Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
第101回ゴミコロリ

CIMG3247.JPG

 

 

「今日もたくさんゴミが拾えますように」

 

「平成28年度最後のゴミコロリ、ええもん拾えますように」

 

「ひーちゃんの願いが叶いますように」

 

 

2月に無事に節目の第100回を終えたところですが、月日が経つのは早いもので、「あっ!」という間の新年度。

 

本日、暖かな春の陽気のもと「第102回ゴミコロリ」を開催いたしましたが、まずは3月22日(水)、「第101回ゴミコロリ」の模様をレポートさせていただきます。なので本日開催の「第102回ゴミコロリ」レポートは「第103回ゴミコロリ」の頃になると思います。ワケが分かりませんね。

 

ワケが分かりませんが、いきます。

 

…3月22日って第3水曜日ちゃうやん!って気づかれた方もいらっしゃるかもしれませんね。

そう、第3水曜日の3月15日は生憎の雨で、久方振りに延期となったのです。今日は快晴で延期ではなかったですけどね。ワケが分かりませんね。

 

というわけで今回は上賀茂エリアを2グループに分かれて実施。

まずは南-1エリアからご覧ください!

 

DSC_0005.JPG

 

はい、ルーキーのゴミブルー「ブルーキー」(中身はKAZUSHIくん)です。

この日、ゴミコロリデビューです。

 

DSC_0007.JPG

 

早速、静岡県から見学に来られたお客さんに名刺を渡してご挨拶。

 

DSC_0013.JPG

 

ゴミもバリバリ拾います。

 

DSC_0020.JPG

 

幸せそうな家族写真みたいでしょ?

HAPPY FAMILY BLUE です。

 

ブルーキーはこれからいろんなことを学んでいかなければなりません。

たとえば、こどもたちへのサービス。

 

DSC_0048.JPG 

 

DSC_0053.JPG

 

DSC_0054.JPG

 

さすが、ベテランブルーたち。

こどもと同じ目線、これ基本のようです。

 

こどもと接すると、俄然やる気が出るようです。

 

DSC_0036.JPG

 

こんな狭いところのゴミも見落としません。

 

DSC_0069.JPG

 

ちょっと危険な場所も果敢に挑みます。

さすがに力が入ったのか、どうやらもよおしちゃったみたいです。

 

DSC_0029.JPG

 

そこは、あかんよぉ。

 

畑の肥やしにしようと思ったんでしょうか?

ちゃんと公園のトイレに行ってきなさい!

 

DSC_0045.JPG

 

確かに公園やけど…便器ちゃうよ、それ。

ブルーキー、真似しちゃだダメよ。

 

これで身が軽くなったのか、こっからさらに絶好調のベテランブルー。

 

DSC_0063.JPG

 

DSC_0066.JPG

 

Good Balance !!!

畑に入っちゃダメですからね!

 

DSC_0041.JPG

 

そうそう、XLさん。

リーチが長いと得ですね!

 

DSC_0059.JPG

 

畑の狭い隙間。こら、ちょっと遠いですね。

畑に入っちゃダメですからね!

 

DSC_0060.JPG

 

離れたゴミを遠くでただ見ているだけではいけないのです!

落ちてたサビサビの鋤(すき)を­の置き場にしてゴミを拾います。

 

DSC_0061.JPG

 

「秘技!西郷輝彦取り!!」

 

yjimage[1].jpg

 

♪鋤(好き)なんだけど〜

 離れてるのさ  遠くで星をみるように 

 

……………

 

それにしても、畑のゴミはほんとに多いんです。

 

DSC_0023.JPG

 

わかりますか?無数の吸い殻。

畑脇に車を止め、灰皿にたまった吸い殻を丸ごとポイっとしたんでしょうね。

最低ですね。

当然、根こそぎコロってます。

 

DSC_0073.JPG

 

用水路の上流から吸い殻がどんぶらこ、どんぶらこと流れてきました。

桃ならいいんですがねぇ。

はい当然、吸い殻「拾っ太郎」。

 

拾ったのは…

 

257435687-1435225659_l.jpg

 

Q太郎。

 

DSC_0056.JPG

 

Q太郎といっても、こっちのQ太郎です。

 

DSC_0051.JPG

 

公園ではアッキーが靴を片方、植え込みの中からGETしました。

 

DSC_0078.JPG

 

さらに傘もGET!

なかなかの獲物を立て続けにGETして気分がよくなったんでしょう。

あの秘技に挑戦します。

 

「秘技!ゴミゴロリン取り!!」

 

DSC_0079.JPG

 

う〜ん、ゴロリン具合が中途半端ですね。

 

DSC_0080.JPG

 

残念っ、失敗。

ここで、ベテランブルーの出番です。

 

DSC_0081.JPG

 

さすが、完璧なフォームです。

アッキー、邪魔せんときや〜。

 

DSC_0083.JPG

 

っていうか、おいおい、アッキー ……

 

DSC_0084.JPG

 

ひどい…が、ある意味凄い。

 

人の手柄を…。

アッキーじゃなくて、これは完全に「悪鬼ぃ」です。

 

「悪鬼ぃ」が編み出したこの秘技。

その名も「秘技!横取り!!」

 

マネしちゃダメな人もやっちゃってます。

 

DSC_0037.JPG

 

ベテランブルーが…

 

DSC_0038.JPG

 

ちょっとズルしてとった大物ゴミを〜…

 

DSC_0040.JPG

 

はい、ブルーキーが横取り!

立て続けに横取りされたベテランブルーの凹み具合、半端じゃないです。

 

その後、いつもお世話になっているご近所の西尾さんとこにごあいさつに行ったのですが、先ほどの豪快な横取り…後ろめたい気持ちがあったんでしょう、ブルーキー、西尾さんの顔を見ることができません…。

 

DSC_0087.JPG

 

いろいろあったけどゴミコロデビュー、よく頑張ったよブルーキー!!

 

CIMG3223.JPG

 

はい、ではでは北-1エリアの様子をダイジェストでどうぞ!

 

CIMG3232.JPG

 

出発早々、ゴミブルー、明神川に落ちてるゴミ発見。

…が、コロるの失敗。黄色い袋が流されます。

 

CIMG3234.JPG

 

でも大丈夫。

ゴミブルーをハナから信用していない沼田さんがスタンバってます。

 

CIMG3238.JPG

 

「よかった、よかった」って喜んでていいの?

信用されてないんやで。

 

CIMG3253.JPG

 

協力。

 

CIMG3255.JPG

 

協力。

 

CIMG3274.JPG

 

協力?

何してんでしょうか?

 

CIMG3242.JPG

 

仲ええのか、悪いのよくわかりません。

(…いちばん手前のひとはどうしたんでしょうか?)

 

CIMG3292.JPG

 

でもやっぱり仲いいんです。

どんなシチュエーションかしりませんが、ゆうとくんの「どん凹み」にやさしく語りかけるひーちゃん。

 

ゴミコロリ頑張って腹でも減ったんでしょうか?

 

CIMG3315.JPG

 

行列のできる店。

何の店かといいますと〜…

 

CIMG3310.JPG

 

スウィング最寄りの交番。

何をしに来たかといいますと〜…

 

CIMG3301.JPG

 

期限の切れていないクレジットカードを拾ったのです。

 

CIMG3311.JPG

 

ドキドキ緊張のゴミブルー。

この画は完全に悪いことした方の人みたいですね…。

せっかくいいことしてるのに。

 

DSC_0088.JPG

 

はい、ということで今回もこんなにコロれました!!!

 

たくさん拾ったし、ええもん(クレジットカード)も拾えたし、ブログ冒頭のひーちゃんの願いは叶ったわけでございます。

めでたし、めでたし。

 

 

ではでは、年度末の忙しい時期なのに、それでもコロって下さった支部からの報告どうぞ!

 

【京都/西山ケミックスさんからのゴミコロレポート】

KES201702.jpg

会社周辺のゴミ拾いを行いました。 まだまだ肌寒いですが、つくしがたくさん生えていたりしてちょっぴり春を感じるゴミコロリでした〜(^^)

 

 

西山ケミックスさん、いつも本当にありがとうございます!

お疲れ様でした!

 

いよいよ春本番!

桜はもう終わりですが、ゴミコロリはまだまだ毎月(第3水曜日です!)続きます!

まだ花粉が飛んでるしな…と躊躇してるそこのあなたっ!!

「HINOKI BOM-BA-YE!」ですよ!!

「ボンバイエ」とはリンガラ語の「Boma ye」で「やっちまえ」という意味です。

そうです、ゴミコロリやっちまいましょう!!!

 

「ゴミコロリ」に賛同し、ともに「ゴミコロリ」を行ってくれる団体さん(ゴミコロ支部)随時募集中!→

次回(っていうか次々回?)「第103回ゴミコロリ」は5月17日(水)の開催です!(参加希望の方は担当・西川まで! nishikawa@swing-npo.com)

 

町に溢るるゴミある限り、我らの戦い終わりなし。

拾うはゴミでも心は錦、見た目は青でも心は真っ赤。

嗚呼、さすらいのゴミ野郎、 嗚呼、我らゴミコロレンジャー!

 

(西川)

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0)
NPO法人スウィング平成29年度事業計画 〜 はじめに 〜

 

はじめに

 

12度目の事業年度となります。記念すべき法人設立10周年を迎えた昨年度は、「新たな10年」のはじまりに際し、正に節目の年となりました。これまでスウィングが1日1日の積み重ねのうちに醸成してきた「文化」ともいうべきもの。ひとりひとり違うその人その人が「『ただ在ること』の価値を認め合うこと」。この認め合いこそが良き仕事、良き表現、良き場づくりの出発点となることが、様々な形でよりはっきりと示された1年だったように思います。

 

杓子定規な固定観念や曖昧な「まとも」や「普通」に捉われ、多くの人が生きづらさを感じざるを得ない社会。自分とは違う誰かの在り方や働き方を認め、受け入れることにはそれなりの手間と時間と労力を要しますが、どれだけ効率よく、高い生産性をもって仕事をし収入を得たとしても、自分のありのままを否定され、認められない社会であったならば、それはとても淋しくむなしいものです。

 

対価の有無や大小に関わらず、自分のままに生き甲斐ややり甲斐をもって取り組むことができる仕事を人それぞれに実現し、市民団体たるNPOとして、社会福祉事業を使命とする社会福祉施設として、多様かつユーモア溢れる活動を広く社会に繋げ、発信してゆくことを一層大切にしてゆきます。

 

 

事業計画をこのブログに掲載するのははじめてのことだが、一応マジメに毎年度こんな感じでちゃんと作っていたりする。

この「はじめに」の後に、「重点実施項目」とか何とか具体的な細々としたことが続いてゆくわけであるが、むしろそれらはオマケみたいなもので(もちろん軽んじてはいない)、この「はじめに」が最も大切なものだと感じている。

 

 

昨日、毎月恒例の「全体ミーティング」を実施、あらためて活動会員(メンバー&スタッフ)全員(とはいっても参加したくない人は参加しなかったりもするし、休んでいる人や外の仕事に出ている人は当然その場にはいない。多分それでいいんである)で計画を共有した。僕とQさんとで進行を担当したのだが、時間が経つにつれ、退屈さに耐え切れずに続々とその場を離れてゆく人が頻出したのがとてもオモシロかった(やはり多分それでいいんである。ちなみに今夏開催される「平成29年度京都府相談支援従事者初任者研修」には、スウィングを代表して僕とQさんも講師として登壇させていただく予定です!)。

 

 

 

杓子定規な固定観念や曖昧な「まとも」や「普通」。

 

 

使い古された若干キモいフレーズではあるが、正に「障害のあるなしを問わず」、これらの事々にジワジワと苦しみ続けている人がメチャクチャ多いことを、ここ数年とみに実感している。枠組みを崩してゆくことばかりが良しとも思わないが、また崩した先には新たな枠組みが生まれるに違いないが、「ひとりひとり・それぞれに・当たり前に違う!」という動かし難い人間の大原則を無いことにして、恐らく「効率」や「生産性」(言ってしまえば「金」)の為に、暴力的とも言える力が社会のいたるところで働いていることを感じざるを得ない。

 

なんかもう、上手く言えないが、順番がまるっきり逆だと思う。

 

「皆、同じ人間」なのは、はい、分かった。シャラップ。うるさい。

たぶん小学生の頃くらいに道徳かなんかの時間に習って覚えた。

「皆、同じ人間」だけれども、同時に、絶対的に、それぞれ当たり前に違うのだ。

 

そっから入れ! 丸め込むな!! 丸め込まれるな!!!

違うのに! 違うのに!! 違うのに!!!

 

ちなみに昨年度の事業計画の「はじめに」も大体似たような感じ、次年度以降もやはり大体似たような感じになる見込みである。

 

木ノ戸

| スウィングにとって大事なこと | 18:46 | comments(2) | trackbacks(0)
第43回プチコロリ

CIMG3345.jpg

 

…一体いつから僕は干され続けてきたのだろう?

 

Qさんとあちゃみちゃんと一緒にはじめた「プチコロリ」なのに、いつからか全くお声がかからなくなり、「次はいつ呼ばれるのかな〜」なんて待ってるうちにもう2年半も経っとるやないかい!!!(ラスト出動は「第20回プチコロリ」→

 

そんなわけで3月某日、たまたま「誰にしよかな〜」なんて言いながら企画を練ってるあちゃみちゃんに、遂に自ら、ちょっとシャクやったけれども、「最近、全然呼んでもらってないねんけど…」と直訴し、チョー久しぶりに「第43回プチコロリ」に出動することとなった。

 

 

メンバーは増田さん(ゴミブルーの中身)、ひーちゃん、ミサさん、かなえさん、カメラマンあちゃみちゃん、そして僕(木ノ戸=ゴミブルーの中身)の6人である。 出動場所は春やし、いい季節やし、どうせなら賑やかなところ行こうぜ!! というわけで京都・祇園に決定。これがまあ予想以上の大当たり(?)で、 祇園(八坂神社&円山公園)は平日だというのに想像以上の人・ヒト・ひとの大賑わい。…7割が外国人観光客といったところだろうか。住んでるとうっかり忘れがちだが、世界的観光都市・京都の力を改めて見せつけられたような心持ちである。

 

CIMG3359.jpg

 

残りの3割、つまり外国人観光客の他は日本人観光客と観光客ではない日本人(当たり前だ)。 中でも特に目立って多かったのが、東海学園大学の新入生たち。はるばる愛知から本山である知恩院に「祖山参拝」(入学報告の儀!)にやって来て、その流れで祇園の方にも足を伸ばしたらしい。

 

CIMG3397.jpg

 

皆、楽しそうに数人のグループに分かれて歩いていたが、実は出会ったばかりでそれほど仲が良いわけではなく、とりあえずひとりにはなりたくたい! 的な気持ちや新生活への不安や緊張感を纏いながらの祇園散策だったのだろう。そんな彼ら彼女らに僕たちの存在が一時の安心感や話の種にでもなったのであれば幸いである。

 

CIMG3349.jpg

 

ところで、僕たちは八坂神社の境内からコロリはじめたのだが、人ゴミに紛れながら数少ないゴミを拾ったり(境内はとても綺麗だった)、写真を撮られたり、ゴミブルー名刺を配ったりしているうちに、いつの間にか、全く気がつかないうちに、宮司さん3人(他に関係者らしき人がもうおひとり)に物々しく取り囲まれてしまっていた。

 

 

「なんだなんだ、この光景なんか知っているぞ」と思っていると「許可なく奉仕活動をしてもらっては困る」とのお叱り。「奉仕活動」という言葉に若干の違和を覚えつつも、決められたルールを守れていなかった(知らなかった)ことは我々が悪い。すみませんでしたと素直に謝り、「奉仕活動の許可をいただきたいんですけど、どのような手続きが必要ですか?」と尋ねると「今日の今日では許可できない」。…それもそう…なのかな…ちょっと意地悪な感じだけど…な…と納得し、そこからは境内を出て円山公園に入るまで一切ゴミ拾いをしないようにした。

 

CIMG3353.jpg

 

それにしても何故あんな風に、威圧的に、鬼の形相で怒られなければならなかったのだろうか。 あちゃみちゃんなんか萎縮してしまって、すっかりシュン…としてしまって、せっかく口から生まれてきたのに、自慢のノンストップおしゃべりもしばらく成りを潜めてしまうほどだった。 「許可」を得た、たくさんの「商業目的」の露店で賑わう神社で、「無許可」の「奉仕活動」をしてしまって厳しく怒られる。大切なルールを守れなかったことはもちろん反省しているが(そういうものなんだなと勉強にもなった)、神聖な場を侵そうなんて気持ちはまるでなかったし、許可なくゴミ拾いをする人だっているに違いないし、神様はそんなに狭量なのかなあ…とモヤモヤした気持ちが残ったのも本当のところである。

 

CIMG3352.jpg

 

…とまあ愚痴はこれくらいにして、今回久しぶりに「プチコロリ」に参加して改めて感じたことは、ゴミブルーという意味の分からん存在の「力」である。 ただのおっさん(今回は僕と増田さん)がブルーのスーツにものの5分程で着替えて勝手にヒーローに変身し、エイコラ町に繰り出しゴミ拾いをするだけで、無数のスマホやカメラを向けられたり、一緒に写真を撮って欲しいと頼まれたり、手を振られたり笑かしたり、小さな子どもを不安にさせたり。

 

CIMG3404.jpg

 

「アート」という言葉はなんか違う気がするし使いたくないが、僕の頭の中では「マジック!!!」と言うフレーズが絶えず渦巻いていた。

 

CIMG3408.jpg

 

「お花見シーズン」の「京都」「祇園」は、恐らく最もこうしたマジックが起こりやすい季節、場所だったに違いないが、ビジュアルのインパクトに加えて、ただの目立ちやがり屋がヒーローの格好をして、ただ歩いているだけではなく、誰がどう見ても地味ぃ〜で真面目なゴミ拾いをしているという点も、マジックを呼び起こす「くすぐりポイント」なのではないかと感じた。

 

CIMG3394.jpg

 

お花見をしている人たちは皆さん概ね上機嫌で、それゆえにからみづらい人たちもいないではなかったが、(中身はただのおっさんなのに)「こっちに来ないか」と手招きして仲間の輪に加えてくれたり、猪や熊の肉を食べさせてくれたり、たくさんの歓迎を受けたことは本当に嬉しかった(本当は僕もビールが飲みたかった…)。大勢の人、しかもはじめて出会う人たちと短時間に関わり合いまくったのは(ヒーローなのに)もちろん疲れもしたが、ああ行ってよかった! やってよかった! と心から感じられるステキな時間であった。

 

CIMG3387.jpg

 

そんなゴミブルーを取り巻く喧噪の一方で(ある意味)「すごいなあ」と思ったのはひーちゃんとかなえさんとミサさん。 そこで何が起きても、そこがどこであってもマイペースを全く崩さず! 「町を綺麗にする」という「プチコロリ」の当たり前の本分を、ただ黙々と、ただ淡々と丁寧にこなす姿は祇園を彩る桜よりも美しかった(いや、ミサさんはいつものように時々あくびなんかしながら、いつものように世間話に花を咲かせていた。お花見だけにね!)。

 

CIMG3378.jpg

 

そして偉そうだがあちゃみちゃんと増田さんも。

 

あちゃみちゃんは八坂神社の方に怒られた凹みから立ち直った後も、「撮れない〜撮れない〜」と得意のマイナス思考&発言を終始存分に発揮しつつ、いや、いざ見てみるとすっごいエエ感じに撮れてるやん! 完全無欠の「出来ないこと」を出発点にして、努力を重ねて「出来るようになってゆくこと」。このウソのない素直な姿もまた美しい(上の写真はゴミブルーが名刺をバラバラ!っと落としてしまい、危うくゴミになりかけたところを知らない人に助けてもらっている様子)。

 

CIMG3334.jpg

 

増田さんは「これがプロってヤツよ!」とスウィングを出発した時からゴミブルーのマスクを被り、次々に襲い来る観光客(しかも殆ど外国の人)の撮影攻撃にも堂々と胸を張って応えていた。かつて出勤率3割(つまり欠勤7割)を誇り、スウィングに見学者が来るだけで緊張し過ぎて休んでいたあの頃の増田さんは一体どこへ行ってしまったのだろうか? 増田さんとはもう十数年の付き合いになるが、増田さんの(かなり過酷な)出発点を知っている僕の脳内には、やはり「マジック!!!」というフレーズがグルグルと駆け巡った。

 

CIMG3411.jpg

 

…というわけでこの日の僕たちの姿は、さまざまな国々の人たちのInstagramやらTwitterやらFacebookにアップップされたはずだ。そして既に膨大なタイムラインの底に沈みこんでしまっているだろう。それらが世界中の、一握りの人たちの心をほんのひと時でも、少しでも和らげられたのならメチャクチャ嬉しいが、やっぱりなんてったって「生」が肝心、揺るぎない基本である。

 

「プチコロリ」もいつの間にやらもう「第50回」を間近に迎えようとしているが、特にどうということなく、神出鬼没の5〜6人(元々は3〜4人だったが)による地味ぃ〜な活動をこれからも地道に丁寧に続けてゆければと思う。

 

木ノ戸

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 15:14 | comments(1) | trackbacks(0)
外はかまくら 中はまっくら 星をえがいてプラネタリウムをつくろう

 

去る2月20日(月)、ご近所・上賀茂児童館さんへワークショップ(以下WS)に行ってまいりました!

上賀茂児童館では毎月16日に「上賀茂エコアクション」というエコに関するWSをされているのですが、そちらは企画も準備も児童館でしてらっしゃるので、僕たちはただ遊びに行ってるだけなんです。そうして毎月毎月遊びに行くこと、早丸2年になります。継続は力なり!

 

で、年に3回ほど時間をもらってスウィング企画のWSもさせてもらっているのです(前回の様子はコチラ!→)が、今回お届けするのは昨年度最後のスウィング企画WSとなります。

 

タイトルは「外はかまくら 中はまっくら 星をえがいてプラネタリウムをつくろう」!!!

 

というわけで、肝心の内容ですが今回は正六角形と正五角形を組み合わせて大きなドームを作ります。ドームの内側をキラキラにデコレーションしてプラネタリウムみたいにしよう! というのが企画の趣旨です。

 

 

当日の参加者は約90名!!!

 

人数が多すぎて1階と2階に分かれてのワークショップとなりました。

まずは、段ボールに星座を描くところから…1階のグループはマジック、2階のグループは絵の具を使ってどんどん描き進めます。

 

 

「ギョウ座書くなよ…」と冷静な女子の突っ込みをものともせず、次々と面白い星座が生まれます。

 

 

段ボールが色々な色で埋め尽くされたところで今度はボタンの登場です。

 

 

この大量のボタンどうしたかって???

 

「永井合成樹脂工業株式会社」様からのご提供です!!

 

ありがとうございます!!!

 

 

たくさんのキラキラボタンで埋め尽くされたところで本日はここまで。

ボンドが乾くまでしばしお待ちを!

 

そして2日後…

 

 

ボタンがしっかり乾いたところで今度は組み立てです。

 

 

なかなかのサイズ感で、迫力あります。

さてさて肝心の中の様子はといいますと…

 

 

 

どや〜!

 

 

 

 

どや〜!!

 

 

 

 

どや〜!!!!!

 

 

段ボールの隙間から光が差し込んで、いい感じにプラネタリウムっぽい仕上がり。

 

 

お、子どもたちが帰ってきましたよ〜。

 

「六角形と五角形を組み合わせてドーム型の立体にしてるんか…」

 

よっ、冷静!!

 

 

「おやつ食べてからやで〜」という先生の声かけに「早く入りたいからおやつ1個にしとこ」となんて言う子も。

おやつより優先とは嬉しいですね。

 

今年度も上賀茂児童館さんとスウィングの交流は続きます。

さてさて、次回はどんな作品が生まれるんでしょうか???

とにもかくにも、子どもたちといっしょに楽しい時間が過ごせればと思います。

 

上賀茂児童館の子どもたち、1年間ありがとう!!!

 

(ぬまた)

| 【OYSS!】コドモとアソブ | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0)
アレじゃない方の奈良の動物???

 

78歳、Gさんがトバしている。

生き急ぐかのようにトバしている。

(もうそれほどアレなんだから、できればトバさないでほしい。)

 

しかし、送迎車はトバさない。

安全第一、トバさないから今日も窓外の景色がよく見える。

 

お、奈良ナンバーの車が見える。ここは京都、奈良は隣県。

決して珍しいことではないが、Gさんが言う。トバしてるから言う。

 

 

 

 

「鹿といえば何の動物か?」

 

 

 

…すごい。…質問の最初に堂々と答えが盛り込まれている!!!

ドライバー西川くんは考える。恐らくGさんは「奈良といえば何の動物か?」と言いたかったのではないか。

 

 

 

「鹿…ですか?」

 

 

「おお〜!!!」

 

 

 

拍手喝采するGさん。

うん、やはり当たった。答えというより読みが当たった。

しかしこんなもんでトバしているGさんは終わらない。

一発で当てられた(アンタが答え言うてもうたからや…)のが悔しかったのか、続けてこんな風に言う。

 

 

 

「鹿ともう1個は?」

 

 

 

もう1個???

はて、鹿のほかに奈良といえば! の動物なんていたっけな?

わからない。正直に答えよう。

 

 

「わからないです」

 

 

今回も残念ながら読みどおり。

Gさんは意地悪そうに、そして得意げにこうのたまう。

 

 

 

「そんなんもわからんのか〜。

 

ああ、情けなぁ!」

 

 

 

クッソ…。出だしからおかしいのはアンタの方やで。

まあいい。ここは素直に教えを請うてみよう。

 

 

「はい。わからないです。教えてください」

 

 

しゃあないなあ…みたいな雰囲気を全身全霊をかけて醸し出すGさん。

こんなところで命の無駄遣いはぜひとも辞めていただきたい。

 

 

 

「イノ! イノや!!」

 

 

 

…イノ!? …イノ!?? …何それ???

まあ、でも、アレしかないか。

 

 

 

 

 「イノシシ…ですか?」

 

 

「違うわ! そんなもん、どこでもおる!!」

 

 

 

そんなもん、どこでもは絶対おらんわ!!!

なんや、なんや、「イノ」って一体なんなんや?

すると窓外をキョロキョロ見回すGさん。何かを見つけたようだ。

 

 

 

「お! あれや!!」

 

 

 

あれ? どれ? 

指差すGさんの、視線の先を辿ると〜…そこには〜……イヌ!!! 

 

 

どこでもおるわ!!!!!

どこでもおるからそこにもおるんや!!!!!

 

木ノ戸

| 知らんのぉ!? | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ランキングに投票してください!!
人気ブログランキングへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE