Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
GJ2H 2020

 

昨日、のっぴきならない事情があり京都府福知山市へと向かった。

京都縦貫自動車道を使って約2時間。

用件を済ませ、お昼ご飯を食べ、ささっと帰路について2時間で帰るはずが……どこかで道を間違ってしまったようだ。

 

おお、おお、「篠山(ささやま/兵庫県丹波篠山市)」のほうに向かっちゃってる。

 

 

懐かしいな。篠山って言えばGさんの故郷じゃないか。

忘れもしない。もう10年くらい前に一度いっしょに行ったことがある。

当時、入院していた彼のお姉さんのお見舞いをして(その後亡くなられた)、ご実家も訪ねた。

そうそう、山を登ってお墓参りもした。まだ「土葬」の文化が残っていて強烈に驚いたなあ、あんときは。

 

懐かしい思い出話を旅の同行者である友人たちに話していると、寄るはずだったサービスエリアを、すす〜っと通り過ぎてしまう。

 

やってしまった。

ナビの表示とリアルな景色がズレていたので、「ここじゃない」と思ってしまったのだ。

間もなくなくなるガソリンを入れるはずだったのに、ナビ頼りはあかんね、ホントに……。

 

「篠山で降りたらありますよ」

 

父方の実家が篠山であるという、若い友人がそう言ってくれる。

え? Gさんと同郷?? それもまた奇遇だねー。

 

「丹南篠山口」という出口で降りると、すぐにガソリンスタンドは見つかり、事なきを得る。

ガス欠の心配を回避し、(やっぱりナビ頼りで)あらためてルートを再探索すると、あれ? 高速乗っても下道で行ってもほとんど時間が変わらないじゃない。

じゃあ、もちろんお金かかんないほうで行くに決まっている。下道のほうが断然、運転も楽しいしね。

 

そして再び、なんたる偶然。

 

途中、車は友人のおじいちゃんのお墓のすぐそばを、かすめるように通ったのだ。

「篠山」ってひと言で言っても随分と広い。総面積は377.59平方キロメートルもあるんだから。

道を間違えて、ガソリン入れ損ねなかったら絶対にこうはならなかった。

いやあ、いろいろ間違えてみるもんだね。

間違えるから人生は面白いんだな。

 

 

でも、さすがに、この十数分後に起こることは、全く予想だにしていなかった。

 

なんとなく、なんとなく。

車窓を流れる景色が、あの日見たG実家の記憶(GJK)と重なるようになってきたのだ。


まさか……。


でも興奮して「ここかもしれない! ここかもしれない!」とかしきりに言い出したもんだから、さしずめ僕は「狼少年」のようなものだったろう。

 

 

しかししかし、「西野々(にしのの)」と書かれた標識を見た途端、僕は思わずハンドルを左に切る。

だってGさん、「にしのの、にしのの」言うてはってん! 

普段からよー言うてはったし、あんときも確かに「西野々」を目印にしててん!

 

のどかな里山の風景の中を行く。

確信はないが、不思議と迷いもない。

 

 

 

「着いた。たぶん、ここや」

 

 

ひとり車を降り、家の敷地へと入る(勝手に入ってスミマセン!)。

胸を高鳴らせながら、「畑」(Gさんの名字)を期待して表札を見るが、まったく違う。

 

 

でも、やはりこれは、あの日見た景色とクリソツのように感じる。

およそ10年前。それもたった一度。しかもGさんの案内で来たきりだが。

 

100パーセントの自信は持てないまま、数枚写真だけ撮らせてもらう(勝手にスミマセン!)

胸の高鳴りはそのままだ。もう覚えてないかもしれないが早くGさんに確認したい。

 

いや、その前にあのときの写真がないか、スウィングで確かめてみよう。

 

 

そしてつい先ほど。

 

まずは過去のブログにそれらしい写真を発見し、「やはり」の思いが更に高まる。


写真は2011年、9年前だ。

 

 

これが昨日撮らせてもらった写真。

似ている、似ている。

 

 

ほら、これも!!

 

図書館工事の最中にどこいったか分かんなくなっていた、過去の写真データが入った外付HDDを発見する。

しかし、よりにもよって2011年については【別USB内にアリ/コピー不可】とある。

別USB、あった。でも、コピー不可どころかほぼぶっ壊れていて、ちっちゃ〜いデータが一瞬見えるのみだ。

 

その一瞬をなんとか逃さずスクリーンショットをかまして、拡大した1枚が1番上の写真である。

 

 

これのこと。  

Gさん、ピースしてはる。

 

 

これが昨日のほぼ全景。

 

 

そしてこれが、2011年の。


ああ、もう間違いない。

こりゃあスゴい……。

 

こうして期せずしてGさん実家、2度目の訪問(GJ2H)と相成ったわけだが、なんか理由があるんじゃないかと思ってしまう。

 

ただの偶然にしてはできすぎている。

つまり、何かに導かれたような気がしている。

 

 

なぜだろう? Gさん、もっかい実家が見たいのかな?

それともご先祖様に呼ばれたのかな?

 

とにかく、もう場所は完璧にインプットした。

折を見て、ひとときの里帰りをお誘いしてみようと思う。

 

GJ2H 2020.

 

木ノ戸

 

★お願い/視察・見学について★

・大変ありがたいことに、日々視察・見学の依頼をいただいております。

・が、その対応(連絡・調整)に担当者が追われまくっている、という状況があります。。。

・スウィングの見学日は毎月第3水曜日と第4金曜日となります。 

・時間、料金、定員、プログラム等の詳細については下記ブログをご覧ください。

 

2019.03.04 Monday

見学日を月2回(毎月第3水・第4金)とさせていただきます。

http://garden.swing-npo.com/?eid=1400635

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

NPO法人スウィング

木ノ戸昌幸

| THEE G | 22:26 | comments(0) | -
京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」@オール・ジャパニーズ・ヤングメン

 

なぜか京都市バスの路線・系統を(ほぼ)丸暗記しているQ&XLのヘンタイ記憶を駆使し、観光客やお困りの方にベストな行き方、乗り継ぎをご案内する京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」。

 

去る3月17日(火)。

 

64回目の出動日を迎えた我々であるが、新型コロナ騒ぎによって観光都市・京都を訪れる人が激減しているのは周知の事実。さて、こんな状況下で我々を必要としてくれる「迷い人」たちが一体どこにいるのか?

ああ、この活動が「観光」によって成り立っていることを改めて痛感する。ただの1円にもならないというのに、この、胸にポッカリと穴が開いたような感じはなんだ?

 

いや、ポッカリにポカ〜ンとするのではなく、今しかできないことをして、少し先の未来の肥やしにしようではないか。つまり普段、案内ばかりしている我々が逆に主要な観光地を巡って、今、実際にどんな感じなのか、自らの目で確かめてみようではないか。というわけでレッツ! リサーチ!!

 

……といっても限られた時間で行けるところは限られるよね。
じゃあ、まずは金閣寺、それから嵐山、最後に二条城というルートはどうかな?

え? なに言ってんの、Qさん。「錦林車庫」って全然主要な観光地ちゃうから。車庫やから。 

え? 清水寺? 確かに行ってみたいけどちょっと離れてるから時間的に厳しいかな〜。

あ、その代わりにこの3つの他にも行けそうなところがあれば柔軟に寄ることにしよ?

 

すごい。

まるで我々がベタな観光客みたいだ。

 

 

さて、まずは言わずと知れたゴールデンテンポー、金閣寺へ。

スウィングからは車で15分程度である。

 

わーわーわー。

いや本当に、バス停にも驚くほど人が少ない。

 

 

わーわーわー。

金閣寺前のこの通りがこんなスカスカなんて信じられない。

 

最近は「伏見稲荷大社」が注目されがちだが、我々の実感としてはやっぱりここが一番すごいのだ。

金ピカの、不動のナンバー1なのだ。

 

 

金閣寺でこうだと他はもっと閑散としてるんだろうな……。

そんなふうに想像しながら、続いて嵐山へと向かう。その途上にある有名どころは龍安寺、そして仁和寺。

 

どちらも立地的にあまり案内が必要とは思えず、この活動をしたことはないのだが、う〜ん、やっぱりガラガラ。

 

 

特に観光バスが本当に少なく、「観光バス業界、だいじょうぶでしょうか?」と美馬君(写真撮影)が心配する……。

 

 

 

 

「もうすぐや」

 

 

さて、嵐山へと向かう山を越えていると(名前は分からないが、とにかく山を越える)、Q氏がこう声をかけてくれる。


もうすぐ着くのは個人的に楽しみにしていた「山越中町(やまごえなかちょう)」バス停。


【金閣寺から嵐山へ】、そしてその反対の【嵐山から金閣寺へ】という鉄板観光ルートの乗り換え地点、それが「山越中町」なのだが、これまで幾度となく「迷い人」たちに案内してきたものの、実際に見たことがないのはもちろん、それがどこにあるのか? も僕はまったく知らなかったのだ。

 

 

このことを皆に話すと、XL氏でさえ今回が「初」らしく、実物(?)を見たり使ったことがあるのはQ氏のみであることが判明。

一同、「おお、ここかあ!」とキラキラ愛に満ちた眼差しで、この山中にあるバス停(っていうか車庫?)を見つめ、不思議な感慨に浸る。

 

 

ちなみにQ氏が「山越中町」バス停を使ったのも随分昔のことらしく、「仕事をサボってバスで彷徨っていた過去の行き先」のひとつだったという。

 

ちなみにちなみに彼が「仕事をサボってバスで彷徨っていた過去の行き先」は「山のほう」がほとんどで、中でも最も重宝していたのは、(僕たちが聞く限りでは)断トツで「大原」だ。

 

 

 

京都 大原 三千院 恋に疲れた女がひとり〜♪

 

 

という有名な歌(女ひとり/デューク・エイセス)があるが、恋に疲れた女ひとりと仕事サボった男ひとりが出会うことはなかったのだろうか?

 

勝手に決めつけてしまうと、当時人生の「迷い人」だったQ氏はバスであちこち彷徨いまくり、そしてヘンタイ知識を蓄えまくった。

 

今、その経験と知識を存分に活かし、世界中の「迷い人」を助けているのだとしたら、いや、やっぱり人生は分からない。

 

 

さて「分からない」のは、目下の状況も同じであった。

 

途中、大覚寺を経由し、やはり閑散としていることを確認。

タクシーの待機所にただの1台も待機していない。

 

この分だと当然、嵐山もスカスカなんだろうなあと行ってみると……。

 

 

おお! おお! いやいや、これは意外!!

 

 

観光バスこそ少ないものの、大勢の人出で賑わっているではないか!!!

 

 

ひょっとしてこのポスターの効果かもしれないねえ。

 

そして想像するに、嵐山がお寺や神社ではなく、広々とした「外」であることも大きいんじゃないだろうか。

 

 

兎にも角にも、この状況ってばアレができるんじゃない? 我々の本来のお仕事であるアレが!

 

昨年11月は京都駅・南口のリサーチで「やってない」。12月は年末で慌ただしいから「やってない」。1月は銀閣寺で「まあちょろっと」。2月はQ氏の失踪事件もあって「やってない」。つまりここ4ヶ月でアレしたのは1月の「まあちょろっと」だけじゃないか!

 

 

全員、異議なし。

 

急遽我々の本分であるアレ、人力交通案内をこの地で実施することとなったのである。

 

 

さて、一発目のこの方たちは二条城に行きたいと。ほおほお、鉄板な感じですね。

実は僕たちも今日行くつもりだったんだよ。でも君たちの姿を見てあんまり嬉しかったもんだから、ここに留まることに決めたんだ。

さあQさん、XLさん、さっさと案内しちゃってください!

 

 

「あれ?? 出てこーへん!」

 

 

この活動において、いちばん言ってはいけないことを思い切り口走るXL氏。

片や考え込んだまま、黙り込んでいるQ氏。

 

まさかのフリーズ!! 

まさかのポンコツ!!

 

なるほど、彼らのヘンタイも「月イチ発揮すること」によって磨かれ続けるわけか……。

なんとかヘンタイを奥底から絞り出し、案内を終え、その後は尻上がりに調子を取り戻した2人。

月1回でも続けるってマジ大事。継続性の大切さを身に沁みて実感した瞬間であった。

 

 

え? 「西ノ京円町」に行きたい?? えっとそんな何もないけど、そこからどこへ??

ああ、やっぱり金閣寺ね。すいてたよー。さっき見てきたよー。

スマホを見せてもらうと確かに「西ノ京円町」で204か205に乗り換えるルートが表示されている。けれど我々のおススメはやっぱり「山越中町」経由ルート。こっちのほうが混まないし、スイスイ行ける(と思ってる)んだよ。ついさっき通ってここまで来たしね。

 

通り向こうのバス停から11に乗って、「山越中町」で59に乗り換えてね。

ほんで最後は「金閣寺前」で下車してください。

ところでどこから来たの? ああ横浜! いいねー。 

じゃ、「メリーさん」って知ってる? 知らない? そうかあ、知らない世代なんだねー。

 

……話が急に飛ぶが、金閣寺の近くには「金閣寺前」バス停と「金閣寺道」バス停があり、このことについては以前詳しく書いた(→)。

しかし先日、3月20日のダイヤ改正によって「金閣寺前」バス停は「休止」されることになったという。

不便を感じておられる地元の方もいるようで、本日の京都新聞(3/26付)に記事を見つけたのでここに転載する。

 

 

京都市交通局がこのほど実施した市バスのダイヤ改正に伴い、一部系統で経路変更のため、停留所が休止になることに住民が不満を募らせている。市は観光客の増加で生じた混雑対策のためと説明しているが、設置から60年も経過するバス停の休止に住民らは「観光客の利便性のため、どうして住民が犠牲になるのか」と反発している。 

 

休止になった停留所は、北区のきぬかけの路にある「金閣寺前」と「衣笠総門町」。立命館大学前と三条京阪前を結ぶ12号系統と、山越中町と三条京阪前を結ぶ59号系統が停車する。両停留所は1959年に設置された。  

近年の観光客の増加に伴い、金閣寺前の停留所に利用が集中して両系統が混雑しており、市交通局は2016年秋から春秋の観光シーズンの土日を中心に2カ所のバス停を休止している。きぬかけの路を通らず、西大路通を経由するルートに変更してきた。  

同局は、この混雑緩和策に効果があったとして、ダイヤ改正した20日から試行的に通年で実施することを決め、今月3日に住民説明会を開いた。参加した近隣の女性(72)は四条烏丸方面に仕事で週5日利用しており、「観光シーズンの経路変更は我慢してきた。それが通年なんておかしい。市バスは『市民の足』ではないのか」と憤り、「高齢者が多く住む地域なので、自宅近くのバス停がなくなるのは死活問題」と訴える。  

同局は「試行的に休止するので廃止ではない。短期間で経路変更を再び行うことは困難だが、利用状況を見ていきたい」とする。住民がバス停を利用する赤阪町町内会の吉田実会長(68)は「試行的とするなら住民の意見を聞き、その意見を反映して元に戻してほしい」と話している。

 

以上

 

 

ところで今回我々が案内したのはなんと全員! 日本人の若者たちであった。

全部日本語で事足りたことなんて、一体いつぶりだろう。

お土産屋の店員さんにその辺りのことを尋ねると、最近は海外からの観光客、そして年配の方はほとんどおらず、やはり(着物を着た)日本の若者ばかりということであった。

 

その若者たちに今回僕が必ず尋ねたこと。

それは上記の通り「どこから来たの?」である。時々答えたくなさそうにしていた女子たちがいたような気もするが、その目的はただひとつ、東京・恵比寿「ACM gallery」で開催中のXL個展を、隙あらば紹介するためだ。

 

 

……と「千本釈迦堂」に行きたいという渋い案内を求めてきたこの若者に「どこから来たの?」をかましてみると、僕と同じ愛媛県出身。

それも詳しく聞けば、なんとなんと実家から車で15分程のところに住んでいることが分かった。

 

世間は狭い。

 

 

はいはい、え? 「ばえる」ところに行きたい?

それならやっぱり「伏見稲荷大社」じゃないかなあ、ほら、千本鳥居。

「へー、そんなとこあるんだあ」ってどこから来たの?

なに? 京都の人!?? 知らなかったの?? そんなことあるんだあ……。

 

ここから(京都市バスじゃなくって)「京都バス」の72か73か76か77に乗って、京都駅で今度は「京都市バス」に乗り換え。

「のりば」がややこしけど、何とか見つけて南5か急行105に乗って「稲荷大社前」で降りてください。

 

 

お次はまたまた二条城へ行きたいという、この2人。

もうスムーズやでー。京都バスの62か63か66か67に乗って「堀川御池」で下車。

そっから歩いてすぐですよ。

 

で、どこから来たの? 

え? 東京? 池袋??

遂に見つけた! 近所やん! 

ACM galleryのもう近所やん!

 

しかしXL個展も会期途中での一時中断が決まった。

ACM galleryの杉本志乃さんは「状況を見極めながら再開の日程を決めたい」と言って下さっている。

事態が落ち着き、安心して皆さまに足を運んでいただける日が来ることを願うばかりだ。

 

 

あっと言う間にときは行き過ぎ、この日の案内は無事に終了。

 

行き先で一番多かったのは、やっぱり断トツで金閣寺。オール・ジャパニーズ・ヤングメンを相手にしても、その圧倒的強さはさすがであった。

 

 

もう時間も遅かったが、心地よい疲労感とともに二条城へと車を走らせる。

偶然世界一イカした喫茶店を見つけ、「今度行こう」と心に誓う。

 

 

二条城はガラガラだったが、もう16時を過ぎていたのでなんとも言えない感じ(16時受付終了/17時閉城)。。。

 

 

正直、僕はこの日の道中や案内がとても楽しかった。それにこの状況下だから、できるだけ早くレポートを書くつもりだった。

でも次年度に向けた予算立案やらを優先しているうち、およそ2週間のタイムラグが生じてしまった。

 

2週間前は、まだ楽しい気持ちそのままに書けていたように思う。でもジャスト今は、こんなレポートを書くのは「不謹慎!」と言われかねない雰囲気が漂っているように感じる。

見えないウィルスも感染の広がりも確かに不安だし、そもそも諸行無常の世の中だ。

 

でも。

 

 

先日、テレビのない我が家に念願のラジオを導入して驚いたのは、新型コロナウィルスについての、あまりにも多くの情報量である。聴いているのが辛くなり消してしまうと、当たり前だが穏やかな静寂が訪れる。

 

耳を塞ぎたいわけではない。

 

現に毎日のように行政からは関連メールが送られてくるし、Facebookのタイムラインに流れるトピックの多くも、新型コロナ関連のものだ。けれどウィルス以上に感染が拡大しているのは有象無象の情報であり、それに掻き立てられる「不安」のように思えてならない。

 

 

花を育てていると、ご近所との会話が弾む。

仕事が休みだった昨日(3月26日)の午前中、シクラメンの世話をしていると近所のO島さんがやって来て、立ち話になった。

世間の空気はどこ吹く風、ひたすら「胃腸の健康」について話をしたのだが、去り際にO島さんは空を見上げて清々しくこう言った。

 

 

「天気が良ければ、それだけで気持ちがええなあ!」

 

 

強い!!! と思った。

 

次回、京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」は一応4月27日(月)、木ノ戸の誕生日(そしてQ氏の誕生日の翌々日)に京都のどこかに出没予定である。

 

木ノ戸

 

★お願い/視察・見学について★

・大変ありがたいことに、日々視察・見学の依頼をいただいております。

・が、その対応(連絡・調整)に担当者が追われまくっている、という状況があります。。。

・スウィングの見学日は毎月第3水曜日と第4金曜日となります。 

・時間、料金、定員、プログラム等の詳細については下記ブログをご覧ください。

 

2019.03.04 Monday

見学日を月2回(毎月第3水・第4金)とさせていただきます。

http://garden.swing-npo.com/?eid=1400635

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

NPO法人スウィング

木ノ戸昌幸

| 【OYSS!】京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」 | 16:21 | comments(0) | -
あきらめの春

 

2020年3月18日(水)、137回目のゴミコロリ。

ああ、ホントいい日和のゴミコロリだったね〜。

春爛漫? 小春日和? とにかく暖かくって最高だったね〜。

あらあら、並んで歩くミサさんは、いつも以上にボ〜としているよ。

 

 

 

「ああ〜、寒い〜」

 

 

 

え? ええ? ミサさん、どうかした? 

そんな体さすって、寒気でもするのかい?

 

 

 

「ああ、『あったかい』と間違えたわ」

 

 

 

そ、そうか、「あったかい」と間違えたのか。

それもどうかと思うけど、体さすってブルブルする感じで言ってたよね?

 

一体どこから間違えたのかな。。。

 

ちょっと怖いけど、でも、まあ、春だから。

しかたないよね。。。

 

木ノ戸

 

★お願い/視察・見学について★

・大変ありがたいことに、日々視察・見学の依頼をいただいております。

・が、その対応(連絡・調整)に担当者が追われまくっている、という状況があります。。。

・スウィングの見学日は毎月第3水曜日と第4金曜日となります。 

・時間、料金、定員、プログラム等の詳細については下記ブログをご覧ください。

 

2019.03.04 Monday

見学日を月2回(毎月第3水・第4金)とさせていただきます。

http://garden.swing-npo.com/?eid=1400635

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

NPO法人スウィング

木ノ戸昌幸

| 無敵! 脳天気一刀流! | 15:44 | comments(0) | -
第1回 恐怖のジェンガツンツン事件 〜しかも端っこのやつだった〜

 

カラダ強張る冬を越え、皆が楽しみに待ちわびていた「第9回 XLの夢主催 寄せ集めソフトボール大会」

 

けれど、やる気満々で迎えた3月14日(土)は朝から雨。

いつもはよ〜はずれる天気予報がよりにもよって、なんでこの日にピタリと的中するのか……。

 

 

開催は午後からだったが天候が回復する見込みもなく、朝10時の時点で沼田君と相談し、やむなく中止を決定する。

……が、そこで思いついた。悔しいし急に暇になったし新型コロナに振り回される今日この頃だし、スウィングに集まってなんかせーへん?? 

 

ゲームとか、ゲームとか、ゲームとか。

 

 

結果、子どもと大人がちょうど半分ずつくらい、十余名がスウィングに集合し、だらだらゲーム大会とあいなった。

人生ゲーム、トランプ、UNO、ぐらぐらゲーム、黒ひげ危機一発などなど。

 

「黒ひげ危機一発」なんてもう12、3年前からスウィングにあるよ? 

こんな感じで遊ぶ日が来るなんて分かんないもんだねー。

 

 

同じ建物の中で、「スウィング公共図書館(仮)」開設に向けた工事を黙々と進めてくださる安川さん(と助っ人の方)には申し訳ないくらいにはしゃぎながら、ちょっと小さな子どもには難易度が高いかな、でも、このいい感じの雰囲気ならなんとかなるやろ! と登場したのは「ジェンガ」である。

 


★「ジェンガ」とは??

イギリスで開発されたテーブルゲーム。直方体のブロックで組み上げたタワーから片手で1つずつブロックを抜き取って、最上段へ積み上げていくというもの。いかにタワーを倒さずに積み上げることができるかを競う、ハラハラドキドキ盛り上がるゲームである。「ジェンガ」の名称はスワヒリ語で「組み立てる」という意味の「クジェンガ」という言葉に由来。日本では1988年にタカラトミーから発売された。

 

 

チャレンジするのは京一さん、はるま君(小1)、とうま君(3歳)、あちゃみちゃん、僕の5人。

大人げなくジャンケンで勝利し、まあ、まず失敗することはないトップバッターの座を掴んだのはあちゃみちゃんだ。

彼女は「手が震える〜」だのワチャワチャ言いながらも、楽しそうに人差し指をタワーへと近づける。

 

 

― そんな彼女の姿をにこやかに見つめていた我々が、どうして直後に巻き起こる惨劇を想像できただろうか?

 

 

 

 

ふいに人差し指を、京一さんの目に突き刺した?

ふいに鼻クソをほじって、はるま君の服になすりつけた?

ふいに白目を剝いて、ブリッジをしながら素早く動き出した?

 

違う、違う。そうじゃ、そうじゃない。

そんな生やさしいものではない。

 

 

 

「いけるかな〜」

 

 

彼女が不安そうに、この上なく慎重に、震える人差し指でツンツンとブロックを押しはじめた瞬間、その場にいた誰もがカッと目を見開き、あまりの恐怖に声を失う。

なぜなら彼女がツンツンしていたのは、整然と積み上がったタワーの、「最上段」のひとつだったのだ。

 

木ノ戸

 

★お願い/視察・見学について★

・大変ありがたいことに、日々視察・見学の依頼をいただいております。

・が、その対応(連絡・調整)に担当者が追われまくっている、という状況があります。。。

・スウィングの見学日は毎月第3水曜日と第4金曜日となります。 

・時間、料金、定員、プログラム等の詳細については下記ブログをご覧ください。

 

2019.03.04 Monday

見学日を月2回(毎月第3水・第4金)とさせていただきます。

http://garden.swing-npo.com/?eid=1400635

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

NPO法人スウィング

木ノ戸昌幸

| スウィンギン・ドキュメント | 19:16 | comments(0) | -
第136回ゴミコロリ

DSC_0007.JPG

 

みなさんご存知の沼田亮平。

ゴミブルー歴9年の大ベテラン。

 

 

でもでも、よくよくマスクをずり上げます。

 

DSC_0161.JPG

 

暑い、呼吸優先、視界確保……。

いろいろ理由をつけてはずり上げます。

 

 

だから夏場限定の「顔ブルー」って新キャラ登場させたのですが、ずり上げ率は高いまま。


だからさらに特別に……

 

 

「顔ハダイロ」というSpecialキャラに仕立ててあげたのです。

 

去る2月19日(水)、2グループに分かれて開催した「第136回ゴミコロリ」。

まずは顔ハダイロの活躍ぶりを中心に、西-1エリアの様子をご覧ください!

 

DSC_0008.JPG

 

珍しくスウィングから上賀茂神社に向かう、明神川沿いのルートを選択。

顔ハダイロの「嗅覚」でゴミを察知したようです。

顔ハダイロの嗅覚は通常のゴミブルーの0.53倍ほどと言われています。

 

マスク越しではないのになぜ通常のゴミブルーよりも鼻が悪いのって?

 

慢性鼻炎なんです……。

 

DSC_0009.JPG

 

ちなさんが集団から遅れています。

心優しき顔ハダイロは、ちなさんを待っててあげてます。

 

そう見えるでしょ?

 

違います。疲れて休んでるんです。

 

DSC_0013.JPG

 

明神川に沈んでいたゴミをゴミブルーがGET!

統率力のある顔ハダイロが適材適所にコロる人を見極め、指示します。

 

そう思うでしょ?

 

違います。2月の川の水は冷たいから避けたんです。

 

DSC_0015.JPG

 

違います。

 

ここも仕方なく、ゴミブルーが体を張ってコロリに行きます。

 

DSC_0016.JPG

 

違います。

 

自らは危険を冒したくないので、ゴミブルーの足を持って、いかにも協力してるふうに見せたいだけです。

 

DSC_0022.JPG

 

出た!!

 

「秘技! スカイダイビング取り!!」(「第102回ゴミコロリ」で生まれた秘技)

 

DSC_0028.JPG

 

それにしてもよく働くなあ、ゴミブルー。

 

DSC_0033.JPG

 

櫻本ブルーは隅から隅まで、ものすごく細かなゴミを見つけてはコロリます。

 

 

あ、櫻本ブルーというのは櫻本京一が中身のゴミブルーのこと。

このタイプのスーツは顔(つまり櫻本の顔)がほぼ透けて見えるので、このようなネーミングになりました。

 

ハーフぽくてカッコいい! という声はまだ誰からも聞いてません。

 

DSC_0034.JPG

 

ちなさんも櫻本ブルーに負けてません。

もうゴミなのか何なのか、顕微鏡で見ないとわからないぐらいのちっちゃなゴミだって、気分次第で見落としません。

 

顔ハダイロもふたりに負けじとゴミを探しています。

 

そう見えるでしょ?

 

違います。ウエストポーチの中の携帯を取り出し、「あと何分で終わるかな〜」って時間を確認しています。

ってか、もはやウエストではなく「ケツポーチ」です。

 

DSC_0035.JPG

 

何? 急に何?

電話BOXの扉を急にバンって開いて、何か見つけたの?

 

DSC_0039.JPG

 

………中学生か!!!

 

DSC_0044.JPG

 

今度は何? 新企画か?

「しゃもじ」じゃなくて「火バサミ」持って、「突撃! 隣のゴミコロリ」でもする気でしょうか?

 

DSC_0046.JPG

 

ああ、珍しい「名字」が気になったんやね。

親切にちっちゃく下にひらがなで読み方書いてくれてます。

 

「あくつ」さんって読みます。

 

 

あ、これは「まちきち」さんって読みます。

ゴミをコロるより、おいしいおやつが食べたくなったんやね。

 

DSC_0048.JPG

 

はい、やってきました「machi kichi」さん。

 

DSC_0049.JPG

 

真剣やなあ、近いなあ。

嗅覚0.53倍やし、しゃあないか。

 

DSC_0053.JPG

 

なんか腹立つなあ、その顔……。

ゴミブルーも油断してます。ずり上げちゃってます。

 

DSC_0054.JPG

 

顔ハダイロがこの場を離れたとたん、おばあさまが近づいてきました。

 

DSC_0055.JPG

 

こちらのおばさまも。

 

どうやら顔ハダイロには人を近づけない力があるようです。

やっぱりちょっと「キモい」んでしょうね。

 

顔は隠した方がいいのでは?

 

DSC_0056.JPG

 

目だけじゃ余計にアカンで……。

 

DSC_0059.JPG

 

めっちゃええ顔してるけど、何?

どこでスイッチ入ったん?

目〜隠すやつに、まさか手応え感じたん??

 

DSC_0057.JPG

 

DSC_0058.JPG

 

一般参加者の方々が顔ハダイロの餌食に……。

 

ほんとすみません。。。

 

 

ちなみに顔ハダイロはこれをイメージしてたみたいです。

まったく伝わってきませんでした。

 

残念です。

 

DSC_0061.JPG

 

ミサさんがGETしたゴミを、横から顔ハダイロが奪おうとしてます。

あかん! 渡したらあかんよ!

これ以上被害者をつくってはいけない!

 

DSC_0063.JPG

 

ああ……。

 

DSC_0064.JPG

 

顔ハダイロ、モノボケの強要がひどい。

ダメですよ、断る勇気を持ってください!

 

DSC_0068.JPG

 

ああ……。

 

DSC_0070.JPG

 

ああ……。

 

DSC_0073.JPG

 

子どもたちに恐い思いをさせてはいけない! とゴミブルーが動きます。

 

DSC_0078.JPG

 

さすがです。

顔ハダイロも見習ってください。

 

DSC_0085.JPG

 

気を取り直して、紫竹の美味しいコーヒー専門店「サーカスコーヒー」さんに。

 

DSC_0092.JPG

 

フリーペーパー最新号『Swinging Vol.27』をお届けしました!

 

DSC_0094.JPG

 

駆け寄る……

 

DSC_0095.JPG

 

おばさま。

 

DSC_0097.JPG

 

歩み寄る……

 

DSC_0098.JPG

 

うたさま。

テストはどうやった??

 

何? 何? あんまりコロってないやんけって?

コロるのは北-2エリアに任せましょう。

 

ではでは北-2エリアいってみよう!

 

DSCF1672.JPG

 

学校で借りた本の忘れ物かな?

これはゴミではないね。

 

カメラマンのちゃみブルーよ、ゴミ撮ってね!

 

DSCF1680.JPG

 

そうそう、ごま油に……

 

DSCF1683.JPG

 

万能胡麻。

 

カメラマン・ちゃみブルーよ。

撮ってほしいのは「ゴマ」ではなくて「ゴミ」なんですけど……。

 

DSCF1674.JPG

 

そうそう!

 

「ゴミ」が散乱してます。さあ、みんなでコロるぞ!

 

DSCF1679.JPG

 

プラゴミの回収日、ゴミ置き場に古紙が。

いけないね〜。さあ、コロリまっせ〜。

 

DSCF1676.JPG

 

あ、畑のゴミ!

行け! 誰でもいいから秘技を出せ!!

 

………。

 

っていうかさあ、カメラマン・ちゃみブルーよ。

ゴミの写真ばっかりやん? コロってるとこも撮らないとゴミコロリのレポートとは言えないよ?

 

DSCF1688.JPG

 

うんうん、いいね。

そうちゃん、「グッコロ(Good CORORI)」です!

 

DSCF1693.JPG

 

………。

 

カメラマン・ちゃみブルーよ。

そうちゃんのパンツばっかり撮ってどうすんの……。

 

DSC_0100.JPG

 

はい、というわけで今回もこんなにコロれました!

今後も顔ハダイロの活躍にご注目ください。

夏は顔コゲチャに、体調不良時は顔アオジロに変わってるかもしれません。

 

さあさあ、続きましては支部の皆さんからのレポートのご紹介です!

 

【京都/西山ケミックスさんからのゴミコロレポート】

川沿いのゴミ拾い! また寒さが戻り、凍えながら作業しました…

 

 

【神奈川/NPO法人新さんからのゴミコロレポート】

新?.jpg

2月12日(水)に『横浜支部 第19回ゴミコロリ』を実施しました。 始めた時は気温が低くてとても寒かったですが、日が出てくると暑いくらいの中でのゴミコロリでした。 最近暑い日が続いたせいか、飲み物の缶やペットボトルが多く捨てられていました。 すれ違う方達から『いつもご苦労様〜!!』と声をかけてもらう事でとても元気になれます。

 

 

【熊本/株式会社シラサギさんからのゴミコロレポート】

シラサギ?.JPG

2/19ゴミコロリの実施報告です。 新メンバー加入!若いマドンナブラック(70歳)が初参戦。マイスカート持参で可愛さアピール♡ ジゴロブラック、ゴミ拾いもそこそこにマドンナへ熱視線。目が合うとプイッと視線をそらす、必殺ジゴロ駆け引き炸裂。 ついにはゴミブラックの武器「聖なるゴミトング」でマドンナのスカートめくりを始めるジゴロ。

 

シラサギ?.JPG

おイタが過ぎます。

 

 

【兵庫/casaそらさんからのゴミコロレポート】

casaそら?.jpg

↓ casaそらさんのレポートはこちらをどうぞ!! ↓

https://casasora.com/report-gomikorori202002

 

【岐阜/岐阜サンビルさんからのゴミコロレポート】

岐阜サンビル?.jpg

今回は下記のイベントに合わせての開催。

2020年2月23日(日)、岐阜市柳ケ瀬商店街で「Yanagase COFFEE COUNTER」が開催されます。 今回が初開催となる「Yanagase COFFEE COUNTER」は全国から集まる10店舗の焙煎職人が淹れるオリジナルブレンドコーヒーを飲み比べできるイベントです。 コーヒー好きの長蛇の列を掻い潜って、新型コロナ何のその、マスクに😷と言うかなり怪しくも斬新でもありますが認知されながら活動しました❗ 毎度の吸殻ポイ捨ても慣れた手つきで回収👍

 

岐阜サンビル?.jpg

ブルちゃんとコミュニケーションも完璧👍 次回活動は3月21日日曜日 岐阜柳ケ瀬サンデービルディング 新型コロナで京都のみならず観光地、どこのイベントも大変ですがお互いが気をつけましょう❗

 

 

支部の皆さん、お疲れさまでした!!

 

新型コロナウイルス、この先いったいどうなっていくのか全くわかりません。

どんより沈んだこの空気の中でも、私たちは可能な限りコロリ続けようと思います。

早期の収束を願いながら、いつもと変わらず楽しくコロリます!

 

「ゴミコロリ」に賛同し、ともに「ゴミコロリ」を行ってくれる個人&団体さん(ゴミコロ支部/現在26支部)随時募集中!

「ゴミコロ支部」募集の詳細はこちらをご覧ください! →

 

そして次回「第137回ゴミコロリ」は本日(3/18)終わったので、次々回「第138回ゴミコロリ」は4月15日(水)の開催となります!

参加希望の方は担当・西川までご連絡ください!


→MAIL:nishikawa@swing-npo.com

 

町に溢るるゴミある限り、我らの戦い終わりなし。

拾うはゴミでも心は錦、見た目は青でも心は真っ赤。

嗚呼、さすらいのゴミ野郎、 嗚呼、我らゴミコロレンジャー!

 

(西川)

 

★お願い/視察・見学について★

・大変ありがたいことに、日々視察・見学の依頼をいただいております。

・が、その対応(連絡・調整)に担当者が追われまくっている、という状況があります。。。

・スウィングの見学日は毎月第3水曜日と第4金曜日となります。 

・時間、料金、定員、プログラム等の詳細については下記ブログをご覧ください。

 

2019.03.04 Monday

見学日を月2回(毎月第3水・第4金)とさせていただきます。

http://garden.swing-npo.com/?eid=1400635

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

NPO法人スウィング

木ノ戸昌幸

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 14:41 | comments(0) | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE