Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
未知との遭遇

P_20190101_130010_vHDR_On.jpg

 

今年は「チャレンジ」の年と決めた。曲がりなりにも41年間を生きてきたが、こんな真っ当な目標を持ったのは生まれてはじめてのことだ。けれどここには僕なりの切実さがある。スウィングを通しての実践や発言だけを見たならば、結構大胆なことをやっているように思われているかもしれない。が、実は(……なんて大袈裟に言うのも恥ずかしいが)僕はこれまで海外旅行はおろか、ひとり旅すら一度もしたことがない、相当なチキン野郎なのである。

 

そもそも興味がなかった……とも言えるし、これまで歩んできた人生の各場面には、なんだかんだ家族や友人やパートナーがいたことも大きかったのだと思う。けれど僕にとって、ひとりで行動し、ひとりで経験するということは不安いっぱい、「怖いよ〜、心細いよ〜」の叫び渦巻く、まるで未知の世界なのである。

 

ココルームの上田假奈代さんに「孤独は味方につけるものよ」と諭されたのは2年前くらい前のことだったろうか。人はひとりでは生きてゆけないが、それでも、どこまでいっても「私」という人間は絶対的にただの独りだ。誰かの人生をとってかわって生きることはできないし、僕の人生は僕だけにしか生きられない。

ここ数年、いろいろなことがあった。離婚を経験し、それなりに白い目で見られ、世間に対して負い目を感じ、と同時に刷り込まれてきた家族や生き方の「型」のようなものの脆弱さと限界を改めて実感し、新たな繋がりや生き方を模索している人たちの存在を知った。

 

「孤独は味方につけるものよ」

 

少しずつ假奈代さんの言葉の意味が、腑に落ちてきたような気がしている。

 

「自分のこれから」と「スウィングのこれから」をごっちゃにしてはいけないと悩んでいるとき、「なに言ってるの。スウィングはあなたのことよ」とサラッと言ってくれたのも假奈代さんだ。上田假奈代の言葉の影響がデカすぎるのが少々気になるが、スウィングを創り続けてゆくことは僕にとって恐らくライフワーク。まだまだ更新してゆく気は満々だし、こんな僕でも頼りにしてくれる人が確かに存在しているわけだし、そのためにも僕は僕自身を更新しなければいけない。更新し、生きる術を磨き、新たな繋がりを生み出し、もっともっと自分本来の姿に戻ってゆかねばならない。

 

 

しかし「チャレンジ」とは味も素っ気もないしダサすぎるし漠然としすぎている。じゃあ、スピルバーグの大好きな映画にあやかり「未知との遭遇」と言い換えてみよう。よし。少しやるべきことがはっきりしたような気がする。どんなに小さなことでも構わない。自分にとっての未知、つまり「はじめて」に出会う実験を繰り返してゆくのだ。たとえ宇宙人には出会えないとしても。

 

これまで、このブログでも僕なりの挑戦を重ねてきた。スウィングという公的な場の発信のなかに非常に私的な話題を放り込んでみたり、隙あらばギリギリアウトを狙い、セーフゾーンを広げてゆこうと模索してきた。その模索がどう実を結んだのか、あるいはその模索によって何を失ったかのは分からない。が、模索を続ける意気込みだけは変わらない。公と私、ワークとライフ、働くことと遊ぶこと、家族と家族ならざるもの、健常と障害、アートとアウトサイダーアート……。これまで当たり前に区別されてきた物事の境界が揺らぎ、既にもう全国各地、いや恐らく世界各地で、これからの時代を生き抜くための「越境」がはじまっている。越境し、更新し、未知なる何かに出会うために。

 

木ノ戸

| ひとりごと | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0)
第61回プチコロリ 〜徳島・神山編〜

 

去る2018年11月22日〜23日、徳島県にある「niyary.」へ行ってきました。

丁寧なおもてなしを受け、徳島県の魅力をたくさん伝えてもらい心身ともにお腹いっぱいの2日間でした。

 

2日目に案内してもらった「神山町」は「日本のシリコンバレー」と呼ばれており、たくさんのベンチャー企業がサテライトオフィスを開設しています。そんな神山町にある小学校を会場に、この日は「4K・VR 徳島映画祭 2018」が開催されていました。この映画祭は今年で4年目だそうですが、駐車場となったグラウンドには県外ナンバーの車もたくさん停まっており注目度の高さが伺えます。

 

 

最先端の4K、8K映像やVRの映像技術を体験できるというすごいお祭りでした。

 

…というわけで(ゴミコロ支部でもある)niyary.の皆さんと一緒に会場内をプチコロリしてまいりました。最先端の映画祭と最先端(?)の清掃活動部隊・ゴミブルーが出会う時、何が起こるのでしょうか???

 

 

駐車場にいた若者たちにごあいさつ。いい感じのリアクションでなかなかの滑り出しです。

 

 

受付のお姉さんにもごあいさつ。受付のすぐ横にゴミ箱がありました。会場内はゴミ少ないかな〜。

 

 

お〜い少年〜。めっちゃリアルなVR映像の向こうにはリアルヒーローがいるよ〜。

 

 

はい、名刺どうぞ〜。

 

 

やっぱり校舎内はゴミ少ないな〜。外回りしましょ。

 

 

これか〜? これはゴミブルーバッジや。ゆいこちゃんが作ってくれたんや。

 

 

お、畑にゴミが!! いくよ〜!! アレいくよ〜!! 畑に着地せずに空中でゴミ拾うアレいくよ〜!!

 

 

はいっっ!!!

 

 

拾いましたっ!!!

 

 

戻ってきましたっ!!!

 

はい、そこのアナタ。「動画ないの?」とか屁理屈をこねない!!

 

 

NPO法人グリーンバレー」の河野さん(通称:ニコライさん)にガッツリ興味を持っていただきました。

 

 

次号のグリーンバレーの会報の表紙にしてもらえるとかもらえないとか…。

 

さてさてそんなワケで神山の子どもたちにはもちろん人気のゴミブルーでしたが、映画祭の会場全体で受け入れてもらえた印象があり、出張プチコロリを満喫できました。神山町の皆さま、ありがとうございました。

 

 

沈む夕日をぼんやり眺めながら「また来年も来れたらいいな〜」と思うゴミブルーでした。niyary.の皆さま、徳島県のエエトコを丁寧に案内していただいた佐々木さん、本当に素敵な2日間でした。ありがとうございました。

 

(ぬまた)

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 13:04 | comments(0) | trackbacks(0)
「人材難」とは誰のことぞ?

 

「人材難」という言葉をよく聞く 。

実際、人材難だなあと思うこともあれば、

そうでもないんじゃないかなあと思うこともある。

 

……はたと気づく。

人材難を嘆いている人はいつも他人事。

いつだってどこかの誰かのことを重々しく語っている。 

 

……ギクリと気づく。

ひょっとすると人材難とは自分自身のことではないか、と。

自分自身が人材難と言われる、そのひとりなのではないか、と。

 

なるほど、そういうことか。

確かに、確かに、人材難。

 

これでもう、人材難などという偉そうなことを言って

悩んでいるふりをする必要がなくなったぞ。

 

いや、どいつもこいつも人材難なのだから

もうそんな言葉自体なくなってしまうぞ。

 

木ノ戸

| ひとりごと | 18:41 | comments(2) | trackbacks(0)
【謹賀新年】ART AGERU!余波

 

あけましておめでとうございます。スウィングは本日より新たな1年の一歩を踏み出しました。あっと言う間に正月気分も忘れ去り、またいろいろある毎日が怒涛のように押し寄せるのでしょうが、まあそれはそれとして、抜けるような晴天のもと、のんびり初詣に行ったり穏やかな年始めとなりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

P_20181230_132325_vHDR_On.jpg

 

……と、ここからは少し時間を巻き戻して昨年末、世界へ向けて発送したフリーペーパー「Swinging」最新号について書きたい。だってどうしても書きたいの! 時は2018年12月30日。ところは愛媛県松山市「三津浜(みつはま)」。三津浜は僕の実家から車で20分くらいで着いてしまう、いわば「近所」なのであるが、にもかかわらず、そのとき僕は、生まれてはじめてそこにいた。なぜなら僕が十代の多感な時期を過ごしていたその当時、三津浜は「目が合ったら最後、ボコボコにされるから決して行ってはいけない」地域とされ、その恐ろしい「北斗の拳」のような都市伝説をすっかり信じ込み、そしてビビってしまった僕は、絶対に足を踏み入れまいと心に誓っていたからだ。

 

P_20181230_133951_vHDR_On.jpg

 

あれから20余年。打って変わって噂に聞く三津浜はレトロでモダンで「何かがはじまっている予感」に満ちていて、ありがたいことにSwingingもたくさん届けられている。一体どっちなのだ? 目ボコボコ都市伝説か、レトロモダンはじまり予感かどっちなのだ? 「行けばわかるさ、迷わず行けよ」というわけで、とんでもなくありがたいことに全国に数名存在する「Swingingを個人的に、そして大量に手配りしてくださっている超強力サポーター」のおひとり、田村恵理さんにお願いして、三津浜手配り大作戦に同行したのである。

 

P_20181230_123326_vHDR_On.jpg

 

……何と言ったらいいのだろう。はじめて訪れた三津浜は、メチャクチャ素敵な町であった(ちちち陳腐!!!)。まさに「灯台もと暗し」、何で今まで知らなかったの! バカバカバカ! てな感じである。聞くところによれば若いクリエイター達が中心になって地域活性化(でいいと思う)が進められているらしいのだが、そういうのによくある「文化の上塗り」みたいな町づくり、あるいは一過性のお祭り騒ぎ的アートプロジェクトではなくって、そこで確かに、時間をかけて紡がれてきた文化を大切に大切に守りつつ、新たな感性で町を更新してゆこう! という地道で丁寧な気概が感じられ、感激しまくったのである。

 

P_20181230_143619_vHDR_On.jpg

 

そう。隣の芝はいつだって青い。そんなええことばっかりでもないのだろうし、たかだか数時間の滞在で知ったふうなことを言ってはいけないのかもしれない。けれどそのたった数時間の滞在で僕に見えたモノが最高に素敵だったことは、紛れもない事実なのである。……あれ? ……なんか違う。……Swingingのことを書くつもりが三津浜賛歌みたいになってもうてる!

 

P_20181230_121321_vHDR_On.jpg

 

で! だ。自分が配ればいいものの、「恥ずかしいから」という理由で田村さんの手からSwingingが三津浜の人々の手へと直に渡るその光景を見て、僕はまたもメチャクチャ感激してしまった。……ああ、皆さんが本当に喜んでくれている。……こんなにも、こんなにも大切に扱ってもらっている。11,000部という発行部数をついつい自慢げに言ってしまったり、それがどんな数字なのか時々分からなくなってしまうけれど、「顔が見える」って、やっぱりとっても大切なことだった(そしてやっぱり恥ずかしい)。

 

 

「感謝」という言葉は使い慣れないが、それが自然と湧き出てきたときには素直に表さねばならぬ。仕事であろうが何であろうが、全国各地に届けて下さっている業者(?)の皆さん、毎号コロコロ変わるテーマに最高のデザインや写真で応えてくれるNeki.incの皆さん、そして何より誰より、いつも楽しみに待って下さる皆さん、賛助会員の皆さん、配架先の皆さんに心から感謝です。改めまして、ART AGERU! Present for you from Swing どす!

 

 

……と、ここからは時間を今日に戻す。もちょっとお付き合いください。今号には「挟み込み別紙」というダサい名前の別紙があるのだが、そこには「今号ができるまで」的なことを、zakka灯台(青森)の藤巻店長をインタビュアーに迎え、語らせていただいている。(実際に読んでもらうのが一番なのだが)そのなかで我々の妄想が暴走し、このフリーペーパーをレジに通したら「100万円」て表示されるだの、その代わりに100万円引きのクーポン券を発行するだのという、割とどうでもいいくだりがある。

 

49294907_320409508569733_7372471406950350848_n.jpg

 

で! だ。本日の昼間、藤巻氏から「例の100万円のやつです!」という謎のメッセージを受け取る。それは何のやつだ?と思いながら添付された画像を見てみると……妄想の暴走をリアルにしているではないか! 

 

49614577_365197570936609_4370886009802457088_n.jpg

 

ヒマか!!!

 

49315615_209735689978838_8349786714029424640_n.jpg

 

アホか!!!

 

……しかしまあ、愛とアート的なアレに満ち満ちたこの件、ソッコー終礼で皆に報告し、ハチャメチャに喜んだことは言うまでもない。そんなわけでフリーペーパー「Swinging Vol.25/ART AGERU!」は、そのシンプルなテーマゆえか、すでにいろいろな方から好意的なリアクションの数々をいただいている。本当にありがとうございます。引き続き、配架先&賛助会員も募集しておりますのでどうぞよろしくお願いいたします!

 

木ノ戸

 

★配架先募集!!!

・ 1ヵ所につき5部〜20部を送らせていただくのが基本です。

・「ここぞ!」というところをご紹介ください。

・「Swingingを個人的に手配りしてくださる超強力サポーター」も募集しております!

 

★賛助会員(サポーター)募集!!!

・賛助会員の皆さまには、フリーペーパー「Swinging」(年2回発行)をお届けします。

・会費を納入していただいた方には、スウィング製オリジナルアートグッズを贈らせていただきます。

・詳しくはコチラ! →

 

→ Tel:075-712-7930

→ Mail:swing.npo@gaia.eonet.ne.jp

→ Facebookをご利用の方はこちらからメッセージを送っていただいても! →

→ 担当:木ノ戸・紀野

| 感激!!! | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0)
Swinging Vol.25、間もなく発送!!!

Swinging スウィンギング Vol.25  2018年12月1日発行
発行:NPO法人スウィング/編集:木ノ戸昌幸/
制作:木ノ戸昌幸・亀井友美/絵と詩:オレたちひょうげん族/デザイン:桶川真由子・坂田佐武郎(Neki.inc)/写真:成田舞(Neki.inc)・NPO法人スウィング

 

ただ今発送作業中!!!

ただ今発送作業中!!!

 

NPO法人スウィングのフリーペーパー最新号「Swinging Vol.25」が完成、間もなく全国各地に向かって発送いたします! 東京・吉祥寺で開催した「親の年金をつかってキャバクラ SWING EXPO」東京展(2018年12月14日〜18日)にご来場いただいた皆さまには先行配布させてもらったのですが、ちょっといろいろいろいろありまして、早ければ年内に、遅ければ年明けにお届け……という感じで作業を進めております。

 

 

最近、目まぐるしく見た目や内容が変わっているSwinging。今号も既視感ゼロ! そして初のテキストもゼロ! となっております。というのも今号のテーマは「ART AGERU!」(アートあげる!)。暮らしにアートを! なんて恥ずかしいことを実は本気で思っている次第でありまして、で、そんな思いをスウィングなりに実現させるにはどうしたらええかなあ……と考えた結果、厳選12作品(表紙&裏表紙含む)を掲載した、どこでもお気軽に飾れちゃう作品集のような仕上がりになりました。テーマとどう違うのかはうまく説明できませんが、コンセプトは「日付のないカレンダー」。「題名のない音楽会」みたいで何かカッコええなあ! おい!

 

 

制作への思いは、「たまたまそのタイミングで」スウィングに来ていたzakka灯台・藤巻テンチョーを無理やりインタビュアー(?)に迎え、挟み込み別紙(ダサい!)にて熱く語っておりますので是非ご一読ください。

 

 

そして封筒も限定特別仕様! これらすべてを素敵にデザインしてくれたのはNeki.incの坂田佐武郎さん、桶川真由子さんのおふたり。そして写真は同じくNeki.incの成田舞さんによるものです(一部、除く)。毎度、本当にありがとう! 

 

サポーター(賛助会員)の皆さまのお手元には必ず、確実にお届けしますが(ただし2年以上、年会費未納の方は会員登録を抹消させていただいております)、現在、全国各地、およそ350箇所のカフェやお店やどこかに置いております。まだまだ「こんなトコあるけど、まだ置いてないみたいやけど、どや?」情報があれば下記までよろしくお願いいたします!

 

→ Tel:075-712-7930

→ Mail:swing.npo@gaia.eonet.ne.jp

→ Facebookをご利用の方はこちらからメッセージを送っていただいても! →

→ 担当:木ノ戸・紀野

→ 1ヵ所につき5部〜20部を送らせていただくのが基本です。

 

また、引き続きSwingingの発行を支えてくださるサポーターも募集しておりますのでぜひぜひよろしくお願いいたします!→

 

 

ただ今発送作業中!!!

ただ今発送作業中!!!

 

皆さまの暮らしの中に、ほんの少しの彩りをお届けできたらと願っております。

NPO法人スウィングのフリーペーパー最新号「Swinging Vol.25」は間もなくの発送です!!!

木ノ戸

| NEWSっす! | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE