Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
「おにぎり」という引力

 

朝からいい感じに曇り、時折小雨がパラパラするという ― 余りに暑すぎるこの夏にしては ― 申し分のない気候に恵まれた「第118回ゴミコロリ」。それでも蒸し暑さの中、ダラダラ汗を流しながらゴミ退治に励んだ約90分は、ゴミコロレンジャーたちの体力をジンワリと奪い、とりわけ一服してお昼ご飯を食べた後は、スウィングのあちらこちらから「眠い、眠い」の声が聞こえる。

 

「眠い、眠い」どころかソファで爆睡しているのはゴルゴである。無理もない。「ゴミコロリ」を終え、スウィングに戻ってきたときの表情はまるでゾンビのようだった。そこへ腹いっぱい大好きなお昼ご飯を放り込んだのだから、そりゃあもう、よだれ垂らしてグーグー眠ってしまっても仕方がない。

 

 

そんな体力不足のゴルゴをよそに、疲れも見せず画用紙に向かっているのは(この日、「コロレスラー」としてデビューを飾った)XL氏だ。珍しく色鉛筆を手にし、依頼された似顔絵を軽快に描き進めている。が、やがて手を止め、周囲をキョロキョロと見回す。まるでお友達のリスを探すクマのようだが、きっとそうではないのだろう。「なんか探してんの?」と気をきかせた西川くんが声をかけると「鉛筆削りは?」とXL氏。なるほど、リスではなく鉛筆削りか。えーと、鉛筆削り、鉛筆削り。あ、あそこ、あそこ。

 

 

 

 

「そっち。『おにぎり』みたいなやつ」

 

 

 

…すると!!! 

「あっちか」と席を立つXL氏とほぼ時を同じくして動き出したのは、爆睡していたはずのあの男である!!! 

その男・ゴルゴ、眠そうな表情を浮かべながらも超一流スナイパーのスピードで西川くんの背後に立つ!!!

 

 

 

 

 

 

 「…おにぎり!??」

 

 

 

 

このとき西川くんの脳天を撃ち抜いたのは、揺るがし難い日本人のDNAを深く深く刻んだ男の、切ないまでの叫びだったという。

 

木ノ戸

| スウィンギン・ドキュメント | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0)
第117回ゴミコロリ

DSC_0015.JPG

 

夏を代表する花「ひまわり」。

太陽が移動することによって、花の向きが変わるということから「日廻り(ひまわり)」と呼ばれるようになったそう。ちなみに花言葉は「憧れ」「あなただけを見つめる」。

 

どんなに太陽がカンカン照りだろうが、おそれず向かっていく地元・上賀茂のちびっ子たちの「憧れ」といえばそう!

 

DSC_0001.JPG

 

ゴミブ……あれっ???

 

DSC_0007.JPG

 

ん???

 

全国、いや世界中のゴミブルーファンには申し訳ありませんが、連日の猛暑によりゴミブルーはお休み。それでも、ちびっ子のためにと久しぶりに「顔ブルー」を登場させたというわけです。暑いのはよくわかってるんやけど、カメラ向けられたら一応マスクはしっかり被ってね…。

 

はい、というわけで7月18日(水)、「第117回ゴミコロリ」実施してまいりました!

 

連日の38度越えやら、迫る「SWING EXPO」の準備やらで、今回は時間短縮・規模やや縮小で実施しました。上賀茂地域を3グループに分かれて実施、そのうち西-1エリアと北-2エリアの様子をご覧いただきます。まずは西-1エリアいってみよう!

 

DSC_0008.JPG

 

えーと、これは顔ブルーでいいのか、沼田さんでいいのか微妙なところです。顔は沼田さんで、頭にブルーなので、「沼田」の上に「ブルー」を載せて「ブル沼田」としておきます。西-1エリア大好きブル沼田さん、出発直前まで何やら勉強中。時間短縮やからルートの確認ですかね?

 

DSCF9623.JPG

 

はい、出発。あわててマスクを被ります。

 

DSC_0010.JPG

 

ね、仕事が始まればマスク完全装着。「沼田→ブル沼田→顔ブルー」の二段変身です。

まるで、1973年から1974年にかけてTV放送された、石森章太郎原作東映製作の特撮テレビ番組「イナズマン」のようですね。

えっ⁉ 知らない? 主人公が「サナギマン」から「イナズマン」へと二段変身するやつですよ。

 

9bad9b43215c.jpg

 

これね。ちなみに、イナズマンは蝶をモチーフにデザインされているため、サナギから蝶への羽化をイメージし「サナギマン」が生まれたと思われがちであるが、実は超能力の「超」と「蝶」をかけた言葉遊びからのアイデアのようです。ちなみにちなみに「サナギマン」は激弱です。

 

DSC_0013.JPG

 

そんな激弱サナギマンとは違い、顔ブルーは怖いもんなし。

お巡りさんを前にしても堂々としています。

 

DSC_0017.JPG

 

ゴミブルーの認知度は高いのですが、まだまだ顔ブルーは知られてないようです。

夏場だけの限定キャラだから仕方ないですが……完全に後ろ指差されてます。

 

DSC_0020.JPG

 

こどもたち、顔ブルーもよろしくね!

こどもたちに見送られ、意気揚々と出発するも…

 

DSC_0029.JPG

 

何せこの日の最高気温39度…。

午前中とはいえ、どえらい日差しと熱波が全身に降り注ぎます。

 

DSC_0027.JPG

 

ゴルゴ大丈夫?

 

DSC_0032.JPG

 

少し進んではこんな感じ。

他の人もさぞかし暑さでまいってることでしょう。

 

DSC_0031.JPG

 

えっ⁉ うそっ⁉ なんでそんなににこやかに、涼しげにコロれるの?

ちなさんの笑顔に元気をもらい、気を取り直してコロリます。

 

DSC_0033.JPG

 

はい、大物GET!

 

DSC_0035.JPG

 

そうちゃんは休憩のため、コンビニに来ても大真面目。一生懸命コロリます。

 

DSC_0042.JPG

 

こんなとこにも吸殻が…

 

DSC_0043.JPG

 

ここもそうちゃん出動! 

ファミマのためにここまでやるそうちゃんに、ファミマさんどうかアイス1年分を進呈してあげてください。

 

DSC_0045.JPG

 

えーと、ここはたしか…

 

DSC_0051.JPG

 

そうやった、そうやった! 美味しいスムージーショップ「Paso」さん。今回も挨拶がてら顔を出したようです。

 

DSC_0050.JPG

 

って、本当に顔出しちゃったんやね。

 

DSC_0046.JPG

 

「こんなにポイント溜まりました〜」って、出発前に見てたのひょっとして…

 

DSC_0007.JPG

 

出発前から楽しみにしてたんやね……。

 

DSC_0054.JPG

 

「Paso」さんの店内で涼めたことで、みんな体力・気力ともにちょっと回復です。それにしても、お2人さんほぼ同じ格好やね。違うところは、靴の色と被ってる帽子の数ぐらいかな。

 

DSC_0052.JPG

 

そうちゃん、斬新な被り方。

39度の日差しにはこれぐらいがちょうどいいのかも。

 

DSC_0056.JPG

 

ゴルゴも元気出てきたみたい。

それにしても袋がパンパンだね、たくさんコロったね。

 

DSC_0058.JPG

 

…………いつの間に。

 

DSC_0060.JPG

 

ゴール目前、沿道の観衆に迎えられラストスパートです。

 

DSC_0064.JPG

 

はい、お疲れ様でした。

ではでは、続きましてサラッと北-2エリアの様子をご覧いただきます。

 

DSCF9604.JPG

 

こちらのグループには、今いちこどもたのハートを掴みきれていない「コロレスラー」のお2人が。

 

DSCF9605.JPG

 

うたちゃん家へのイタズラは顔ブルーが担当します。まだまだ知名度の低い「コロレスラー」がこれをすると、パトカーがやってきてお巡りさんとの場外乱闘がはじまっちゃいます。

 

DSCF9609.JPG

 

グラサンのちょっと怖そうな人はゴミマスクさんとコロさんの付き人をする若手レスラーではありません。顔ブルーになるか、命をとるかで「命」を選び、久しぶりに素顔でコロる京一さんです。

 

DSCF9607.JPG

 

Qさん、何やら真新しい火バサミを使い格闘しております。この火バサミはスウィングが登録しているゴミ拾い・環境イベントポータルサイト「BLUE SHIP」にて西川がコツコツとゴミコロリの様子を報告し続けGETした代物でございます。もしよろしければこちらもご覧ください。 →

 

DSCF9610.JPG

 

畑にゴミが。

 

DSCF9611.JPG

 

さすが! 身軽な顔ブルーが見事にコロリ! 「グッコロ(Good CORORI)」です!!

 

DSCF9613.JPG

 

続けざまに「グッコロ(Good CORORI)」です!!

 

DSCF9614.JPG

 

それにしても、顔ブルーの活躍ばかりが目立ちます。

…コロレスラーはちゃんとコロってんでしょうか?

 

DSCF9617.JPG

 

失礼しました。ゴミマスクも畑のゴミに果敢に挑戦しているようです……が、それそんなにグーンって手伸ばさないとコロれんかなぁ? お尻そんなに突き出す必要あるんかなぁ?

 

DSCF9618.JPG

 

コロれたのはよかったけど、「グッコロ(Good CORORI)」かと言われると微妙です。

…それにしてもどういうポージングなんですか?

 

DSCF9621.JPG

 

Qさんも畑ゴミに挑みます。

 

DSCF9622.JPG

 

が、直前に奪われます。京一さん、渾身の「秘技! 横取り!!」炸裂です。

 

DSC_0066.JPG

 

はい、時間30分短縮したにも関わらずこんだけコロれたら上出来です!

続きまして、支部の皆さんからの報告をお届けします! では、ご覧ください!!

 

 

【京都/西山ケミックスさんからのゴミコロレポート】

KES201807.jpg

今月は先月雨でできなかった会社周辺のゴミ拾いをしました! 朝とは言えとっても暑いので、時間を短縮して行いました。

 

 

西山ケミックスの皆さん、お疲れさまでした!

 

夏…。始まりました「全国高校野球選手権大会」。今年は第100回の記念大会のようです。

高校球児たちが聖地・甲子園で白球を追いかけ、汗と泥にまみれ、熱い戦いを繰り広げております。昨年100回の記念大会を終え、さらなる進化を見せるゴミコロリ。ここ、聖地・上賀茂で私たちといっしょに汗をかきかき、拭き拭き、ゴミを追いかけませんか?

 

DSC_0067.JPG

 

「ゴミコロリ」に賛同し、ともに「ゴミコロリ」を行ってくれる団体さん(ゴミコロ支部)随時募集中!  …は変わらずなのですが、今年度より個人様でも「ゴミコロ支部」になっていただけることとなりました。2014年4月にスタートし、約3年間続いた今はなき「その場でゴミコロリ in Facebook」。今でも個人でコツコツとコロってくださっている方もいるかもしれませんから! というわけでちょっと新しくなった「ゴミコロ支部」募集の詳細はこちらをご覧ください! →

 

次回「第118回ゴミコロリ」は直前ですんません! 明日8月15日(水)の開催です! 参加希望の方は担当・西川までご連絡ください! 

→MAIL:nishikawa@swing-npo.com

 

町に溢るるゴミある限り、我らの戦い終わりなし。

拾うはゴミでも心は錦、見た目は青でも心は真っ赤。

嗚呼、さすらいのゴミ野郎、 嗚呼、我らゴミコロレンジャー!

 

(西川)

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0)
ミラクル・ハンバーグ・エアー

 

忙しなく雑務を終わらせ、「親の年金をつかってキャバクラ SWING EXPO」へと向かう車に乗り込む。 隣にはゴルゴ。昼休みの直後だというのに、もう「ああ、お腹すいた〜」と連発している。どうなってんねん、お前の腹は…。おれはお昼ご飯、まだ食べてもいないのに…。ひとりで長時間ギャラリーに在廊し、訪れてくれる方々をご案内するのは割と体力を使うものだ。コンビニに寄り、手早く「重め」のパンを2つ購入する。そしてもうお腹がすいているゴルゴには悪いけれど、慌ただしく、そしてお行儀悪く、車内でそそくさと食べはじめる。

 

 

 

 

「ああ! 美味しい!!」

 

 

 

あれ? 心の声が漏れ出た? …いや、そうではない。この声は(明らかに)隣に座っているゴルゴだ。食の達人・ゴルゴ、なんと匂い立つ「エアー」をムシャムシャ食べながらご満悦の表情を浮かべ、歓喜の声を上げているのである。すごい! すごいぞ! ゴルゴ! なんも尊敬できんけどなんかすごいぞ!

 

 

 

 

「幸せ!! ハンバーグ美味しい!!!」

 

 

 

ん? ちょっと待ってよ、ゴルゴ。おれが今、食べているのはハンバーグじゃなくってツナポテトサラダですけど? …いや、そうか、分かったぞ。食のアーティスト・ゴルゴ、「ツナポテトサラダ・エアー」を恐らく自分が今、いちばん食べたい「ハンバーグ・エアー」に脳内で強制変換し、幸福度を格段にレベルアップさせているのだ。すごい! すごいぞ! ゴルゴ! なんか悲しいくらいにすごいぞ!

 

類まれな想像力(というか食欲)で、嗅覚と食の常識を更新し続ける男・ゴルゴ。

現在、リアルに食生活の改善に取り組んでいる…。

 

木ノ戸

 

「親の年金をつかってキャバクラ SWING EXPO」京都展は8月12日(日)までです!

| スウィンギン・ドキュメント | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0)
あなたは何を諦め、生きてきましたか?

撮影:成田舞/「親の年金をつかってキャバクラ SWING EXPO」より

 

京都に「あきら幼稚園」という名の幼稚園があります。その「あきら幼稚園」のバスをね、送迎のときにね、よく見かけるわけです。そうするとね、毎度おなじみGさんはね、こう言うんです。

 

 

「ほれ見い。『あきらめ幼稚園』て書いてあるわ」

 

 

「あきらめ幼稚園」て…。そんな哀しい名前の幼稚園があるわきゃないでしょう。確かにときに「諦め」は肝心だけれど、そんな深すぎる幼稚園、子どもが行く場所じゃないでしょう。「諦め」じゃなくって、あ・き・ら。「あきら幼稚園」ですよ。

 

 

「『あきらめ幼稚園』、どこにあんのや?」

 

 

…とまあ、やっぱりさっぱり聞いちゃいねえわけです。このまま話してても仕方ないんでね、疲れるだけなんでね、ドライバー西川くん、さっさと見切りをつけて、Gさんの「文脈に合わせる」というのをやるわけです。この場合はこうです。

 

 

「Gさんも子どものときに諦めたことあるんですか?」

 

 

するとGさん、ぼんやりとね、でもはっきりとね、こう答えはりました。

 

 

 

 

「人生」

 

 

 

 

なるほど!!! それでか!!!

 

木ノ戸

 

「親の年金をつかってキャバクラ SWING EXPO」京都展は8月12日(日)までです!

| THEE G | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0)
京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」@のりば多すぎ四条烏丸

 

発達しているばかりに、なんだかとってもややこしいことになっちゃってる京都市バス。その路線・系統をなぜか丸暗記しているQ&XLの驚異のバス力を駆使し、世界各地から京都を訪れる観光客やお困りの方にベストな行き方、乗り継ぎをご案内するヘンタイ記憶パフォーマンス、京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」。このアヤシイ活動は7月31日(火)に京都「同時代ギャラリー」にて開幕した「親の年金をつかってキャバクラ SWING EXPO」でも大々的に取り上げており、Q&XLのほぼ等身大パネルと記念撮影ができたり、これまでの行き先案内から勝手にベスト5を決定してその案内用紙を展示したり、とっても愉快なコーナーとなっております。ぜひぜひご来場ください!

 

 

さて、そんな風に展示しちゃったりできちゃったりするのも、(毎月1度ではあるが)地道な積み重ねの成果なわけで、ここではもうひと月以上前、去る6月25日(月)に実施した「四条烏丸」編をお送りする。…が、四条烏丸はじぇんじぇん観光地ではないのでご存知ない方も多いのではないかと思う。京都の繁華街と言えば「四条河原町」が有名だが、その四条河原町から賑やかな四条通りを西へ6、700m行ったところ、南北を貫く烏丸通りと交わった地点が四条烏丸だ。京都を代表する都会的な地域ではあるが、四条河原町と比較するとオフィス街の趣が強く、少し落ち着いた雰囲気が漂っている。で、今回、なぜそんな四条烏丸に行くことになったかと言うと、もう昔すぎて記憶が曖昧になってしまったが、ここから出る「バスの多さ」、そして「のりばの多さ」がずっと気になっていた…というのが大きな理由であったと思う。

 

 

ほら、ね。こんな感じ。ABCDEFGて…。ヤバいっしょ?

 

 

しかしながらじぇんじぇん観光地ではない四条烏丸。「迷い人」がいてもほとんどが日本人だろうし、そもそもそんなに「迷い人」なんていないかもしれないという推測を胸に、とりあえず7つある「のりば」の中でも最も多くのバスが経由する「D&Eのりば」に陣取ることとした。そうそう、今回から夏の装い、ポロシャツの登場である。春秋冬用のスウィングトップと同じく、美馬智くんがデザインしてくれたもの。(今回の同行も、そして写真も)ありがとう!

 

 

…「D&Eのりば」。…さらになんだかややこしい。パッと見、デカくて長〜い「のりば」に見えなくもないが、手前が「Dのりば」、間ちょっと挟んで奥が「Eのりば」と分かれているのである。う〜ん、どちらとも決めかねる。というわけで「平安神宮とかそのあたり編」で取った布陣を応用してみようじゃないか! 

 

 

これね。2つある「平安神宮」の出口にQ氏とXL氏が分かれて陣取り、「迷い人」が現れたほうにダッシュで駆け寄るというバカ丸出しの布陣ね。ま、けれど、この規模を思えばそんな大したことはない。

 

 

XL氏が「Dのりば」に立ち…

 

 

「Eのりば」にQ氏が立つ。はい! これで完了! さあ来い! 複雑な京都市バス網に翻弄される、迷える子羊たちよ!

 

 

 

はい! 来た! まさかの知り合い! 佐藤くん! 松尾橋? なに? 別に迷ってない? 

「Eのりば」から「3」で一発! はい! いってらっしゃい!

 

 

ちなみに「Eのりば」からの行き先はこんな感じ。ふむふむ。出るバスは多いが、メジャーな観光地はそれほど多くない。

 

 

一方の「Dのりば」は? お、「二条城」とか「金閣寺」があるね〜。見た感じ、こっちのほうがニーズ高そうね。

 

 

と思ったら、「Eのりば」に「迷い人」来たよ、来たよ〜。なに? 「北野天満宮」? なかなかシブいとこつきますな〜。えっとね、「北野天満宮」にはね、「203」に乗ってね…とか言うてる間に「Dのりば」担当・XL氏の「来た! あっち!」の声!

 

 

ほいほい、こっちこっち。我らを信じてこっちこっち。

 

 

はい、「急行101」ね! スマホには出てないかもしれないけど確実に行くからね! ちなみに京都市バスは通常、「後ろから乗って前から降りる」のだが、この場合のように車内がチョー混雑しているときは「前乗り/後ろ降り」もOKになったりする。

 

 

お、今度は日本人の「迷い人」。なに? あなたたちも「北野天満宮」?? どしたんや、今日は??? …と思って調べてみたら、なんとこの日、6月25日はご祭神として祀られる菅原道真公のお誕生日!!! そしてよく知られる「天神さんの日」だったのだ。やっぱり「人の流れ」というのはこんなところにも現れるものなのね。…あ! 本数めっちゃ少ない「55」が来ましたよ! 1時間に2本しかないんよ! ラッキーよ! さあ、乗って乗って!

 

 

お次は「銀閣寺に行きたい」というこの方(日本人ではなく海外の方)。うむ。これは明らかな「のりば」間違い。across the streetして、「Fのりば」から「203」または「32」に乗るようご案内する。…しかしQ氏、なんかず〜っと、だら〜んとしてますな。

 

 

右の人とえらい違いやで…。まあ、今ほどじゃなくても、こんときの気温も35度…。相当暑かったからね〜。

 

 

お、遂にご活躍の時間、到来やん。こないだ熱烈に応援する天理高校が負けて、スウィングで大荒れに荒れて八つ当たりしまくってたんは黙っとくからしっかりお願いしまっせ!

 

 

なんや、なんや???

 

 

どしたん、どしたん??? …てか「巻き込み力」がえげつないな!!!

 

 

お次はXL氏のもとへ現れたこの方から「大徳寺まで行って往復したいが1日乗車券とどっちが安いか?」という質問をいただく。京都市バスの運賃は基本230円。往復で460円。一方、1日乗車券は600円(2018年3月より値上がりしました)。「1日乗車券買うと損です! 普通に乗っちゃってください!」「ほんまか! おおきに!」。

 

 

続いては「二条城」に行きたいという「迷い人」。今! まさに停車した(XL氏が見つめる)この「急行101」に乗ってもらえばいいのだがコミュニケーションが間に合わず…。しかしこの後すぐに「12」がやって来たので結果オーライであった。

 

DSC_0155.jpg

 

あいよ! どんどんいきましょ! お次は「京都駅」へ行きたいという「迷い人」!

 

DSC_0157.jpg

 

オー! ノンノン! ココハチガイマスヨー! 「Fノリバ」チャウクテアッチノ「Bノリバ」デスヨー! …ではなかなか伝わらないので地図を書いて渡すことにする。

 

 

こんな感じに。グッジョブ。

 

DSC_0174.jpg

 

さてさて、灼熱の太陽のもとで頑張ってきたがもう限界。最後と決めたこの方たちは「八坂神社」へ行きたいらしい。ここから決して遠くはないのだが、ちょっとだけややこしい。

 

DSC_0195.jpg

 

まずはやっぱり「のりば」が違います。ここ「Dのりば」からacross the streetして、「Fのりば」にgoしちゃってください。ほんでもって「12」か「46」か「201」か「203」か「207」にget onしてください。…ってmanyすぎるわ! というわけでQ&XL氏のmemoryにもとづき「207」をrecommendさせていただいた(reasonは忘れた)。

 

DSC_0144.jpg

 

以上、今回もなかなか盛り上がったように見えなくもないが、実際のところはここ四条烏丸でバスを待つほとんどの人が、ちょっと街中に遊びに出てきて「暑おすな〜、ほんまに。早よ帰ろ」といった感じの京都マダムたちだったようだ(そしてその多くは近くにある「大丸・京都店」の買い物客と思われる)。当然、皆さん、乗るバスは熟知しておられ、ゆえに我々が必要とされる場面もそれほど多くはなかった(ま、予想通り)。それどころか久しぶりに「なんで、こんなことしてはんの?」とド直球の不信感を露わにされたりもした。このような場合、どんなに言葉を尽くして説明しても「ああ! なるほどね!」となることはまずない。つまり「あなたたちはアヤシイ」という決めつけは動かし難く、また一方で「私たちはアヤシイ」という予感(?)は僕たち自身の中にも確実にあるのだ。しかし、この「アヤシイ」は一体どこから来るのだろうか? やっていることはただの親切なのだから、たぶん絶対「見た目」しかない。だとしたら「見た目で人を判断してはいけない」という、誰もが受けたに違いないあの教育は、こうした方たちにはあまり有効ではなかったということになる。…いや、果たしてこうした方たちだけが特別なのだろうか? 違う気がする。違う気がする。この日本社会は過剰に「見た目」を気にする、ものすんごく気持ち悪い社会のような気がする。そんな気が、ずっとしている。…などというマイナス思考に屈することなく! 次回、我らがヘンタイ記憶パフォーマンス、京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」は(暑すぎた7月はすっ飛ばして…)来る8月27日(月)、京のどこかに出没する。

 

木ノ戸

| 【OYSS!】京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」 | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE