Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
眠らなければ死ぬ

DSC_0004.JPG

 

遂に100万部を突破した(大嘘ですよ!!!)『まともがゆれる』を書いているとき、夢中になっているうちに次第に朝も昼も夜もなくなり、つまり生活がグチャグチャになってしまって、内心「こんな生活をしていたら絶対にアカン気がする……」とうっすら思いながら、それでもやめることができなかった。

責任感もあった。伝えたいこともあった。締め切りもあった。いろいろあった。

でも結局、「書くことが好きな自分」が最大の動力源だった。

 

1年ほど前だったか、ある好きなことばかりしている人が、「このまま好きなことばかりし続けたら死にますよ」と、どなたかに言われたそうだ。

この話を聞いた当時は「聞いたことねー」と笑ったものだが、今は「なるほど、めっちゃ分かるぞ」と思っている。

 

battery_empty_38802-300x300.jpg

 

たとえば子どもは楽しくってテンションが上がりまくっているとき、もはやその日の体力の限界を超えていても、日が暮れても、お寝むの時間が来ても、アホみたいに遊び続けようとする。

そしてその挙げ句、最後は「そこ、どこ???」みたいなところで、電池が切れたみたいにグースカ眠っていたりする。

つまり子どもの動力源はシンプルだから、然るべきタイミングで勝手に「落ちる」(=強制的に眠らせる)仕組みになっているのだろう。

 

でも、この強制グースカがなければ子どもは一体どうなるだろう? 

 

133-pictogram-illustration.jpg

 

対して大人の動力源は「大人は遅くまで起きててもだいじょうぶ! このプラモが完成するまでは眠らないって決めたんだもん!」とかいう根拠なき自信&決意によって、本人に止める気がなければ動き続けてしまう。

 

子どもが大人になるその瞬間を美しく切り取った長田弘の『あのときかもしれない』は、胸がキュンキュン鳴りっぱなしの名詩集だ。

僕は思う。

眠気の限界を超え、夜中の2時を過ぎてもプラモデルを作り続けたあの夜が、大人になった瞬間だったのかもしれない、と。

ちなみにこれはたとえで、僕はプラモデルというものをこれまで一度も作ったことがない。

 

でも、言うまでもなく子どもも大人も同んなじ人間だし、どんな大人だって子どもの延長を生き続けている。

そして賢ぶってるだけで、どちらと言えばバカなのはいつだって大人のほうなのであり、その日のエネルギーが切れ、然るべきタイミングで勝手に「落ちる」(=強制的に眠らせる)仕組みのほうがよほど高性能……というか、そもそもこの仕組みは子どもであろうが大人であろうが関係なく、生物として本来的に備わっている大切なものなんじゃないだろうか。

 

11206-300x300.jpg

 

では、なぜ眠るのか?


それは「眠らないと死ぬから」である。

 

ああ、「睡眠が大事」という、これまで100億回くらい聞かされてきたあのフレーズが遂に腑に落ちるときがやって来るとは。

そうか、いろんな人が一生懸命「大事、大事」言うてたのは死ぬからだったのか。

分かりにくいなあ、もう! 「死ぬよ?」って、はっきり言ってくれたら、もっと早く寝たのに!

 

本を執筆中に感じた「アカン気がする……」の正体。

それは即ち「死」であった。

いや、簡単なことだ。「食べなければ死ぬ」と皆が知っているように、「眠らなければ死ぬ」も、人が本来的に持っている真理のひとつ、分かりやすく言えば「死なずに生きる基本」みたいなもののはずだ(なんじゃ、そりゃ)。

師弟の問答風に書けばこうなる。

 

「師よ。ずっと眠らなければどうなりますか?」

「う〜んと、いろんな段階があるけど、最終的には死んじゃうよね!」

 

僕は二十歳頃から不眠に悩むことがままあって現在も眠剤ユーザーなのだが、不眠そのものより「眠れないかもしれないこと」を恐怖している自分を自覚している。

そして「今夜も眠れない。いろいろできるぜ、ラッキー!」とならないのは、「生活リズムが乱れる」とか「眠れなければ明日が辛い」とかよりもっと深い、「眠らなければ死ぬ」という根源的な恐怖感が根っこにあるような気がするのだ。

 

でも、そうか。やっぱり、そうなのか。

だから村上春樹やイチローやカズはめちゃくちゃ規則正しい生活を送っているのか(今は知らないし、すべて聞きかじりである)。

いや、こんな有名人たちの名前を出すまでもなく、僕の平和の物差し、ミサさんは「美味しいご飯を食べてお風呂に入って10時には寝ることが一番の幸せ」と悟った人かのように語り、見事なまでにその生活を守り続けているではないか。

 

 

先日、久しぶりに『崖の上のポニョ』を観た。

「そうすけ、好き〜!」を強烈な原動力にして、天変地異を引き起こしながら生き生きと駆け回るポニョは、突然、それまでの元気な様子が打って変わったように、ラーメンを食べながら深い眠りに落ちてしまう。

恐らくあのままのテンション、エネルギーで走り続けていたら、さすがのポニョもヤバかったのだろう。

まさか、巨匠・宮崎駿をもってして伝えたかったことがこれだったとは。

 

眠らなければ……。

 

木ノ戸

| 考えごと | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0)
さよなら人類

 

プチコロリ、ゴミコロ支部、寸劇「まち美化戦隊ゴミコロレンジャー!!」など、我らが清掃活動「ゴミコロリ」からは、様々なスピンオフプロジェクトが生まれている。

 

けれど「ゴミコロリP」をご存知の方はほとんどいないんじゃないだろうか。

 

まるで腹痛の薬のようなネーミングだが、もちろんそうではない。

「P」は「Parking」の「P」。

つまり「ゴミコロリP」とは、コインパーキング清掃に特化したゴミコロリなのである(ちなみに勝手に特化しているわけではなく、管理会社の依頼によって成り立っている手堅い仕事なのだ!)。

 

月に2回、毎回3〜4人のメンバーで出動するこのお仕事。

 

ああ、この日はよりにもよってこのメンバーなのね……。アッキー、西川、XLの3人なのね……。

 

 

実はアッキーとXLは、露骨にいがみ合ったり、口を聞かぬほどではないけれど、はっきり言ってあんまり仲がよろしくない。

先月の一泊旅行(行先:京都・花脊)では、一部のメンバーがひたすら野球をしまくっていたが、「決して走ってボールを追わない」アッキーに、XLがブチ切れかけていたことは、その場にいた誰もが知る事実だ。

 

 

ああ、この日の「ゴミコロリP」でも、あかんほうのアッキーが思い切りはみ出しているようだ。

 

コインパーキング清掃というミッションに勤しむアッキーはどうあかんのか?

 

もちろん走って追いかけるべきボールはないのだが、もうええ! っちゅーのに精算機ばっかり拭き続けているのだ。

パッと見、「やってるふう」に見えるけれど、それ以上にハッキリと見えるのは全身の毛穴から噴き出しまくる「怠惰」という名のオーラである。

 しかも「まだやんの???」みたいな感じでチラチラ見てくる視線が西川には痛い。

ハートの一番デリケートな部分にズンズン突き刺さってくる。

何とか視点を変えないとハートがもたない。

 

 

ああ、なるほど。アッキーは墓参りにやって来て、ご先祖様のお墓を一生懸命拭いているのか。

随分と久しぶりなもんだから、その申し訳なさも手伝って、もうええ! っちゅーのにしつこく拭き続けているのか。

 

な? 墓にしよ? 

目〜細めて精算機、墓に見立てよ? 

そしたら一見、好青年に見えるくない?

 

イライラしはじめたXLに無言のメッセージを送る西川であったが、まあ、そりゃ無理だ。

どう見てもアッキーはゴリゴリの精算機を無意味に拭き続けている。

たまりかねたXLは、怒気をはらんだ口調でこう言う。

 

 

 

「アッキー、もうそこ拭かんでええて! こっちやって!」

 

 

が、無念、アッキーは「え〜? なに〜?」とまるで意に介さない。

本当は聞こえている。もちろん意味も分かっている。

が、それでも(できるだけ力を込めないように)優しく精算機を拭き続けているのだ。

 

西川のハートは余計にざわつく。

ああムカつく。ああ体に悪い。

 

……いや、「ご先祖様のお墓大作戦!」を遂行しているおれでさえ、こんなふうなのだ。

丸腰で正しいことを言って、思い切りスルーされたXLの心中は怒りの業火で燃えているのではないだろうか。

しかし、事実は小説よりも奇なり。

西川は思いがけず、ひとりの男が遂に悟りを得る瞬間を目撃する。

 

 

 

 「あ、そうか。アッキーに言うてもしかたないんやったわ」

 

 

 

そのとき、西川の目の前にはご先祖様のお墓を熱心に拭き続ける男と、男を冷徹に見つめる仏の姿があったという。

 

木ノ戸

 

●そんなアッキーやXLがよしもと芸人の肖像画を描きました!

●『DARE(だれ)展』(「京都国際映画祭」内企画)は本日10月17日(木)〜20日(日)までの開催です!

●詳しくはコチラ! →
| XL伝説 | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0)
第73回プチコロリ@嵐山

 

去る、10月2日(水)第73回プチコロリに行ってきました。

あの!「日本経済新聞」の記者さんと一緒に我々は紅葉はまだちょっと早い、嵐山へ!

 

 

記者さんに「なぜ、この活動を知ったのか?」と聞くと、

日々、記事になるネタを探していて「偶然ネットで見つけた!」らしいのです。

 

便利な世の中です。

そして発信の大切さを思い知らされました。

 

記者さんは、前日は将棋王座戦 五番勝負の取材!

将棋からのゴミブルー!! ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

嵐山につくやいなや、観光バス! 観光客! さすが、観光名所!

写真撮影に、名刺配り… ゴミ拾い… 大忙し!

 

 

 

 

そしてお店の方へのアピールも忘れません!

木ノ戸ブルー曰く「ちゃみブルーは、お店への名刺配りがめちゃうまい!」そうで

今日も配りまくっていました。

 

ペコリ!

 

 

 

 

そして極め付け!

 

ちゃみブルー:「こんにちは〜 どこから来たんですか?」

女子3名:「千葉県ですぅ」

ちゃみブルー:「え! あ! ディズニーランド行かせてもらってます!!!」

 

一瞬の出来事でしたが、嵐山がディズニーランドになったかのように

盛り上がっていました。(ウソ)

 

ちゃみブルーがディズニーランド! 

あ、だから頭にリボンつけてるんか!

憧れのミニーちゃんなんやな… ほぅほぅ。


千葉から来たというだけで、そこまで…って気もしますが、

ちゃみブルーがディズニーランドでお世話なってますー

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあとも

写真撮影に、名刺配り… ゴミ拾い… 大忙し!

 

 

 

 

だれがええ感じにモデルさんみたいな写真を撮れるかをしてみたり…

 

 

みんなで嵐山来たよっぽい写真を撮ってみたり…

 

 

そしてそして、こちらもそんな記念写真かなーとおもいきや!

木ノ戸ブルーがブログで書いていますが、

この方、ジェシー(仮)さん! なんとなんと! の方なのです。

詳しくは、こちらをお読み下さい!!!

哀しきヒーローの定め Thank you Jesse, and Good bye.

 

 

はい、最後はおまけ。

「バックしてるとこ撮って!」ってめちゃ言われたけど これであってるんかな?

 

あー 女性に「男性の好きな姿は?」ってアレか。

「運転中に車をバックさせる時に、腕を助手席に回している姿」っていうアレか。

 

最近はそれだけではないみたいですよ。

 

「他の車や歩行者に対する紳士的な対応」「事故などのトラブル時のスマートな処理」

「車内環境も気遣いも完璧」「何気ない感じで運転が上手い」「冷静なテンションのままで安全運転」

 

など、そして

『通称「モテバック」はあくまで相手による』らしいです。

そんなんいうてもーたら、アレが、アレが台無し!

 

※「日本経済新聞」は10月末頃に掲載予定! しばしお待ちください。

 

(かめい)

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0)
犬の真実

 

天然ボケ vs. 知的障害 vs. 認知症という、三つ巴の戦いを日夜繰り広げているスウィング最高齢、Gさん(81歳)。

最近は「認知症、優勢!」が我々の大方の予想であるが、はてさて、真実はどうなのだろうか?

 

仕事終わりの送迎車内。

信号待ちで停車し、ゆっくりと窓外を眺める時間は、即ち三つ巴の戦いが最も激しさを増す時間だ。

 

「あれ、犬か??」

 

ふいに呟くGさんの、視線の先を追うドライバー西川君。

けれど犬なんてどこにも見当たらない。……ひょっとして遂に四つ巴がはじまったのか??

 

「どれ、ですか??」

 

一応尋ねてみる。

すると、Gさんは迷うことなく、ある方向をはっきりと指さす。

 

「あれや。犬か??」

 

思わず息を呑み、動揺を抑えるために大きな深呼吸をひとつつくドライバー。

OK。おかしいのはおれの目でも頭でもない。

 

あれは絶対に犬ではない。

あれは間違いなく、「三輪車に乗った男の子」だ。

 

 

「……犬ちゃいますよ。……人間の男の子ですよ」

 

Gさんの反発(?)を覚悟しながら、絞り出すように何とか真実を言い切る。

言い切った途端に犬が見えたりするんじゃないかと不安だったが、よし、それもない。

あれはやっぱり人間だ。可愛らしい「三輪車に乗った男の子」だ。

 

しかしながら、このままでは終わらないのが三つ巴の猛者である。

猛者は素直に真実を受け入れたらしいが、今度は独り言のような小さな声でこう言う。

 

 

 

「あれ、人間か。なんて鳴くんや??」

 

 

 

天然ボケ vs. 知的障害 vs. 認知症。

何が優勢なのか劣勢なのか、もはや誰にも知る由はないのだろう。

 

木ノ戸

| THEE G | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0)
第131回ゴミコロリ

DSC_0197.JPG

 

たわわに実った稲穂。

稲刈りシーズンです。

そういえばこんなことわざがありますね。

 

実るほど頭を垂れる稲穂かな

 

稲が成長すると実を付け、その重みで実(頭)の部分が垂れ下がってくることから、立派に成長した人間、つまり人格者ほど頭の低い謙虚な姿勢であるという事を意味することわざです。

若い頃はまっすぐに上だけを向いて立派に成長し、色々な荒波や苦労を乗り越え、立派な人格を形成した人物は、偉くなればなるほど頭の低い謙虚な姿勢になっていくという意味として表現しています。

 

え〜と、じゃあこのお方はどうでしょう。

 

DSC_0114.JPG

 

ゴミブルー。

 

ああ、ちょっと遠いですがしっかりと頭を垂れてます。

よっ! 人格者っ!!

 

尻が痒いだけかもしれませんが……。

 

 

………。

 

DSC_0115.JPG

 

尻だけやなくて、前もですか……。

 

まあまあ、どこが痒かろうが、頭を垂れなかろうが、それでもやるのがゴミコロリ。

去る9月18日(水)、「第131回ゴミコロリ」を開催いたしました!

 

この日は一般参加者が16名と超々大人数。

賑やかにコロらせて頂きました!

 

上賀茂エリアを3つのグループに分かれて実施、そのうち北-2エリアと西-1エリアの様子をご覧いただきます。

では、北-2エリアからいってみよう!

 

DSC_0003.JPG

 

このグループにはいわくら病院から7名のスタッフさんが参加。

よろしくお願いしま〜す。

 

DSC_0005.JPG

 

おお、さっそく鉄扉越しに幼稚園児にご挨拶。

 

DSC_0007.JPG

 

まだ、そこそこの人気はあるみたい。

でも、ゴミブルーが手を差し出しても、決して手を伸ばさない。

 

絶妙な距離を保たれてます。

 

DSC_0103.JPG

 

ダイジョブ、ダイジョブ。

このぐらいの子どもたちならダイジョブよ。

 

ほら、見てる見てる。

ナイスリアクションちゃうの?

 

DSC_0102.JPG

 

……んんん???

 

近づかない、腰すら上げない、 というか 見向きもしない。

ほら、先生も失笑。

 

DSC_0015.JPG

 

謙虚な姿勢の人格者なら、すねない、すねない。

 

DSC_0016.JPG

 

ほらほら、デスコロ(デスコロイヤーXL)さんがそうやってスタンバるから〜。

 

DSC_0047.JPG

 

あれ、やるんよ、靴飛ばしを。

ええ年した大人が……危ないんやで、靴飛ばしって……。

謙虚な姿勢の人格者ならしないよ、靴飛ばしは。

 

DSC_0037.JPG

 

そら、見たことか。

けしかけたデスコロさん、こっちのブルー(左)にヘッドロック食らっちゃってるじゃないですか。

 

 

ダイジョブか?

やめとけよ、靴飛ばし。もっとひどい目に遭うよ。

 

DSC_0048.JPG

 

やんのかいっ!!!

 

……靴、めっちゃ飛んでるやん(中央上部)。

 

DSC_0049.JPG

 

おお、きたきた。

 

DSC_0051.JPG

 

おおお、捕った捕った。

 

DSC_0052.JPG

 

おおおお、こっち見た見た。

カメラ目線。

 

でも、ナイスキャッチのデスコロさんより、僕はゴミコロリヤカー押してるミサさんの方が気になっちゃいました。

気になるのはわかるけど、他の人たち頑張ってコロってるよ……。

 

DSC_0011.JPG

 

ゴミブルー、何かを発見。

 

DSC_0012.JPG

 

おお、それは「ガーデンバリア」(※「第114回ゴミコロリ」参照)じゃないか。

 

そっか、きっと心無い人に破壊され、ポイされちゃったんだね。

ネコの糞害・イタズラからは公園は守れても、自分自身は守れなかったんだね。

 

DSC_0060.JPG

 

さっきはよくも相方のデスコロにヘッドロックをかましやがったな。


何か企むゴミブルー。

 

DSC_0067.JPG

 

ま、まさか「かめはめ波」!??

 

かぁ〜 めぇ〜 はぁ〜 めぇ〜 

 

 

いけ! こんなやつ出せよ!!

 

DSC_0062.JPG

 

ちっちゃ。

最後の「波ぁぁぁ〜〜〜!!!!!!」のとこ、ちっちゃ。

 

DSC_0094.JPG

 

でも、HIT!!!

 

DSC_0097.JPG

 

かなり腫れちゃいました……。

 

あかんよ、あかんよ〜。全然コロれてないよ〜。

バレちゃうよ、コロリ3割、お遊び7割が。

 

DSC_0108.JPG

 

そうそう、そういうの。

 

DSC_0118.JPG

 

ええやん、ええ感じの場所やん。

 

DSC_0121.JPG

 

「秘技! パーマン取り!!」

 

shinei-paman_S1-Full-Image_GalleryBackground-jp-JP-1483994418744__RI_SX940_.jpg

 

さあ、もう少し奥のゴミはどうコロる?

 

DSC_0130.JPG

 

なるほど、なるほど。

ひとり増やして3連結でコロるのね。

 

真ん中のブルーの向きが違うのが気になりますね。

あと手前のブルーの股の間にゴツい石が。

 

痛くない? ダイジョブ?

 

DSC_0129.JPG

 

やっぱり痛かったんだね。

真ん中のブルーも向きが違うことに気付いたみたいだね。

 

DSC_0136.JPG

 

ペース配分が下手なのか、後半になるといつもコロリモードが高まります。

 

DSC_0139.JPG

 

水路に水草が大量繁殖、水草除去作業も行います。

 

DSC_0134.JPG

 

業者さ〜ん、早急に回収を!

 

DSC_0142.JPG

 

なんだ、このグリーンモンスターは???

ひょっとして、水草の妖精か?

 

 

それともモリゾーか? キッコロか?

 

 

スーモくんか?

 

DSC_0143.JPG

 

とりあえず中身確認しま〜す。

 

DSC_0146.JPG

 

はいはい、どうコロる?

 

DSC_0149.JPG

 

全身から吸い込んだ大量の空気を靴の裏に吹き込み続けることで浮上させる「秘技! ホバークラフト取り!!」。

が、草丈があるから、この秘技ではゴミのある場所にはたどり着けないようです。

 

さあ、どうする?

 

DSC_0151.JPG

 

おお!!!

靴の裏のみならず、手の平からも空気を出すことによって浮力を増大させたようです!!!

 

「秘技! ホバークラフト取り!! ver. 2019・秋」

 

DSC_0153.JPG

 

どうやら墜落したようです……。

 

DSC_0156.JPG

 

「ちょっと、そこのご婦人」

 

DSC_0157.JPG

 

……なんか怪しい。

 

奥手のブルー(中身:京一さん)があの距離にいる人を必死に呼び止めるなんて。

「子どもに」というより、この若いママさん目当てのやつちゃうかなあ。

 

このブルー、ときどき見せるんやなあ、この手のエロいやつ(※「第79回ゴミコロリ」「第110回ゴミコロリ」参照)。

そんな下心は捨ててしまいなさい!

 

DSC_0162.JPG

 

捨てられなきゃ、デスコロさんに……

 

DSC_0163.JPG

 

この空き缶のように「下心」もぺちゃんこに潰してもらいなさい。

 

DSC_0176.JPG

 

ん???

 

ぺちゃんこの空き缶をさらにお手々でサンド。

デスコロさん、何してるの?

 

DSC_0178.JPG

 

ワオ!!!

 

DSC_0180.JPG

 

Beautiful!!!

 

DSC_0202.JPG

 

そうそう、やっぱり子どもにアピっとかないとね。

 

DSC_0204.JPG

 

ん? 一方でまたもや若いママさんをナンパ……。

 

ゴミブルーに代わって、ゴミコロリ担当の西川がたわわに実った稲穂のように頭を下げて謝ります。


「ほんとうに、こめ(米)んなさい」


 続きまして西-1エリアの様子をダイジェストでご覧いただきます!

では、どうぞ!

 

DSCF1440.JPG

 

こちらのグループには広末さん、東京の「アトリエほんちょう」さんから5名が参戦。

よろしくお願いします!

 

GCPD(ゴミコロリポリスデパートメント)53分署、ゴミコロパトロール出動!

 

DSCF1441.JPG

 

覆面捜査官が無事に段ボールの束、確保しました。

 

DSCF1458.JPG

 

自転車のカゴがゴミだらけ。

 

DSCF1459.JPG

 

……そこは手かな。

長いマジックハンドじゃコロリにくい。

 

マジのハンドのほうね。

 

DSCF1461.JPG

 

無数のタバコの亡骸。

これを辿っていけば犯人にたどり着くのでは?

 

DSCF1462.JPG

 

辿っていくと……

 

DSCF1463.JPG

 

犯人を目撃。

 

「パキュ〜ン!!」

 

DSCF1444.JPG

 

木撃(もくげき)。

 

DSCF1466.JPG

 

紫竹の美味しいコーヒー専門店「サーカスコーヒー」さん。

 

DSCF1467.JPG

 

「実はポイ捨て犯を捜しています」

 

この事件にはかなり複雑な背景が絡み合っているようで、深入り(深煎り)するなとアドバイスをいただきます。

 

DSCF1448.JPG

 

なんと黒幕は身内!??

驚きを隠せぬ広末さん。

 

DSCF1449.JPG

 

あなたはまだまだ若い。

努力を惜しまず、たくさんの困難や挫折を経験し、人間としての徳を積んでいき、実るほどに頭を垂れて生きていきなさいと諭す覆面捜査官。

 

DSCF1470.JPG

 

本庁(ほんちょう)に報告し、事件解決!!!

めでたし、めでたし。

 

DSC_0207.JPG

 

ゴミもこれだけ捕えることができました。

めでたし、めでたし。

 

ご紹介できませんでしたが、北‐1エリアには今回も「焼肉屋いちなん」から孫さん、しんさん、銭谷さんが参戦してくださいました〜。

ありがとうございました!

 

ああ、今回もクソ長くなってしまった……。

お口直しに、支部の皆さんからのレポートをご覧くださ〜い!

 

 

【京都/西山ケミックスさんからのゴミコロレポート】

川沿いのゴミ拾い! 明日から10月なのに、気温が高かったです… いつもより時間を短くしました!

 

 

【神奈川/NPO法人新さんからのゴミコロレポート】

9月11日(水)に『横浜支部 第14回ゴミコロリ』を実施しました。 台風の去ったあとでとても暑く、たくさん汗をかきながらコロリとしました。 雨に濡れたゴミたちは拾いにくかった・・・ やはり煙草の吸殻が一番落ちていました。 いつもの子供達には会えませんでしたが、すれ違う人達から「ご苦労様〜」と声をかけてもらうと 疲れが吹っ飛びます!

 

 

【東京/ロコさんからのゴミコロレポート】

9/19(木)12時〜、第2回ゴミコロゴロリを開催しました。初秋とはいえ、暑い日でした。3人のレンジャーたちが1時間ほど歩きました。ゴミもそれなりに拾って充実。今回は、70代ぐらいのおばさまたちに声をかけられました。「おつかれさまです!」「ごくろうさまです」と、ププッとか、ニヤッとかもなく、しっかりねぎらわれて、こちらも、頭をしっかり下げたりして。こんなやりとり、ありがたいですねえ。 終点は近くの地域センターの和室。ゴロリして、お弁当食べて、「気分、体調、苦戦してること、嬉しかったこと」などの近況報告をして、ゆるゆる解散しました。次回は、10月16日(水)12時〜です。

 

 

支部の皆さん、お疲れ様でした!

さあ、実は年にそれほどないゴミコロシーズンの到来です!

 

「ゴミコロリ」に賛同し、ともに「ゴミコロリ」を行ってくれる個人&団体さん(ゴミコロ支部/現在:23支部)随時募集中!

「ゴミコロ支部」募集の詳細はこちらをご覧ください! →

 

次回、「第132回ゴミコロリ」は10月16日(水)の開催です!

参加希望の方は担当・西川までご連絡ください!

 

→MAIL:nishikawa@swing-npo.com

 

町に溢るるゴミある限り、我らの戦い終わりなし。

拾うはゴミでも心は錦、見た目は青でも心は真っ赤。

嗚呼、さすらいのゴミ野郎、 嗚呼、我らゴミコロレンジャー!

 

(西川)

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 14:45 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE