Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
アンナ格好でアソコを走りながらアレをする男

 

走っている

 

走っている

 

男一匹・沼田が 池のほとりを 走っている

 

だが そこは やめておけ

 

そこは 天然記念物の 深泥池

 

 

明らかに お前の天然以上だ

 

逮捕されるぞ

 

それにお前 服を脱ぎながら 走っているじゃないか

 

すでに 上半身 裸じゃないか

 

それ以上は やめておけ

 

頼むから 下半身は 我慢しろ

 

さらに 罪が増すぞ

 

それにお前 走りながら シャンプーをしているじゃないか

 

どうしたんだ一体 そんなにいいシャンプーなのか

 

でも どうやって その泡を流すつもりだ

 

まさか 深泥池の水を 使うつもりなのか

 

だから! 天然記念物!

 

さらに さらに 罪が増すぞ

 

でも もういい! やっていいぞ! 

 

もっと めちゃくちゃに走れ! フリチンになってしまえ! 

 

池で泡をジャブジャブ流せ! ついでに リンスもやってしまえ!

 

今できることを! 思い切り 全部やってしまえ!

 

(夏のある夜のリクオ君の悪夢より眠たい

 

木ノ戸

| 夢みるスウィング | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0)
なんてったってア〜イド〜ル♪と「ゴミコロリ」史上初


キョンキョンと、恋人同士の体の、夢を見た。
 
彼女、大スターなのに、あんな質素な家で暮らして。
部屋の感じもダサくてそれがまた庶民的で良くって。
 
とても幸せな気持ちだったのに、胸がキュンキュンしていたのに、
そのうち、スウィングのメンバーたちがズカズカと入ってきて!

  

Qさんは「腹立つことがあってん!」と、
ミサさんは「あんなー!きーさん!」と、
はるかくんは「しつれいしまーす!」と、

ゾロゾロと、いつもの調子で入ってきて!
そのうちヤツらはキョンキョンとばかり話しはじめて!
ちくしょう…キョンキョンも楽しそうに笑っていて!
今日子!オレとそいつらとどっちが大事なんだよ!??
最終的にはすごく孤独を感じてしまうという!
 

でも、今、思い出しても胸がキュンキュンするよ。

キョンキョン。


…あ、先週開催予定の「第57回ゴミコロリ」は雨で延期、
そして昨日の予備日も雨で開催できず、
「ゴミコロリ」史上、はじめての中止となりました。

これ、覚え書き。

木ノ戸


ひょうたん描いたよ。

人気ブログランキングへ
| 夢みるスウィング | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0)
春はいいなあ

春はいいなあ

はやく春がきてほしいなあ

だって冬はさむいも〜ん

おふとんから出られませ〜ん

ああ、春がきてほしいなあ

はやくあたたかくなってほしいなあ

春になったらおともだちたくさんあそびに来るかなあ

来てほしいなあ

たくさんお話がしたいなあ

春はいいなあ

でも春は変なひともいっぱいふえま〜す

気をつけないといけませ〜ん

春はあたたかいよ?

春はひざしがあたたかいよ?

春はもう冬じゃないよ?

春はいいなあ

ああ、早く春がきてほしいなあ



…何の夢だったか?
つい先日の事、こんな詩を口ずさみながら目が覚めました。

生まれてはじめての経験ですが、なかなか愉快な目覚めです。

昨日は西谷くん&Qさんと臨んだ「第18回NHKハート展」表彰式。
気になって、影響していたのかも知れません。

そうそう2人の作品!WEBで見れます!!

西谷文孝の作品はコチラ!Qの作品はコチラ


ところで今日は春のように、暖かな日でした。

ああ、早く春がきてほしいなあ。

木ノ戸


東京出張の報告は後日あらためて!

人気ブログランキングへ

| 夢みるスウィング | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0)
I and I dreamed I.


僕とスタッフ四至本君の新婚コンビ。
ある秋の日の同じ夜の同じ頃、スウィング・メンバーIさんの夢を見たのでした。


 スタッフ四至本君の夢

[CAST]
●Iさん
●Iさん

[STORY]
颯爽と車を走らせていた四至本君。

ふとバックミラーを覗くと、後部座席にちょこんと座っているのは
さっきまで影も形も無かったIさんです!

驚いて激しく二度見すると、アレアレ?Iさんひとりではありません。

IさんひとりではなくIさん2人です。
Iさんが2人、仲良く隣り合って座っています。

そして片方はオトコのIさんで、もうひとりはオンナのIさんです!!

 

どういうこっちゃ!???

驚いてダブルIさんの様子を目で追っていると、
どうやら2人は恋人同士の模様。

……オイオイオイオイ!コラコラコラコラ!!
人の車の中で唇と唇を近づけるんじゃな〜い!!!




 
木ノ戸の夢

[CAST]
●Iさん
●競輪の選手たち

[STORY]



競輪選手のIさんは、今まさにビッグレースに臨もうとしています。
居並ぶ強敵相手に果たして勝つことができるのか!??

号砲を合図にスタートした選手達!!
Iさん、速い、速い、スタート直後からいきなり掟破りのラストスパートです!!

ぶっちぎり、ぶっちぎり!!
圧倒的にぶっちぎってそのままゴールイン!!

・・・おお〜っとそのまま自転車を乗り捨てる、乗り捨てる!!
そして猛烈に走り出す、走り出す!!

バランスがちょっとおかしい、おかしい!!

右手でおしりを押さえているからだ、いるからだ!!

トイレへ駆け込む、駆け込む、さあ間に合うか、間に合うか!??

間一髪、間一髪、間に合った〜〜〜!!!


ジャ、ジャジャー・・・・・・


先程までのスピード感が嘘のよう。
Iさんは悠然と洗面台に近づき、涼しい顔をして手を洗いました。



木ノ戸


あんたらしょうもない夢見過ぎ…

↓↓↓ クリックしておくれやすグッド
人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
| 夢みるスウィング | 16:31 | comments(0) | trackbacks(0)
私を鍼に連れてって


首が凝ってしゃあないので、久しぶりに鍼を打とうと思い立った。

鍼は当たりはずれと言うか、相性もあるので自分に合ったところを見つけることが重要だが、
今回はココでいいや!!と、たまたま目に入ったオンボロの看板を掲げた
オンボロの鍼灸院に入ることにした。

「こんにちわ〜。」と木造の扉を開けると、12畳ほどの広さの受付兼待合室になっていて、
アレアレ?なぜか待合室なのに施術中のひとがお尻丸出しで横たわっているではないか。

鍼を打っているのは100を越してるんじゃないか!?というお婆さんで、
きっともの凄い達人なのだろう、お弟子さんと思しき4、5名の
これまたいい年のお婆さんたちにグルリと周りを取り囲まれている。



達人は恐らく盲目、スウィング沼田君バリに眉間に皺を寄せながら、
研ぎ澄まされた手指の感覚だけを頼りに施術を行っているようだ。
真剣な面持ちのお弟子さんたちは、達人の“技”を少しでも学びたい、盗みたいと必死なのだろう。

昔、祖母に聞いたことがある。
鍼の達人は人を治すこともできれば殺すこともできるのだ…、と。



「ちがう、ちがう、ちがう!!」

「もうちょっと右!!、右!!・・・ああ、ちがう!!!」



ス、スイカ割り!??

…お弟子さん達の大騒ぎがはじまったとき、僕は自分の目が節穴だったことに気づいた。

このお婆さん。
確かに昔は達人だったのかも知れない。

けれど今は額に尋常じゃない汗をかきながら、
患者の腰の辺りをただオロオロ、ウロウロしているだけでなないか。

しかもお弟子さんたちは口々に好きなことを言っているのものだから、
一体誰の言うことを信用していいものか分からない。

可哀そうにすっかりパニくってしまった達人風・お婆さんは、
もうほとんどヤケクソ…、エイヤー!!と、横たわる患者の右の尻に思い切り鍼を突き刺した。



「イッタ!!痛い痛い!!

そこケツや!!!」



な、なんと!??
叫び声をあげた患者はXLさんではないですか!!!



あんた、何で待合室でお尻出して、見知らぬお婆さんに鍼刺されてんのよ!??
でも、まあ、とりあえず血を拭いた方がいいと思うよ…。

XLさんの右の尻からは、二股に分かれた可愛らしい噴水のようにピピピと血が噴き出していた。

木ノ戸


この季節。宝が池のウォーキングがとっても快適です。

↓↓↓ クリックしておくれやすグッド
人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
| 夢みるスウィング | 19:59 | comments(0) | trackbacks(0)
Q IN MIYAZAKI.


びゅびゅーん!!と飛行機に乗って一路、九州・宮崎県。

Qさんはあらかじめ調査済みの目印、「あわしま堂」を難なく見つけると、
2階にある社宅に向かった。



あらかじめ調査済みの苗字が書かれた表札の前で立ち止まり、
迷わずベルを鳴らす。


「はい。」


予定通り。
あらかじめ調査済みの女性・フミさんが扉を開けて顔を見せる。


  「あのー、き〜先生の友だちの方ですか?」


「き〜先生??」
   
  
  「スウィングの木ノ戸さんの友だちの方ですか?」


「え?あ、はい、そうですけど……」


  「それでは上がらせていただききます。」


「いや、あんた“それでは”って…。あれ!??ひょっとしてQさんですか!??」


  「そうです。」


「あの何でここが?……っていうか何でここに!??」

  
  「目印があったんで分かりやすかったですよ。」


「いや、そういうことじゃ無くって…。」


  「じゃ、上がらせていただきます。」



ふふふ、困っているな。
だってき〜先生の電話番号は変わったんだもの。

慌ててき〜先生に電話をかけるフミさんを、
Qさんは余裕たっぷりの表情で見つめていた。





「Qさんをあんまりブログに出さないでくれないかな?」

宮崎に住む小学生時代の同級生・フミちゃんは、
受話器の向こうで笑いながらこう言った。

理由は上の通り。彼女が見た夢。
なぜかQさん目線で再現してしまったが、
かなりうなされながら目が覚めたそうだ。

その名は“Q”。…恐るべし。


昨年夏、20年前に埋めたタイムカプセルの開封を機に交流が復活し始めた、
小・中学校、9年間を共にした懐かしの同級生。

あっっっ!という間に三十路突入。
結構なおっさん、おばはんとなったたくさんの旧友たちが、
メールをくれたり、会員になってくれたり、夢を見てくれたり、
今、スウィングを応援してくれている。


とてもとても嬉しい。


さて、今度はQさんをどこに派遣しよう??

木ノ戸


最近は詩作にハマっているQさん。

↓↓↓ クリックしておくれやすグッド
人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
| 夢みるスウィング | 13:59 | comments(0) | trackbacks(0)
imagine


想像してごらん

ぜんぜん親しくないっていうか、
むしろ気が合わないことだけははっきりしている、
大勢の飲み会に行くと必ず顔を合わせる苦手な知人と延々いっしょ!!
…というシチュエーションを。

想像してごらん。

広い病院の待合室の長椅子でよりにもよってバッタリ隣同士…。
ひきつった笑顔を交わしあい、ただただ間をもたすためだけの
終わりの見えない白々しい会話をダラダラと続けて、あぁしんど…。

想像してごらん。

せめて「じゃ、お先ですぅ〜!」と別れてホッとしたいところなのに、
なぜか病院を出るタイミングも帰る方向もいっしょで、
やむなく自転車で並走しながら、やっぱり当たり障りの無い、
しかし探り合うかのような気ばかり使う会話を続けながら、
やっぱりこのひと合わへんわぁ…っていうか嫌い!と何度も何度も再確認。
会った時よりも確実に関係も気分も悪くなっていく…。


…あまりにも恐ろしい悪夢だった。

ぜんぜん親しくないっていうか、
むしろ気が合わないことだけははっきりしている、
大勢の飲み会に行くと必ず顔を合わせるあの知人のことが、
ますます苦手になりそうだ…。

木ノ戸


お昼休み。眠いIさんとしょう油。

ランキングに投票して下さい!
人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
| 夢みるスウィング | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0)
AD2009 ネオ京都
ある日のスウィング。

さっきまで元気におしゃべりをしていた西谷くんが、
急にお腹を抱えて苦しそうにうめき始めた。

ちょっと尋常じゃない様子だ。

「誰か救急車!!」

そう叫んで周囲を見まわすと、
なぜか教室には僕と西谷くんしかいない。

僕は急いで119をダイヤルするが、
今度は受話器の向こうの澄ました野郎が、
「申し訳ありません。会員様じゃないとお車はお出しできません。」と、
意味の分からないことを抜かしやがる。

「いつからそんなことになったんだ!?」と、
イライラしながら西谷くんに目を向けると、
さっきまで転げまわっていた筈のNTさんが、
なぜかクラウチングスタートのような格好をしているではないか。



僕は受話器を耳から離し、ポカンとNTさんの様子を見守った。

すると、西谷くんのおしりがブルブルと震え始め、
今度はズボンがどんどん膨らみ始め、
そして次の瞬間、もうとてつもなく大きな、
まるでAKIRAがネオ東京を壊滅させたようなが、
大炸裂したのであった。



窓ガラスという窓ガラスが一瞬にして割れ、
爆風に吹き飛ばされた僕は、問答無用に壁に激しく叩きつけられた。

…NTさんは無事か??

痛みに顔を歪めながら何とか“爆心地”に目をやると、
そこにはスッキリとした顔に、ニヤリと照れ笑いを浮かべて
こちらを見つめる、西谷くんの姿があった。

安心した僕は、プーッ…と小さな小さな屁をこいた。


木ノ戸


宝が池ウォーキング。それぞれのペースで歩きます。


NTさんも快調。


喧騒が走り抜けていきました。小学生のマラソン大会。


運動後のクーリングダウンもばっちりだぜ。

ランキングに投票して下さい!
人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
| 夢みるスウィング | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0)
内海好江師匠 vs. 沼田亮平
2階でひとりデスクワークをしていると、
階下から新人メンバー内海好江師匠が、
興奮した様子でまくし立てるのが聞こえてきた。



故・内海好江師匠。

確か好江師匠はほかの面々と一緒にウォーキングに行っていたはずだ。
(最近のスウィングは運動不足や肥満改善の為、
山登りやウォーキングなどに力を入れているのだ。)

一体どうしたのだろう?と1階に下りると、
好江師匠のまるで機関銃のような罵詈雑言は、
どうやら沼田君に向けられているらしい。

沼田君は沼田君で、
「師匠だからって特別扱いはできませんから!」などと、
これまた興奮した様子で言い返している。

状況がうまく掴めぬまま、2人とも落ち着きましょうと仲裁に入り、
とにかく好江師匠には2階の相談スペースに来ていただくことにした。

ピンと背筋を伸ばして椅子に座った好江師匠は、
少し落ち着きを取り戻した様子で淡々と語る。

毎日の散歩コースにお気に入りの和菓子屋がある。
あたしゃ、いつもそこに寄ってお饅頭を買って食べるのを楽しみにしているのに、
今日は沼田君があんまり先先歩くので寄ることができなかった。
年寄りの数少ない楽しみなのにあんまりじゃないか。

…というのだ。

僕は好江師匠が散歩を楽しみにしていることをとても嬉しく感じながらも、
病気の都合なんかでお菓子とかあんまり食べちゃいけない人もいるから…
一緒に歩くメンバーによってはご遠慮いただく場合もあるかと思います…
と、丁寧に説明した。

すると好江師匠は「そういう事情がありましたか…」と、
すぐに神妙な面持ちで納得され、少しの沈黙の後、
「沼田さんを呼んでいただけますか?」と、ハッキリとした口調で言った。

…そうしてまだ憮然とした表情を浮かべた沼田君がやって来ると、
師匠はすっと椅子から立ち上がり、

「先程は言い過ぎました。大変失礼いたしました。
明日もよろしくお願いします。」

と、深々とを頭を下げたのだった。

…沼田君の表情が見る間に緩み、今度は一転恐縮した様子で、

「こちらこそちゃんと説明すべきでした。
大きな声を出してすみませんでした!」

とこれまた師匠以上に深々と頭を下げた。

顔をあげた2人は、互いに安心したような、
少し照れ臭いような、とてもいい表情を浮かべている。

なぁ〜んか喧嘩してちょっと仲良くなった感じぃ?
僕はホッと一安心しながらも、そんな2人を少し羨ましく思った。


木ノ戸


先日ボウリング大会の模様でやんす。


初の“ガターあり”はこんな感じでやんす。


こ、こんな感じでやんす。


ガタガタや〜。


だめだこりゃ。


仁王立ちで厳しい視線を送るKさん。


“ガターあり”でも大活躍したスウィング賞(MVP)のNTさん。

ランキングに投票して下さい!
人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
| 夢みるスウィング | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0)
食べ盛りの憂鬱
4つ離れた兄とふたり、なかよく銭湯に行きました。

つい数年前までは男兄弟特有の距離感といいますか、
話をするのにも、なんだかモジモジしちゃっていましたが、
お互いもう照れてるような年ではありません。

脱衣所で服を脱ぎ捨てると、何やら兄の視線を感じます。

…どうやらぼくのお腹のあたりをガン見しているようです。

銭湯といえば、むかしはいろんな人のオチンチンの様子を
観察したりしていたものですが、
最近もっぱら気になるのは「腹」です。

ビールっぱら、メタボばらを見つけては安心し、
引き締まったお腹を見つけてはちょっとへこんだりするのです。

どれどれ、お兄ちゃんもえらいことになっとるやろなあと、
兄のお腹を見返すと、…あらヤダ!引き締まっちゃってるじゃないの!!

ぼくは反射的にヘルシア緑茶のCMの香川照之のようにお腹をひっこめ、
そろり…と視線を兄の顔に映しました。

すると兄の顔にはニヤニヤニヤニヤ、
意地の悪い、最高にいやらしい笑いが浮かんでいたのです…。



…僕は寝汗をたっぷりかいて目を覚ました。

寝苦しい晩。
気になるヘソまわり。
そして兄への根強いコンプレックスがこんな夢を見させたに違いない。

最近のぼくはといえば、30超えて生まれて初めての食べ盛り。
タバコをやめた影響もあるだろうが、おいしいもんいっぱい食べた〜いハート
と、まるで20代のOLみたいな気分なのである。

このままじゃいかん!ジョギングをはじめよう!と、
ウェア、シューズなどなど揃えて早数ヶ月。

ますますこのままじゃいかん!!

木ノ戸


電気屋さんに血圧計を買いに行ったついでに…


こんなのに乗ったところ…


笑顔があふれました。

ランキングに投票して下さい!
人気ブログランキングへ ブログ王ランキング
| 夢みるスウィング | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ランキングに投票してください!!
人気ブログランキングへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE