Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
Let's go Amazon!

 

山口百恵が好きな向井さんだけれど、今はなぜだか山口百恵の息子のCDが欲しいのだという(僕はこのへんよく知らないのだが、今パパッと調べて見たところ、息子とは三浦祐太朗氏と思われる)。そして欲しいのだけれど、一体どこに売っているのか分からないのだという。確かに。この「CDが売れない」と言われる時代、“実際のお店”で自分が欲しいCDを見つけることはなかなか難しかったりする。

 

 

 

「Amazonで買えるんじゃないですか?」

 

 

そんなモヤモヤを吹き飛ばすようにこう言い放ったのはリクオくんだ。さすが現代っ子、ハナから実店舗など眼中にないのかもしれない。Amazonな〜、確かに買えるやろな〜。買えてしまうところがヤバいとこやと思うんやけど、ついつい使ってまうな〜。向井さんはどう思います? やっぱりあくまで“実際のお店”にこだわる派ですか?

 

 

 

「アマゾンか〜。そんな遠くまで行かな買えへんの???」

 

 

 

 

ちょっと待って!!! 

たぶん、そこ違う!!!

 

木ノ戸

| 哲人・向井久夫 | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0)
第111回ゴミコロリ

a047452.jpg

 

「穴/HOLES」

アメリカで全米図書賞他、多数の賞に輝くルイス・サッカーの傑作児童文学を作家自らが脚本を担当し、映画化した日本劇場未公開のディズニー制作の掘り出し物的痛快冒険ミステリー。アンドリュー・デイヴィスが監督し、「トランスフォーマー」などで有名なシャイヤ・ラブーフが主人公の少年を演じるなど豪華キャストが多数出演しています。

 

 

あっ、これ、ひーちゃんです。

アンソニー・ホプキンスちゃいますよ。

 

 

豪華キャスト多数出てますが、ノーホプキンスです。

 

いやいや穴があったら入りたい。

もうほんとに外には出たくない。

お家でコタツにinしてたい。

 

最高気温5度、そんな極寒の1月24日(水)「第111回ゴミコロリ」を開催いたしました!

実は17日(水)実施予定だったのですが、雨のため1週ずらしての実施となったんです。

 

いろいろ事情がありまして、規模縮小。総勢14名でコロって参りました。

どうぞご覧下さい!

 

DSC_0008.JPG

 

NEWゴミブルー!???

いや、ゴルブルーです。

Qさん? って思った方もいるかもしれませんが、ゴルゴです。

スウィングの一員になって間もないゴルゴですが、早くもゴミコロリの虜になってます。

ゴミブルースーツはサイズが入らないので、自前の衣装です。

 

が、さすがに前が見えず危険なので…

 

DSC_0085.JPG

 

普通のゴルゴで行きます。

 

「毎度おなじみゴミコロリでございます〜」

 

火バサミをマイクにして街宣中。

 

DSC_0019.JPG

 

後ろのおじいさん、何やらメモか地図を見てるようですが、見えにくそうにしてますね。

んんん??? ゴルゴ、なんでメガネ2個持ってるの?

 

それ、ひょっとして…

 

DSC_0036.JPG

 

急に必死にコロリ出しました。

怪しいなぁ…、しっかりコロってよ!

 

DSC_0027.JPG

 

はい、Qさんは壊れた折りたたみ傘GET!

ええ色の傘やね。

 

DSC_0031.JPG

 

記念にシッシーと相合い傘。

 

DSC_0023.JPG

 

こどもは風の子。

この寒さにも負けず、元気に外で遊んでます。

ちゃみブルー、ヒーローなんやし「寒い! 寒い! 寒い!」連発させてんと、ちょっとはこどもらを見習いや!

 

DSC_0041.JPG

 

こちらは定番の路肩のアミアミ下でございます。

 

DSC_0042.JPG

 

みんなでコロれば怖くない。

 

DSC_0045.JPG

 

ここまで徹底的にコロリます。

他にも〜…

 

DSC_0074.JPG

 

こんなとこや…

 

DSC_0040.JPG

 

こんなものまでコロリました。

 

魚の頭…。

 

「柊鰯」にしては時期的にちょっと早いですもんね。

そういえば、節分に「柊鰯」挿してるお家最近見かけませんね。

 

DSC_0072.JPG

 

この日は寒いうえに風も強く、ゴミ袋が道路に飛散し、悲惨な状態に。

ちゃんときれいに元通りの場所に袋を戻しました。

 

DSC_0076.JPG

 

そんで、細かなゴミも見逃しません。

 

DSC_0078.JPG

 

シッシー、両手で器用に火バサミを操ります。

カメラ目線でドヤ顔されても…。

ちょっと弱いんやなぁ〜。その程度では秘技とは言えません。

 

DSC_0081.JPG

 

秘技と認めてもらえず、スネちゃってます。

 

DSC_0062.JPG

 

畑にもたくさんのゴミが飛散しております。

 

はい、いけよ〜。

技、繰り出せよ〜。

 

DSC_0060.JPG

 

なんで〜? なんでなん?

シッシー、チャンスやん。

なんで普通にinするねん。

 

誰でもいいからいけよ〜。

まだまだゴミあんぞ〜。

 

DSC_0066.JPG

 

ひーちゃん…………。

 

考えたらわかるやつやん! ここは秘技出さんとblogネタ厳しなるやつやん!

 

きっと寒さで思考力がやられてるんでしょう…。

はい、コンビニ休憩で暖とりましょう。

 

DSC_0051.JPG

 

って、暖とるわけないか…。

ちなさん、年中アイスやもんね。

 

DSC_0058.JPG

 

KAZUSHIくんも…。

 

アラフォー世代のアッキー、極寒アイスは厳しそう。

ちなみにゴルゴは「タラタラしてんじゃね〜よ」を食べてます。

 

「パクパクしてんじゃね〜よ、しっかりコロれよ!」

 

気になる左手のレジ袋には〜…

 

DSC_0055.JPG

 

がっつりおかず系。

もちろんこれ食べて、普通にお昼のお弁当もペロリと食べちゃいます。

 

だって…

 

DSC_0019.JPG

 

上賀茂の「くいだおれ太郎」なんですもん。

 

DSC_0047.JPG

 

ゴルゴ、ちなみにこれは犬型の「ビスケット」ちゃうから食べたらダメよ〜。

 

DSC_0091.JPG

 

今回は人数もエリアも縮小してコロリましたが、なんだかんだけっこうな量です!

 

実は規模縮小の理由のひとつがGさんの引越しなんです。

長年住んだアパートの老朽化に伴い、安全に安心して暮らせる場にお引越しすることなったんです。というわけで、スウィングから選りすぐりの力ある男4人と、Gさん夫妻をサポートする人たちで力合わせて引越しやってきました〜。

 

たくさんの不要なものを処分し、住み慣れたアパートともこれで「サヨナラ」です。

これはこれで一つの「ゴミコロリ」。

 

DSCF7446.JPG

 

Gさんいい部屋見つかってよかったね。

思う存分長生きしてください!!!

 

はい、ではここから支部からの2018年初コロリのレポートをご覧ください!

 

【京都/西山ケミックスさんからのゴミコロレポート】

KES201801.jpg

とっても寒い朝にゴミコロリを行いました! 川沿いのゴミをたくさん拾いました。

 

 

西山ケミックスのみなさん、寒い中本当に初コロリお疲れさまでした!

 

寒い日がずっと続いてますね。いったいいつまで続くのでしょうか…。

大寒波とか、数年に一度のとか、「寒波」「寒波」ってもう聞き飽きた!

そんなのどーでもいい! 外に出よう! やろう! コロろう!  

 

「ゴミコロリ」に賛同し、ともに「ゴミコロリ」を行ってくれる団体さん(ゴミコロ支部)随時募集中!→

次回「第112回ゴミコロリ」は、来る2月21日(水)の開催です! 

参加希望の方は担当・西川までご連絡ください!  → MAIL:nishikawa@swing-npo.com

 

町に溢るるゴミある限り、我らの戦い終わりなし。

拾うはゴミでも心は錦、見た目は青でも心は真っ赤。

嗚呼、さすらいのゴミ野郎、 嗚呼、我らゴミコロレンジャー!

 

(西川)

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 18:32 | comments(0) | trackbacks(0)
京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」@雪舞う、祇園

DSC_0036.JPG

 

Q&XLによるヘンタイ記憶パフォーマンス、京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」。今回は1月22日(月)に出動した「雪舞う、祇園」編をお送りする。

 

当初この日は「平安神宮」を予定していたのだが、あいにくの雨。「やむかもしれん」とか「あっちは降ってないかもしれん」とか言いながらとりあえず向かった「平安神宮」はやっぱりダダ降りで人影もまばら。何より我々が雨をしのげる場所が見つからなかったので、「どうしようか…」と考えた末に「祇園」を思いついたのである。

 

DSC_0032.JPG

 

京都・祇園。

 

DSC_0029.JPG

 

その祇園にある「よしもと祇園花月(祇園会館)」。

ここなら屋根があるし、バス停もあるし、人も多いんじゃないか? という読みを働かせた次第である。

 

DSC_0016.JPG

 

うむ。読みは当たった。

 

雨が降っている上にとにかく寒い寒い日であったが、次々に「迷い人」を発見。なぜかQ氏とXL氏の頭の中にほぼ全部インプットされている京都市バスの路線・系統情報を駆使し、目的地へのベストな行き方、乗り継ぎをご案内する。

 

DSC_0155.JPG

 

ところで祇園には我々が陣取った「よしもと祇園花月(祇園会館)」前の「Cのりば」に加え、通りを挟んで「Aのりば」と「Bのりば」が存在する。A、B、Cと違うのにバス停の名前は「祇園」ですべていっしょ! という状況がややこしいのは言うまでもなく、事実今回、本当はA(もしくはB)から乗るはずなのにCに来ちゃっている人に数多く出会うこととなった。

 

この状況は金閣寺「前」と金閣寺「道」の混乱(→)に少し似ているなと思った。

 

DSC_0158.JPG

 

また、加えてA、B、C、各のりばから出ているバスの系統がこんだけあるので、ややこしいったらありゃしない! を通り越して、なんかもう見る気もしない。でも実際、我々をアテにしてくれる人たちは本当に見る必要が無いのですよ! だってQ氏とXL氏の頭の中にこれら(だいたい)全部入ってるんだから! さあ! ど〜ん! といらっしゃい!

 

あらためてなんてモノを頭の中に入れてるんだろう…と思う。

 

DSC_0135.JPG

 

「祇園/Cのりば」からご案内した行き先ナンバー1は「銀閣寺」だった。ここから銀閣寺に向かうには「203」か「急行100」で乗り換え無し1本。しかしQ氏とXL氏は揃って「急行100」を強く推しまくる。急行だから停車するバス停の数が少なくて早い! までは僕でも分かったが、よりグッド! なのは「203」は銀閣寺「道」までしか行かないが、「急行100」は銀閣寺「前」まで行くので近くて分かりやすいのだと言う。雨の日だけにこの情報はかなりステキ! と思ったが、各地に張り巡らされた「道」と「前」の罠って一体なんやねん…。

 

DSC_0064.JPG

 

この方たちにも「銀閣寺」の行き方をご案内。皆さん日本人で意思の疎通もしやすかったため、間もなくやって来る「203」をスルーして「急行100」を待ってもらうという、トリッキーな案内をさせていただいた(理由は上記の通り)。

 

DSC_0086.JPG

 

ダイヤも乱れまくって「次のバスがいつ来るか分からない」状況でこうした案内をするのは勇気の要ることなのだが、バスの待ち時間にいつしか雑談を交わし、「信じるわ〜、あんたらお金取れるわ〜」とまで言ってもらえるくらいに段々と仲良くなったことが大きかったのだと思う。人力交通案内の最中にはこうした予期せぬ友情(?)のようなものが生まれることが時々あり、Q氏やXL氏は知らないが(たぶん興味ないが)、個人的には密かな楽しみだったりする。

 

DSC_0025.JPG

 

「銀閣寺」以外のご案内で非常に興味深かったのは「祇園はどこですか?」と、「祇園」のど真ん中で「祇園」を探している人たちがかなりいたことである。最初は僕たちの方が面くらってしまってひたすら「Here!」と言いまくっていたが、なんか上手く通じない(当たり前だ)。そうしてふと、世界各地の皆さんは「祇園」らしい「祇園」、つまり「花見小路」を探しているんじゃないか! ということに気がついた。

 

 

アバウトな「祇園」に来ることはたま〜にあるし、なんとなくただの地名として理解してしまっているけれど、庶民として京都に住む者としてはあまり来ることがない(と思われる)場所、「花見小路」。そうか! ここが世界標準の「祇園」なのか! と気づけたことは1つの、「灯台もと暗し」的な大きな発見だった気がする。今回のような雨の時にはまた「祇園」に来ることもあるかと思うので、この発見を今後も忘れず活かしてゆきたい。

 

そう…今回は…雨…。

 

DSC_0123.JPG

 

よしもと芸人の中に入ってごまかしてみても、雨は…雨…。

 

DSC_0121.JPG

 

…ていうか、雪!!!

 

もう寒くって耐えらんない! というわけで、「Cのりば」よりももっと分かりやすく屋根に覆われた「Bのりば」へ(軽い運動も兼ねて)そそくさと移動する。 

 

DSC_0200.JPG

 

はい〜、スタンバイ、オッケイ〜!

でも全然、寒さは変わらず…。XL氏、手がかじかんで動かないようである。

 

 

シャケが取れなくなったら困っちゃうね…。

 

DSC_0158.JPG

 

ぐお〜! 「Bのりば」なんか激しい!! 激戦区!!! 

しかし、よ〜く目を凝らして見ると、著名な観光地は「金閣寺」くらいしかないようである。

 

DSC_0221.JPG

 

はいはい、どこですか? 「金閣寺」でしょ? 

え? 違うの? 四条河原町? 歩いてもいけまっせ?

 

DSC_0232.JPG

 

…て、言うてる間にバスが来たので、(軽い運動も兼ねて)バスをSTOPさせてご乗車していただきました。

 

よい旅を。寒いけど。

 

DSC_0254.JPG

 

このお2人には「烏丸御池」までの行き方をご案内。バスだけでなく地下鉄もOK! ということだったので、市バスから地下鉄乗車の最短ルートをご案内したのだが、Q氏が「地下鉄/国際会館方面行き」のことを「コクサイカイカンホーメーン!」と英語っぽく言っていたのがオモシロかった。これ、「人力交通案内あるある」である。ちぇき。

 

DSC_0204.JPG

 

あまりの寒さに冬眠の準備をはじめたXL氏をよそに、予想通り「金閣寺」ご案内ラッシュがはじまる。「金閣寺」への行き方はシンプルに「12」系統で1本! のみを淡々と続ける2人。なんか知らんけどそれがベストなのだろう。ところで1つオモシロかったのは「ろくおんじの行き方、分かりませんか?」と尋ねる「迷い人」がいたことである。ご存知の方はご存知かと思うが、「鹿苑寺(ろくおんじ)」とは「金閣寺」の正式名称である。にも関わらず滅多に耳にすることも口にすることもないし、「金閣寺」が圧倒的に一般的といって間違いない。恐らくどこのバス停にもこの名は表示されてはいないだろう。尋ねられた時、(日本人ではなかったし)言葉としては上手く聞き取れなかったのでスマホの画面を見せてもらうとそこには「鹿苑寺/Rokuon-ji」。なぜに!?? と共に、高校生の頃に習ったなあ…となんだかちょっと懐かしい気持ちがした。


さて。突然だが、人力交通案内史上、最大の失敗をここに告白する。

 

これまでの最大の失敗と言えば、かつてこの活動のメンバーだったアッキーによる『中途半端な市バスの知識しかないのに「迷い人」を「聞いて! 聞いて!」と深追いし過ぎて怒らせる事件』がトラウマ級に断トツだが、ショック…という意味では今回の一件の方がやはり根深い。

 

…写真のこの方、かなりの大所帯で京都へと来ていた外国人観光客ご一行のお1人である。

行き先は「金閣寺」。回答はシンプルに「12」。

 

DSC_0237.JPG

 

…が、その「12」系統が実際なっかなか来ず「もう20分も待ってるのよ! あと何分待てばいいの? 他の行き方は無いの?」とこんな感じになり、「じゃあ、それなら…」と案内してしまったのがまずかったのである。

 

DSC_0240.JPG

 

やって来た「201」系統に乗ることを3人全力ですすめ、でも、もうバスは来てしまっていたので乗り継ぎ案内を完了することができず、この方たちをXL氏と共に追っかけ、車内にまで一瞬乗り込み、(この方の機転で)乗り換え地点をスマホに録音させることに成功したのである。

 

「シジョウホリカワ(四条堀川)!」と。

 

…が、ダメなんである。…「金閣寺」に行きたい人が「四条堀川」で乗り換えてもダメなんである。混乱の中、XL氏はなぜか「二条城」への行き方を案内してしまったのだという。このことを直後に知り、僕たちはかなり凹んでしまった。今回も同行してくれた美馬くんもかなり凹んでいた。誰も悪くないと思う。でも我々は焦ってしまい、「金閣寺」に行きたがっていた人たちを「二条城」にご案内してしまった。全然違う。やっぱり、後味は悪い。

 

…では、本当はどこで乗り換えてもらえばよかったのか?

今、ついさっき、XL氏に電話をして確認する(2月15日午後8時半)。

 

「なあ、はっちゃん(XL氏の本名:服部光男=はっちゃん)、先月の交通案内で間違えたん覚えてる?」

 

「うん、覚えてる」

 

「あれ、本当はどこで乗り換えてもらったらよかったん?」

 

「四条堀川」

 

「…四条堀川!??」

 

「そう。四条堀川から急行101」。

 

「…で?」

 

「金閣寺道で降りる」

 

わお!!! なんや!!! 合ってたんかい!!!

なんだかよく分からないが、「二条城」と勘違いしたことはしたらしいが、「四条堀川」乗り換えで結果オーライ! だったらしい。美馬く〜ん、安心やで〜。あの人たち、ちゃんと(たぶん)「金閣寺」に着いてんで〜。

 

あー、なんかホッとした…。

でも、どんな時も焦らないことが肝心!!! これは確かな教訓!!!

 

というわけでアッキーによる『中途半端な市バスの知識しかないのに「迷い人」を「聞いて! 聞いて!」と深追いし過ぎて怒らせる事件』を最悪の失敗としてキープしつつ、次回、京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」は来る2月19日(月)、「平安神宮」に出没予定である。ちぇき。

 

木ノ戸

| 【OYSS!】京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」 | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0)
気になる冷蔵庫の大きさ

 

先日、お陰様で大盛況のうちに幕を閉じた展覧会「Enjoy! Open!! Swing!!! Vol.5 みんなあげちゃう♡♡♡」。それはそれとして、とにかく事件はその会期前日、搬入作業へと向かうNEWスウィング号の車内で起こったのである…。

 

今回の搬入メンバーは僕とかめちゃんとあやちゃんの3人。誰がどこを担当するか? 出発早々、役割分担をささっとすませた後、昼食を買うためにコンビニへと車を走らせる。…腹が、ちょっと、減っている。…このまま何も食べずに昼までもつだろうか? …いや、待て、待てよ。この間も同じように考えて朝からパン食べちゃったら、やっぱりちゃっかり下しちゃったではないか。そう、僕は昔から(特に朝)腹を下しやすい体質で、現在、いろいろ試行錯誤の末に朝はスムージー、昼はお粥、晩ご飯は普通に…という食生活を送っており、腹具合がかつてないくらいに安定しているのだ。この話を友人にした時には「モデルか!」と笑われたが、1日3食お腹いっぱい! が合う人もいれば、内村航平さんのように晩ご飯だけ! が合う人もいる。本来、「食」というのはこんな風に「個人個人・色々」が当たり前なんじゃないだろうか…てな話を道中ふたりにしていると、「ふ〜ん」と感心した様子で聞いていたあやちゃんが、今度は「食」の量について、意外な話をはじめる。

 

 

 

「あたし、1回に作るのが、4、5人前がベストなんですよ」

 

 

…分かるだろうか? あやちゃん、「一度に4、5人前を食べます!」と言っているのではなく、あやちゃんにとっての「1回に作る量の適量」が1人前でも2人前でもなく、4、5人前だと言っているのだ。ふ〜む。「食」の回数、内容、食べる量など人それぞれだと思っていたが、「1回に作る量の適量」まではさすがに思い至らなかったぜ…。さすが、あやちゃん…。僕も驚いたが、かめちゃんも「へー!」とかなり驚いた様子である。

 

 

 

「そんなに作るって…。じゃあ、冷蔵庫は大きいんですか?」

 

 

なるほど、ごもっともな質問である。(僕は4、5人前のインパクトに混乱してそこまで頭が回らなかったが)かめちゃんは一度に4、5人前も作るからには食材もたくさん! 冷蔵庫も大容量! というイメージを即座に持ったのだろう。うむ。興味あるある。さて、あやちゃん、その実態やいかに?

 

 

 

 

 

「いえ、冷蔵庫は1人前です」

 

 

 

 

 

て、言わんよね!!!

普通は!!!

 

最近、あやちゃんがミサさんに急接近しているような気がする…。

 

木ノ戸

| スウィンギン・ドキュメント | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0)
第51回プチコロリ

2.JPG

 

7.JPG

 

 

1月10日ひゃくまんべんにゴミをひらいにいきました。

 

 

8.JPG

 

DSC_0003.JPG

 

 

たばこのすいがらをひろいました。

 

 

DSC_0024.JPG

 

DSC_0026.JPG

 

 

あきかんがいっぱいありました。

 

 

DSC_0040.JPG

 

9.JPG

 

 

ちなさんはしゃしんをとっていました。

 

 

西谷

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 19:23 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE