Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
第98回ゴミコロリ

CIMG2584.JPG

 

白菜いっぱい。お鍋の美味しい季節です!

お鍋といっても、いろいろありますよね〜

水炊き、ちゃんこ、キムチ鍋に、豆乳鍋、あと闇鍋とか…

闇鍋。学生時代に面白半分、ノリでやった記憶があります。

変なもん入った闇鍋食って、お腹がコロリしたような…

闇鍋…コロリ… ヤミ…コロリ…

 

はい、もうピンときてる方いらっしゃいますよね、そう!ゴミコロリの報告です。

12月21日(水)、「第98回ゴミコロリ」実施してまいりました!

12月とは思えぬポカポカ陽気に恵まれ、絶好のゴミコロ日和となりました。

 

今回は上賀茂地域を3グループに分かれて実施しております。

そのうち、北‐1エリア、北‐2エリアの様子をお伝えします。

では、まず北‐2エリアからご覧ください!

 

CIMG2509.JPG

 

コーヒーブレイク中の職人のオッチャン達。

昔、同じ職人の世界に身を置いたキョウイ…いや、ゴミブルーがソワソワ。

 

CIMG2510.JPG

 

名刺を思い切って渡すことに成功!

 

CIMG2522.JPG

 

はいはい、これも恒例になりつつある西尾さん宅参りですね。

 

CIMG2523.JPG

 

なんてかわゆい、おしゃれなリースでしょう。

結局お留守だったようで、訪問の証に名刺をはさんでおきました!

 

yjimageO2WOJ0KO.jpg

 

ちょっとキャッツカードっぽいでしょ?

きっとブルーカードにはこんな予告が…

 

「今夜、うたちゃんのハートを盗みにあがります♡」ってね!

 

CIMG2538.JPG

 

こちらはなんかまた違うカード。

席札なんでしょうが、番号じゃなくてアルファベット、珍しいですね。

 

CIMG2530.JPG

 

最近よくご参加いただいております大西さん。

いいショットありがとうございます!

 

CIMG2529.JPG

 

「おしるこ」冬ですねぇ〜。

 

CIMG2597.JPG

 

なぜ捨てた? 未開封のりんごジュース。

瓶入りのええやつやん、ええ値するやつやん。

あぁ、もったいない。

 

 

それではここからはゴミブルーの数々の技や特殊能力をご覧いただきます!

 

CIMG2531.JPG

 

奥にゴミコロレンジャー達が集まってるのに、ぼっちブルー。

ゴミブルーの顔の左上あたりに白い球が浮かんでいるのわかりますか?

「元気玉」です。

 

yjimageXE4GJQU9.jpg

 

ゴミブルーが寂しそうに、元気なさそうに見えるのは仲間外れに遭ってるからではありません。

自分の元気をすべて「元気玉」に費やしたからです。

 

CIMG2532.JPG
 

ね、ゴミブルー…

 

CIMG2552.JPG

 

はいはい、こちらは畑のゴミ。

入ったらあかんので、秘技出します。

 

CIMG2554.JPG

 

仲間にもう1本火バサミ借りてください。

 

CIMG2555.JPG

 

そしたら、1本を畑に突き刺してください。

 

CIMG2557.JPG

 

そしてもう1本も。

 

はい! 「秘技!ライオンキングキリン取り!!」

 

yjimage.jpg

 

でも、これでどうやってゴミ拾うの?

そもそも、畑に入ってるんじゃ…

 

畑のものすご〜く遠いところにあるゴミを拾うときは…

 

CIMG2563.JPG

 

まずは、できるだけ大きくジャンプをしてください。

 

CIMG2565.JPG

 

落ちているゴミのところで着地をします。

 

CIMG2562.JPG

 

で、拾う。

 

CIMG2566.JPG

 

そしたら向きを変えて、できるだけ大きくジャンプをしてください。

 

CIMG2567.JPG

 

元いた場所が近付いたら体勢を整えます。

 

CIMG2568.JPG

 

そして着地します。

※ 決して動画での撮影はしないでください。

 

はい、「秘技! 走り幅取り!!」

 

img_1.jpg

 

畑に着地した時点でOUTですけどね…

 

CIMG2607.JPG

 

はいはい、出ました。

 

「秘技! 田んぼゴミ扇取り!!」

 

バランスを崩しはしましたが…

 

CIMG2608.JPG

 

なんとかキャッチで大喜び!

 

「第98回」にして、なんとはじめての成功です!!!

(今までは何しとったんや…)

 

CIMG2576.JPG

 

ん? OUTか? SAFEか?

 

CIMG2577.JPG

 

SAFEやとしたら相当な背筋、腹筋ですが…

左手が上手いこと写ってないのが怪しいですね。

 

きっとカメラマンもグルですね、これは。

 

CIMG2573.JPG

 

そうそう、そうやって地道に手の届く範囲のゴミを拾えばいいじゃないか。

 

そんなにすごい技やら特殊能力があるのなら…

 

CIMG2549.JPG

 

CIMG2550.JPG

 

こんな努力しないで済むのに…ね。

 

CIMG2579.JPG

 

ズルがばれて、ちょっと自棄になってますね。

ゴミは投げないように!

 

CIMG2548.JPG

 

こいつの力を借りなくても…

 

CIMG2587.JPG

 

子どもと触れ合って…

 

CIMG2545.JPG

 

元気を取り戻します!

 

CIMG2613.JPG

 

元気になったところで、北-1エリアの様子を電話で確認中。

 

「もしも〜し、そっちの様子を教えてください」

 

DSCF6642.JPG

 

「もしもし、北-1エリアのゆうとです。これから北-1エリアの様子をダイジェストでお伝えします!」

 

DSCF6632.JPG

 

では、出発!

 

DSCF6646.JPG

 

姉妹と写真。

 

DSCF6648.JPG

 

こちらは兄弟で写真。

 

DSCF6658.JPG

 

ねぇ、ひーちゃん、ゆうとくん、コロろ〜よぉ。

 

DSCF6670.JPG

 

ほら、ちゃんとコロらんとタイトくんが怒ってるよ!

 

DSCF6678.JPG

 

いや、だからちゃんとコロろ〜よってば〜。

 

DSCF6686.JPG

 

ひーちゃん、だから…

 

DSCF6674.JPG

 

ほら、ゆうとくん、後ろめたい気持ちがあるから顔半分隠してるんやろ。

 

DSCF6669.JPG

 

ムチが効かぬなら、次はアメ。

 

「あなた〜、ワインでもいかが〜♡」

 

DSCF6702.JPG

 

「ピザでも食べようよ!」

 

DSCF6689.JPG

 

はい、完全にエンジンかかりました!

でも、完全に畑にinしてます。

 

DSCF6701.JPG

 

がんばれ! がんばれ! ふたり!

 

DSCF6700.JPG

 

いいぞ! いいぞ! ひーちゃん!

 

DSCF6698.JPG

 

でで〜ん! とがんばったら〜…

 

CIMG2667.JPG

 

はい、この通り〜。

2016年ラストコロリ、なかなかの量でございます!

 

 

ではではここから支部のみなさまからの2016年ラストコロリレポートをご覧ください!

 

【京都/西山ケミックスさんからのゴミコロレポート】

西山ケミックス.jpg

2016年最終出勤日にゴミコロリをしました。 会社周辺のゴミ拾いをしました♪ この後は会社の大掃除もしました!

 

 

【京都/かしの木学園さんからのゴミコロレポート】

かしの木学園.JPG

今月のゴミコロリはお天気にも恵まれ、 上着も要らないくらいのあたたかさでした。 かしの木学園では毎回同じルートをお掃除するのですが、 今月はいつもに比べ、ゴミが少なくなっている印象でした。 今年の”ゴミコロリ納め”も、みなさん楽しんでご参加でした♪

 

 

【愛知/ヨナワールドさんからのゴミコロレポート】

ヨナワールド?.JPG

 

ヨナワールド?.JPG

小春日和のとってもいい天気の中、ゴミ袋も可愛く絵を描いて ヨナワールドのゴミコロリ隊は、元気に歩き出しました。 タバコの吸殻、空きカン、ビニール、ペットボトルなど色々なゴミを、先ほど絵を描いた袋に入れ分別しました。 車椅子で初参加のMさんも頑張ってゴミをキャッチ。 近くの公園には、なぜか季節外れの桜も咲いて12月なのにまるで春が来たような気がしました。

 

 

【ベトナム支部からのゴミコロレポート】

ベトナム支部?.JPG

 

ベトナム支部?.JPG

 12月24日早朝、ホーチミンで行われた市民による朝の15分清掃活動に「日本からやってきた」レンジャーが参加。グエンフエという目抜き通りで華々しく登場。レンジャーが皆に清掃用の手袋を配り、ごみ袋をもつ。蒸し暑い気候のなか、ダンスも披露、冒頭でレッドのベルトがはじけ飛ぶアクシデントも。参加者も大喜び、終了後写真を撮る人続出。ダンスで大汗、意識も朦朧としかけているレンジャーだが、最後の力を振り絞ってキメキメポーズ。最後はトラック荷台に乗って颯爽と去っていく。次の登場はいつなのか乞ご期待。

 

 

【京都/博愛会さんからのゴミコロレポート】

京都博愛会.JPG

 外は暖かく、秋のような穏やかな気候の中での実施となりました。 ゴミコロリの実施場所ですが岩倉自動車教習所方面に向かい、サークルKをUターンして病院に戻ってくるというコースでした。 ゴミですが、前回同様にタバコの吸い殻程度でほとんどないと言っていい程、少なかったです。「この辺の地域の方々の美化意識の高さなど色々なことが重なり合っての結果なんでしょうね」という方もいるほどでした。 そんな話も出ながらのゴミコロリでしたが、ゴミ拾いだけではなく別の収穫もありました。それは、ゴミコロリを通じて利用者のステキな人間性の一面を垣間見れるという機会になったというものです。(以前もお伝えしたかもしれませんが。。。) 本日の参加者の1人であるMさんは、病院内でも自分の思い通りに行かないと些細なことで激高しトラブルを起こしがちな方なのですが、本日も率先してゴミ拾いを行い、参加者全員分のゴミばさみを自ら進んで洗う等の姿が見られました。些細なことではありますが、病院内だけでの関わりでは到底知る由もない一面を本日もまた利用者共々、垣間見ることができました。病気の側面ばかりではなく、こうした本人の健常かつステキな一面を支援者と利用者という垣根もない立ち位置から発見できる機会は意外に少なく、またとても大切であるようと再認識させてもらえました。 何度もお伝えしておりましたが、本日でゴミころりを一旦区切らせていただくこととなりました。 3年間という短い期間ではありましたが、1区切りということで、まずは一旦この場をお借りしてお礼申しあげます。どうも、ありがとうございました。

 

 

支部のみなさんお疲れさまでした!

2016年も大変お世話になりました!

 

なんと海外にゴミコロリ進出!

ベトナム支部さんが今回から初参加、いきなり盛大にやっていただきました〜。

ちゃんと5色揃ってますね〜。ベトナム支部からの報告、今後も是非楽しみにしていてくださいね。

 

そしてそして残念なことに、3年間支部として活動を続けてきてくださった京都博愛会さんが、都合により一旦卒業ということになりました。京都市北区をこれまでともにキレイにコロっていただいた京都博愛会のみなさん、いつも早々にレポートを送って下さった中野さん、本当にありがとうございました!またいっしょにコロれる日を楽しみに待っております!

 

「ゴミコロリ」に賛同し、ともに「ゴミコロリ」を行ってくれる団体さん(ゴミコロ支部)随時募集中!→

 

「第99回ゴミコロリ」は一昨日(1/18)に既に実施しておりますので……

2月開催! 記念すべき「祝! 第100回ゴミコロリ」についてはまた改めてご案内させていただきます!!!

二度と無い「第100回」を盛大にやりたい! と考えております!!!

→参加のご希望、お問い合わせ等は担当・西川まで! E-mail:nishikawa@swing-npo.com

 

町に溢るるゴミある限り、我らの戦い終わりなし。

拾うはゴミでも心は錦、見た目は青でも心は真っ赤。

嗚呼、さすらいのゴミ野郎、 嗚呼、我らゴミコロレンジャー!

 

(西川)

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0)
「時間」と「老い」を…ねじ曲げる!!!

20161213_2189537.jpg

 

はるかくんは「言う」男だ。

特に帰りの送迎車内で「言う」男だ。だから、ある火曜日にはこんな風に言う。

 

 

「明日、3個スウィング行くわ」

 

 

CIMG1775.jpg

 

ドライバー西川くんは考える。…またか。→

一気に3日分は無理やっちゅーの。

 

…しかし、ここはひとつ真剣に考えてみよう。

1日に3日分やとすると? 明日の水曜日に3日、木曜日に3日、金曜日に3日で…計9日分になるな。うむ。

 

 

「はるかくん、それやったら、あと9個来なあかんのやで」

 

 

DSC_0003.jpg

 

ショックだったのか黙り込むはるかくん。

すかさず(珍しく)かなえさんがフォローに入る。

 

 

「はるかくん、1個ずつでいいよ」

 

「うん。じゃあ、明日3個行く」

 

 

なんでやねん! せっかく(珍しく)フォローしたのに! 

イライラするかなえさん、今度は「なんで!? 1個ずつでいいやん!!」と 強い調子に変わる。

あかんあかん…。「和」〜が乱れてきた。たぶんオレのせいや…。西川くん、壊れかけの「和」を回復するため、(何にも聞いちゃいない)Gさんにダメ元でふってみることにする。

 

 

「Gさん、はるかくんが明日スウィング3個来る言うてますよ」 

 

 

CIMG2696.jpg

 

すると、78歳・Gさん、羨ましそうにこう答える。

 

 

「若いもんはええなあ」

 

 

それ、どういうことやねん!!! 昔はできたんかい!!!

…でも、お陰様でなんかええ雰囲気になってきたわ。

ほらほら、イライラがほぐれた様子のかなえさんもGさんになんか語りかけようとしてるやん。

 

 

「だいじょうぶ!

 

Gさんも3個行けるって!」

 

 

…かなえさん、優しい。

 

 

木ノ戸

| スウィンギン・ドキュメント | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0)
【特集】「軽度」の「障害者」と呼ばれて。

?.jpg

 

「軽度」ってなんなのか? 「障害者」ってなんなのか? 

やっぱり、なんだか、気になる、気になる。

 

「軽度」の「知的障害者」と呼ばれる人たちがいる。軽い? 重い? 軽ければ生きやすい? 重ければ生きづらい? 「健常者」ならば毎日がハッピッピー? う〜ん、なんか…雑。僕らの町のダサいヒーロー、ゴミブルー(女子1名はちゃみブルー。で、もうひとりは完全に別枠)として蠢く「軽度」の「知的障害者」とされる4人と(一応・便宜上)「健常者」とされると2人のド本音トーク、炸裂!!!

 

プロフ木ノ戸?.jpg

木ノ戸昌幸(きのと・まさゆき)

1977年生まれ。NPO法人スウィング理事長。組織で働けないことを自覚し、自らスウィングを立ち上げた結果、いつしか組織を作ってしまったことに戸惑う39歳。

 

プロフ櫻本.jpg

櫻本京一(さくらもと・きょういち)

1973年生まれ。2011年、20年に渡る木材店勤務を経てスウィングへ。当初「木彫りの山川豊」と呼ばれた無表情で寡黙な男は、いつしか冗談しか言えなくなっちゃった♡

 

プロフ沼田.jpg

沼田亮平(ぬまた・りょうへい)

1979年生まれ。スウィング歴9年。某福祉系大学でがっつりガチの福祉を学んだものの、その全てを「関係なかった」とのたまう、この親不幸者!!!

 

プロフ更田.jpg

更田麻美(ふけた・あさみ)

1980年生まれ。通称・あちゃみ。25歳で障害者手帳を手にしたことに葛藤しつつ、「口から生まれた」メリットを生かしてしゃべりまくる、明るいおしゃべりマシーン。

 

プロフ増田.jpg

増田政男(ますだ・まさお)

1970年生まれ。左官屋、自衛隊、夜の街での(あり得ない)豪遊等々、さまざまな経歴(?)を持つ体年齢31歳。

 

プロフXL.jpg

XL(えっくすえる)

1967年生まれ。本名・服部光男。推定15年の引きこもり生活を経て、それからいろいろ経て、木ノ戸に騙されスウィングへ。「ヒグマ」「ポップ仏」等の異名を持つ。

 

 

?.jpg

ひらめき自覚と葛藤と誇り

木ノ戸:前号、前々号と「障害者アート」の特集をしてきたじゃないですか。でもそれ以前に「障害者」ってなんや? っていう気持ちがそもそもあって。しかも「軽度」ってどういうことや? と。みんなはその「軽度」の「障害者」とされてるわけですけど、そのあたりどう感じてますか?

XL:なんやろ? 分からへん。

増田:普通にしてたら僕らなんも思われへんけど、療育手帳[1]持ってたら「障害者」って。周りからそういう風に見られるんかあ…っていうのがある。

 

[1] 知的障害者に都道府県知事(または政令指定都市市長)が発行する障害者手帳

 

木ノ戸:例えばゴミブルー[2] になってる時って、僕らが福祉施設の人間であることや、「障害者」であることって、なんも関係ないじゃない? 愉快なただのダサいヒーローでしょ(笑)? 寸劇してる時もね。ゴミブルーになってる時って「障害者」であることって薄れない?

 

[2] スウィングが展開する清掃活動「ゴミコロリ」の広報部隊、「まち美化戦隊ゴミコロレンジャー」の構成員。全員、ゴミブルー。

 

更田:薄れますね(笑)。

木ノ戸:でも、素の自分の時は自分がそう思うと思わざるとに関わらず「障害者」っていうレッテルが貼られてるわけやん。それに対して悲しいとか不愉快とか怒りとか悔しいとか、そういう気持ちを持って当然やと思うんやけど。

XL:悔しくないよ。

木ノ戸:「区役所」無い?

XL:違うわ!

櫻本:XLさんは「障害者」っていう自覚あるんですか?

XL:分からへん。

増田:酒も煙草もやるし、あれしたいこれしたいって普通に思ってるし。

木ノ戸:あちゃみちゃんは(療育)手帳もらったの25歳くらいやったっけ?

更田:そうですね。IQで決められるのがすごく嫌で…。結果を聞いてすごく凹みましたよ、あの時は。

木ノ戸:今、苦しみとかはないの?

更田:苦しみねえ…いっつも悩むのが、久しぶりに会った友達に「今、何してんの?」とか聞かれたりすること。会社に勤めてるとも言えず…。

木ノ戸:なんて答えてるの?

更田:最近やったらNPO法人で働いてるとか。

木ノ戸:ええやん。合ってるやん。

更田:1回、福祉施設で働いてるって言おうとしたけど言えず…。「どんな仕事?」とか聞かれると困るし…。

木ノ戸:言ったとして、どういう反応が返ってくるの?

更田:「へえ、そうなんや〜」とかで終わる。

櫻本:それはそれでいいんじゃない? 馬鹿にしたような反応じゃなければ。

沼田:(京都市バスを利用する時に)療育手帳を使うことには抵抗あったの?

更田:交付された当初はそういう葛藤はあった。今はまあまあ…。

木ノ戸:ラッキーくらいに思えてる?

更田:うーん…。

木ノ戸:みんな「定期」って言ってるやん。魔法のラッキーアイテム(笑)。XLさんとかそうじゃないの? お金払わんでラッキーって。

XL:うん。ラッキーって思ってる。

更田:まあ、確かに。今まで普通に運賃とか払ってたのに、タダで乗れてるな〜って。ただJRとかになるとやっぱり払わなアカンからあれやけど…。

木ノ戸:払わなアカン? 払わんでええってことは「特別扱い」されてるってことやで(笑)?

更田:そうですね(笑)。

木ノ戸:でも、スウィングでずっと働いてきてどう? 世の中の役に立ってるとかそんな気持ちはある?

更田:役に立ってるなぁって思います。誇りも持ってます!

 

?.jpg

ひらめき元・「木彫りの山川豊」の変貌

木ノ戸:京一さんは今の仕事のこと聞かれたらどう答えてるんですか?

櫻本:たまに前の職場の人に会うんですけど。

木ノ戸:「おお、ゴミブルー! ご活躍で!」とか言われる?

櫻本:言われませんよ(笑)!なんて言われたかは忘れたけど、引け目という感覚はなかったな。

木ノ戸:スウィングで働くことは「福祉就労」って言われてますよね。そういう風に伝えてる?

櫻本:そこまでは言ってない。まあ向こうは(福祉就労したことを)知ってるから。

木ノ戸:今、思えば(木材店勤務の)20年間しんどかったでしょ? 今は楽しいでしょ?

櫻本:前とは緊張感が違うから(笑)。

木ノ戸:スウィングに来た当時は「木彫りの山川豊」でしたもんね。表情ひとつ変えずに貝のように口をつぐんで(笑)。高倉健のひどいやつ、「重度」の高倉健ね(笑)。

更田:しゃべってた記憶が無いなぁ(笑)。

沼田:高倉健も大概無口でしたけど、それを超えるわけですから、そりゃすごいですよ(笑)。木材店時代の20年間と同じような感じでスウィングでも過ごそうと思ってたんですか?

櫻本:ええ、まあ。

木ノ戸:あれはやっぱり緊張なの? ものすごい殻に閉じこもってる感じがしましたけど。

櫻本:ゆるすぎる人たちがいたから(笑)。前の会社は完全な仕事というか、プロというか。

木ノ戸:クレンジャーズ[3] もデコバッジ作りもゴミブルーやる時もめっちゃプロ意識持ってやってるじゃないですか。

 

[3] THE CLEANGERS(ザ・クレンジャーズ)。スウィングの主要事業のひとつである清掃業務及びそのメンバーたちの名称。(ややこしいけど)「ゴミコロリ」とはまた別。

 

櫻本:業種がまた違うから。

木ノ戸:業種っていうか前の会社では仕事すること以外無かったわけじゃないですか。友達もおらず、話す相手もおらず。

櫻本:まあ、お金も。

木ノ戸:でもあれでしょ? 手元に届いたのは給与明細だけでしょ? ただの紙切れじゃないですか。

櫻本:途中から銀行振り込みになって。

更田:で、お金の下ろし方がわからなかったんですよね(笑)。

櫻本:逆にそれが良かったかも。知っていたら、たぶん今頃ボロボロ。分からなかったのが良かった。貯まったから。

木ノ戸:「分からなかったのが良かった」! …深いなあ(笑)。

櫻本:まぁねぇ(笑)。

木ノ戸:京一さんも手帳もらったのって二十歳過ぎてからですよね。木材店勤務時代は持ってなかったでしょ?

櫻本:途中からですね。

木ノ戸:「びっくりした」って言ってましたよね。

櫻本:そうですね。「まさか自分が!?」っていう。けど、まあしょうがないかなって。

木ノ戸:悲しいとか、悔しいとかいう気持ちは?

櫻本:それは無かったなぁ。びっくりはしたけど、ああ、そうなんだっていう。

木ノ戸:逆に楽になったことはありますか?

櫻本:バスですね。

木ノ戸:出た(笑)。京一さんが4年前にスウィングに来た時、スウィングに来ることには、なんの抵抗も無かったって聞いてます。唯一の心配事は「何番のバスに乗ったらスウィングに行けるのか?」(笑)。すごいですよね。普通、仕事が合うかとか人間関係が上手くいくかとか心配すると思うんですけど。

櫻本:それはバスに乗ったことが無かったから…。

木ノ戸:いや、京一さんにはそもそも自分に人間関係ができるっていう前提が無かったんだと思うんですよ。友達いなかったのって木材店の20年間だけじゃないですよね。学校時代もですよね。でも、今はもう友達もできて、面白くもない冗談ばっかり言ってるじゃないですか(笑)? あれはずっと我慢してたんですか?

櫻本:いや、そもそもそんな思考回路がなかった。

増田:前から面白かったんやって。

櫻本:いやいやいや、過去の自分とは全然違う。

木ノ戸:たぶん変わってないんですよ。もともとこういう人で、それをやっぱり出せなかったんですよ。

櫻本:いやー、違うでしょ。

木ノ戸:違うの?

櫻本:いやぁ、自分の中にこんなに面白い一面があったんやなーって。

木ノ戸:気づいたって感じ?

櫻本:気づいたっていうか…。

木ノ戸:出てきた? 知らん間に?

櫻本:そう、知らん間に。

更田:裏の京一ってもんが出てきたんですね(笑)。

木ノ戸:裏じゃないで。表の方やで。

XL:おもしろ。

木ノ戸:だからスウィングに来るまでずっと裏・京一で生きてきたんですよ。

沼田:そういうことですよ。

木ノ戸:もし今からスウィングより給料のいい、前に勤めてた木材店のようなところに勤められるとしたらどうですか? 

櫻本:たぶん壊れます。無理ですね。人間関係が、もう…。

木ノ戸:人間関係を作ってしまいましたからねえ(笑)。

 

?.jpg

ひらめき気にしない人の「強さ」

木ノ戸:XLさんは? 手帳もらったのっていつ? 何歳とか分かんない?

XL:中学校入ってからかな。

木ノ戸:クラスは普通の学級? 「なかよし学級」みたいなのは?

XL:あったけどそこじゃなかった。

沼田:XLさんは中学校卒業して、左官屋さんになってすぐに辞めて、毎日ゲーセンと家との往復という、15年間の引きこもり時代に突入ですよね。その頃とスウィングとどっちがいいの?

XL:どっちも変わらへん。スウィングの方がまし。

木ノ戸:ましっ!?? …10点満点でゲーセンが1点ならスウィング何点?

XL:5点。

木ノ戸:ええくらいやね(笑)。それがこの人の強さやな、たぶん。明日スウィング無くなってもこの人平気やで。テレビあるしな(笑)

更田:じゃあ、テレビが無かったら?

XL:なんもせーへん。寝てる。

全員:(爆笑)

 

?.jpg

ひらめき「弱さ」を受け入れ、さらけ出すこと

木ノ戸:増田さんも手帳もらったのって20代ですよね。

増田:そうやと思いますよ。自衛隊辞めてちょっとしてからですかね。

木ノ戸:手帳もらうことで何か変わりました? ショックでしたか?

増田:無いっすねぇ、僕は全然。バスがタダになったし、映画も安くなったし、ラッキー! ってそれぐらいです。

木ノ戸:でも、あなた「障害者」ですよって二十歳過ぎてから突然、言われたわけじゃないですか。

増田:そこはあんまり深く考えない方がいいかなと思った。疲れるだけやから。

木ノ戸:さすが人生経験が違いますね(笑)。

沼田:左官屋とか自衛隊を経験して手帳もらって「福祉就労」に行き着いた。「福祉就労」っていうのは意識しましたか?

増田:それも無かったですね。1年間、なんもせずにぼーっと家にいたから、それではアカンと思ってて。

木ノ戸:いやいや、増田さん! いっしょにスウィングはじめてからも何度も何度もお金使いこんで凹んで、しょっちゅう何ヶ月も休んでたじゃないですか(笑)。ああいう時って何を考えてたんですか?

増田:しんどいですよ。何回も繰り返してばっかりやったから、しんどかったです。

木ノ戸:そうですよね。めちゃくちゃ重いしんどさですよね。僕は「障害者」というカテゴライズにも違和感をおぼえつつ、一方で「軽度」をなめんなよ! というか、そういう思いもあるんですよ。でもやっぱりね、「重度」の人の方がどうしてもしんどいって言われがちなんですよ。

増田:そこがおかしいですよね。天秤にかけられるってわけじゃないけど、重みがあるわけじゃないし。「重度」の人は周りからかわいそうって言われてるかもしれんけど何がかわいそうなん? って思う。

木ノ戸:単純にあの人は軽い重いっていうのはおかしいですよね。

櫻本:当の本人が自覚しているかどうか?

木ノ戸:自覚できないと思いますよ。京一さんも自分の何が障害なのか分からないでしょ? でも大抵、「軽度」の「障害者」の人は悩む。まれに悩まない人もいますけどね、XLさんとか(笑)。でも悩んでないけど、この人も15年引きこもるくらいのしんどさはあったわけやからね。15年ですよ(笑)?

更田:長い(笑)。

木ノ戸:増田さんはやっぱりあれですよね。お金の失敗とか、黙って休んでしまうとか、そういう自分の弱みみたいなものを平気でさらけ出せるようになったことが大きいですよね。

増田:はい。それは、もう。楽になりましたね。

木ノ戸:へルパーさんの食材費まで金庫こじ開けて使ってたし(笑)。でも、今は違うやん? お金の管理も人に任せて、嫌なことがあって部屋に引きこもったら「鍵開けて入ってください」って、もう僕らにスペアキーを預けてしまっている(笑)。でも、そこまでが長い道のりでしたよね〜。

櫻本:増田さんの場合はせめて連絡さえ入れてくれれば…。

増田:そら、分かっとるわ、分かってんにゃ! 連絡せんとあかんことぐらい自分で分かってんにゃ!

木ノ戸:それができれば世話ないわけやん(笑)。連絡できへんくらい凹んじゃってるわけやん、パパ。そこは分かろうや。

櫻本:パパじゃないっすよ。

沼田:連絡したい気持ちは重々あるんですもんね。

木ノ戸:連絡せなあかん、連絡せなあかん思い過ぎるから逆に連絡できひんねん。

増田:そういう感じやと思います。

櫻本:そういう人なんや。

増田:そういう人よ、そういう人。

木ノ戸:お金を管理を人に任せるとか鍵を預けるとかって、誰かに迷惑かけてるとか恥ずかしいとかって思ってますか?

増田:うーん、思ってないと思いますね。全然思ってないし、ありがたいです、それは。自分でも繰り返すって分かってますから。

櫻本:いや、むしろしてもらった方が…。

木ノ戸:楽に生きていけるもんね。自分が楽に生きていった方がきっと周りの人も喜ぶんよ。やっぱり自分が元気な方が周りも楽しいに決まってるし、自分も楽しい方がいいし。そのためには内に閉じこもってしまってたら誰もハッピーじゃないというかね。みんな、増田さんみたいに自分の欠点やできないことを「無理なんや」って受け入れることができたらいいのにね。

更田:人に頼ろうって思えたらいいですね。

櫻本:難しい。割り切れるか、割り切れないか?

木ノ戸:どうかなあ。じゃあ「健常者」って言われている人に、なんの苦労もなんの苦しみもないかって言ったらそんなことないわけじゃないですか。みんな色々あるわけやん。沼田君なんてスウィングで働き出してから悩みっ放しって言ってるんやで? 悩まなかったことないって(笑)。でも、それって「障害者」だからとか「健常者」だからとかじゃないやん?

沼田:違います。

増田:違います、それは。

木ノ戸:だからスウィングは平気で弱さを見せられたり、迷惑をかけ合えるとこやと思うし、そういう社会にしたいんですよ、僕は! なあ、XL!

XL:(無視)

全員:(爆笑)

木ノ戸:そうやってね、みんなが迷惑や心配を平気で当たり前にかけ合えたら、「迷惑」とか「心配」って言葉すら無くなるじゃないかと思うんですよ。…違うかなぁ。例えばゴミブルーも今では地域の中で当たり前の存在になってるやんね。たぶんやけど(笑)。

増田:それはむっちゃなりましたね。

更田:最初は警察に通報されたりとかしましたけどね(笑)。

木ノ戸:びっくりされたりしたでしょ? それがもう当たり前になってんねん。当たり前にやってるうちに、誰も相手にしなくなるわけですよ。だから、いい意味でね、そういうことをどんどん当たり前にしていくことが大事やと思うんよね。…違うかなあ。

増田:なんでもかんでも「違うかなぁ」って(笑)。たぶん合ってますよ。

木ノ戸:まあ、それにしても全盛期の増田さんはすごい根性やったと思いますよ。出勤率3割て(笑)。野球で言うたら、まあまあええ選手やけど、働くっていう意味からしたらだいぶ低いですよね(笑)。それが今は100%ですもんね。

増田:いやいや、ありがたいことです。自分はなんも言えないです(笑)。

木ノ戸:京一さんは木材店時代、20年間無遅刻無欠勤よ? しゃべる人もおらんのに無遅刻無欠勤ですよ? もう、機械やで。ロボット。ロボ山川豊(笑)。

櫻本:ていうか、休めることがすごいよ。

木ノ戸:ね。思いますよね?

櫻本:言うちゃなんやけど、ほんとは休みたかったんよ。でも…。

木ノ戸:「ほんとは休みたかった」って、また今ええこと言うた! これで泣きよんねん、全国の読者が泣きよんねん(笑)。

 

?.jpg

ひらめき「障害者」探しから「健常者」探しへ

木ノ戸:じゃあ、自分が「障害者」だとして、「軽度」だと思いますか?

櫻本:分からん。思いつかん。どっからどこまでが「重度」で、どっこらどこまでが「軽度」かが分からない。

更田:手帳は「B判定」ってなってるけど…。

沼田:誰かが決めたんでしょうけどね。

木ノ戸:みんなそうでしょ? けど二十歳を過ぎてから急に「障害者」って言われて、さらにそこに「軽度」ってつけられる。あなたの障害は軽いよって。僕はスウィングに来るまでの京一さんの人生の方が相当「重度」やと思いますけどね(笑)。

櫻本:そもそも障害ってどういう意味なんかなって。何をもって障害っていうのか? そして何をもって健常っていうのか? その区別が自分にはつかない。

木ノ戸:あのね、「障害者」探しってみんな上手なんですよ。「障害者」探しも上手やし、「障害者」を増やすのもみんな上手なわけです。でも、もう逆やと思うんやな。「健常者」探しをした方がええと思うんやな、これからは。

増・更・櫻:あぁー。

木ノ戸:「健常者」はどこにおるんや? って。でも、いないのよ。どこにも見当たらない(笑)。

櫻本:どういった人が「健常者」?

木ノ戸:常に健やかな人です。

更田:常に健やかねぇ…。

沼田:ずっーとですよ?

増田:ずっと健やか…。

木ノ戸:デューク更家とか?

全員:(爆笑)

更田:久しぶりに聞いた、その名前(笑)。

沼田:デューク更家でもそら、風邪ひいたりすることもあるでしょうし、落ちこむことも悩むこともあるでしょうし。

木ノ戸:え? あるの? モナコに住んでても? じゃ、「健常者」じゃない(笑)。

沼田:そうですね(笑)。

更田:お金持っててもねぇ…。

櫻本:何が健やかなんかね? もう、分からへん。

木ノ戸:だから「健常者」探しをしたらいいと思うんですよね。ほな、みんな気づくよ、あ、どこにもいないって(笑)。「障害者」の対義語は「健常者」やけど、「健常者」の対義語って必ずしも「障害者」じゃないと思うんですよ。そうすると「健常者」もいないでしょ、「障害者」もいないでしょ。ほな、もう、ひとりひとりでしかないんですよ…って、言いながらちょっとキレイすぎて恥ずかしい(笑)。

櫻本:じゃあ、別に「軽度」やら「重度」なんて分ける必要ないん違う? なんで分けるの?

木ノ戸:それは極端に言えば、この社会の中でいかに上手に金儲けできるか? っていうことの逆算やと思うんですよ。「軽度」とされる人はあんまり稼げない。「重度」とされる人はもっと稼げない。まあ、相当偏った考え方かもしれませんけど(笑)。でも社会の許容範囲がどんどん狭まって、その仕組みに合わない人がどんどん「障害者」にされてしまってる感じがします。そういう寂しい世の中になってるんやなあって思う。けど、美談じゃないけどね、そういう世の中だからこそ、僕らは出会えたわけじゃないですか。それはいいことですよね? なぁ、XL!

XL:(無視)

全員:(爆笑)

増田:そうですね、それは。

更田:もちろん。

木ノ戸:じゃあ、「軽度」の「障害者」って呼ばれて良かったですねえ(笑)?

増田:うーん。それはちょっとどうなんかな(笑)。

更田:スウィングに来れて良かったなって、それだけです。

木ノ戸:でも、それって「軽度」の「障害者」って言われたからでしょ?

更田:まあ、そうですけどっ!

木ノ戸:まあ、そうやな。そんなバッサリとはいけへんわな。でも、そう言い切った方が気持ちよくない?

増田:まあ、言い切らんよりも言い切った方が。たぶん、それは。

木ノ戸:いろんな葛藤はあるよね。葛藤はあると思うけど、ああ良かったって思えた方がね。

櫻本:まあ、開き直れるかな。

木ノ戸:そうですよね。だって出会えてなかったんやもん、京一さんと。なんか途中で卵工場かなんか行きかけてたけど(笑)。

全員:(爆笑)

木ノ戸:それでもやっぱり割り切れないですか?

櫻本:ん? 何が? 卵ですか?

全員:(爆笑)

木ノ戸:まぁ、単純に良かった、悪かったとは言えないですよね。だけどまあ、みんなスウィングに来て、こうやって話できたり笑い合えたりするのは最高ですよね。

更田:スウィング、最高です!

木ノ戸:よし!それじゃあ、お疲れ様でした!

 

2016年5月6日(金)の夜、スウィングにて。

(フリーペーパー「Swinging Vol.20」/特集:「軽度」の「障害者」と呼ばれて。より転載) 

 

※ フリーペーパー「Swinging」は、スウィング賛助会員の皆さまからの会費を原資に制作・発行を行っております。→
※ 全国津々浦々「お!それウチに合うよ!置くよ!」という店舗さま等いらっしゃいましたら、スウィングまでご連絡ください!(10部〜20部程度)
※ 全国津々浦々「お!あの店に置いたらええんちゃうん?」的な情報がございましたら、スウィングまでご連絡ください! → Tel:075-712-7930 → Mail:swing.npo@gaia.eonet.ne.jp(木ノ戸)
※ 現在の配架先についてはコチラをご参照ください。→
※ 次号「Swinging Vol.21」はもう間もなく! 2017年1月23日発行の予定です!

| フリーペーパー「Swinging」掲載! | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0)
展覧会「Enjoy! Open!! Swing!!! Vol.4」のお知らせ

 

ホンマの交流! これこそ4度目となる「Enjoy! Open!! Swing!!!」展の揺るぎない精神です。それが実際どんなものなのかはよく分からないけれど、“あらかじめ”感動するつもりで来るひととはホンマの交流なんてできひんな〜って思います。えへ! あ! そうそう! はじめて詩をメインに展示します! なにはともあれ、Enjoy! Open!! Swing!!!

 

はい! というわけで、毎年この季節の恒例行事となってまいりました「Enjoy! Open!! Swing!!!」展も4回目の開催となります! この展覧会のテーマは一貫して「ホンマの交流」。…“ホンマ”ってどんなん? …“交流”ってなんなん? 足りないおつむで考え出すとキリがありませんが、知らない誰かと誰かが出会ったり、知り合ったりできる「入り口」のような場になればいいなあ…と思っています。昨今「感動ポルノ」が(世間の一部で)話題だったりしますが、確かに、確かに、スウィングの展覧会にも“予め”感動する準備万端です! みたいな方がときど〜きいらっしゃる(あるいは違う! っちゅーのに「アール・ブリュット」見に来ました! っていう人も…)。そういう時はやっぱりとってもムズムズします。「Enjoy! Open!! Swing!!!」しましょ! って言ってんのに〜って思います。だからというわけでもありませんが、今回のサブタイトルは「感動させない自信があります♡」。

さあ、今一度フライヤーをご覧ください! 向井久夫による余りにも気の抜けたカッコいい詩! そんな向井久夫、そしてQ両氏の作品を中心にスウィング史上初! 詩をメインに展示します! 関連イベントも毎度のごとく盛りだくさん! 

27日、花金の夜には「オレたちひょうげん族」の詩作の秘密(っていうほどのことはありませんが)を語るトーク、向井久夫、Q両氏による詩の朗読、向井の詩に惚れこんで足繁くスウィングに通ってくださり、大量にある作品を吟味しセレクトし、絶賛CDを制作中(発売日は未定です)の癒しのブルースマン、カサ・スリムさんによるライブを行います(要・ご予約です)!

皆さま、ぜひぜひ「Enjoy! Open!! Swing!!! Vol.4」展にご来場ください!!!

 

 

「Enjoy!Open!!Swing!!! Vol.4 〜 感動させない自信があります♡ 〜 」
ひらめき 会 期:2017年1月25日(水)→29日(日)10:00→18:00 OPEN ※ 最終日17:00まで
ひらめき 場 所:BIT CUBE art space 京都府京都市左京区一乗寺中ノ田町26-2 →
ひらめき 問合せ:NPO法人スウィング(担当:亀井・木ノ戸) 
   Tel:075-712-7930/E-mail:swing.npo@gaia.eonet.ne.jp

  →Facebookイベントページはコチラ! →

グッド イベント� 公開制作&似顔絵:生オレたちひょうげん族がやってきた!
「オレたちひょうげん族」の面々が、会場で絵やものづくりの公開制作&似顔絵描きを行います。似顔絵おひとり1,000円!  公開制作は誰か2〜3人で行います。

ひらめき 1/25(水)10:30→15:00 似顔絵:XL/公開制作:誰か2〜3人 
ひらめき 1/26(木)10:30→15:00 似顔絵:Q
/公開制作:誰か2〜3人 
ひらめき 1/27(金)10:30→15:00 似顔絵:naco/公開制作:誰か2〜3人

ひらめき 1/28(土)10:30→15:00 似顔絵:Ackey
ひらめき 1/29(日)10:30→15:00 似顔絵:XL


グッド イベント� 絵のワークショップ:なりきり!オレたちひょうげん族!
なあ、みんな!「オレたちひょうげん族」の「画風」を体験してみないかい? あの人のあの画風、実際やってみたらどんな感じなんやろね? 描きやすい? 描きにくい? …でもね、ひとつ言えることはね、絵描くのって楽しいよ!

ひらめき 日 時:1/28(土)・29(日)10:3015:00
ひらめき 対 象:3歳以上
ひらめき 参加費:ポストカードサイズ-100円/B5サイズ-200円/八つ切りサイズ-300円

王冠2 メニュー1:たなかこまりの画風:コラージュ! コラージュ!
王冠2 メニュー2:矢田陸雄の画風:マジで!?  2色オンリー!
王冠2 メニュー3:柴田祥子の画風:直線禁止! ジャミジャミ線!
王冠2 メニュー4:画風っていうか、ぬり絵しよ!



グッド イベント� トーク! 詩の朗読!!! ブルースマン!!!
「オレたちひょうげん族」詩作の秘密(?)や「オレたちひょうげん族」を代表する2人の詩人、向井久夫とQによる詩の朗読バトル! そして(向井久夫の詩に惚れこんで絶賛CD制作中の、はずの)癒やしのブルースマン、カサ・スリムによるライブで、真冬なのに暑苦しく楽しみましょう!

ひらめき 日 時:2017年1月27日(金)18:30→20:00
ひらめき 話します。:木ノ戸昌幸(NPO法人スウィング)

ひらめき 朗読します。:向井久夫 & Q(NPO法人スウィング)
ひらめき 歌います。:カサ・スリム(癒しのブルースマン) 
ひらめき 定 員:15名(要・事前お申込!)
ひらめき 参加費:2,000円 ドリンク(市販のやつですが飲み放題!)、おつまみ代込み。
ひらめき お申込:スウィングまでお申込みください。

お名前*/ふりがな*/人数*/ご所属/ご住所/電話番号*/Mail/ドリンクについて*(アルコール or ソフトドリンク)《* は必須》を、Mailまたはお電話にて担当・四至本までお知らせください。
Mail:shishimoto@swing-npo.com(件名を【1/27 イベント申込】としてください)
Tel:075-712-7930(四至本)


 

なんか書いてて「ホンマの交流」とかどうでもよくなってきました(なんてこと言ったらダメですね)。寒いのは冬なんで当たり前ですが、なんだかかんだか相も変わらずキナ臭〜い世相です。だからこそ、それでも、「Enjoy! Open!! Swing!!!」の精神を忘れてはいかんなあ、なんてあらためて思います。こしらえものの屁理屈はとりあえずどっかに置いといて、ぜひぜひ、ただただ、楽しみに来てください! 皆様のご来場を心よりお待ちしております!!!

→Facebookイベントページはコチラ! →

木ノ戸

 

| 芸術創作活動「オレたちひょうげん族」 | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0)
第39回プチコロリ

DSC_0002.JPG

 

年末年始のごみ収集等のお知らせの紙を見つけて拾いました

 

DSC_0003.JPG

 

ウコンの力の缶を拾うゴミブルー(美馬さん)カッコイイ!!

 

DSC_0004.JPG

 

S.M.C(カフェ)の前でゴミを拾うゴミブルー(増田さん&美馬さん)

 

 

ビストロ・スリージェの前で記念撮影

 

DSC_0009.JPG

 

幼稚園の園児たちに声を掛けるゴミブルー(増田さん)

 

DSC_0011.JPG

 

園児達に名刺を渡すゴミブルー(増田さん)

 

DSC_0120.JPG

 

下鴨神社の紅葉の前でポーズをとるゴミブルー(増田さんと美馬さん)

 

DSC_0103.JPG

 

橋の上でポーズをとるゴミブルー(増田さん)

 

DSC_0117.JPG

 

鴨川沿いで手を振るゴミブルー(増田さんと美馬さん)

 

DSC_0100.JPG

 

信号を待つゴミブルー(増田さんと美馬さん)

 

DSC_0138.JPG

 

ゴミを拾う僕(たいと)

 

DSC_0131.JPG

 

鴨川でゴミを拾うゴミブルー(美馬さんと増田さん)

 

DSC_0137.JPG

 

多くの人達が利用する駅(出町柳駅)には青空が広がっている

 

DSC_0108.JPG

 

ゴミブルー(増田さんと美馬さん)に興味津々の園児達

 

DSC_0006.JPG

 

ビストロ・スリージェの前でポーズを決めるゴミブルー(美馬さんと増田さん)

 

DSC_0007.JPG

 

店の前で記念撮影

 

写真はあやちゃんが撮ってくれました!

天気も晴れて良かったです!

ゴミは少なかったですが、沢山拾いました!!

美馬さんもプチコロリに参加してくれました!!

プチコロリの途中、伊藤さんに会いました

出町柳でプチコロリをするのは久しぶりでした

店まで案内する事ができました

鴨川沿いの方がゴミ拾いやすくてよかった・・・・

下鴨神社でもゴミが捨ててあったので拾いました

ゴミを捨てるのは良くないと思います

セブンイレブンで休憩をしました

プチコロリの帰り、力士(お相撲さん)が歩いてきてビックリしました

プチコロリ、楽しかったです!

 

たいと

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 16:43 | comments(2) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
ランキングに投票してください!!
人気ブログランキングへ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE