Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
初夏のスウィングは狂いそう。

 

たいとくんが言う。

美味しそうにコッペパンを頬張るゴルゴの様子に触発されたのか、たいとくんが言う。

 

 

「西川さん、コッペパン好き?」

 

 

西川くん、好きかどうかよりもコッペパンの響きにじんわりと懐かしさがこみ上げる。

 

 

「コッペパンかあ、懐かしいなあ」

 

 

するとその思いに共感したのか、たいとくんがこう言う。

 

 

 

「コッペパン、どうしてるかな〜」

 

 

 

旧友か!!! 懐かしい友か!!!

 

 

 

四至本くんが言う。

仕事終わりの送迎車内、何気なくちなさんに言う。

 

 

「ちなさん、好きな食べ物ってなんなん?」

 

 

するとちなさん、間髪を入れずにこう答える。

 

 

「トマトやな!」

 

 

ウソつけ! トマト大嫌いやないか!

じゃあ、逆にこの質問はどうや?

 

 

「じゃあ、嫌いな食べ物は?」

 

 

するとちなさん、少し間をおいてからこう答える。

 

 

 

「ミニトマトやな!」

 

 

 

むふ〜!!! なんかスッキリせん!!!

 

 

かなえさんが言う。

何を言っても言わなくてもいい朝礼で、嬉しそうに言う。

 

 

「今日、本買いに行きます!」

 

 

お、いいね、いいね。でももう少し詳しく聞かせて〜な。

 

 

「何の本買うの?」

 

 

するとかなえさん、「当たり前やん」みたいな感じでこう言う。

 

 

 

「読む本」

 

 

 

誰か!!! もう助けて!!!

 

 

木ノ戸

| スウィンギン・ドキュメント | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0)
京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」@学問の神様・北野天満宮

 

う〜ん、重い…。

Q氏の鼻を2本の指でつまんで持ち上げようと思ったのだがやっぱり無理だったか…。今度は鼻の穴に指突っ込んで持ち上げてみよう。うん、それならきっと上手くゆくだろう。

 

はい、というわけでQ&XLによるヘンタイ記憶パフォーマンス、京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」。

去る4月23日(月)、「学問の神様」として名高い「北野天満宮」へと向かった(それにしても月日が経つのが早すぎる…)。

 

ところで皆さん、京都市バスの年間利用者数(「年間旅客数」というそうです)がどのくらいかご存知だろうか?

答えは2016年度実績でなんと1億3233万人。現在の日本の人口が1億2649万人だそうだから、とにかくものすんごい数字である。そしてその京都市バスの中で最も乗客数が多いのが「205系統」で、その数、1日あたり約3万5000人(これ、ちょっと京都市バスに詳しい人なら「206系統」って答えがち。「206」は2番目で1日あたり約2万8000人だそう)。そしてその「205」の運行本数は臨時便やらなんやら合わせて1日300本にのぼるという。なんかもう凄すぎてついていけないが、我々のやっていることのちっぽけさを思うと共に、やっぱそれなりに意味あんじゃね? の思いも深まる。よし! なんか知らんけど今回も自信持っていってみよう!

 

 

いきなりお口半開きのQさん。お口半開きの顔半分で「BUS MANIA」てアヤシ過ぎるで、おい。でも、今回も写真カッコいいっしょ? 前回に引き続き、成田舞さんによる撮影。そして今回も同行の美馬くんは動画撮影をしてくれました。おふたり、ありがとう。

 

 

さて、「北野天満宮前」バス停はかなりシンプルな「Aのりば」「Bのりば」の2ヶ所。これなら「のりば間違いは少ないだろうな」と予想しつつ、まずは「Bのりば」へと向かう。

 

 

けど、たくさんのバス走っちゃってるねえ。でも行き先は「二条城」メインで割とシンプル。やっぱ「二条城」行きたい人、多いんやろか?

 

 

…というわけでもなく、まずはこのお2人に「晴明神社」への行き方をご案内。「203」か「急行101」か「急行102」に乗って「堀川今出川」下車、そこから歩いてすぐですよー。世界的にはマニアックな部類に入るのか、ここ「北野天満宮」に外国人観光客の姿はほぼ見られず、したがって今回ご案内したのはオール日本人であった。これは率直な経験則であるが、この活動において日本人が我々に行き先を尋ねてくることは非常に少ない。その理由は1つじゃないにしても、たぶん「同じ日本人目線で見た時、我々がとてもアヤシイから」が大きいのでは…と推測する。なので自ずと我々の方から「お分かりですか?」とか「どこ行かはりますか?」とか話しかけることになるのだが、このお2人に対してもそうであった。

 

 

しかしこのお2人、しばらく後に「晴明神社」に行った後に「下鴨神社」へ行くにはどうしたらいいですか? と尋ねてきてくださった。こういうのは嬉しい。こんな感じで信頼され、頼りにされるのってやっぱり嬉しい。「堀川今出川」まで戻って「203」か「201」に乗って「河原町今出川」で下車、そこから歩いてもまあ近いですし、「1」に乗り替えたら「下鴨神社前」っていうナイスなバス停がありますよ〜。でも「1」に乗るんなら降りたところ(同じバス停)からそのまま乗れるから「203」に乗った方がいいですよー。

 

 

やっぱりQ&XL、すごい。

 

 

そして「日本人が我々に行き先を尋ねてくることは非常に少ない」の例外が、修学旅行で京都にやって来ている中学生たちだ。もちろんその例外もたくさんあるわけだが、「やっぱり若いっていいねー。素直だもんねー」とか思ってしまう。

 

 

この子たちも。

 

 

この子たちも。

 

 

この子たちも(Qさん! お口お口!)。

 

そして彼らの行き先は揃って「スポーツの神様」として知られる「白峯神宮」。はいはい、そこにはね、「203」か「急行101」か「急行102」に乗って「堀川今出川」で降りたらすぐやで(「晴明神社」といっしょ)。しかし「学問の神様」お詣りして「スポーツの神様」お詣りしてってなんかね…。「君たちなんかスポーツやってんの?」 「いえ、やってないです」。んもう!!! なんやねん!!!

 

 

お。メガネの男性が僕の「Q氏2本指持ち上げ」に対抗したのか指1本でご自分を持ち上げようとしているけど、そりゃムリやろ。

 

 

今回、(バス案内ではないけど)地元のおじさんたちに興味を持ってもらってたくさん話しかけられたのも印象的だった。

 

 

ところでQさん、足、足。靴ヒモほどけてまっせ。

 

 

んもう、面倒くさいな〜。

 

 

って、なんでやねん。

 

 

いや、なんつーか靴ヒモの長さが根本的にね…。

 

IMG_2617.jpg

 

とかなんとか言うてる間に遂に「二条城」行きたい人やって来たよー。

 

IMG_2623.jpg

 

たくさん行く方法あるけど、やっぱこれ! これ!! 前回「二条城編」でもお伝えしたものすんごいヤツ!!!

 

IMG_2608.jpg

 

鉄板の観光地、「金閣寺」と「二条城」を結ぶスマホにも出ない謎の「二条城・金閣寺エクスプレス」!!! これがね、「北野天満宮前」を経由して「二条城」までぶっちぎりで行くわけですよー。これ絶対おすすめなんで乗ってくださいね! ね? Qさん?

 

IMG_2610.jpg

 

ぶっは!!! こっわ!!!

 

IMG_2642.jpg

 

気分を変えようと通り向こうの「Aのりば」へと向かう。

 

IMG_2684.jpg

 

「Aのりば」からは〜…ふむふむ、「金閣寺」行きたい人が多いかな? と推測。

 

IMG_2659.jpg

 

お! ここでもやはり中学生! なに? 「金閣寺」じゃなくって「嵐山」に行きたい? それならね、まずは「10」に乗って「山越中町」ってところで降りて「11」に乗り換えて「嵐山」で降りたらいいんだよ。

 

 

こっちでも地元のおじさんとの会話が。どうも、どうも。

 

 

「Aのりば」はもひとつ盛り上がらなかったので再び「Bのりば」へ。はい、この指差しが出ている時はご存知、のりば間違い。2つしかなくってもやっぱりあるんやねー。はい、「金閣寺」へは向こうの「Aのりば」から「急行101」か「急行102」に乗ってください。

 

IMG_2775.jpg

 

はいはい、お次は「四条烏丸」ですね? え〜と「四条烏丸」は〜…ん? Qさん?

 

IMG_2775-1.jpg

 

また靴ヒモ!!! だから根本的に長さが!!!


IMG_2899.jpg

 

じゃあねー!!! というわけで超観光名所を離れ、ちょこっとマイナーな場に挑んだ今回。平日にも関わらず「北野天満宮」は大勢の人手で賑わっていたが、既述の通り外国人観光客はほとんどいなかった。当たり前っちゃ当たり前かもしれないが、ものすんごく行き先が偏ってるんだろうな、ということを改めて実感した。また、日本人観光客の多くも「北野天満宮」から「晴明神社」や「錦市場」へと向かう人が多く、この2つの行き先も、これまでの活動の中で実感してきた、突出した人気スポットである。「どうやら京都の観光事情はこんな感じらしいよ」という情報にテレビやネットを通じて触れることも多いが、やっぱりこうして自分たちの身体を通して感じるのは単純に楽しいな! と思う。

 

さて、次回の京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」は、次回っていうか本日5月21日(月)! 京都の変わった地名の代表格(?)、「出町柳(でまちやなぎ)」に出動してきたところである。案内の数自体は少なかったけれど、なんだかすっごくオモシロかったです! レポートはまた後日!

 

木ノ戸 

| 【OYSS!】京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」 | 20:25 | comments(0) | trackbacks(0)
第54回プチコロリ@嵐山

 

今年の桜は早かったですね~

あっという間に春が過ぎていきそうな5月…の一か月前。

去る4月4日、「第54回プチコロリ」を行うべく、京都・嵐山に向かいました。

 

 

今回のメンバーは、木ノ戸ブルー・京一ブルー・増田ブルー・ちゃみブルー・たいとくん・河原の6名。

ブルー多めの集団、かなり目立ちます。

 

 

子どもたち、ガン見…。

 

 

綺麗な景観の嵐山ですが、意外にもゴミはなかなか多め。

木ノ戸ブルーから京一ブルーへ…パス!

 

 

あやういところを観光バスの運転手さんが助けてくれました。

どうも、どうも。

 

 

パンツをのぞいているのでは、ありません。

川のゴミを拾い、ちゃみブルーに手渡したところです。

 

 

有名人の落し物もありました~

 

 

渡月橋をわたると…

 

 

観光客がたくさん!

 

 

大人気のゴミブルーたち。

記念写真、たくさん撮られました。

 

 

道に迷った外国人の方。

すいよせられるように(普通に)木ノ戸ブルーの元へ…。

京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」を担当する木ノ戸ブルー、迷い人を導くオーラがでているのか!?

 

 

おつかれ、木ノ戸ブルー。

 

 

今回カメラマンだった河原、たくさん写真を撮りました(整理する前は、240枚くらいあったと思う!!)。

 

嵐山で人をかきわけ、青い集団をカメラで追いかけながら、「あれ、うちの仕事って、なんだっけ?」と。仕事って、福祉って、なんだっけ? と小難しく考えてたりしました。別に答えはないんですが、今日この日がいろんな積み重ねで実現された今日であって、今日がいつかの何かに繋がってるかもしれない。そう思うととても大事な気がしたし、私の仕事はただ目の前のできることをするってことだなーと思ったりしたのでした。

 

「仕事」ってお金だけじゃないな〜。

いままで「仕事」ってものを狭い範囲で見てたな、と思う。

 

 

さて、今回コロリしたゴミはこんなにたくさん!

 

 

次回は大徳寺〜今宮神社で実施予定。

これからも「美しい京都をより美しく」すべく、京都各地に出没しますのでお見かけの際はぜひお声がけくださいー!

 

(河原)

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0)
第114回ゴミコロリ

FujinamiShintaro20170511.jpg

 

藤浪…

うぅ〜ん…ちゃうなぁ。

 

smile.jpg

 

藤波…

もっとちゃうなぁ〜。

 

DSC_0012.JPG

 

そうそう、これこれ!!

 

藤の花が風で波のように揺れ動くことを「藤波」といいます。ちなみに藤には、つるが右巻きと左巻きの二種類があり、右巻きが「フジ」または「ノダフジ」、左巻きが「ヤマフジ」または「ノフジ」と呼ばれています。

 

右投げが晋太郎、左捻りのドラゴン・スクリューが辰爾というわけですね。

 

さてさて、藤の花が満開に咲き誇る4月18日(水)、「第114回ゴミコロリ」を実施してまいりました。

上賀茂地域を3グループに分かれてコロっております。そのうち北-2エリアと西-1エリアの様子をお伝えします!

まずは北-2エリアいきま〜す!

 

DSC_0002.JPG

 

今回も楢崎さんご夫妻が前回、前々回に続き3回連続3度目の参戦!!!

しかも、今回はなんと! 三重県から娘さんも緊急参戦して下さってます!!!

 

DSC_0004.JPG

 

思う存分悔いのないようにコロってってくださいな!!

 

DSC_0009.JPG

 

はい早速、うたちゃん家でいたずら中。

全身青い人が他人の玄関先でこんだけ堂々とやってると、溶け込むというか、意外に目立たんもんなんです。

 

DSC_0008.JPG

 

ほら。

 

………

 

ご近所の方、すぐに通報ですよぉ〜。

 

DSC_0016.JPG

 

うたちゃん家の近くの公園に遊びに来ました! いや、コロりに来ました!

 

DSC_0010.JPG

 

DSC_0011.JPG

 

DSC_0019.JPG

 

「公園あるある」です。

それにしても子どもたちの脱ぎ忘れられた服、どうにかならんものですかね?

 

DSC_0020.JPG

 

たいとくん、どうした?

 

DSC_0021.JPG

 

あぁ、それね。ネコの糞尿被害を軽減する「ガーデンバリア」ね。

動物愛護の観点から超音波を使いネコを傷つけず、ネコに学習させ糞害・イタズラ等を防ぐように設計されているんです。

が、ネコの落し物は防げても、子どもの服の落し物までは防げないようです。

 

DSC_0027.JPG

 

XLさんの前にバリアが…。

隙間からなんとかコロろうと苦戦してます。

 

DSC_0028.JPG

 

そんな時はゴミブルーの出番です。どんなバリアも打ち破ります。

コロレスラーのユート・ザ・ゴミマスクも憧れの眼差しで見ています。

 

ゴミマスクさん、あなたが憧れるべき人はたぶん…

 

smile.jpg

 

こっちやと思うんやけど…。

技は技でも「ドラゴン・スープレックス」とか「ドラゴン・スクリュー」じゃなくて…

 

DSC_0192.JPG

 

「秘技! ゴミゴロリン取り!!」とか…

 

DSC_0152.JPG

 

「秘技! ストレッチ取り!!」とかに魅力を感じちゃうんやね。

 

DSC_0173.JPG

 

しっかり勉強して秘技をマスターしなくちゃね。

それにしても、コロ・ナカムラさんと山本小鉄さんを従えてなかなかの絵力です。

 

DSC_0032.JPG

 

はい、汚〜い。

 

DSC_0035.JPG

 

楢崎さん、それはもしかして!?

第102回ゴミコロリ」で生まれた秘技、「秘技! アンドリュー・ベニンテンディ取り!!」ですね。

3回目の参加にして、そんな高度な秘技を使いこなすなんてさすがです! 「グッコロ(Good CORORI)」です!!

 

DSC_0060.JPG

 

家族水入らずでゴミいらず。徹底的にコロられます。

 

それにしても…

 

DSC_0030.JPG

 

タバコの吸い殻はもちろん、タバコの空き箱や…

 

DSC_0059.JPG

 

ライターやら。

 

一部の喫煙者のマナーが悪すぎます。しっかりマナー守って喫煙している人もたくさんいるのに、こういうことする人のせいで、どんどん喫煙者の肩身が狭くなってるんですよね。

 

DSC_0071.JPG

 

おっ!? ゴミマスクが畑のゴミを発見。何やらゴミマスクとゴミブルーが言葉を交わしております。「ゴミコロリ」には「コロリケーション」が大事です。

 

ゴミブルー:「できる! 君ならできる!!」

 

DSC_0098.JPG

 

はい、できた〜!!

 

ゴミブルー、隣で力を貸してくれています。

第112回ゴミコロリ」で生まれた吸引力はダイソンを凌ぎヘビー級、「秘技! マイク・ダイソン取り!!」です!!

 

DSC_0106.JPG

 

お見事!!

 

さらに〜…

 

DSC_0183.JPG

 

ヤクルトの空容器ぐらいだったら〜…

 

DSC_0187.JPG

 

1人でもできちゃいます!!

 

ゴミマスクの成長に気をよくしたゴミブルーは意味なく特殊能力を見せつけます。

 

DSC_0125.JPG

 

わかりますか? 奥の畑でただゴミを拾ってるように見えますが、よく見てください。

 

DSC_0125 - コピー.JPG

 

小さくなって、車のボンネット上で右手1本で全体重を支え体を浮かせているんです。

本当に全く意味のない、何の役にも立たない能力です、残念。

 

DSC_0132.JPG

 

はい、かわいらしいポーチをGETです。

 

DSC_0133.JPG

 

大事に。

 

DSC_0136.JPG

 

大事に。

 

DSC_0142.JPG

 

大事に。

 

DSC_0204.JPG

 

無事に警察の元に届けました。

ここでの面白エピソードはこちらをどうぞ! →

 

長〜くなってますが、続きまして西-1エリアの様子をダイジェストでどうぞ!

 

DSCF9386.JPG

 

出発早々、保育園のお散歩組に遭遇。

子どもたちがまだ小さすぎたのか、ビックリするぐらいのノーリアクション。

 

DSCF9404.JPG

 

めげずにコロリます。

 

DSCF9391.JPG

 

DSCF9398.JPG

 

無心にコロリます。

 

DSCF9407.JPG

 

これってゴミ?

 

DSCF9411.JPG

 

「ゴ」

 

DSCF9412.JPG

 

「ミ」

 

YES! コロってください!

 

DSCF9413.JPG

 

KAZUSHIくん暴走…。慌ててゴミブルーが追っかけます。

 

DSCF9415.JPG

 

救出。

 

DSCF9420.JPG

 

KAZUSHIくん、危ないからヘルメットの着用忘れずに。

 

DSCF9422.JPG

 

守るのは頭だけでいいよ。手袋は必要ないよ。

 

DSCF9428.JPG

 

ファンサービス! 子どもか? 若い女の子か?

ひーちゃん、身を乗り出して覗いてるやん。

 

DSCF9427.JPG

 

おばさま&おじさまの集団だったのね。

老若男女問わず大人気やね。

 

DSCF9430.JPG

 

十字路で見張り中のお巡りさんにQさん、ビクッ! と足が止まります。

なんや? なんか後ろめたいことでもあるんか?

 

DSCF9431.JPG

 

この中ではいちばんビクビクせなあかんゴミブルーですが堂々としたものです。

 

DSCF9433.JPG

 

はい、あっちゅう間の2時間。こんなにたくさんコロれました!

楢崎さん、また次回も、そのまた次もご参加お待ちしております!

続きまして、支部の皆さんからの報告をお届けします! では、ご覧ください!!

 

【京都/西山ケミックスさんからのゴミコロレポート】

KES201804.jpg

4月のゴミコロリを行いました! 今月は会社周辺の草刈りとゴミ拾いを行いました。 花粉症もおさまってゴミコロリには最適な気候でした♪

 

【京都/かしの木学園さんからのゴミコロレポート】

4月ゴミコロリ2.png

4月18日(水)に今年度初のゴミコロリを実施しました! 当日の朝まで雨がパラパラしていましたが、ルートを変更しながらみんなでゴミを探しました! 地面に埋まっているペットボトルの蓋を一生懸命取ったり、大きなゴミも拾ったり… 最後にはみなさんジュースを買って、「ぷは〜」と一息つかれていました(^^) 学園に帰るまでがゴミコロリ。ジュースを飲んで学園へ戻る間も、まだまだ地面に目を向けて必死に探していました! 久しぶりの開催でしたが、みなさん楽しそうに参加されていました♪

 

支部の皆さん、お疲れさまでした!

 

みなさん、GWはどうでしたか? GWが終わり仕事や勉強、家事に身が入らないという方、多いのではないでしょうか? 「五月病」という言葉も最近やたらと耳にします。

 

そんな時こそ「ゴミコロリ」でリフレッシュしてみませんか?

 

「ゴミコロリ」に賛同し、ともに「ゴミコロリ」を行ってくれる団体さん(ゴミコロ支部)随時募集中!  …は変わらずなのですが、今年度より個人様でも「ゴミコロ支部」になっていただけることとなりました。2014年4月にスタートし、約3年間続いた今はなき「その場でゴミコロリ in Facebook」。今でも個人でコツコツとコロってくださっている方もいるかもしれませんから! というわけでちょっと新しくなった「ゴミコロ支部」募集の詳細はこちらをご覧ください! →

 

次回「第115回ゴミコロリ」は、来る5月16日(水)の開催です!

参加希望の方は担当・西川までご連絡ください! 

→MAIL:nishikawa@swing-npo.com

 

町に溢るるゴミある限り、我らの戦い終わりなし。

拾うはゴミでも心は錦、見た目は青でも心は真っ赤。

嗚呼、さすらいのゴミ野郎、 嗚呼、我らゴミコロレンジャー!

 

(西川)

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0)
アッキー、森口ゆたかゼミに行く。

歯痛のマントヒヒ/Ackey/2010.JPG

歯痛のマントヒヒ Ackey 2010

 

2010年、とあるコンクールで「森口ゆたか賞」を受賞したアッキー。画材をパステルへと持ち替え、一発目に描いた作品「歯痛のマントヒヒ」(本当は「マンドリル」の間違い…やけどそのまま!)が、いきなり賞を獲得したのだ。何せそんな風に絵を評価されたのは生まれてはじめてのことだったので(アッキーのお母さんも僕も)かなり舞い上がってしまい、わざわざスーツを新調して表彰式へと向かったのは良き思い出である。

 

 

アッキーは森口ゆたかさんをものすごく好きになり、僕も「ここに座ってらっしゃる方々はアーティストと呼ぶ以外、何者でもない存在。障害者アーティストではなく、アーティストとして生きていって欲しい」という森口さんの言葉にめちゃくちゃ感動した。

 

これを機に、森口さんとは何かとお付き合いが続いてゆくことになる。

 

P_20180419_185930_vHDR_Auto.jpg

 

森口さんの個展を観に行ったり、アッキーの絵を購入してもらったり、アッキーがなかなか踏み切れずにいた「ひとり暮らし」を後押しする応援メッセージ(ビデオレター)を寄せていただいたり。 そして森口さんはアッキーのみならずスウィングそのものにもずっと関心を寄せてくれていて、今年2月には「無印良品グランフロント大阪店」で開催した展覧会&トークイベントに来てくださり、これを機に森口ゼミ(近畿大学文芸学部文化デザイン学科)に協力してくれないか? というお誘いを受けることとなった。


そうして4月19日、(想像以上にデカかった!)近畿大学にお邪魔したアッキーと僕とあちゃみちゃん。森口研究室に飾られたアッキーの絵(名作「暑くてしんどいアヒル」)を目にし、「おお!」と興奮したのはアッキーだけではない。アッキーの絵が、スウィングが、こんなところに…。

 

P_20180419_145953_vHDR_Auto.jpg

 

この日の授業には2月のトークイベントで司会を務めてくださり、また、毎年展覧会でもお世話になっている「iTohen」の鰺坂兼充さんの姿も。うまく説明できないのだが、「文化芸術の力で社会課題を解決すること」を学ぶ森口ゼミと「iTohen」とスウィングが三つ巴になってコトは進行しており、6月29日から「iTohen」を会場に開催される(森口ゼミによる)展覧会で結実する予定なのだ(このあたり、もっと具体的になってきたら追って広報します!)。

 

授業ではいろいろな話をさせてもらったが、個人的には(アッキーの「ど忘れ力」を生かした)自分が描いた絵をアッキー自身が「何を描いたか?」当てる(ほとんど見事にはずれる)クイズや、売れっ子になったアッキーが天狗化した時に持っていたキーホルダーが天狗だったエピソードに大笑いしていた森口さんの姿がとてもうれしかった。

 

P_20180419_171912_vHDR_Auto.jpg

 

今から8年前のある日、アッキーが「マントヒヒ」(本当は「マンドリル」…)を描いた。

 

ただそれだけのことから生まれた縁が、細々と、でも着実に育まれ続け、今、若い人たちの「何か」に深く繋がりはじめている。縁というもの、時間というものの不思議を思う。

 

表現するということ。

やっぱりそれは素晴らしい。

 

木ノ戸

| Ackey Cha Cha Cha! | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE