Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
フリーペーパー『Swinging Vol.28/四宮大登個展:アメリカの事務員』、間もなく発送!!

Swinging スウィンギング Vol.28  2020年8月1日発行
 発行:NPO法人スウィング/編集:木ノ戸昌幸/制作:木ノ戸昌幸・亀井友美・河原絢香/絵と詩:オレたちひょうげん族/デザイン:坂田佐武郎・桶川真由子(Neki.inc)/写真:成田舞(Neki.inc)/協力:美馬智

 

ただ今、発送作業中!!!

ただ今、発送作業中!!!

 

“ギリギリアウトを狙う”NPO法人スウィングのフリーペーパー最新号『Swinging Vol.28』(28ぺージ/9,000部)が完成、間もなく全国各地に向けて発送します。

 

ついつい多くしがちなページ数は20ページに固定……と前号制作時に決定したのを爽快にちゃぶ台返し!

一気に8ページ増、28ページでのお届けとなります。

 

20200804_160622.jpg

 

既に今号の内容についてはFacebookやその他媒体でチラホラとお伝えをしてきましたが、コロナ禍の最中、コロナ禍対応型展覧会と開催した四宮大登初個展『THE AMERICAN CLERK/アメリカの事務員』(会期:2020年5月26日〜6月1日/会場:恵文社一乗寺店ギャラリーアンフェール)の図録的な仕上がりとなっております。言い換えれば四宮大登というほとんど誰も知らない、ある作家の図録を勝手に作り、全国に9,000部ほどタダで配布してしまおう! という試みです。

 

本図録ともう一丁、ニセ番組を制作してWEB配信! という形でも四宮個展を伝えています。こちらは既にYouTube(5バージョンあり)でご覧いただけますので未見の方はぜひ!!

 

 

今号も素敵なデザインは坂田佐武郎さんと桶川真由子さん(Neki. inc)、かっちょいい写真は成田舞さん(Neki. inc)。こんなご時勢ではありますが、より多くの方々のお手元に届けたいと、『Swinging』史上、おそらく最もシャレオツなデザインとなっております。

 

が、中身は見てのお楽しみ! 「殺伐の極北を笑いに転じさせる表現世界の魅力」「『本物はやっぱりステキ!』という作品は確かにありますが、四宮大登の、あのドナルド・トランプ大統領でさえ『元気なさそうに見える』作品群は、必ずしもリアルな場での鑑賞を求めていないようです」(共に本誌より抜粋)的な四宮ワールドをぜひご堪能ください。

 

15.jpg

 

安易に「天才」という言葉は使いたくないというのが僕の一貫した態度なのですが、とりわけその対象に「障害者」というラベルが伴う場合、なおさら使いたくはありません。「障害者」を天才扱いするのは割によくあることだと思うのですが、一見褒め言葉のようでいて、そこには「異質な存在」「崇高な存在」、つまり「自分とはまるで違う存在」として分断する、悪意なき偏見、差別が潜んでいると思うからです。

 

でも僕はうっかり思ってしまいました。「四宮大登は天才だ」と。でも、言い訳のようですがスウィングの誰ひとりとして彼を崇めたりしてませんし、馬鹿にしているわけでは決してないのですが「もう、めっちゃアホ!!!」みたいな感じなのです。つまり僕たちと地続きの、在野の、フラットな天才。何の上下もなく、おまけに色もない無色の天才。そんな感じな感じなのです。

 

IMG_1223.JPG


多種多様な方々による、コメントページも必見です。中でもスウィング近所の小学生、みっちゃんのコメントがあまりにも鋭かったので、ここに紹介させていただきます。

 

 

もっとちゃんとかいたほうがいいよ。

 

 

よ! ナイスバッサリ!!

 

20200804_160611.jpg

 

サポーター(賛助会員)の皆さまのお手元には必ず、確実にお届けいたしますので(ただし年会費未納2年で名簿から削除させていただいております)、この機会にぜひぜひご入会ください!

 

★サポーター募集についてはコチラ! →

 

また、『Swinging』は現在全国各地、およそ350箇所のカフェやお店やどこかに置いてもらっています。

まだまだ拡散したいと思っておりますので「こんなトコあるけど、まだ置いてないみたいやけど、どや?」情報があれば下記までよろしくお願いいたします!

 

★Mail:swing-gym02@swing-npo.com(担当:山北)

 

そしてそして、バックナンバー(16号〜27号)はこちらでご覧いただけます。 

 

★バックナンバーが読めるとこ! →

 

 

ただ今、発送作業中!!!

ただ今、発送作業中!!!

 

“ギリギリアウトを狙う”NPO法人スウィングのフリーペーパー最新号『Swinging Vol.28』は間もなくのお届けです!!!

 

木ノ戸

 

★お願い/視察・見学について★

・スウィングの見学日は毎月第3水曜日と第4金曜日となります。 

・時間、料金、定員、プログラム等の詳細については下記ブログをご覧ください。

・現状、定員を10名→5名に変更して実施予定です。

・コロナ禍の影響で実施をしない可能性もあります。予めご了承ください。

 

2019.03.04 Monday

見学日を月2回(毎月第3水・第4金)とさせていただきます。

http://garden.swing-npo.com/?eid=1400635

| NEWSっす! | 15:15 | comments(0) | -
眠れぬ王の華麗なる5時間

 

鬱陶しい、寝苦しい梅雨が続いている。特に最近はこの7月から一緒に暮らしはじめた黒猫ルルが夜中にちょいちょい噛んでくるので余計に眠れない。

睡眠のスペシャリスト、いやグランドマスター、いやキング・オブ・キングス、ミサさんは今どんな感じなのだろうか?

 

 

 

「昨日は遅かった」

 

 

 

 

なんと、珍しい。キングの基本入眠時間はたしか午後9時。

「遅かった」ということは(凡人には全然遅くない)10時くらい……でしょうか?

 

 

 

「ん〜ん。2時」

 

 

 

2時! それはホントに遅いじゃないですか!! 

ていうかちょっと遅すぎますよね?

僕の知らない間になんかあったのだろうか?? 宇宙規模のなんかがあったのだろうか??

 

 

 

「9時にはお布団はいってたんやけど」

 

 

 

……え? そこまではいつも通りだったんすね。さすがの安定感っすね。

でも、それから2時まで5時間もいったい何が?  火星とか土星とかの爆発とかの関係とか?? 

 

 

 

 

 

 

「寝れる位置さがしてた」

 

 

 

 

 

あーあー、分かる分かる。

あれって日によって変わったりするから難しいっすよね〜……って、長すぎるわ!!! 5時間て!!! 

 

凡人ならばいったん体を起こすなり、水を飲むなり、トイレに行くなりしそうなところだが、驚くべきことにキングはその間、一度もベッドを出ず、ひたすらコロコロしていたそうだ。

で、5時間のコロコロの果てに理想の地は見つかったのでしょうか?

 

 

 

「見つかった!!」

 

 

 

睡眠べスポジを求め続ける、一切の妥協なき姿勢。

キングがキングたるゆえんを改めて見た気がした。

 

木ノ戸

 

★お願い/視察・見学について★

・スウィングの見学日は毎月第3水曜日と第4金曜日となります。 

・時間、料金、定員、プログラム等の詳細については下記ブログをご覧ください。

・現状、定員を10名→5名に変更して実施予定です。

・コロナ禍の影響で実施をしない可能性もあります。予めご了承ください。

 

2019.03.04 Monday

見学日を月2回(毎月第3水・第4金)とさせていただきます。

http://garden.swing-npo.com/?eid=1400635

| 無敵! 脳天気一刀流! | 14:13 | comments(0) | -
ユーウツな月曜日にアートをチャージ♡ 『昨日は日曜美術館』本日公開!!

 

Facebookではちょいちょい広報していた……というか今現在思い切りカバー画像になっている架空のテレビ番組、『昨日は日曜美術館』が遂に完成した。

 

この企画を説明するのは少々難しく、難しいので無理して整理せずに言うとこうなる。

 

「コロナ禍の中で、リアルな場で、いつもの感じで四宮大登の初個展をすることが難しかったので、ニセのテレビ番組を作って、その番組内で展覧会を紹介することにした」

 

このあたりの詳しい経緯や本企画への様々な思いについては、フリーペーパー『Swinging』最新号(7月20日くらい発行予定)に掲載いたしますので、是非ともどこかで手に入れて読んでください! →

 

 

『昨日は日曜美術館』は.好織献パート、▲ャラリーパート、スタジオパートの3部構成となっており、その構成や雰囲気はなんとなく、いや大胆に、あの超有名な某美術番組をマネしている。

 

四宮大登初個展『THE AMERICAN  CLERK/アメリカの事務員』は▲ャラリーパートで紹介され、その前後を挟むスタジオパートには山口惠子さん(BRDG)とあごうさとしさん(THEATRE E9 KYOTO)が、それぞれキャスター役、評論家みたいな人役で出演してくださった。「5月30日だけ」というキツキツのスケジュールだったが、お2人ともこの撮影をすごく楽しんでくれてとても嬉しかった。

 

山口さんはキャスターにしか見えず、あごうさんは評論家みたいな人にしか見えなかった。

さすがだ。

 

 

ギャラリーパートはイコール『ズバリ! フォーカス』というダサいタイトルのコーナー。

ダサいタイトルを幾重にも輪をかけてダサくしたロゴデザインは撮影、編集他いろいろな役割を一手に担いまくってくれた美馬智さんの仕業だ。誰が欠けてもダメ。でもとりわけ彼抜きには絶対に実現し得なかった企画だと思う。

 

山口さんのポーズもダサい。

転換の仕方もダサい。

あかん。僕的にはこの辺りが既にクライマックスかもしれない。

 

 

いやいや、むしろここからが本番なのだ。「今、特に注目されていないアーティストにあえて注目する」という趣旨の『ズバリ! フォーカス』では、四宮個展の展示風景が隈なく映し出され、そして「四宮や四宮作品をよく知るテイのゲスト」が解説を繰り広げる。

 

が、解説者は1人(1組)ではない。

 

「鑑賞も批評も解説も自由である」という思い? テーマ? ……とにかくそういうのに基づき、ひとつの見方を強制、固定化しないため、(とりあえず)5組の解説者による5つのバージョンを順次公開する。つまり映像全編のはじめと終わりに位置するスタジオパートは5バージョンともいっしょ! 『ズバリ! フォーカス』の音声解説のみ異なるという仕組みなんである。

 

なお、各解説者はリアル四宮個展を鑑賞しておらず、本映像が基本的に初見。

正解も不正解もない、一発録り解説にチャレンジしてもらっている。

 

前置きはこれくらいにして。

 

『昨日は日曜美術館』、まずは吉村智樹さん解説バージョンをご覧ください!!

 

ユーウツな月曜日にアートをチャージ♡

 

木ノ戸

 

 

『昨日は日曜美術館』

出演:山口惠子(BRDG)/あごうさとし(THEATRE E9 KYOTO)

声の出演:いろいろな方々

構成・演出:木ノ戸昌幸(NPO法人スウィング)

撮影・編集:美馬智

スチール撮影:成田舞(Neki.)

制作助手:河原絢香・亀井友美(NPO法人スウィング)

広報:NPO法人スウィング/恵文社一乗寺店/Neki./THEATRE E9 KYOTO/山口惠子(BRDG)

企画協力:Neki./美馬智/恵文社一乗寺店

協力:椎葉正子/みず色クラブ/さりげなく/山北和美(NPO法人スウィング)

企画・制作:NPO法人スウィング

| NEWSっす! | 18:15 | comments(0) | -
第140回ゴミコロリ

3E11FF712CA64A3A87AF1DA3F242D855_LL.jpg

 

♪ この〜木 なんの木 気になる木〜

名前も知らない木ですから〜

名前も知ら〜ない〜 木に〜なるでしょう〜♪

 

日立グループを代表するコマーシャルソングです。

 

作詞家の伊藤アキラ氏にCMに用いる木のイラストを見せて、楽曲のイメージを伝えた際、伊藤氏が「この木は、なんという木ですか?」「どんな木なのですか?」「どこにあるのですか?」と質問したのに対し、スタッフが「わかりません」「知りません」としか答えられなかったために、「この木なんの木」で始まる特徴的な歌詞が生まれたそうです。

 

ちなみにこの「日立の樹」はモンキーポッドという種類の木で、ハワイ・オアフ島にあるんです。

 

 

「この木なんの木?」って??

 

いや、ちょっとわかんないです。

あ、でもゴミコロリでよく行く公園の木です。

 

えっ? 気になる? 写真の左側の青い人影が?

というわけで、去る6月17日(水)「第140回ゴミコロリ」を開催いたしました!

 

今回は久しぶりに上賀茂地域を3グループに分かれて実施。

そのうち北-2エリアの様子をご覧いただきます!

 

公園のあの「木」の名前は知りませんが、新型コロナウイルスの影響でこの間、規模縮小を余儀なくされていたこともあり、やる「気」と元「気」はあり余っています。

 

IMG_0673.JPG

 

今回は一般参加者4名が参戦!

樫田さん、馬渕さん、阪本さん、よろしくお願いします!

そしてそして「わく星学校」からは、まっさんも来てくれました!

思う存分コロってってや〜。

 

IMG_0676.JPG

 

開始早々、上賀茂幼稚園さんの中をフェンス越しにのぞきます。

今日の獲物を物色中?

 

いやいやギリギリの画です。

 

IMG_0677.JPG

 

子どもたちがいなくて、ちょっと安心……。

 

 

しぶとくフェンス前で粘っていましたが、ようやくあきらめ、いつもの児童館前の公園に。

 

IMG_0681.JPG

 

公園にもコロナ感染防止の注意書きが。

 

☆密集・密接に注意

→気をつけます。

☆マスクをつけましょう

→マスクに関してはバッチリです!

☆こまめに手をあらいましょう

→ヒーローからおっさんに戻った際に洗います。

 

十分気をつけてコロってくださ〜い!

 

IMG_0684.JPG

 

言ってる尻から、遊び出す……。

 

 

ほら来た、靴飛ばし。

 

IMG_0691.JPG

 

ナイスキャッチ!!

 

 

ええ〜⁉  公園は?? コロった? ちゃんとコロった?

靴飛ばししか見てないんやけど〜。

 

子どもたちがいなかったからって、コロるのおそろかにせんといてよ〜。

 

IMG_0704.JPG

 

なんか、すみませんね〜。

いつもは子どもたちに囲まれて、もっとちゃんとコロってるんですけど……。

 

IMG_0699.JPG

 

「すみませ〜ん、子どもたちはどこにいますか〜?」

 

って、バイクで巡回中のおまわりさんは止まって教えてくれたりはしません。

特にこの青い人たちには。

 

さ、ぼちぼち本気出しましょう!

 

お! 畑にゴミが落ちてますよ〜。チャンスですよ〜。

 

IMG_0706.JPG

 

上賀茂の地に古くから伝わる、仲間との信頼関係が欠かせない伝統の技!

伝統と信用の積み重ね「秘技! 田んぼゴミ扇取り!!」

 

まっさん……ごめんね。ちょっと邪魔せんといてくれるかな?

今からすごいの見せてあげるから。

 

成功率がめちゃくちゃ低い秘技ですが、今回はどうでしょうか?

 

IMG_0710.JPG

 

ああ、いいっ! いい感じ!!

後ろで櫻本ブルーも気にかけてますね。

 

IMG_0713.JPG

 

おお、見事に成功!「グッコロ(Good CORORI)」です!!

 

成功は久しぶりですね。

ブログを遡ってみると約3年半ぶり。

「第98回ゴミコロリ」以来2度目(!)の成功です。

 

IMG_0715.JPG

 

今度も畑のゴミ。しかもちょっと遠い。

畑に入ったらダメですよ〜。

 

IMG_0718.JPG

 

そんときゃ、この技しかないでしょ。

 

IMG_0720.JPG

 

全身から吸い込んだ大量の空気を靴の裏に吹き込み続けることで浮上させる「秘技! ホバークラフト取り!!」の進化版です。

靴の裏のみならず、手の平からも空気を出すことによって浮力を増大させて浮く「秘技! ホバークラフト取り!! ver. 2019・秋」をここで繰り出します。

 

IMG_0722.JPG

 

見事に獲物をGET!!

 

IMG_0737.JPG

 

よし、 後ちょっとで成功だ!

 

IMG_0735.JPG

 

………。

 

IMG_0764.JPG

 

なんか、ほんとすみませんね〜。

でも、いつもこんな感じでふざけてばっかなんです……。

 

IMG_0767.JPG

 

いやいや、他人事ちゃうよ。あなたですよ。

でも、そういや、今日は子どもたちとのふれ合いが全然ないですね〜。

 

IMG_0695.JPG

 

「すみませ〜ん、子どもたちどこにいるか知ってますか〜?」

 

って、お仕事中の作業員さんに聞いたってわからないですよ。

まあ、いくらオレンジの人でも、この青い人には知ってても教えてくれないでしょうけど。

 

IMG_0771.JPG

 

ん???

 

ひょっとして……

 

IMG_0772.JPG

 

ひょっとするの?

 

IMG_0774.JPG

 

子ども、いた〜!!!

作業員さんたち、何でこの公園にいるって知ってたの〜?

 

IMG_0777.JPG

 

あっという間に子どもが集まります。

 

IMG_0778.JPG

 

え〜と、きみきみ、ヒーローは全身青いほうだよ。

きみが握手してるのは、きっときみのパパだと思うよ。

 

きみにはパパがいちばんのヒーローなんだね。

わかるよ、パパも嬉しいだろうね。

でも、この暑さの中、全身スーツにマスクを被ってるおじさんはとてつもなくショックだと思うよ。

 

IMG_0779.JPG

 

これぐらい小さな子どもには、まだ戦隊モノは早いんだね、きっと。

これぐらいの年の子どもたちを一発で振り向かせる方法をひとつ知ってるんだ。

 

やるかやらないかはゴミブルーに任せるよ。

その方法はね……

 

 

もう、これしかない。色はもちろんブルーで。

もはやゴミブルーではないし、なんて呼ぼうか。

ブルーワンワンは呼びにくいし……よし、ブルドッグだ!

 

IMG_0785.JPG

 

広報板に、「7月ゴミコロリからブルドッグスタートします!!」って掲示しときましょうか?

え? なになに? 夏場にあの着ぐるみは死ぬよって?

 

 

「オー マイドッグ!!」ですね。

 

さ、さ、気を取り直して。

 

IMG_0811.JPG

 

いくね〜、今日は「秘技! 田んぼゴミ扇取り!!」押しですね。

一発目で成功してるからね〜。

 

IMG_0812.JPG

 

これまた、いいんじゃない?

 

IMG_0813.JPG

 

はい、連続成功!!

なんかコツでも掴んだんですか?

 

実は……

 

IMG_0696.JPG

 

先ほどのオレンジパンツの作業員さんに「秘技! 田んぼゴミ扇取り!!」の秘訣を伝授してもらったのです。

お気づきですか? 左の小柄な方がただの作業員さんではないことに。

 

 

空也上人!??

 

平安時代中期の僧で、当時荒れ果てていた京都市内を台車に十一面観音像を乗せて、念仏を唱えながらくまなく歩き、病気や貧困で苦しんでいた人々を癒したといいます。人々は尊敬をこめて空也を市聖(いちのひじり:市民のための聖者)と 呼んだそうです。

 

京都のヒーローです。

 

そのヒーローから秘技を伝授してもらったんだから、失敗のしようがないですよね。 

 

IMG_0832.JPG

 

はい、またまた。

 

IMG_0895.JPG

 

んんぬ……。なんとか持ち堪えました。

これで空也上人にも一人前のヒーローとして認めてもらえるに違いない。

 

IMG_0911.JPG

 

ゴミで汚れ果てていた京都市内をリヤカーにたくさんのゴミを乗せて、ブーたれながらくまなく歩き、笑いに飢えた人々を癒します。人々は尊敬をこめてゴミブルーを市聖(いちのひじり:市民のための聖者)と 呼ぶことになるでしょう。

 

IMG_0913.JPG

 

もうすっかり市聖です。

 

IMG_0934.JPG

 

終盤、児童館前の公園に戻ってきました。

子どもたちもいます。

 

IMG_0941.JPG

 

どうやらゴミブルーたちのマスクの違いをいじられているようです。

 

IMG_0942.JPG

 

市民からのいじり「市(いち)のいじり」も我慢しての真のヒーローです。

 

IMG_0947.JPG

 

子どもからのいじりにも耐え、はいこの通り!!

今回もまずまずの収穫です。

 

ではでは、続きまして支部のみなさんのレポートです。

NPO法人新さん、今回はプチコロリも実施してくださってます!

通常のゴミコロリの様子と合わせてプチコロリレポートも掲載させていただきます!

 

 

【京都/西山ケミックスさんからのゴミコロレポート】

今月は雨だったので、 社内の清掃を行いました!

 

 

【神奈川/NPO法人新さんからのゴミコロレポート】

6月10日(水)に『横浜支部 第23回ゴミコロリ』を実施しました。 今回、初めて一般参加者の、ヨコオさん・ホクラさん・ホリウチさんのイケメン3名とコロリました。 人が動き出したせいか、とにかく煙草の吸殻がいたるところに隠されていました。 それにしても、暑くて暑くて、汗びっしょりでした。

 

 

【神奈川/NPO法人新さんからのプチコロレポート】

6月25日(木)に『横浜支部 第1回 プチコロリ in 浜マーケット』を実施しました。 活動ホームでは、お野菜やお肉を買ったりしていて、お鍋や食器を買ったこともありますね。 浜マーケットの中は全然ゴミが落ちてなかったけど、初めてコロリに行ったのにお店の方達が笑顔で優しく声をかけてくれて、元気いっぱい楽しく取り組むことが出来ました。 

 

住宅街の中にはたくさんのゴミがあって、特に公園のまわりに隠されていたから、こんなに集まったよ。 浜マーケットさん、またコロリに行くのでよろしくお願いします!

 

 

【兵庫/casaそらさんからのゴミコロレポート】

↓ casaそらさんのレポートはこちらをどうぞ!! ↓

https://casasora.com/report-gomikorori202006

 

 

支部の皆さん、お疲れさまでした!

 

街の賑わいが少しずつ戻ってきたのと同時に、コロナ新規感染者数もジワジワ増えてきました。

なんかイヤ〜な感じですね。

とはいえ、私たち一人一人ができることには限りがあります。

できることをしっかりして、7月もゴミコロリ頑張ります!

 

「ゴミコロリ」に賛同し、ともに「ゴミコロリ」を行ってくれる個人&団体さん(ゴミコロ支部/現在26支部)随時募集中!

「ゴミコロ支部」募集の詳細はこちらをご覧ください! →

次回「第141回ゴミコロリ」は7月15日(水)の開催予定です。

参加希望の方は担当・西川までご連絡ください!

 

→MAIL:nishikawa@swing-npo.com

 

町に溢るるゴミある限り、我らの戦い終わりなし。

拾うはゴミでも心は錦、見た目は青でも心は真っ赤。

嗚呼、さすらいのゴミ野郎、 嗚呼、我らゴミコロレンジャー!

 

(西川)

 

★お願い/視察・見学について★

・スウィングの見学日は毎月第3水曜日と第4金曜日となります。 

・時間、料金、定員、プログラム等の詳細については下記ブログをご覧ください。

・現状、定員を10名→5名に変更して実施予定です。

・コロナ禍の影響で実施をしない可能性もあります。予めご了承ください。

 

2019.03.04 Monday

見学日を月2回(毎月第3水・第4金)とさせていただきます。

http://garden.swing-npo.com/?eid=1400635

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 18:34 | comments(0) | -
【クソ真面目エッセイ-19】木曜日の憂鬱

 

毎週1回、木曜日がやってくる。今週も来週もやってくる。いつの頃からだろうか? 木曜日が来るたびに気が重くなったのは。「週末の前だから」とか、「1週間の疲れが溜まって」とかそういう理由ではない。毎週木曜日はスウィングの事務員全員が休む日なのだ。

 

スウィングの膨大な事務仕事をこなし続ける後ろ姿には日々頭が下がるばかりだが、その一方で僕が事務員のみなさんに対して「頼むから木曜日も来てほしい」と願うのは、本来の「事務的なお仕事」の部分ではなく、ほぼ自分の精神的な安定や癒しのためだ。

 

スウィングの事務スペース、通称「27教室」には紀野有美さん、田村仁美さん、山北和美さんの3名の事務員さんが居る。僕はひと月のうちに何度もそこを訪れ、一旦、事務関係の相談っぽい話をもちかけた後、どうでもいい、愚痴のような、ひとりごとのような話を聞いてもらっている。最近スウィングにやってきた田村さんと山北さんにはまだ緊張しているし照れもあるので、話を聞いてもらうのはもっぱら有美さんだ。有美さんは僕が照れ隠しに一旦かますカモフラージュの事務相談をさらりと解決し、その後のアホみたいな本題にもうんうんと頷きながら時折静かな口調で返答をしてくれる。そしていつも僕がため息交じりに「○○なんですよね〜……」的な終わり方でその場を去ろうとすると、やさしい笑顔と口調で一言背中を押してくれる。そして僕は心を軽くして現場に戻ることができる。

 

ところが今後、それがどうも難しくなりそうなのだ。というのも今年(2020年)4月から始まる「スウィング公共図書館(仮)」開設に向け、27教室は大きな変貌を遂げつつあるからだ。事務員さんを囲むような形でカウンターが作られ、事務スペースは整理された素敵な空間に仕上がった。ゆくゆくはその反対側(閲覧スペース)に本棚や読書のための机や椅子が設置され、居心地の良い空間ができあがるのだろう。しかし、その一方で僕は「う〜ん、このカウンターがあるとなんだか有美さんに甘えにくいなあ」などと考えてしまっている。「一体おまえは何を言っているんだ?」という声が聞こえてきそうだが、事実なんだから仕方がない。でも、こんなふうに感じているのは僕だけではないはずだ。それくらい有美さんの傾聴力(?)はすばらしく、そして落ち着く。

 

昔、誰かが言った。

 

「有美さんはスウィングのオアシスだ」

 

その通りだと思う。先日、某事業所に電話をかけたところ、そちらの事務員さんにとんでもなく事務的な対応をされ「ああ、これが本来の事務員さんの姿か。そういえば普通、事務員さんってこんな感じだな。……っていうかコイツめっちゃ腹立つ!」などと、「事務員の事務的対応」という本来ならば想定通りのはずの事態に「なんでそんなに事務的やねん!!」と理不尽な怒りの炎を燃やしてしまった。そうだ、有美さんは事務員なのだ。すっかり忘れていた。いや違う。もう忘れていいのだ。忘れたままでいいのだ。有美さんは有美さんとしてスウィングに存在し、僕たちはその存在に信頼や安心を感じている。有美さん自身は「なぜ? なにが?」と実感は沸かないかもしれない。でもそこにもう理由はいらないんじゃないか。自分らしく居られる場所で自分らしく居たら、なぜだかみんなに頼りにされる。最高ではないか。「自分らしさ」が信頼され安心される有美さんに、僕たちはこれからも尊敬と感謝を積み重ねてゆくのだろう。

 

それにしてもあんな静かな空間で女子3人が横一列に並んで黙々と仕事をするなんて、オナラしたくなったら一体どうするのだろう。その遠慮と羞恥心を僕が解決できたならば3人の事務員さんにとても感謝され、もっと仲良くなることができ、もっと甘えやすくなるはずだ。しかも今度は3人だ。3倍甘えられる。そうなれば僕はついに木曜日の憂鬱とサヨナラできるかもしれない。そうと決まればさっそくオナラ問題を解決すべく、すぐに動き出そう。さすがに有美さんには相談しづらいし、まずはスマホで検索かな。Hey Siri!!

(フリーペーパー「Swinging Vol.27」より転載)

 

文:沼田亮平(ぬまた・りょうへい)

1979年生まれ・京都府京都市出身。『Swinging Vol.21』で総力特集されて以来、時々「本物に会えた」と言われる。スウィング勤続13年目。2019年度の後半、長らく担当していた「箱折事業」からも「児童館交流事業」からも離れ、新たに「オレたちひょうげん族」の現場にやって来る。が、一体なにを仕事にすればいいのか……と悩む今日この頃。

 

※ フリーペーパー『Swinging』は、スウィング賛助会員の皆さまからの会費を原資に制作・発行を行っております。ぜひご入会ください! →

※ バックナンバーはコチラからご覧いただけます! →

※ 全国津々浦々「お! それウチに合うよ! 置くよ!」という店舗さま等いらっしゃいましたら、スウィングまでご連絡ください!(10部〜20部程度)

※ 全国津々浦々「お! あの店に置いたらええんちゃうん?」的な情報がございましたら、スウィングまでご連絡ください!

 

→ Tel:075-712-7930

→ Mail:swing-gym02@swing-npo.com(山北)

 

※ 最新号(第28号/四宮大登個展『THE AMERICAN CLERK/アメリカの事務員』図録)は、7月20日(月)発行予定です!

| フリーペーパー『Swinging』掲載! | 14:53 | comments(0) | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ずっとずっと言いたかったこと
    kinoto (06/25)
  • ずっとずっと言いたかったこと
    あん (06/25)
  • 【追記】新型コロナウィルス感染拡大に伴う今後(4/13以降)の方針について
    kinoto (04/14)
  • 【追記】新型コロナウィルス感染拡大に伴う今後(4/13以降)の方針について
    阿部千津 (04/12)
  • フリーペーパー『Swinging Vol.27/総力特集:事務員越え』!!!
    kinoto (02/04)
  • フリーペーパー『Swinging Vol.27/総力特集:事務員越え』!!!
    oni cafe (02/04)
  • 【クソ真面目エッセイ-16】世界が芸術「的」でありますように。
    kinoto (08/01)
  • 【クソ真面目エッセイ-16】世界が芸術「的」でありますように。
    おかる (07/29)
  • 第68回プチコロリ@親キャバ in 鳥取・松崎
    Kinoto (05/10)
  • 第68回プチコロリ@親キャバ in 鳥取・松崎
    トキママこと楢崎とき (05/07)
LINKS
PROFILE