Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
迷えるヒーロー

DSC_0139.JPG

 

清掃活動「ゴミコロリ」において難しいことのひとつに、「これはゴミか落とし物か? どっちにしよ?」がある。つまり一見ゴミらしく見えたとしても、それが本当にゴミなのか、いやゴミではなくって誰かの落とし物(忘れ物)なのか、その判断をしなければならない場面に時々出くわすのである。吸い殻や空き缶などの分かりやすい「ザ・ゴミ!」は問題無いのだが、例えば公園に脱ぎ捨てられた子ども服や道端に落ちている綺麗な柄のハンカチ等、それが明らかに誰かの私物である場合、つどつどその判断を迫られる。あまり汚れてもいないし、これはまだ落としたて(忘れたて)でしょう! と判断した場合はたたみ直したり、綺麗に置きなおしたりして落とし主が現れるのを待つことになるし(落とし物認定)、なんかええもんに見えるけれどもこれだけドロッドロのペッチャンコだったらもうゴミでしょう! と判断した場合はゴミ袋にポイッ! とすることになる(ゴミ認定)。いずれにせよ「これはゴミか落とし物か? どっちにしよ?」の判断には当然個人差もあるし、誰も唯一絶対の正解は持ち合わせていない。だからなかなか難しい。

 

そしてさらに難しいのは「落とし物認定」をした場合の、「この場にそのまま置いておくべきか? 貴重品として交番に届けるべきか?」の判断である。中身の入った財布やクレジットカードなど、つまり金がからめば問答無用に交番にGO! になるわけだが、「金はからんでないけど、これはかなり大事なものっぽくね?」、言い換えれば「このままここに置いておいたらパクられるっぽくね?」の場合が時々ある。がしかし、この「ぽくね? ジャッジ」は「これはゴミか落とし物か? どっちにしよ?」よりさらに個人差があるし、やはり誰にも正解は分からない。

 

DSC_0132.JPG

 

ところで京一さんが中身のゴミブルー(以下、京一ブルー)は一発狙いのギャンブラー気質や、人一倍細かいゴミにまで目がいく特性(?)のせいか、落とし物、しかも交番に届ける系の落とし物をよく拾う。クレジットカードを拾ってはじめてゴミブルーのまま交番に行ったのも京一ブルーだったし、一昨日実施した「第114回ゴミコロリ」で文房具がたっくさん詰まったかわいいポーチを畑の中に見つけ「これどや?」と拾ってきたのも京一ブルーだ。「ゴミ認定」するには新しすぎるし、状態もかなりいい。「ぽくね? ジャッジ」は僕(木ノ戸ブルー)が担当させてもらい(京一さんはあらゆる局面において決めるのが苦手)、随分迷ったがこれはパクられる恐れあり! と「落とし物&貴重品認定」、ゴミブルー2人揃って最寄りの「上賀茂交番」へ向かうこととなった。

 

DSC_0207.JPG

 

交番のおまわりさんとも言ってみれば顔馴染みだ。いや、中身の顔を見知っているはずはないが、毎月の積み重ねの甲斐あってゴミブルーのことはよくよく知ってもらっている。今回も「ご苦労さまです」と手続きは着々進み、書類を作成するため「お名前教えていただけますか?」と尋ねられる。すると京一ブルー、少し間をおき、はっきりとしたいい声でこう答える。

 

 

 

「櫻本京一…です…か???」

 

 

 

「…です…か???」てなんじゃい!!!

おまわりさんに尋ねてどないすんじゃい!!!

 

京一ブルー、どうやら「本名かゴミブルーか? どっちにしよ?」で迷ったらしい。…そりゃこういう時は本名に決まってるやろ。…警察の書類に「氏名:ゴミブルー」って書いたらおまわりさんの方が(位が上の方のおまわりさんに)叱られるわ。しばし笑いに包まれる平和な交番内。おまわりさん、息を整え仕事に戻る。本名・櫻本京一さん、続いてあなたの年齢をお聞きしたいんですけど? すると京一ブルー、やはりはっきりとしたいい声で今度はこう答える。

 

DSC_0004.JPG

 

 

 

「数え年…です…か???」

 

 

 

おじいちゃんか!!! 

いや、ひいおじいちゃんか!!!

 

京一ブルー、今度は「数え年か実年齢か? どっちにしよ?」で迷ったらしい。…今日日「数え年」で年齢言うときあるか? …厄年とか死んだときとかそれくらいやで。もはや「ゴミブルー」は一切関係なく「櫻本京一」個人の問題(?)である。おまわりさんも交番内で「数え年」というワードを聞いたのは恐らくはじめてのことだろう。「いや、今の年齢でお願いします」と笑いながら言う。

 

迷えるヒーロー、京一ブルー44歳(数え年46歳)。

来月も上賀茂の地を、目を皿のようにして迷わず闊歩する。

 

木ノ戸

| スウィンギン・ドキュメント | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0)
第113回ゴミコロリ

DSC_0116.JPG

 

春! サクラの季節です。

 

でも主役はサクラだけではありません。

 

DSCF9193.JPG DSCF9194.JPG

DSCF9198.JPG DSCF9269.JPG

 

そう、みんなそれぞれにキレイなんです。

 

DSCF9204.JPG

 

ゴミブルーが目立ちます。

でも、みんなそれぞれに頑張ってます!

 

はい、てなわけで「第113回ゴミコロリ」、ぽかぽか陽気のもと「ド年度末」の3月28日(水)に開催しました!

今回は第3水曜日が祝日であったため、1週遅らせて実施したわけですが、そのおかげで春休み中のこどもたち含め、15名もの一般参加者が参戦。昨年2月に実施した「祝!第100回ゴミコロリ」に次ぐ規模での実施となりました!

 

DSC_0001.JPG

 

ね、にぎやかでしょ。

 

上賀茂地域を3グループに分かれて実施、そのうち北-1エリアと北-2エリアの様子をお伝えします!

では、まず北-2エリアからいってみよう!

 

北-2エリアにはいつお世話になっております梟文庫さんから9名が参戦。

 

DSC_0119.JPG

 

頼むで! 未来のゴミブルーたち!!

 

DSC_0003.JPG

 

はい、戦闘服に着替えてしゅっぱ〜つ!

 

DSC_0008.JPG

 

こどもたちに紛れて、怪しげなマスクのこのお2人。

えーと、たしかピンクの服のあなたは、前回のゴミコロリから登場されたコロ・ナカムラさんでしたよね。

「全日本コロレス」所属のコロレスラーの。

 

ということは、手前の方は「第78回ゴミコロリ」に登場したユート・ザ・ゴミマスクさんですか?

噂ではメキシコの団体から「全日本コロレス」へ移籍し、近日中に来日とお聞きしておりました。

マスクもおニューですね! お2人にはゴミブルーに負けない活躍を期待してます!

 

DSC_0013.JPG

 

そら、指差されるわ…。

こどもたちに「人に指差したらあかんよぉ」って教える立場の先生が指差しちゃうんやからゴミブルーとコロレスラーのタッグはかなりのインパクトです。

 

DSC_0024.JPG

 

それにしても、どーなってんのこの公園?

なんの儀式後? なんかきれいに片づけたら呪いでもかけられそう…。

 

DSC_0020.JPG

 

って、こらっ! ちゃみブルー!!

公園で遊んでるこどもたちを使うな!

呪いの恐怖に勝ってこそ、真のヒーローやん…。

 

DSC_0029.JPG

 

ブルーのTシャツのこどもが現れ、憧れの眼差しでブルーを見ています。

こども:「どうしたら僕もゴミブルーになれますか?」

ブルー:「パーティーレンジャーでネット検索して、Amazonで購入したら君も立派なゴミブルーだ!」

 

DSC_0038.JPG

 

それにしても、ほんとにこどもたちはよー働くなぁ。

 

DSC_0035.JPG

 

あっ、これ。

ゴミブルーがこどもをいじめてる瞬間じゃないですよ。

 

DSC_0055.JPG

 

若くしてもう「秘技」できてしまってるやん。

 

DSC_0064.JPG

 

どーしたブルー? いじけてるのか?

こどもたちにいいとこ見せられず、すねちゃったのか?

 

DSC_0045.JPG

 

ゴミマスクさん、空気呼んで…。

さすがに今のタイミングでそれやると余計に凹んじゃうよ。

 

DSC_0050.JPG

 

ほら、さっきから全然カメラの方見てくれへんし。

 

DSC_0059.JPG

 

ま、ゴミマスクさんもちょっとは反省してるようやね。

 

DSC_0051.JPG

 

Qさんとコロさん。

相方のゴミマスクさんの失敗をコロさんが代わってお詫びしたいとのことで、優しいコロさんは大根を拾い、おでんにでもしてブルーにご馳走したかったのですが、Qさんに「おろし(およし)なさい」と止められたようです。

 

大根だけに…。

 

DSC_0066.JPG

 

ドンマイ! コロさん!!

 

DSC_0068.JPG

 

ブルーたちはおでんなんかより、お菓子の方がいいんです。

お菓子もらって、ちょっと機嫌が戻ったようです。

 

DSC_0092.JPG

 

積極的にPR活動をはじめます。

 

DSC_0114.JPG

 

もちろん小さなこどもにも。

おでんよりも、お菓子よりも、こどもの笑顔が一番の「元気の素」。

 

こどもから元気もらったら、ブルーの本領発揮。

 

DSC_0083.JPG

 

あっ、すみませ〜ん。ちょっと準備中なんで、まだこっち見ないでください。

ごめんねお嬢ちゃん、ちょっと待ってね。

 

写真左端、コロさん何やらコソコソと畑に侵入中。

 

はーい、もうちょっと待ってくださいね〜。

ブルーの皆さん、「極厚同盟」のお2人準備OKでしょうか?

 

では、遠慮なく見てやってください!どうぞ!!

 

DSC_0086.JPG

 

はい前回のゴミコロリで生まれた秘技。

「秘技! パーマン取り!!」完成です!!!

 

shinei-paman_S1-Full-Image_GalleryBackground-jp-JP-1483994418744__RI_SX940_.jpg

 

しかも前回はゴミブルー3人だったのですが、今回は「極厚同盟」のお2人とのコラボで人数増。

いやいや、やっぱりブルーは頼りになるなぁ〜って思った矢先。

 

DSC_0102.JPG

 

すぐにHELPを要請。

ああ、お茶目。

 

はい、続きまして北-1エリアの様子をご覧ください!

 

DSCF9191.JPG

 

こちら北-1エリアには、「オレたちひょうげん族」で何かとお世話になっております「art space co-jin」から4名が参戦。

なかなかの盛り上がりでございます。

 

DSCF9249.JPG

 

いやいや。

 

DSCF9243.JPG

 

こんなに人がいたら、そら、はかどります。

 

DSCF9192.JPG

 

コロったワイヤーで罠を仕掛けてゴミを捕獲しようと企むブルー。

が、当然ゴミの方から罠にかかることは120%ないことに辛うじて気付き、あきらめたようです。

楽してもゴミはコロれません。

 

DSCF9199.JPG

 

えーっと何かコロられてますか?

きっと楽してゴミをコロろうとしたブルーの悪しき心でもコロって下さったのでしょう。

 

ん??? ひょっとしてそのお姿…

 

ap72.png

 

マリア様!? マ、マリア様がゴミコロリに!?

 

DSCF9226.JPG

 

ああ、nacoさん。

マリア様に差していた後光をコロっちゃったみたいですね。

 

DSCF9209.JPG

 

マリア様が見ておられるのではサボれません。

 

DSCF9211.JPG

 

必死にコロリます。

 

DSCF9277.JPG

 

必死にコロ撮ります。

※ ほんとに「コロ」って名前かはわかりませんが、「コロ」っぽいでしょ。

 

DSCF9215.JPG

 

初めて顔を合わす人同士が…

 

DSCF9216.JPG

 

協力し合ってコロリます。

 

DSCF9219.JPG

 

後光をコロられ、怒りの舞を舞っておられるわけではありません。

なんと期限の切れていないクレジットカードをコロられたのです。

 

DSCF9279.JPG

 

これね。


これがあれば〜…

 

DSCF9228.JPG

 

懐のぽっかぽかがグ〜ン! とアップです。

 

DSCF9233.JPG

 

でも懐が温まっても、きっと心は寒いまま…。

 

DSCF9221.JPG

 

ブルーにマリア様が諭すように話しかけます。

すると、ブルーの悪しき心は次第に洗われていったのです。

 

DSCF9248.JPG

 

初心に帰り、楽することはせず一生懸命にコロリます。

 

DSCF9262.JPG

 

ストーカーに間違えられそうになろうが、一生懸命ゴミを探します。

 

DSCF9271.JPG

 

力を尽くします。

 

DSCF9287.JPG

 

そしてクレジットカードを届けます。

めでたし、めでたし。

 

DSC_0121.JPG

 

あっという間にこんなに大量にコロりました!

 

たくさんの方にご参加頂き、ぽかぽか陽気のもと花見しながら本当に楽しくコロることが出来ました!

本当にありがとうございました!またのご参加お待ちしております!!

 

続きまして、支部の皆さんからの報告をお届けします!

今回はゴミコロ支部・特別枠として平成最後のトップアイドルと言われるあの爆発的人気姉妹「ももかちゃん&ののちゃん」が「第110回ゴミコロリ」に参戦して以来の登場です! やばいぞ、やばいぞ〜! かわいいぞ〜!!

 

 

【京都/西山ケミックスさんからのゴミコロレポート】

KES201803.jpg

3月のゴミコロリを行いました! ゴミがあまり落ちていなかったので会社付近の草刈りもしました。

 

 

【京都/練木ファミリーさんからのゴミコロレポート】

29542666_2000227210049460_301512764836718762_n.jpg

長屋ぐるり一周コロリです。

 

29571030_2000006220071559_5520517262601046448_n.jpg

 

29573092_2000227280049453_4739626319620766541_n.jpg

 

 

西山ケミックスのみなさん、そして「ももかちゃん&ののちゃん」、本当にお疲れさまでした!

 

いまさらですが、今年度も引き続き西川が「ゴミコロリ」を担当させていただきます。 ゴミコロ担当4年目突入です。

相変わらずとてつもなく長く、くだらないゴミコロblogですが、みなさんにゴミコロリの楽しさ・素晴らしさを少しでも伝えられたらと思っております。今年度もどうぞよろしくお願いいたします。

 

いよいよ春本番!

花粉の時期も終息に向かい、外に出るのが楽しくて仕方ない! そんな季節がやってきますね!

GW何しよう? どこ行こう? って今から計画してる人も多いはず。

GWもいいけども、ちょっとGC(GOMICORORI)も楽しんでみませんか?

 

「ゴミコロリ」に賛同し、ともに「ゴミコロリ」を行ってくれる団体さん(ゴミコロ支部)随時募集中! 

…は変わらずなのですが、今年度より個人様でも「ゴミコロ支部」になっていただけることとなりました。2014年4月にスタートし、約3年間続いた今はなき「その場でゴミコロリ in Facebook」。今でも個人でコツコツとコロってくださっている方もいるかもしれませんから! というわけでちょっと新しくなった「ゴミコロ支部」募集の詳細はこちらをご覧ください! →

 

次回「第114回ゴミコロリ」は、明後日4月18日(水)の開催です!

参加希望の方は担当・西川までご連絡ください!  → MAIL:nishikawa@swing-npo.com

 

町に溢るるゴミある限り、我らの戦い終わりなし。

拾うはゴミでも心は錦、見た目は青でも心は真っ赤。

嗚呼、さすらいのゴミ野郎、 嗚呼、我らゴミコロレンジャー!

 

(西川)

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0)
いっしょに「ゴミコロリ」しませんか?「ゴミコロ支部」(個人&団体)募集中!!!



ひらめきゴミコロレンジャーとは?
NPO法人スウィングが展開する清掃活動「ゴミコロリ」に参加し、 町中のゴミをコロリ!とやっつける、イカしたヤツらのこと。つまり「ゴミコロリ」に参加している人みんなのこと! 簡単な事さ!

 …でも、でも、「ゴミコロリ」ってそもそもなんなの???




ひらめき清掃活動「ゴミコロリ」とは?
「ゴミコロリ」とは “美しい京都をより美しく”を合言葉に、京都・上賀茂地域を中心に、スウィングが毎月1回実施している清掃活動のこと。

2008年10月に始まり、雪の舞い散るさっぶいさっぶい冬の日も、頭フラつくあっづいあっづい夏の日も、やって楽しく、見てオモシロく、月に1度(毎月第3水曜日)のゴミ退治を繰り広げてきたその回数は「113回」(2018年4月現在)にのぼります。

 

 

ゴミコロリの広報部隊「まち美化戦隊ゴミコロレンジャー」(全員ゴミブルー)は近所の子供たちにも大人気! 「ゴミコロリ」を大いに盛り上げています。

 

 

2012年7月からは「プチコロリ」が始動。少人数ならではの機動力を生かし、やはり毎月1回、上賀茂地域を飛び出し縦横無尽、京の観光名所などへ繰り出しています。

 

We love GOMICORORI!

 

私たちは「ゴミコロリ」を通して伝えたいのです。“楽しむ”って素敵なことだと。“楽しむ”ことに障害があるとか無いとか、そんな区別なんて、1ミリの意味もないのだってことを。

 

そして楽しくゴミ拾いを続けることで、社会が今よりほんの少しでも明るく、オモシロくなることを願っています!



 …というわけで、現在スウィングでは「ゴミコロリ」の趣旨に賛同してくださり、取り組みを共に推進してくれる「ゴミコロ支部」(企業、NPO、お店、福祉施設、家族等なんでも!)を募集しております! 2018年4月現在、世界各地の15団体(2016年末、ベトナム支部誕生!)が、「ゴミコロ支部」としてそれぞれの場所で同時多発的に「ゴミコロリ」を展開中です!→

 

また2017年7月、個人参加のゴミコロリ、「その場でゴミコロリ in Facebook」が惜しまれながら終了しましたが(→)、このたび「あ! ケチくさいこと言うてんと個人でも支部になってもろたらええやん!」と思い立ち、団体様のみならず、個人様でも「ゴミコロ支部」になっていただけることになりました!


 

毎月第3水曜日のお約束はスウィングを飛び出し、世界各地へと広がっています。リフレッシュタイムとして、スタッフの結束を固める機会として、いやいや問答無用の「圧倒的いいこと」をして、いっしょにいい汗流しませんか?

 

ひらめき「ゴミコロ支部」にご加入いただきますと、スウィング製「ゴミコロリ」ゼッケンを送らせていただきます!

ひらめきだいたい第3水曜日くらいに「ゴミコロリ」に励んでいただき、写真とレポートを送ってください!

ひらめきで、活動の様子を「ゴミコロblog」でご紹介させていただきます。

ひらめきてな、流れです!


「お! ええやん!」と興味を持たれた団体様、個人様、ぜひとも担当・西川までご一報ください!
 ハキハキと受け答えさせていただきます。

E-mail:nishikawa@swing-npo.com (西川)
 Tel:075-712-7930


 トコロは違えど思いはひとつ! 「ゴミコロ支部」さん、いらっしゃ〜い!

 木ノ戸

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0)
続・失われた「ワオ!!!」を求めて 

 

 

仕事終わりの送迎車内、Gさんが言う。

 

 

「もう77か〜」

 

 

それ、なんか知ってる、知ってる、知ってるぅ〜!

ドライバー西川くん、激しい既視感に頭がクラクラする。既視感というか割と最近、「これ」からはじまるやり取りをしたのは紛れもない事実だ。ほんで最後はおれが「ワオ!!!」言うてバカにされて終わるんやろ? → 

もう分かっている。もう分かっているが、分かっているのはおれなのであってGさんではない。西川くん、気持ちを切り替え丁重に訂正させていただく。

 

 

「違いますよ。79ですよ」

 

 

するとGさん、まさか! みたいな驚いた表情で言う。割と大き目の声で言う。うん、このリアクションももう知ってる。

 

 

 

「79? ほな来年で80か〜!!!」

 

 

あれ? なんかちょっと違うな…。前は確か「79? ほな次80やんけ!! ワオ!!!」だったはずだ。さすがGさん、ここへ来て「ワオ!!!」抜きプラス微妙なニュアンス変更くわえてきおったな。ん? 来年? 来年で80? 違うよ。今年の6月で80よ。来年は81よ。あかんあかん、このままにしてはおけん。西川くん、想定外の展開に少々動揺しながらも再び丁重に訂正させていただく。

 

 

「違いますよ、今年の6月で80ですよ」

 

 

たかだか「今年」と「来年」の違いですけどどうですか? でも1年の違いってけっこう大きくないですか? するとGさん、真実をすぐに理解したのか、少しがっかりした様子でこう言う。

 

 

 

「なんや〜、80で6月か〜」

 

 

ワオ!!! ワオ!!! ワオ!!!

 

木ノ戸

| THEE G | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0)
お話&詩のワークショップ:「障害福祉」から世界を変える YOU MEET COCOROOM.

 

 

去る2018年3月11日(日)に「堺市立健康福祉プラザ」(大阪・堺市)にて開催されたアートセミナー「『障害福祉』から世界を変える」。僕は「ココルーム」の上田假奈代さんと共に講師として招いていただいたのだが、(もちろん、マジメに打ち合わせはした上で)ほとんど出たとこ勝負! で創り上げたあの時間は、僕にとって(めっちゃいい意味で!)忘れられないものとなった。

 

ご参加いただいた方の多くがココルームやスウィングのことをはじめて知る人たちであったことも良かったし、予定調和な結論などハナから持たず、5分先のことは誰にも分かりません! 的な生々しいライブ感がたまらなく良かった(少なくとも僕はめっちゃ楽しかった)。

 

 

そうした雰囲気の中、企画者の大内秀之さん、上田さんと共に予め決めていた数少ないことの1つに「依存感謝祭」がある。これは通常あまり良からぬものとされがちな「依存」の見方を変え、自分が「依存」している対象に思い切り感謝しちゃおう! というココルーム発の画期的試みである(しかも「依存」というワードにあまりこだわらず、「普段言いにくいこと」や「弱み」に焦点を当てるのがポイントである)。この試みのすごいところは(個人差はあれど)「普段言いにくいこと」や「弱み」をなぜかポシティブに言えちゃうこと、言い換えれば無理なく、ユーモアを持って自己開示できちゃうことである。

 

 

会場には正に感動的な、自己開示しまくりの感謝状がたくさん生まれ発表されたのだが、個人的には「人見知り」への感謝状を、緊張に震える声で、けれどユーモアたっぷりに読み上げた方の姿に心震えた。僕自身もボケてウケを狙うことは止め、真剣に考えた末に「スウィング」への「依存」を正直に打ち明けた。いつもありがとう。あなたがいないと僕はたぶん何にもない空っぽな人間になってしまいます。その時上田さんがサラッと言って下さったひと言に、僕の胸はズキュン! と音を立て心地良く撃ち抜かれた。

 

「空っぽって怖いよねえ」

 

…ああ、この人は「空っぽ」を知っている人だ。…知っている人の声というのは、こんなにもスッと心の奥の方まで響くのか。

 

ところでこの「『障害福祉』から世界を変える」は、大内さんや「カプカプ」(神奈川)の鈴木励磁さんらと共に、昨年8月23日にKICK OFFした試み(というか「企み」)である。一聴すると「障害福祉」のなんか! みたいに感じられるかもしれないが、そもそも「障害」とは何か? 「福祉」とは何か? 「世界を変える」とは何か? を固定観念に囚われず様々な角度から掘り下げてみた時、この言葉が持つ射程は限りなく自由に広がってゆく。今回は「アートセミナー」の名を冠することになったわけだが、今後も名を変え手を変え品を変え、この企みを育ててゆければと思っている。

 

 

次回の「『障害福祉』から世界を変える」は、と言ってももう来週の話になるのだが、17日(火)よりスタートするKAZUSHI個展「LOVE KILLS YOU.」に合わせて「ココルーム」スペシャル! でお送りする。以下、僕がいつぞやに上田假奈代さんに送ったメッセージ(?)を(ほぼ)そのまんま載せちゃいます!

 

かなよさん、お疲れ様です。 4/21(土)ですが、大体以下の方向でお願いしたい! です。

・内容:.灰灰襦璽爐亮汰紹介 ∋蹐離錙璽ショップ お話 

・話す人:上田假奈代(ココルーム)

・進行:木ノ戸昌幸(スウィング)

・定員:15名 

という感じで、やっぱり「ココルーム」一色! にしたいと思っています。 3/11日、堺での経験がデカいです。 

ー汰紹介について:「はじめて」の人を想定して、1つの場について実践を深く語っていただく。

∋蹐WSについて:濃度の差こそあれ、「依存感謝祭」では「開いた」瞬間にたくさん立ち会えた気がしました。「開く」きっかけとしてのワークショップをお願いしたく思います。 

お話について:ほとんど事前に決めずに話したのが良かったなと思っています。今回は僕が聞き手? 進行? 話し相手? として登場させていただきますが、2人で話をしながら、だんだんと会場を巻き込んだり、勝手に入って来てもらったり、質疑応答のようなことをやってみたり、ライブ感を持って手探りでやれればと思っています。

人数は会場の規模&濃度を濃くしたいとの思いから、15名に絞り込みました。当日参加でちょっと増えるかもな…と思っています。

 

…そしてこんな雑なお願いに対して上田さんはひと言、「了解です やりましょう」。

 

3/11の企みには60名程の方々に参加していただき、ものすんごくいい時間となった。が、人数が多ければ良いというわけでもないというのは、ここ最近様々な場で感じてきたところでもある。なぜだか「たくさん」とか「多い」とかに価値が置かれがちだが、人が少なければ少ないほどリラックスできるし、コミュニケーションの濃度も濃くなる。ような気がする。何もやり方が決まっていないこともこの企みのいいところだし、いろんなやり方を試してみたい。今回はともかく濃く!!! 「ココルーム」を伝えたい。考えたい。感じたい。

 

 

ラブお話&詩のワークショップ:「障害福祉」から世界を変える YOU MEET COCOROOM.

「障害」ってなんなのか? 「福祉」ってなんなのか? 「世界」ってなんなのか? ゲストハウスのふりをして、喫茶店のふりをして、否応なく変わり続けるこの世界に一石を投じ続けるディープ大阪・釜ヶ崎、「ココルーム」からの発信!

 

揺れるハート日時:2018年4月21(土)16:00−19:00

揺れるハート会場:コテージ(恵文社一乗寺店内)

 

 

揺れるハート話す人:上田假奈代(NPO法人こえとことばとこころの部屋 ココルーム)

1969年吉野生まれ。詩人・詩業家。3歳より詩作、17歳から朗読をはじめる。2003年大阪・新世界で喫茶店のふりをした拠点「ココルーム」をたちあげ、2008年西成・釜ヶ崎に移転。2012年、まちを大学にみたてた「釜ヶ崎芸術大学」、2016年「ゲストハウスとカフェと庭ココルーム」開設。NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)代表。

 

揺れるハート進行:木ノ戸昌幸(NPO法人スウィング)

揺れるハート参加費:1,500円(ドリンク・おやつ代込み/市販のやつですが飲み放題!)

揺れるハート定員:15名

揺れるハートお申込:スウィング(担当・亀井)までMailにてお申込みください。

お名前*/ふりがな*/人数*/ご所属/ご住所/電話番号*/Mail/ドリンクについて*(アルコールorソフトドリンク)(* は必須)を、Mailにてお知らせください。

Mail:kamei@swing-npo.com(件名を【4/21セミナー申込】としてください)

 

 

定員15名ですが、濃い〜時間が皆さまをお待ちしております!!!

 

木ノ戸

| NEWSっす! | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE