Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
【やります!!!】トークセッション:「障害福祉」から世界を変える

 

2017年7月3日(月)午前、NPO法人スウィング(京都)にて1年ぶりの再会を果たした3人(大内・木ノ戸・鈴木)はとにもかくにも「なんかやろう!」と即決定。その後(Messengerによる)深夜の密談を繰り返すうち辿り着いたテーマは…「障害福祉」から世界を変える。相も変わらず閉塞感あふれまくりのこの時代。豊かなんだか貧しいんだか分からないこの社会。こんな世界を少しでもイイ感じに変えてゆくための突破口が「障害福祉」にあるとしたら…。本当はオモシロい(はず)のに、なんだかつまらない(ように見える)「障害福祉」を変えてゆくために、うずうずしている若い人たちに繋げる何かを残してゆくために、果ては「障害福祉」から世界を変えてゆくためにはどうすればいいのか? 我々には一体何ができて、何をすべきなのか? その一歩を踏み出すための、「具体案」を語り合う150分です。

 

…という感じのトークセッションを開催することとなりました!

 

 

「1年ぶりの再会を果たした3人」とは「福祉を変える『アート化』セミナー2017@たんぽぽの家」登壇→「ココルーム」宿泊→スウィングへと(実ははじめて!)やって来てくれた「カプカプ」の鈴木励滋さん。そして「森のキッチン」の増田靖さんらといっしょに、鈴木さん来訪のタイミングに合わせて堺から飛んできてくれた、「堺市立健康福祉プラザ市民交流センター」の大内秀之さん、そして私、木ノ戸のことです。

 

 

自分が貼ったリンクの多さにクラクラしながら先に進めますと、約1年前、「恵文社一乗寺店」にてスウィングが主催したトークイベント(展覧会「Qの世界」関連企画)に、鈴木さん、大内さん、そして「ココルーム」の上田假奈代さんをゲストにお招きしてしっちゃかめっちゃかお喋りしたのが出会い初め。それから約1年後、スウィングでただ再会するだけのはずだったのが、いつの間にやら胸躍る展開へと急速に発展したのです!!!

 

この間、Facebookをメインに参加者を募ってきたところ瞬く間に定員30名をオーバー! 現時点で80名(!)の参加が決まっております。また、参加者がドンドン増えてくるのと並行するように、こんなやり方はどうか? いやこっちの方がいいんじゃないか? と常に現在進行形で話し合いを進め、結果として会場の変更(カプカプ→ひかりが丘地域ケアプラザ・多目的ホール)とプログラムの変更を決定しました。

 

プログラムの変更とは、当初予定の「第1部」を中止し、いきなり「第2部」からはじめる! というハチャメチャな変更となります! て、簡単に言っちゃダメなんでしょうが、ここに至るにはもちろん色々なやり取りがありました。この機を単なるお祭り騒ぎに終わらせたくない! 「障害福祉」を変えるための、「障害福祉」から世界を変えるための、確実に「次へ」と繋がる時間にしたい! という強い思いからの変更になります。「第1部」を楽しみにしてくださっていた方には誠に申し訳ありませんが、ご理解のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 

さらに、いきなりはじまる「第2部」の内容にも変更あり! 当初予定の3名(大内・木ノ戸・鈴木)に加え、「スタジオクーカ」(及び「バッカーズ」)より関根幹司さん、「ハーモニー」より新澤克憲さん、「ココルーム」より上田假奈代さんが参戦! 東西3人ずつに分かれ、語り合い、知恵を絞り合うこととなりました!

 

それでは以下、本イベントの詳細を記します。 

残席はラスト5です! 参加申込みはお早めに!

Facebookのみでの参加表明ではお申込は完了しておりません。必ずMailでのお申込をお願いします。

 

 

これは「障害福祉」から世界を変えるという話。現在は主流が定めた枠内でしか何ごとも評価されず、福祉の人々もそこに疑いを持たなかったり諦めていたりするように見えます。訓練や矯正して主流の許容範囲に収めるのが職分だと勘違いしているというザンネンな障害福祉をまずは変えたいのです。その先に目指すのは、これまで価値がないかのように扱われてきた人たちのものすごさを知らしめることで、わたしたちの未熟な社会の価値観を拡げていくこと。狭い尺度の社会でしんどいのは、一部のマイノリティだけではなく、だれもが生きづらいわけです。「障害福祉」をガラッと転換していくことで、「障害者」と括られた人たちはもちろん、だれもがしんどさを緩めていける。「障害福祉」のとてつもない可能性の話でもあります(鈴木励滋)。

 

グッド 日 時:8月23日(水)18:00〜20:30

グッド 会 場:横浜市ひかりが丘地域ケアプラザ 

神奈川県横浜市旭区上白根町807-2 Tel:045-953-6890

グッド 定 員:85名(8月17日現在、残席5です!)

グッド 参加費:500円

グッド 申 込: お名前*/ふりがな*/人数*/ご所属/ご住所/電話番号*/Mailを、下記のMailまたはお電話にてお知らせください(* は必須)。

Mail:0@pop07.odn.ne.jp(担当:鈴木励滋(カプカプ)/件名を【8/23トークセッション申込】としてください)

Tel:045-953-6666

グッド 申込締切:定員に達し次第

 

Facebookのみでの参加表明ではお申込は完了しておりません。必ずMailでのお申込をお願いします。

 

グッド 第1部:西の方で「障害福祉」を変える 18:00 〜 18:50

話す人:木ノ戸昌幸(NPO法人スウィング/京都)

 

芸術創作活動「オレたちひょうげん族」、清掃活動「ゴミコロリ」、京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」など、ユニークな活動を実践するNPO法人スウィング(京都)。狭い「障害福祉」の枠を超えるオモシロ・オカシイ実践の表側と裏側について。

 

グッド 第2部:「障害福祉」から世界を変える 18:00 〜 20:30

<話す人(西)>

上田假奈代(ココルーム/大阪) 

大内秀之(堺市立健康福祉プラザ市民交流センター/大阪)

木ノ戸昌幸(スウィング/京都) 

 

<話す人(東)>

新澤克憲(ハーモニー/東京) 

鈴木励滋(カプカプ/神奈川) 

関根幹司(スタジオクーカ & バッカーズ/神奈川)

 

<な・が・れ>

\召諒で、世界を変える(上田・大内・木ノ戸/進行&聞き手:木ノ戸)

東の方で、世界を変える(新澤・鈴木・関根/進行&聞き手:鈴木)

ディスカッション:「障害福祉」から世界を変えるための、あるいは「障害福祉」を変えるための具体的な話

…ではどうする? 会場からもドンドンご意見ください! 

そ了後、「カプカプ」にて懇親会開催(参加費1,000円/要・事前お申込み)

 

グッド 話す人プロフィール

 

上田さん写真.jpg

上田假奈代(ココルーム)

1969年生まれ。3歳より詩作、17歳から朗読をはじめる。92年から詩のワークショップを手がける。01年「詩業家宣言」を行い、さまざまなワークショップメソッドを開発し、全国で活動。03年ココルームをたちあげ「表現と自律と仕事と社会」をテーマに社会と表現の関わりをさぐる。08年から西成区(通称・釜ヶ崎)で喫茶店のふりをし、2016年「ゲストハウスとカフェと庭」を開く。「ヨコハマトリエンナーレ2014」に釜ヶ崎芸術大学として参加。NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)代表。大阪市立大学都市研究プラザ研究員。2014年度 文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞。

 

NPO法人こえとことばとこころの部屋cocoroom http://cocoroom.org/

ゲストハウスとカフェと庭 ココルーム http://gcg.cocoroom.org/jp/guesthouse.html

Facebook https://www.facebook.com/cocoroom/

 

20289862_1448919555188516_1244367730_n.jpg

大内秀之(堺市立健康福祉プラザ市民交流センター)

1979年生まれ。高校時代より福祉の世界を志し、大学卒業後に社会福祉士になる。高齢者福祉施設、菓子メーカーを経て、現在堺市内の障害のある方々の公募展や個展などのイベントを企画・運営している。また、プライベートでは車いすバスケットボールの選手でもある。

 

Facebook https://www.facebook.com/profile.php?id=100002114561743

 

kinoto (2).jpg

木ノ戸昌幸 (スウィング)

1977 年生まれ・愛媛県出身。立命館大学文学部日本文学専攻卒。NPO法人スウィング理事長。NPO、演劇、祇園のスナック、遺跡発掘等々の活動・職業を経て、「毎日笑えるよ」という友人の勧めで障害のある人に関わる仕事に就く。2006 年にNPO 法人スウィングを立ち上げ、「障害福祉」の枠を超えた創造的な取り組みを通して、社会を変えてゆきたいと願ったり願わなかったり。黄色が好き。でも青も好き。

 

NPO法人スウィング http://www.swing-npo.com/

ブログ http://garden.swing-npo.com/

Facebook https://www.facebook.com/NpoSwing/

 

mypic.jpg

新澤克憲(ハーモニー)

広島生まれ。教育学部卒。大学院時代からアルバイトで務めていた重度心身障害者のデイケアにそのまま就職する。30歳を機に木工を志し退職、数年後に共同作業所ハーモニー(現、就労継続支援B型事業所)の立ち上げに誘われ、3年で辞めるつもりが今に至る。精神保健福祉士。介護福祉士。

 

インタビュー http://synodos.jp/info/10464

ブログ http://harmony.exblog.jp

Facebook https://www.facebook.com/harmonysetagaya/

幻聴妄想かるた https://www.tokyo-jinken.or.jp/publication/tj_46_feature2.html

新・幻聴妄想かるた http://www.geocities.jp/harmony_setagaya/index4.html

幻聴妄想みんなのかるた https://gencyoumousou.jimdo.com/

 

鈴木励滋.jpg

鈴木励滋(カプカプ)

1973年3月群馬県高崎市生まれ。師匠は栗原彬(政治社会学)。1997年より地域作業所カプカプの所長を務めつつ、演劇に関してユリイカや月刊ローソンチケットや劇団ハイバイのツアーパンフレットなどに書いている。『生きるための試行 エイブル・アートの実験』(フィルムアート社2010年)や『季刊ピープルズ・プラン』(62号 2013年)にも寄稿。

 

インタビュー http://www.bonus.dance/interviews/07/

カプカプひかりが丘 http://kapukapu.org/hikarigaoka/

Facebook https://www.facebook.com/kapuhikari/

 

sekine001-768x1024.jpg

関根 幹司(スタジオクーカ & バッカーズ)

1955年生まれ。福祉や障害者にはまったく関心が無かったが、大学時代、弟のピンチヒッターで仕方なく行ったボランティア活動で出会った障害者の一言が福祉の世界に入ったきっかけ。22歳まで建前で生きてきて、その日もいやいや行って、やっぱりつまんなくても周りが楽しそうだから楽しそうに振る舞っていたのに、「つまらない」と本音を言ったやつがいた。そいつが障害者だった。彼が信頼できた。なぜかすとんと腑に落ちた。それから、ボランティア活動を積極的に否定しようと思い、ボランティア活動に参加し始めた。ボランティア先で正職員として引っ張ってくれて福祉の世界に就職した。工房絵を経て2009年5月、株式会社愉快、 studio COOCA設立。既存の福祉のあり方を否定したいと思っている。

 

スタジオクーカ http://www.studiocooca.com

Facebook http://ur0.pw/Fi7b

 

KICK OFFまでもう後数日…。

皆さまのご参戦を心よりお待ちしております!!!!!

 

木ノ戸

| NEWSっす! | 19:56 | comments(1) | trackbacks(0)
第105回ゴミコロリ

DSCF7144.JPG

 

夏の花といえば、そう! 「向日葵」。

ビタミンカラーで見ていて元気出ます!

 

CIMG4129.JPG

 

「朝顔」も夏を代表する花のひとつですね。

青い朝顔、とっても涼しげです!

 

DSCF7098.JPG

 

こっちの朝の青い顔は、全く涼やかではありませんね…。

 

なにやら休日、OFFのゴミブルーって感じですが、これにはいろいろ事情がございまして。

夏のゴミブルーは本当に暑いんです。スーツが皮膚にまとわりついて皮膚呼吸できないわ、マスクが顔面にくっついて息がしにくいわで、夏のゴミブルー出動はこれまで控えてきたわけです。

 

が、夏休みに入ったこどもたちのために、ちょっとでも喜んでもらえるんじゃないかと、「顔ブルー」に挑戦したわけであります。

 

で、ゴミコロリ出発前のこの様子。

すでに暑さでグダグダです…。

 

ま、それでもやるのが「ゴミコロリ」。

去る7月19日(水)、「第105回ゴミコロリ」を実施いたしました!

 

上賀茂地域を3グループに分かれてコロりました。

そのうち、南-1エリア、北-2エリアの様子をご報告いたします!

 

では、まず南-1エリアいってみよう!

 

DSCF7103.JPG

 

はい、出発!

 

DSCF7106.JPG

 

ちなさん、そうちゃん。

暑かろうが、寒かろうが、そんなの関係ありません!

だって、アイスの美味しい季節なんだもん!!→

 

DSCF7119.JPG

 

いきなり傘の骨GETです。

 

局所的な大雨が多かった今年の梅雨。

きっと大活躍したに違いない、この傘。

こんな最後を迎えるとは、悲しいですね…。

 

DSCF7122.JPG

 

それにしても、この手のゴミは終盤に拾いたいもんです。

だって、最後まで手に持ってコロらんといかんのですから。

 

でも、シッシー。

この傘の骨をゴミ探知機として再利用。

最後にもうひと仕事与えられ、傘もきっと喜んでいることでしょう。

 

DSCF7148.JPG

 

探知機がどうやら反応したようです。

何かと思えば…

 

DSCF7172.JPG

 

新たなゴミ探知機GET。

 

それにしても、シッシーなんちゅう顔してんの?

そら、この日の最高気温34度。カラッとした暑さならまだマシですが、まだ梅雨が明けておらず、蒸し暑さが余計に体力を奪います。

 

DSCF7125.JPG

 

ん? 何か落ちてる?

 

DSCF7158.JPG

 

また地面。どした?

カメラ撮影担当のえりちゃん、この暑さで相当ヤラレちゃったみたいです。

きっと何かゴミの幻が見えたんでしょう。

 

それでも暑さに負けず、頑張ります。

 

DSCF7149.JPG

 

挟めてへんし。…これも暑さのせいなのか?

 

DSCF7153.JPG

 

火バサミ無理なら掃除機だ!

この形状、おそらく日立の業務用掃除機、ドライバキュームクリーナー(CV-96HB)と思われます。

あっ、でも電源ないから使えないか…。

 

DSCF7156.JPG

 

なんとかXLさん、火バサミ使って拾ってます。

XLさんの前方、赤い物体。

 

DSCF7157.JPG

 

XLさんの顔がプリントされた靴下。

ではありません、ジャッキーです。

 

ご存知の方もいるかもしれませんが、ジャッキーは 日本の子供向け絵本シリーズ『くまのがっこう』に登場するくまの女の子の名前です。くまのこたちは全部で12匹。11番目まではみんな男の子で、12番目の末っ子がたったひとりの女の子ジャッキーです。ちなみに、いちばん上のお兄ちゃんからディッキー、ウーリー、アントン、アルバート、エックスエル、トフィー、ハリー、ベルナルド、ペーター、ヘルマン、ロイ、そしてジャッキー。ついでに、ジャッキーの初恋の相手はデイビッドっていう名のしろくまです。

 

すみません、脱線しました。

 

DSCF7123.JPG

 

ちなさんの歩くペースが何やら上がってきました。

理由はそう、コンビニが近付いてきたんです。

 

DSCF7162.JPG

 

だって、アイスが美味しい季節なんだもん!

それにしても、ちなさん、めっちゃええ顔してるなぁ。

 

DSCF7164.JPG

 

それにしても、そうちゃん……他人のアイス見すぎちゃう??

 

はい、続きまして〜北-2エリアです!

 

でもその前に訂正とお詫びが…。

先ほど得意気に披露したジャッキーの兄弟の件に間違いがありました。5番目のお兄さんの名前を「エックスエル」と表記しておりましたが、正しくは「マックス」でした。心よりお詫び申し上げます。

 

DSCF7150.JPG

 

誤:エックスエル

 

bear01 - コピー.png

 

正:マックス

 

ほんとにすみません…。

 

CIMG4094.JPG

 

気を取り直していきます!

 

CIMG4102.JPG

 

愛知県から職場研修で来ている「NPO法人くるくる」の杉浦さん、初コロリです!

京都っぽいもん、ぎょーさんコロってってや〜。

 

CIMG4103.JPG

 

顔ブルー、なかなかキモいっす。

 

ガードマンのおっちゃんが何やら不思議そうに顔ブルーをチラ見。

顔ブルー、カメラ撮影担当のかめちゃんに「ここ、撮影ポイント!」と目で合図。「blogネタに…」とお気遣い頂きありがとうよ。

 

CIMG4104.JPG

 

そら気になりますよね。

目の前で起きたことを受け止めるまでの間、お仕事に集中できなかったことでしょう。

おっちゃん、すみませんでした。

 

CIMG4126.JPG

 

はい、こんにちは。

別に熱中症とかで、具合悪くて顔が真っ青になっているわけじゃないんでお気になさらずに。

 

CIMG4124.JPG

 

あっ、大丈夫です。熱中症とかじゃないです。

 

CIMG4107.JPG

 

周囲の冷めた視線も、こうやってマタドール風にかわしてやる!

 

しばらく歩みを進めていると…

 

CIMG4115.JPG

 

なぜか路上に電子レンジとちょっと前に大流行りしたフィリップスのノンフライヤー、そしてゴミ箱が…。

謎です…。

 

じゃ、あの人の出番です。

 

 

はい、出ました! 西川さんとこの次男坊こと名探偵ジナン。

「ジッチャンの名にかけて、複雑に入り組んだ現代社会に鋭いメスを入れ、さまざまな謎や疑問を相方のワトソンと徹底的に究明する謎解き冒険バラエティー」のあの男です。ジナンがこの謎、解明します。

 

………

………

………

 

閃き はい、ピンときましたよ!

 

ここ上賀茂は「賀茂なす」など京野菜の栽培が盛ん。

夏野菜がおいしいこの季節、おそらく『満天☆青空レストラン』の収録でもあったんでしょう…。

 

CIMG4119.JPG

 

いつが放送予定日か、ちょっとタブレット使って調べてみます。

 

適当なことばっかりでごめんなさい…。

 

CIMG4116.JPG

 

みんな「暑い、暑い」と愚痴こぼしながらコロってますが、

Qさんは文句ひとつ言わず、正座で気持ちを静め、心の中から雑念を取りさり、コロリます。

 

「心頭滅却すれば火もまた涼し」

 

It's Qさんスタイル。

 

CIMG4133.JPG

 

ただ、立ってられないぐらいバテテるだけでした…。

 

頑張ったら、やっぱりこれでしょ!

 

CIMG4139.JPG

 

何度も言いますが、アイスの美味しい季節です。

 

CIMG4169.JPG

 

西尾さん宅訪問も、残念ながらお留守でした。

うたちゃん、また遊びに来てね!

 

CIMG4170.JPG

 

はい、今回もこんなにたくさんコロれました!

季節柄、やっぱり空き缶やペットボトルが多かったですね。

 

暑さきびしくなってまいりましたが、そんな中、支部のみなさんからのレポートが届いております。

ご紹介します!

 

 

【京都/西山ケミックスさんからのゴミコロレポート】

KES201707.jpg

本日は川沿いのゴミ拾いを行いました。 朝のゴミコロリでも汗だくでした… 昼間に行う方は熱中症には気を付けてくださいね!

 

 

【愛知/ヨナワールドさんからのゴミコロレポート】

image5.JPG

台風一過の晴れ渡る空の下、ゴミコロリに行って来ました。 とは言うものの、とても暑いので、日陰を探しながらのゴミコロリです。 メンバーさんたちは、それでもなんとか、吸い殻や紙くず、空きカンなど見つけてビニール袋にいれてくれました。 蝉の声を聞きながらのゴミコロリでした。

 

 

支部のみなさん、本当にお疲れ様でした!

 

エアコンの効いた涼しい部屋でアイス食べてるよりも!

稲川淳二のこわ〜い怪談話を聞いて涼んでいるよりも!

外に出て、真夏のゴミコロリを体験してみてください!

 

命あってのゴミコロリ。暑さ対策万全に、当然「健康第一」でコロリます!

ちなみに(明日ですが)次回も気温や天候によってはゴミブルーではなく、顔ブルーの登場になるかもしれません(顔ブルーでも十分大変なんですが…)。ご容赦ください。

 

「ゴミコロリ」に賛同し、ともに「ゴミコロリ」を行ってくれる団体さん(ゴミコロ支部)随時募集中!→

次回「第106回ゴミコロリ」は、(明日ですが)8月16日(水)の開催です! 

参加希望の方は(一応)担当・西川までご連絡ください! → MAIL:nishikawa@swing-npo.com

 

町に溢るるゴミある限り、我らの戦い終わりなし。

拾うはゴミでも心は錦、見た目は青でも心は真っ赤。

嗚呼、さすらいのゴミ野郎、 嗚呼、我らゴミコロレンジャー!

 

(西川)

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 17:42 | comments(0) | trackbacks(0)
展覧会「LOVE」開催のお知らせ

 

Swing 14th Exhibition

LOVE

 

ごあいさつ

 

ここ「恵文社一乗寺店」での主催展覧会ももう4度目となります。

 

2014年のAckey、2015年のXL、2016年のQと、

これまで(あまり意図せず)連続して個展を開催してきたわけですが、

今回は初のグループ展となります。

 

そのグループの名は「オレたちひょうげん族」。

NPO法人スウィングが展開する芸術創作活動の名称でもあり、

この活動の中で様々な表現をおこなう20数名の総称でもあります。

 

で、本展覧会のテーマは「LOVE」です♡

 

その意味を難しく語るひとも少なくないけれど、

もっとシンプルに、自分だけの、個人的な、けれど特別な「LOVE」を、

もっと堂々と、開けっぴろげにしてみてもいいような気がします。

 

異性への愛…

志村けんへの愛…

ノンアルコールビールへの愛…

尻への愛…

三角への愛…

愛=花…

愛=楽しみな約束…

 

「オレたちひょうげん族」の面々から放射される様々な「LOVE」の形を、

ほんのひととき愛していただければ幸いです♡

 

NPO法人スウィング

理事長 木ノ戸昌幸

 

 

はい! というわけで毎年恒例となってまいりました京都が、いや日本が世界に誇る名書店「恵文社一乗寺店」での展覧会のお知らせです! …考えてみると今回のような抽象的なテーマのもとに創り上げる展覧会ってはじめてのことです。でも先にテーマがあって創ったというよりも、例えばKAZUSHIくんの志村けん(そして僕への…)への溢れる思いや、執拗に尻の絵ばっかり描いてるゆうとくんの姿、そうした現場の空気が自然とこのテーマに繋がっていったように思います(もちろん本展覧会に合わせて制作を進めた人もいます)。 

 

毎度のごとくラブリーな関連イベントも盛りだくさん! 

以下、本展覧会の詳細となります♡

 

 

Swing 14th Exhibition

LOVE 

 

ラブ 会 期:2017年8月29日(火)〜9月4日(月) 10:00〜21:00(最終日のみ 10:00〜18:00)

ラブ 場 所:恵文社一乗寺店ギャラリーアンフェール

               606-8184 京都市左京区一乗寺払殿町10 Tel:075-711-5919

               市バス「高野」「一乗寺下り松」から徒歩5〜7分

               叡山電車「一乗寺駅」駅から徒歩3分

ラブ 主催・企画:NPO法人スウィング

ラブ お問合せ:NPO法人スウィング

                    603-8074 京都市北区上賀茂南大路町19番地 Tel:075-712-7930

                    Mail:swing.npo@gaia.eonet.ne.jp

                    Web:http://www.swing-npo.com/

 

 

ラブ Event.1  ワークショップ:LOVE LOVE MESSAGE TREE♡

あのヒトやあのモノへ。ふだん伝えにくい愛のメッセージをご自由にお書きください♡

・期間:8/29(火)−9/4(月)

・会場:恵文社一乗寺店 ギャラリーアンフェール

 

 

ラブ Event.2  Qの型破り似顔絵「アナタのその顔、メカにします♡」(LOVE ver.)

Qが繰り出す質問に答えてゆくうち、世界に2つとない合体ラブリーなアナタが出現します♡

・日時:8/29(火)・9/2(土)13:00−16:00

・会場:恵文社一乗寺店ギャラリーアンフェール 

・料金:おひとり1,000円

 

  

 

ラブ Event.3 WE LOVE 公開制作&トランプ♡

芸術創作活動「オレたちひょうげん族」の現場が出現! 絵画制作やトランプ(ご自由にご参加ください!)をしています♡

・日時:9/2(土)13:00−16:00 

・会場:コテージ(恵文社一乗寺店内)  

 

木ノ戸.jpg あちゃみ.jpg 櫻本.jpg 沼田.jpg XL.jpg  ​     

 

ラブ Event.4  トーク:WE LOVE SWING♡

芸術創作活動「オレたちひょうげん族」、清掃活動「ゴミコロリ」、京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」等々、狭い「障害福祉」の枠を超え、障害の有無を超え、「NPO」「一市民」というスタンスに立脚したラブリーな活動を展開するNPO法人スウィング。裏の裏まであけっぴろげにおっぴろげにお話します♡

・日時: 9/2(土)17:00−19:00

・話す人:木ノ戸昌幸 loving あちゃみ・櫻本京一・沼田亮平・XL

・参加費:1,500円(ドリンク・おつまみ代込み/市販のやつですが飲み放題!)

・定員:35名

・お申込:スウィングまでお申込みください。

お名前*/ふりがな*/人数*/ご所属/ご住所/電話番号*/Mail/ドリンクについて*(アルコールorソフトドリンク)(* は必須)/質問したいこと! を、Mailまたはお電話にて担当:青山・亀井までお知らせください。

Mail:aoyamaeri@swing-npo.com(件名を【9/2トーク申込】としてください)

Tel:075-712-7930

 

以上となります!

詳細についてはコチラFacebookページの方が見やすかったりもするかも…です♡→

尚、上のQの型破り似顔絵画像はノーマルバージョンとなります。実際はもっとラブリーな感じになる予定ですので、お楽しみに♡

まだまだ暑い残暑の季節、暑苦しい「LOVE」の数々をぜひ観にいらしてください。

皆さまのご来場を心よりお待ちしております♡

 

木ノ戸

| 芸術創作活動「オレたちひょうげん族」 | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0)
緊急特集! 鶴瓶の声のかわし方!

004.jpg

 

スウィング第8教室(注1)、今日も1日がんばったクレンジャーズ(注2)の片づけをしながら、男女3人がとりとめのない話をしている。「手が止まることはあっても決して口は止まらない」あちゃみちゃんが言う。

 

001.jpg

 

 

「明日、映画みにいこっかなー」

 

 

ええがな、ええがな、今の季節、涼しい映画館ええがな。

すると同じく「手が止まることはあっても決して口は止まらない」ミサさんがこう尋ねる。

 

003.jpg

 

 

「なにみるの?」

 

 

うん、気になるね。気になるね。

ねーねー、あちゃみちゃん、手は止めてもいいから口は止めずに教えてよ。

 

 

「ミニオンズ。でも鶴瓶が声してるのがイヤやねんな〜」

 

 

「ミニオンズ」ちゃうし。「怪盗グルーのミニオン大脱走」やし。

 

 

ほんでアンタ、文句がホント多い。鶴瓶はん、1作目からずっとやってはるがな。

ミサさん、なんかビシッ! と言ってやって!

 

 

 

「そしたら耳ふさいだらええやん」

 

 

 

そしたら全部聞こえへんなるやんけ!!!!!

 

002.jpg

 

ちょっと! ちょっとXLはん! 黙って聞いてへんで、なんか! なんかカモン!

 

 

 

「ほんなら吹き替え版みたらええやん」

 

 

 

あべし!!!!!

もうワケわからん!!!!!

 

木ノ戸

 

(注1)スウィング、8つ目の教室のことではありません。そんなにたくさん教室はありません。スウィングが使用している建物は元・私塾であったため、その当時の名称をそのまま使っているのであります! だからスウィングでは4つある仕事場を教室名で呼ぶのであります!

 

(注2)「THE CLEANGERS」(ザ・クレンジャーズ)とは、自分の部屋とかはほったらかしだけれど、仕事でピカピカにするのは大好き〜♡なメンバーたちによって結成されたクリーニング部隊のこと。京都市内各所へと出向き、今日もいい汗かきながら、あらゆる汚れを落としまくっています! なぜか自分の部屋だけは見て見ぬふりしながら…。

| スウィンギン・ドキュメント | 17:16 | comments(0) | trackbacks(0)
ほんとにヘンタイ! 〜 京都人力交通案内@三条河原町 〜

 

京都で一番の繁華街、河原町・烏丸エリアの京都市バス網がえらいことになってるのをご存知でしょうか。

「四条河原町」というバス停、1つに見えますよね。でも、交差点の東西南北にわかれて、9か所もあるんです。

 

そんなややこしい市バス事情も丸暗記してくりひろげられるヘンタイ記憶パフォーマンス、京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」。去る7月18日、私河原とQ・XL・「NPO法人くるくる」の杉浦さんとで三条河原町界隈にくりだしました!

 

 

中国よりお越しのかわいらしい女性、金閣寺にいきたいとのこと…

 

 XL :あっちのバス停から、205番! セブンイレブンの前のとこ。あともうちょっと向こうのバス停から59番。59番の方がすいてる!

河原:えっ! 何でですか?

  Q  :遠回りするからな。

 

この59番、河原町三条→三条京阪→四条河原町→四条京阪→三条京阪→河原町三条→京都市役所と、ぐるっと回って戻ってきてから進むんです。ルートまで暗記してるなんて、さすがヘンタイ!

 

 

つづいてフランス人のご夫婦、清水寺に行きたいとのこと…

 

 XL :四条河原町まで歩いて、207番!

河原:バス停ってどこにあるやつですか?

 XL :まっすぐ行って、曲がって…

 

この時、バス停の位置を河原がわかりそこね、間違った場所をお伝えしてしまいました…ごめんなさい。皆様、清水寺へいくバス停はローソン前だそうです!

9か所ある四条河原町のバス停、どこにあって、何行きのバス(しかも番号まで)が停まるかもわかるヘンタイです!

 

 

ところで、「方向幕」というのをご存知でしょうか?

「方向幕」とは、行き先などを表示するため車両に設置される幕を使用した装置で、回転して行き先を変更させるそうです。

QとXL、どのバスがどの位置で「方向幕」を回転させるかも暗記してました。

 

おそるべしバス力!! …回る瞬間が見たい方はぜひお声がけください。

 

 

最後は日本人の方、平安神宮に行きたいそう…

 

 XL :え〜っと、どうやったかな。

 Q :岡崎ループや!

 

美術館や動物園など文化施設があつまる岡崎エリアと、京都市中心部である河原町通り・駅などを結ぶ市バス「京都岡崎ループ」!

限られたエリアのみ走るバス知識まで余念がありません…。

運行ルートについてQ・XLの2人で盛り上がってましたが、話についていけませんでした(PCで調べると土曜日のみルートが変わるようです。ほんとにヘンタイ!)。

 

今回ご案内した6組中、日本人の方は1組だけ! …というグローバルに活躍する、京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」。

次回は銀閣寺に出没予定!

お見かけの際は ぜひお声がけください〜〜

 

(河原)

| 【OYSS!】京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」 | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ランキングに投票してください!!
人気ブログランキングへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE