなあ…

…って、感心している場合じゃない!!

完全にマナー違反です!

これは見逃せぬ!と車を降りた西川君は、
つかつかとムーブに歩み寄り、
ドライバーが出てくるのを待ちました。

ベタベタと貼られたチャラいステッカー。
車内にチャラチャラ見える縫いぐるみの数々。
かなりチャラい匂いがします。

…運転席のドアは、静かに開きました。

で、で、出た〜!
ピンポ〜ン!!

運転席から降りてきたのは女性です!
若くてチャラい女性です!!

今をときめく、チャラ男ならぬチャラ子の登場です!!

バタン!とドアを閉め、まるで何も見えないかのように
チャラチャラと歩き出したチャラ子に、
西川君はひきつった笑顔で話し掛けました。

「あのぉ、ここに停めようとしてたんですけど…」

チャラ子はこう答えました。

え〜?わからな〜い日の出

西川:
「え、何がわからないんですか?」

チャラ子:
ぜんっぜん わからな〜い拍手

西川:
「いや、僕が停めようとしてたの分かってたでしょう?」

チャラ子:
ぜんっぜん わからな〜い結晶
ぜんっぜん わからな〜〜い温泉

…チャラ子おそるべし。
パーフェクトなコミュニケーション拒否です!

「わからな〜い」人と話をしても埒があきません…。
未知との遭遇に挫折した西川君は、
仕方なく車を移動することにしました…。


そしてしばらく。

少し離れたコインパーキングに駐車した西川君は、
動物病院に戻ってきました。

先程の駐車場に目をやるとチャラ子のムーブが、
チャラチャラと停まっています。

…わからな〜い
…わからな〜い


つい数分前の悪夢が、生々しく思い起こされます。

…と、その時でした!

ふと人の気配を感じた西川君は、
病院に隣接するマンションに何気なく目を向け、
更なる悪夢を目にしたのです!

なんとそこには、階段をチャラチャラと上がってゆく、
「わからな〜い」チャラ子の姿があるではありませんか!!

友達の部屋にでも向っているのでしょうか?
チャラりチャラりとご機嫌なご様子です!
完全に動物病院とは無関係です!!

あっ気にとられた西川君は、思わずこうつぶやきました。

…ぜんっぜん わからな〜い唖然撃沈困惑

木ノ戸


今月もわく星学校さんとスポーツをご一緒させていただきました。


いえ〜い!!


めしうめ〜。
| チャラ男とチャラ子 | 10:42 | comments(0) | trackbacks(0)
もうチャラ男なんて言わせない。
いつものようにGさんをご自宅に送っている時のこと。

目前の信号が「赤」になったので、車を停車しました。

すると、隣の車線に白いバンが現れ、真横に停まりました。

…停まったかと思うと、運転席からチャラ男風の青年が現れ、
反対車線の向こうに見えるファミリーマートへ駆けこんだのです。

白いバンは無人です。
信号待ちというより、道路の真ん中に駐車しているような格好です。

僕とGさんは、間に合うわけがない。
馬鹿なことをするなあ、チャラいなあ、
と思って、様子を見守っていました。

チャラ男の目的はどうやらタバコです。
カウンターで銘柄を告げ、商品を受け取り、お金を渡しています。

…店員の動きも無駄がありません。
「できる」店員のようです!

信号はまだ赤。しかし、青の方の歩行者信号が点滅しています。

チャラ男がお店から小走りにでてきました!
向こうの信号が黄色に変わりました!
急げ、チャラ男!男を見せろ!

チャラ男がバンに乗り込み、扉を閉めたその時、
信号が青に変わりました。
チャラ男は素早くサイドブレーキを解除し、
ギアをドライブに入れ、何食わぬ顔で発進したのです。

僕とGさんは、おお!と感嘆の声をあげました。
信号待ちの間に買い物を済ませてしまうとは!

機敏なチャラ男と「できる」ファミマ店員の奇跡のコラボレーション。

お見事でした。

木ノ戸


下請作業が大忙しです。しおりの帯び付け作業。


箱折作業。


ベビー服のクリーニングもたくさん!


ラベル貼り。


え〜と、笹舟という作業です。笹で編んだ舟に紙を巻きつけます。
| チャラ男とチャラ子 | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0)
チャラ男がただの男になる時。
その日西川くんは、
いつものようにGさんをご自宅まで送るため、
スウィングを出発しました。

車を走らせること約15分。
ハンドルを右に切り、最後の路地に入ると、
バックハッチを開け放した一台のRV車が道の真ん中に停まっています。

引っ越しでしょうか?
何やらチャラ男風の若者が大きな荷物を運んでいます。

さわやかに見せかけて結構血の気の多い西川くん。
「行けへんやんけ!」とムッとしましたが、
グッとこらえて軽くクラクションを鳴らし、
チャラ男風の男が振り向くと、
「車どけてくれる?」と(ひきつった)笑顔を作りました。

…しかし男はお辞儀ひとつ返しません。
それどころか、「何で車来んね〜ん」とばかりに
若干逆切れのご様子、わざとらしくゆ〜っくりと荷物を運んでいます。

完全にチャラ男確定です!
西川くんは怒りの余り思わず白目をむいてしまいました。

ようやくかったるそうに運転席へと向かい、
ドアに手をかけたチャラ男ですが、
鍵がかかっているのかドアが開きません。
再びかったるそうな動きでポケットをまさぐるチャラ男。
しかしなかなか鍵が見つからないようです。

…何やら焦っています。
さっきまでの不遜な態度が嘘のように
ガサゴソと忙しなく手を動かしながらあちこちを見回しています。

ついにチャラ男は車の中に鍵を見つけました。

車の中に。

…車の中に??

そうです!
インロックです!!
JAFのお世話になるやつです!!!

チャラチャラする余裕の無くなったチャラ男は
ただの男になりました。

すると男のそばに、どこからか友人らしき別のチャラ男が
チャラチャラとやって来ました。

しかし言うまでもなく、ほんの数秒後には
そのチャラ男もただの男になりました。

さわやかそうに見せて、(控え目に言って)結構性格の悪い西川くん。
何に勝ったのかよく分かりませんが、
勝利の雄叫びをあげたい気分になりました。

うなだれる2人の男に向かって
挨拶がわりに再び軽く(心も軽く)クラクションを鳴らし、
余儀なくされた回り道を、颯爽と走らせたのでした。

木ノ戸


先日わく星学校とのスポーツの様子です。


ドッヂボールじゃ、うぉりゃ〜!


毎回恒例、山下さんのストレッチ教室。


決め!
| チャラ男とチャラ子 | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ランキングに投票してください!!
人気ブログランキングへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE