Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
第79回プチコロリ 2020年5月21日のこと:ゴミブルーの気持ち

©Mai Narita

 

ゴミブルーになってもう8年ほど経つが、かつてこんなにも緊張したことがあっただろうか。地元・上賀茂でのゆるさといったら、ある意味ひどいもんだし、東京でやろうと沖縄でやろうとどこでやろうとワクワクこそすれど、緊張というのはこれまで殆どしたことがない気がする。

 

東九条でいつゴミコロリができるのか? (本来もクソもあったものでないが)本来なら4月に第1回を迎えていたはずが、コロナ禍によってまったく見通しが立たなくなってしまった。

 

それがようやく……という安堵感や奇しくも緊張事態宣言が解除された日という何とも言えないフワフワ感。

 

(え? あれ? 「ようやく」って第1回は4月の予定だった? じゃあ、ズレたのは1ヶ月だけなの? なんとこの、コロナ時間の長く感じることよ。。。)

 

さらに解除されたところでコロナが別に綺麗さっぱり去ってしまったわけではなく、ゴミ拾いはともかく本当にゴミブルーなんて妙なカッコを(はじめての場所で)していいものだろうか? という迷いもあったような気がする。

 

まだE9の人たちにも慣れていない増田さんの緊張具合はどうか? 在宅ワークの毎日から久しぶりに外に出て、ひとりで絵を描くXLは大丈夫だろうか? 緊急事態宣言解除を受け、スウィングの皆はどんな気持ちか? 今後どうしてゆけばいいのか? 

 

とにかく様々な、めくるめく思いを感じざるを得ない日だったことは確かなわけで、そんなこんなでパンパンに肩の力が入ってしまったのだと思う。違うかもしれいないが、とにかくそういうことにしておこう。

 

でも楽しかったし、確かにはじまったことが嬉しかった。

 

「多文化交流ネットワークサロン」の皆さんの、明るく温かな歓迎には感激したし、蔭山さんや福森さん、あごうさん、E9の皆さんが一緒にいてくれたことはやはり心強かった。

 

コロナ禍という、刻々と変わり続ける未体験ゾーンに身を置きつつ委ねつつ、次回を楽しみに待ちたいと思う。

 

木ノ戸

 

(以上「note:Swing×成田舞(仮)」より転載)

 

★お願い/視察・見学について★

・スウィングの見学日は毎月第3水曜日と第4金曜日となります。 

・時間、料金、定員、プログラム等の詳細については下記ブログをご覧ください。

・現状、定員を10名→5名に変更して実施予定です。

・コロナ禍の影響で実施をしない可能性もあります。予めご了承ください。

 

2019.03.04 Monday

見学日を月2回(毎月第3水・第4金)とさせていただきます。

http://garden.swing-npo.com/?eid=1400635

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 12:19 | comments(0) | -
”木ノ戸”のルーツを探る冒険

 

木ノ戸は珍しい苗字だ。

ゆえに家族親族以外に、まだ木ノ戸姓の方に出会ったことはない。

 

出会ったことはないんだけど、何がきっかけだったかも忘れてしまったけれど、Facebookではじめて見知らぬ「木ノ戸さん」と知り合い、その方に福島県に木ノ戸姓ばかりの集落があるらしいよという情報を教えてもらったことがある。

もちろん全く知らなかった。今から7年前のことだ。

 

一昨日、トークイベントのために訪れた「はじまりの美術館」(福島県耶麻郡猪苗代町)岡部館長が親切にも「時間があるのでどこか行きたいところはないか?」と声をかけてくれて、僕は少し間を置いて「木ノ戸のルーツを探したい」と図々しくも答えたのだった。

きっとそういうんじゃなくって聞いてくれたんだろうけど、ちょっと面白いと思いませんか?

 

今朝8時半に宿を出て、岡部さんオススメスポットに立ち寄りながら、ネット上で見つけた「木ノ戸商店」へと向かう。実はもう随分前に亡くなった祖母が、愛媛県大洲市でやはり同じく「木ノ戸商店」を営んでいたので、そんな名前のお店が日本に2つあったのか……という事実にも驚いていた。もちろんチェーン店であるはずはなく、全くの偶然だ。

 

 

Googleマップの画像を岡部さんに見せてもらったときからそんな予感はしてたんだけど、残念なことに木ノ戸商店はもう店をたたんでしまっていた。

外見から察するに、そんなに最近のことでもないようだ。

が、人が暮らしている気配はある。

ドキドキしながら「こんにちは」と家屋の奥に向かって投げかけてみると、中から数年前に亡くなったというご主人の姪っこさんが現れて、怪訝そうな様子で、でも親切に応対してくれた。

 

この辺りに木ノ戸姓はここだけしかなく、姪っこさんも別の苗字であるらしい。

ああ、そうなんですか……。

ダメ元で集落のことを尋ねてみると、「あまり知らないから確かではないけど」と前置きしながら、ある地名を教えてくれる。

 

岡部さんがすかさず「ここまで来たんだから行ってみましょう」と言ってくれる。

なんたること、なんたること。正直そんなに簡単にゆくはずはない、また今度出直そうとしょんぼりしていたので、この言葉にはものすごく背中を押された。

確かに。せっかく来たんだから、もうちょっとお言葉に甘えてみよう。

 

岡部さんが、このワケの分からん旅の同行者であることがとても頼もしい。

同行者というかまさに、文字通りの「道連れ」だ。

木ノ戸さん探しに岡部さんを道連れにしている。

いや、道連れってそういう意味だったか?

 

15分程度で第2候補の地にやって来る。

もう何かが吹っ切れて、目についた民家をとにかく訪ねてみる。

出てきたのは木ノ戸さんではなく佐藤さんというおばあちゃんだったが「木ノ戸はもうひとつ向こう。そこで牛をやってる人を訪ねてみなさい」と、なんだか昔話のようなアドバイスをして下さる。

 

 

おばあちゃんが教えてくれた通りに山道をもうしばらく行くと、民家がポツポツと見えはじめ、そこに広がるのは里山の風景だ。

 

あ、人がいる。

そしてやはり怪訝そうにこっちを見ている。

車を降り、とにかく話しかける。

木ノ戸さんを探しています、僕は愛媛県出身の木ノ戸です、ルーツを探しに来ました。

 

ドンピシャだった。

 

 

昔はもっと多かったと言われるが、今現在もこの集落には4軒、木ノ戸姓の家があり、あそこが本家、あっちが分家と指差し指差し教えてくれる。

じゃ、本家がひょっとしてルーツなのかも! 

しかし本家は既に空き家になっていて、もう誰も住んでいないらしい。

で、お前は何者だ? とあらためて聞かれたのでもう一度「僕も木ノ戸なんです」と説明し、名刺を手渡す。

すると木ノ戸さんの顔が少しほころぶ。

 

そう、早く教えてくれればいいのに! 

 

この方こそ僕が生まれてはじめて出会う、まだ見ぬ「木ノ戸さん」だったのだ。

木ノ戸さんはしきりに愛媛に木ノ戸がいたとは知らんかった、でも昔のことはわからんなあ、と首をひねっていた。

でも、血が繋がってるかどうかは別にして、鈴木さんや佐藤さんにはきっと分からないであろう、この不思議な感動と親近感……。ああ、ドキドキする。こんな気持ちって味わったことない。

 

すると1台の車が通りがかって、木ノ戸さんが呼び止める。

愛媛のほうに移った木ノ戸は知らんか? 

愛媛? 知らんなあ、千葉のほうにはおるけどなあ、てかどういうこと? え? あんた木ノ戸さん!? いやほんまかいな!!! 

 

 

これぞ恐らく木ノ戸史上初、木ノ戸さんが木ノ戸さんに木ノ戸さんを紹介するという2020年9月21日、福島県のとある場所でふいに起こった小さな奇跡の瞬間だ。

 

新たにやって来た木ノ戸さんは「70年生きてきたけどはじめてのこと、これも何かの縁」としきりに感激してくださって、そこから怒涛の木ノ戸にまつわるノンストップ弾丸トークがはじまった。

 

 

その内容が主に「いかに木ノ戸一族(?)が立派であったか」という内容だったから、僕はちょっとたじろいでしまったのだけれど、そのうち木ノ戸さんがカスミソウを栽培されていることを知り、俄然興味を抱く。木ノ戸さんはおばあちゃんが教えてくれた「牛をやってる人」だったのだが、BSE問題で大きな借金を抱え牛からは手を引き、今はカスミソウ栽培に鞍替えをしていたのだ。すごい、逞しすぎる。カッコいい。木ノ戸さん、僕も京都で小さいけれど花を楽しんでるんです。カスミソウも大好きな花です。そして愛媛では母・木ノ戸みゆきが年中ガーデニングに夢中になっています。なに? 木ノ戸さん、そうなのか! じゃあ行こう、さあこっちについてきなさい!

 

 

この場では唯一の岡部さん、即ち超マイノリティ岡部さん、すみません、もう少しいいですか? 

今からカスミソウを見せてもらって、それから木ノ戸さん先祖代々のお墓を参らせてもらって、それから木ノ戸さんのご自宅に寄らせてもらいたいんです!

 

 

そんなわけで今、京都へと向かう新幹線の車中。

僕の傍らには木ノ戸さんからもらったカスミソウが可愛らしく咲き誇っている。

 

 

途中、郡山駅前にあるベンチの下に元々の半分くらいをしのばせたのは、あまりに大量すぎて握力が悲鳴をあげていたのと、いつも僕やスウィングのことを応援してくれている割には、一昨日はじめてリアルで出会った郡山在住の友人に、この思い(と重い)を贈りたかったからだ。

 

 

ああ、しかし。

 

僕はこの日のことを一生忘れないだろうし、もしかしたら死ぬ直前に思い出すのは、今日のこの、縁のような、奇跡のような出来事の数々なのかもしれない。

 

もうルーツも血の繋がりもどうだっていいな。

 

岡部さんと過ごした謎の1日。

この日の登場人物は木ノ戸さんばかりだったが、岡部さんがいなければ決して成り立ち得ないことばかりだった。

 

 

岡部さんも僕と同じく大量のカスミソウを木ノ戸さんからもらっていたから、今頃その扱いに困ったり、今日の日の不思議を、笑って思い起こしたりしているのだろうか。

 

僕は家に帰ってカスミソウを花瓶に生け、そして明日には丈夫そうな苗を鉢に植え、交換した電話番号とそのお名前を見て、少し笑って、少し泣いてしまうのだろうな。

 

木ノ戸

 

★お願い/視察・見学について★

・スウィングの見学日は毎月第3水曜日と第4金曜日となります。 

・時間、料金、定員、プログラム等の詳細については下記ブログをご覧ください。

・現状、定員を10名→5名に変更して実施予定です。

・コロナ禍の影響で実施をしない可能性もあります。予めご了承ください。

 

2019.03.04 Monday

見学日を月2回(毎月第3水・第4金)とさせていただきます。

http://garden.swing-npo.com/?eid=1400635

| スウィンギン・ドキュメント | 21:22 | comments(0) | -
京都人力交通案内「アナタの行き方、教えます。」@2020.9.14村松華子レポート編

 

「バス停」そこにはだれがいるかなんてわからない。もしかしたらいないかもしれない。バスが来るのを待つだけの場所。でもそこにはあなたの知らない誰かの思い出があるかもしれない。

 

今回私は、NPO法人スウィングさんが行っている人力交通案内にライターとして参加させていただいた。今回の人力交通案内は、案内を文字にする係がスウィングの理事長・木ノ戸昌幸さん、そして人力交通案内人のQさん、以上2名によって行われた。私を含めた3人で車に乗り込み人力交通案内の活動はとある秋晴れの日の午後にスタートした。新型コロナウイルスの影響による観光客の減少などから人力交通案内は今回が半年ぶりの再開だったそうだ。そのため、まずは京都の観光の現状を知るところから始まった。果たして京都に観光客は戻っているのだろうか。

 

 

はじめに訪れたのは金閣寺だった。私もこの場所はなじみ深い。コロナ流行前は平日でも多くの観光客が訪れ、無数にあるバス停はどこも人で溢れ、3人はいる近くの警備員さんも観光客への対応などで忙しそうにしていたのをよく覚えている。しかし、今はすごく暇そうにしていた(ように見えた。本当は忙しいのかもしれない)。どちらにしても金閣寺ではまだ観光客が戻りきっておらず観光客が主なターゲットである人力交通案内の活動は難しいと判断し、私たちを乗せた車は嵐山へと向かった。

 

 

金閣寺から嵐山へと向かう道には、立命館大学がある。実は私は立命館大学の学生。木ノ戸さんも立命館大学出身、つまり私の先輩。キャンパス周辺の景色をとても懐かしいと感じるのは昔読んだ本を読み返したときの感覚と似ている気がする。知っているのに続きが気になる。大雑把にはわかるが思い出せない部分がある。あの場所は今どうなっているのだろうか? そんな私と木ノ戸さんの思いが車内に充満し、車は嵐山へのルートから少し脱線、キャンパス周辺や心霊スポットなどへと向かっていった。そこでの道中木ノ戸さんやQさんのその場所での思い出などを聞いた。面白い話、恋の話、自分が体験した訳ではないのにどこか懐かしい話の数々は聞いていてとても面白かった。

 

 

ある場所に行くと思い出す人がいたり逆にその人と出会うと思い出す場所があったり、昔のことをいつまでも引きずって生きるのはよくないと人は言うけれど、こうやってふと何かのきっかけでその場所に行き着いた時に蘇る思い出がある事はとても素敵だなと感じた。コロナ禍で注目を集めているオンライン授業やZoom会議は移動がない分便利だけれど場所と人との関わりによって生まれる物もあるのではないか。そしてそういう場所と人とのめんどくさい関係性があることが意外と人の人生に面白みを与えたりするのではないだろうか。

 

 

さて、思い出の地巡りをしながらいよいよ目的地である嵐山にたどりつくと想像以上に人がいた。卒業旅行や修学旅行らしき中高生もちらほら。という事で、人力交通案内スタート。Qさんと木ノ戸さんは早速バス停前にポジション取りをしたが観光客のほとんどが若者そして片手にスマホ。なかなか人力交通案内に頼る人はいない。しかし、その中にスマホを見ながら不安そうにバスを待つ2人組を木ノ戸さんが発見。すかさず声を2人に声をかけるとQさんを呼ぶ。そして人力交通案内がスタートした。2人の人力交通案内の結果、2人組の行き先はスマホで見ていたもので正しかった。これだけ聞くと「スマホだけでよかった」「人力はいらない」と思う人がいるかもしれない。しかし、本当にそうだろうか。もし、スマホだけを頼りにバスに2人が乗車したら乗車中ずっと小さな不安を抱えながらバスに乗らなくてはいけない。人力交通案内により人からの保障がつくことはその人に少しであるが安心を与える事ができるのではないだろうか。

 

 

と、少し真面目? な感じで書いているが本音は、人力でバスの運転手さんの帽子を被った人(どう見ても運転手さんではない)に交通案内してもらうって後で誰かに話したくなるくらいにどこか面白いと私は感じた。知らない人と話すなんて少し面倒くさいし怖いこと、でも、こんな人達に出会ったって自慢できるし、話のネタになるし、ちょっとお得で素敵。また何年後かに京都に来たときに「ここで人力交通案内受けたよね」なんて話ができたらスマホで調べるときよりも思い出が豊かになる。絶対必要というわけではないけれどあったらなんだか幸せ、人力交通案内は給食のデザートみたいな存在だと今回私は感じた。

 

村松華子

 

★お願い/視察・見学について★

・スウィングの見学日は毎月第3水曜日と第4金曜日となります。 

・時間、料金、定員、プログラム等の詳細については下記ブログをご覧ください。

・現状、定員を10名→5名に変更して実施予定です。

・コロナ禍の影響で実施をしない可能性もあります。予めご了承ください。

 

2019.03.04 Monday

見学日を月2回(毎月第3水・第4金)とさせていただきます。

http://garden.swing-npo.com/?eid=1400635

| 【OYSS!】京都人力交通案内「アナタの行き先、教えます。」 | 18:51 | comments(0) | -
だいじょうぶじゃないけど、だいじょうぶ

 

XLの口癖は「だいじょうぶ」だ。

誰かから何かを尋ねられたとき、それはほとんど反射的に口から飛び出てくるように見える。

 

靴のサイズ。

キツくない? だいじょうぶ。

 

重そうな荷物。

ひとつ持とうか? だいじょうぶ。

 

真夏のキツすぎる日差し。

帽子かぶる? だいじょうぶ。

 

真冬なのにステテコ。

寒くない? だいじょうぶ。

 

時には本当にだいじょうぶなこともあるにはあるが、もう20年近い歳月を共にしてきた僕の基本認識は、彼のだいじょうぶは「だいじょうぶじゃない」。靴はサイズを上げないとキツすぎるし、荷物が肩に食い込んでフーフー言ってるし、ちゃっかり熱中症になって苦しんでるし、丈夫そうな印象とは裏腹によく風邪もひく。

 

何を言われてるか分からないから、だいじょうぶ。

でも答えを急かされてきたから、だいじょうぶ。

とにかく会話を早く終わらせたいから、だいじょうぶ。

そうして癖になってしまった、だいじょうぶ。

 

そんな彼のだいじょうぶの歴史を想像しながら慎重に問い直したり、「ゆっくり考えて」と促したり、できるだけ「本当のこと」にたどり着くようにお節介を焼いてきたわけだが、最近それと矛盾するように考えていることがある。

 

別に「だいじょうぶ」のままでもいいんじゃないか?

 

人生がなるようにしかならないのであれば、必死になって目を光らせて本当のことを探したって、ひょっとして何をどう選択したって実はあんまり大差ないのかもしれないなあ、と。それに何より彼自身は、間違いに見えるだいじょうぶで物事がずんずん進んでいって、それがあんまりパッとしない状況を生み出したとしても、きっと文句ひとつ言わないだろう。そう考えるとだいじょうぶじゃないのは彼自身ではなく、彼の周りで気を揉んでいる自分のほうなんだと分かる。

 

そうと分かると不思議に余裕も生まれて、今では彼が「だいじょうぶ」と口にするたび、僕はほとんどニヤリと笑いながら「じゃ、だいじょうぶじゃないな?」と偉そうに言うのだ。彼も次第にこのやり取りに慣れてきたようで、いっしょになって本当のこと探しに付き合ってくれる。世間的に正しいとか常識的に間違ってるとか、そういうつまんないのに本当のことが引っ張られないように、彼や僕にとって、彼や僕が大切にする人たちにとって、「本当に大事なことは何か?」を手探り手探り考えながら。

 

 

9月のはじめ、XLの大腸癌が発覚した。

 

以降、大病院での検査検査の毎日が続き、まあ手続きは便利なようでややこしいし、まあ医師の言うことは懇切丁寧なようでよく分からないことが多いし、下手をすると彼はいつものように何もかもを「だいじょうぶ」で済ませてしまいそうだったから、毎回毎回深町さんが付き添い、コミュニケーションや諸手続きのサポートをしてきた。

 

その大変さに、正解なんて誰にも分からないのに数々の判断を迫られる状況に、彼女が涙することもあった。でもちゃんとみんな、彼女がだいじょうぶじゃないことを見ていたし、泣かなければいけない時に泣けるスウィングはいいところだな、と思う。一方XLに自覚症状はほとんどなく、癌を告げられた後もいたって健康(?)だ。癌がだいじょうぶじゃない体の病気だとしても、心は変わらず健やか……それがすごい。

 

 

15日には朝から僕も2人に同行し、これまで慌ただしく続いた検査結果と今後の治療方針についてドクターから説明を受けた。大腸癌、正確にはS状結腸癌。他臓器への転移は確認されておらず、現状で推察されるステージはb。

 

癌に対する意見や考えやスタンスが、星の数ほどとは言わずとも、太陽系の惑星の数より遥かに多いことは知っている。「転移」ひとつ取ってみても決して悪い状況ではなく「治癒に向かっている証」という捉え方もあるから本当に難しい。でも一般論に縛られ、その上もう全身に転移していて絶望的……みたいに勝手に暗く考え落ち込んでいた僕にとって、今回の説明はどちらかと言えばホッとする内容だった。更にドクターは「服部さん(XLの本名)には化学療法は向かない、危険」とハッキリ言ってくれて、輪をかけてホッとした。手術(切除)だけならGO、それ以上の治療を言われたらセカンドオピニオンを受ける準備もしていたから……。

 

ちなみにこのドクターの所見はXLの身体的な問題ではなく、彼のコミュニケーション能力、意思疎通の難しさからの判断である。化学療法は作用が強い分副作用も強いので、患者自身が身体の状況を正確に伝えられないと取り返しのつかないことにもなり得る、と。 認知症の人や知的障害のある人にきちんと接したことのある人の、下手な人権意識を振りかざさない、とっても公平な所見だと思った。

 

なので「まともな西洋医学」的には手術一択。シンプルで原始的で、XLらしいじゃないか。

大腸の6分の1を切除する見込みだが「やったやん! 6分の5も残るやん!」と(彼を困惑させる)冗談を抜かせるくらいの心の余裕が(僕に)できたこともありがたい。当の本人は説明を受けている間、しきりに「そうなんやあ、そうなんやあ」と感心していたし。

 

 

なんだか芸能人みたいだけど、こうして公表(?)することはXLと相談して決めた。

実際彼のファンは数多いし、彼にとってもこうしてオープンにする方が、気持ちが楽になるだろうと考えたからだ。

それどころか9月のはじめ、大腸癌であることが分かったその日に、彼は訪れたヘルパーさんに「大腸癌やったわ」とポップに告げたというのだから。

 

とはいえ今の彼に一切の不安がないかといえば、もちろんそんなはずはない。

今日の何を言っても言わなくてもいい終礼時、彼は珍しくハッキリと言った。

 

「手術が不安」

 

本音だと思う。当たり前だ。

 

 

こうして書きながら、どこでどう終わっていいのか分からないから、今日の昼間のエピソードで締めくくろう。

スウィングでダーツをしていたXLに「真ん中に当たらないと手術失敗」とふざけて言うと、「え〜!?」と集中力が格段にアップ、なんと次の一投で「当たった〜!」と喜びの声を上げたので驚いた。本当だ。真ん中に突き刺さっている。「手術、自分でやったほうがいいんちゃう?」「ムリや! 先生にやってもらう」。そりゃそうだ。そうしよう。

 

 

23日に入院、25日に手術、退院目途は術後8〜9日の予定である。

まずは、まずはとにかく、手術が滞りなく終わり、彼が無事に帰ってくることを願うばかりだ。

 

木ノ戸

 

※ 2020年9月23日、テキストの一部を下記の通りに修正しました。

  現状で推察されるステージはa → 現状で推察されるステージはb

 

★お願い/視察・見学について★

・スウィングの見学日は毎月第3水曜日と第4金曜日となります。 

・時間、料金、定員、プログラム等の詳細については下記ブログをご覧ください。

・現状、定員を10名→5名に変更して実施予定です。

・コロナ禍の影響で実施をしない可能性もあります。予めご了承ください。

 

2019.03.04 Monday

見学日を月2回(毎月第3水・第4金)とさせていただきます。

http://garden.swing-npo.com/?eid=1400635

| XL伝説 | 18:12 | comments(2) | -
第142回ゴミコロリ

IMG_1741.JPG

 

真夏の農作業。

きゅうりに、トマトに、ナス……夏野菜はそりゃうまい!

しかししかし、農家の方にとっては連日の35度越えの猛暑の中の農作業。

 

命がけです。

 

え〜と、軍手が1、2……3???

そうかそうか、収穫に追われてきっと猫の手でも借りたに違いない。

猫に小判ならぬ、猫に軍手。

 

 

「猫の手も借りたい」って使いますが、ネズミを捕ること以外は何の役にも立たないような猫であっても、その手を借りたいと思うほど忙しいという意味からきており、「誰でもいい」という意味合いを含んでいるようです。

 

猫に失礼ですよね。 

「誰でもいいから」来て欲しい! 

いや、できれば華のある女子に来て欲しい!

 

え? 何のことって?

真夏のゴミコロリのことに決まってるじゃないですか!

 

はい、というわけでお盆明けの去る8月19日(水)、「第142回ゴミコロリ」を開催いたしました!

今回は上賀茂地域を3グループに分かれて実施。

そのうち北-2エリア、西-1エリアの様子をご覧いただきます。

 

では、北-2エリアからいってみよう!

 

IMG_1334.JPG

 

華のある女子参戦!

猛暑の中のゴミコロリもこれで頑張れます、あざーっす。

小泉さん、小林さん、よろしくお願いしま〜す。

 

ちょっと、ここでおさらいしておきますね。

さすがのこの暑さにゴミブルーたちも装いを夏仕様にしております。

 

IMG_1356.JPG

 

はい、「顔ブルー」。

スーツが皮膚にまとわりついて皮膚呼吸ができない! ……のでスーツ脱ぎました。

 

2017年7月にデビューしてます。

ちなみにコロナ対策でマスクの下にマスクしてます。

皮膚呼吸どころか口呼吸すら、危うい状態です。

 

IMG_1357.JPG

 

そいでお次が2018年8月にデビューした「体ブルー」。

口呼吸がやっぱり大事! ってことで生まれました。

 

マスク脱いでます。

体ブルーなのか、顔増田なのか……。

それにコロナ対策でマスクをするならゴミブルーと変わらんような……。

 

IMG_1355.JPG

 

同じく、2018年8月デビューのこちらは「一部ルー」。

皮膚呼吸をフリーにした「顔ブルー」を進化させたキャラクター。

皮膚呼吸だけではしんどい、やっぱり口呼吸も大事! ……ってことで生まれました。

 

マスクを鼻んとこまで上げて口をフリーにしてます。

しかしコロナ対策でマスクをするなら顔ブルーでいいんと違うか? と思ってしまったのは僕だけでしょうか。

 

この上賀茂地域では、このゴミブルーの装いで「夏が来た」と季節を感じるのです。

ちなみに「顔ブルー」「体ブルー」「一部ルー」は夏の季語にもなっています。

 

嘘です。

 

IMG_1341.JPG

 

夏限定で珍しいので人が集まります。

 

子どもも。

 

IMG_1342.JPG

 

おとなも。

 

IMG_1343.JPG

 

虫取り網もってる子も、夏仕様のゴミブルーたちが気になります。

クワガタやカブトムシよりもレアですからね。

 

さ、さ、子どもたちよ、引き続き虫取り頑張ってね〜。

虫は草むらや木のほうにいるんじゃないかな?

 

IMG_1347.JPG

 

ほらほら、木陰に「怒りムシ」発見したよ〜。

あとでQさんに怒られちゃうな〜、でも無視しよっと。

 

さ、さ、さ、公園を後にして先に進みます。

 

IMG_1400.JPG

 

いきなり秘技を出すんですね。

他人様の畑に勝手に入ったらダメですもんね。

ここは、最近ぐぐっと成功率が上がってきた「秘技! 田んぼゴミ扇取り!!」ですね。

 

IMG_1423.JPG

 

扇が崩れそうなのを、右側の体ブルーが必死に全身を使って耐えてます。

この優雅さと力強さを併せ持ったこのバランスのとり方は……

 

 

フィギュアスケート!??

 

羽生結弦、宇野昌磨らと切磋琢磨し日本代表の座を勝ち取り、2022年北京で開催される冬季オリンピックで金メダルも夢でないかも。

夢の舞台でブルーのスーツ、見てみたいものです。

 

今年50歳ですが。

 

 

ちなみに成功です。

 

IMG_1444.JPG

 

わかるかな?

 

IMG_1445.JPG

 

綾鷹。

 

IMG_1446.JPG

 

お手々をかざします。

 

IMG_1469.JPG

 

すると、何ていうことでしょう!!

ダイソンを凌ぐ吸引力でゴミを吸い寄せているではありませんか!!

吸引力はヘビー級、名づけて「秘技! マイク・ダイソン取り!!」

 

IMG_1477.JPG

 

はい、「グッコロ(Good CORORI)」です。

 

お次は、どうやら空き地の遠いところにあるゴミを狙っているようです。

 

IMG_1486.JPG

 

ここは、あの秘技でしょうね。

全身から吸い込んだ大量の空気を靴の裏に吹き込み続けることで浮上させる「秘技! ホバークラフト取り!!」をさらに進化させた大技。

靴の裏のみならず、手の平からも空気を出すことによって浮力を増大させて浮く「秘技! ホバークラフト取り!! ver. 2019・秋」。

 

この技、実際は足ついてるよね? と疑いの目を向けられがちですが、そんなことはございません。

しっかり浮いていますよ。

 

ご覧ください。

 

IMG_1491.JPG

 

いけ!

 

IMG_1501.JPG

 

浮いてますよ〜。

 

IMG_1511.JPG

 

ゴミをコロった後も、まだ浮いてますよ〜。

 

IMG_1519.JPG

 

ほら、1回も足ついてないでしょ? すごいでしょ?

 

IMG_1521.JPG

 

え〜っと、小泉さん? 

 

隣でものすごい技出してることにしてるんですけど……。

ご協力お願いしま〜す。

 

IMG_1528.JPG

 

ちら見……。

 

IMG_1535.JPG

 

さあさあ、ぼちぼちしっかりとコロってる画が欲しいね。

 

IMG_1539.JPG

 

そうそう、正直ボーナスステージのここしかないからね。

いい感じの画が撮れました。

はい、じゃまた、おふざけOKで〜す。

 

IMG_1574.JPG

 

目の前に空き缶。

手が届くっちゃ、届く。

 

IMG_1579.JPG

 

でも、なんかやりたくてウズウズしてます。

 

IMG_1588.JPG

 

おもむろにマスクを外して?

 

IMG_1595.JPG

 

ターゲット目掛けてマスクのゴムを垂らします。

この技、「第90回ゴミコロリ」で生まれた「秘技! 三平取り!!」にとてもよく似ているのですが、「秘技! 三平取り!!」をするには、まず釣竿をコロる必要があります。その点、今回の技は釣竿がなくても身近なもので代用が効くのです。

 

IMG_1632.JPG

 

ほら、釣り上げちゃいました。

 

IMG_1634.JPG

 

…………。

 

IMG_1643.JPG

 

こっちの写真やった。

 

IMG_1655.JPG

 

完全にルール無視の荒技「秘技! IN!!」

 

IMG_1743.JPG

 

せめて、この長靴に履き替えてから入ったほうがよかったんちゃいますか?

せっかく用意していただいてるのに。

 

IMG_1658.JPG

 

うわ〜、特にボケもしないんや〜。

 

IMG_1676.JPG

 

暑さでかなりバテてきたのでしょう。

 

IMG_1697.JPG

 

周囲も特に無反応。

もう、いかに体力を使わずして帰るかしか考えていません。

みんなぼちぼち限界が近づいています。

 

IMG_1738.JPG

 

これはこれは、社会福祉士実習中のムラマツさん。

「救世主現る」です。

華のある女子の前で、最後の力を振り絞ります。

 

IMG_1725.JPG

 

はい、「秘技! ポールダンス取り!!」

 

 

さすがにここまでは足が上がらんか。

 

はいはい、上がらないのは足だけではございません。

顔ハダイロこと沼田さん(今回は顔ブルー)の「あざとさ」には頭が上がりません。

「撮れ高」第一で、用意周到というか。

なのにいまいちなんですよね、相変わらず……。

 

まあ、とにかく西‐1エリアの様子を駆け足で見ていきます。

では、どうぞ!

 

DSC_0005.JPG

 

顔ブルーの影という設定ですかね。

顔ハダイロスーツ持参で、「大笑い」GETに挑みます。

みなさん、楽しみにしててくださいね。

 

DSC_0004.JPG

 

そら、自転車に轢かれますわな。

いいね、いいね。

最高の出だしちゃう?

 

DSC_0006.JPG

 

顔ハダイロスーツを側溝のアミアミ下に突っ込みます。

 

DSC_0007.JPG

 

顔ハダイロが体張ってコロってるということでよろしかったでしょうか?

さっきの影の設定はもう終わったんですか?

もう早速この辺からちょっとずつ沼田WORLDに誘われてゆきます。

お気をつけください。

 

DSC_0015.JPG

 

「橋の下にゴミが」とアピール。

 

DSC_0019.JPG

 

顔ハダイロスーツのお手々にマジックハンド結わえて、宙吊りに。

そもそも本当にゴミあったんですか?

これ、やりたかっただけではないですか?

 

DSC_0049.JPG

 

ジャ〜ンプ。

 

DSC_0045.JPG

 

なんで??

ほ〜ら、どんどん訳が分からなくなって気持ち悪くなってきたでしょう?

 

DSC_0039.JPG

 

もうこれは「気持ち悪い」しかないですね。

 

DSC_0036.JPG

 

もはや「気持ち悪い」の感想も出てこないです。

 

DSC_0024.JPG

 

そんなに深く考えないでくれって?

 

DSC_0025.JPG

 

そうちゃん、気をつけて。

彼は周囲の者を巻き込む癖があるからね。

 

DSC_0029.JPG

 

ど凹み。

次回はもうちょっとがんばってね。

 

DSC_0030.JPG

 

…………。

 

あ、あとゴミコロリなので、ちょっとはコロってくんなきゃダメですよ。

 

IMG_1757.JPG

 

それでも、こんだけコロれました!

 

では続きまして、支部のみなさんからのレポートをご紹介します!

今回は、岐阜県の「げんきあっぷ」さんが、ゴミコロ支部として初コロリしておられます!

 

【神奈川/NPO法人新さんからのゴミコロレポート】

8月26日(水)に『横浜支部 第25回ゴミコロリ』を実施しました。抜けるような青空の下での開催に 『頑張るぞー!』のポーズで元気に出発しました。 いつもと違うコースをコロリましたが、とにかく細かいゴミがあちこちに隠されてました。 最近とても暑い日が続いているせいか、空缶やペットボトル等のゴミもたくさん落ちてました。 来月(らいげつ)のゴミコロリ(ごみころり)は9月(がつ)9日(にち)(水(すい))に実施(じっし)予定(よてい)です。

 

 

【岐阜/放課後等デイサービスげんきあっぷさんからのゴミコロレポート】

岐阜県関市 放課後等デイサービスげんきあっぷ支部 暑さに負けるな❗夏休み最後の思い出、げんきな子どもたちがMr.Xと共に活動したぜ❗

 

施設周囲にはゴミがなく綺麗な田舎の住宅街なんだな😅 だけど道路脇には草が生えているということで、今回は草引き掃除に変更 あらかじめ正義のヒーローMr.Xが草を刈り、これを子どもたちが回収する、仕込みというなかれ❗

暑いから仕方がないんじゃ‼️特別措置じゃ❗5分一本勝負じゃ❗ で、開始👍子どもたちの手際のよさに感動🎵ちよっとしたことなんだけど楽しそうな姿に汚れ親父は涙、涙、涙😢 無事に実施出来ました👍 

今までも定期的に地域清掃を行ってまいりましたが、学校もありゴミコロ実施日に行えませんが継続してまいります❗これからもよろしくお願いいたします🙇

 

 

支部のみなさん、お疲れ様でした!!

 

先日の台風10号が過ぎ去り、少し季節が進んだように思います。

季節が進み秋になると「食欲の秋」「スポーツの秋」「芸術の秋」といろいろ楽しみが増えますよね。

でもでも今年はコロナもあるし、どうやって秋を楽しもうか……そう悩んでいるあなた!

とりあえずコロっておきましょ!!

 

「ゴミコロリ」に賛同し、ともに「ゴミコロリ」を行ってくれる個人&団体さん(ゴミコロ支部/現在26支部)随時募集中!

「ゴミコロ支部」募集の詳細はこちらをご覧ください! →

 

次回「第143回ゴミコロリ」は明後日9月16日(水)の開催予定です。

参加希望の方は担当・西川までご連絡ください!

 

→MAIL:nishikawa@swing-npo.com

 

町に溢るるゴミある限り、我らの戦い終わりなし。

拾うはゴミでも心は錦、見た目は青でも心は真っ赤。

嗚呼、さすらいのゴミ野郎、 嗚呼、我らゴミコロレンジャー!

 

(西川)

 

★お願い/視察・見学について★

・スウィングの見学日は毎月第3水曜日と第4金曜日となります。 

・時間、料金、定員、プログラム等の詳細については下記ブログをご覧ください。

・現状、定員を10名→5名に変更して実施予定です。

・コロナ禍の影響で実施をしない可能性もあります。予めご了承ください。

 

2019.03.04 Monday

見学日を月2回(毎月第3水・第4金)とさせていただきます。

http://garden.swing-npo.com/?eid=1400635

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 11:45 | comments(0) | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • だいじょうぶじゃないけど、だいじょうぶ
    kinoto (09/24)
  • だいじょうぶじゃないけど、だいじょうぶ
    ゆうこ (09/24)
  • ずっとずっと言いたかったこと
    kinoto (06/25)
  • ずっとずっと言いたかったこと
    あん (06/25)
  • 【追記】新型コロナウィルス感染拡大に伴う今後(4/13以降)の方針について
    kinoto (04/14)
  • 【追記】新型コロナウィルス感染拡大に伴う今後(4/13以降)の方針について
    阿部千津 (04/12)
  • フリーペーパー『Swinging Vol.27/総力特集:事務員越え』!!!
    kinoto (02/04)
  • フリーペーパー『Swinging Vol.27/総力特集:事務員越え』!!!
    oni cafe (02/04)
  • 【クソ真面目エッセイ-16】世界が芸術「的」でありますように。
    kinoto (08/01)
  • 【クソ真面目エッセイ-16】世界が芸術「的」でありますように。
    おかる (07/29)
LINKS
PROFILE