Swingy days Enjoy! Open!! Swing!!!

サイトトップへ戻ります。
なんとも言えない残念な空気

 

先日、オランダのアウトサイダーアート美術館『Museum het Dolhuys』の館長である、ハンスさんとジェシカさんがスウィングを訪ねてきてくれた。ICOM(International Council of Museums/=国際博物館会議)に参加するため来日していたのだ。


しかしながら、英語が話せない僕は困ってしまった。

これまでの経験上、てっきり通訳……とまではいかないまでも、日本語が話せる方の同行があるものとばかり思っていたのが、お2人は「Nice to meet you」と、2人だけでやって来たからだ。

 

カタコトにも満たない英語で会話にのぞんでみるが、やっぱりうまく通じない。

わかった! めっちゃ集中して本気出せばいけるんじゃないか?? と思って、気合いを入れてモードを替えてみたけど全然意味なし! 無理なもんは無理!


一方、ハンスさんもジェシカさんも日本語はまるで話せない。

作品の力は言葉を越えるわけだけれど、スウィングではその言葉が作品になっていたりするし、作品だけを作っているわけでもないので、そのへんはやっぱり言葉を交わさないと伝わらない。


(もちろんGoogle翻訳などを駆使して、伝え合う努力はし続けたのだが)なかなか噛み合わない、互いにもどかしい時間を過ごすうち、僕たちの間に流れはじめたのは「なんとも言えない残念な空気」だ。

2人のオランダ人は、わざわざスウィングにやって来てくれた。

ひとりの日本人は、それなりに時間を作り、準備をして待っていた。

……にもかかわらず、残念!

 

 そのとき僕は思った。

 

あ、まったく言葉は通じないけど僕たちは今、まさに言葉を越え、国籍もその他いろんなものも全部越え、「なんとも言えない残念な空気」を確かにshareしているぞ!!! と。

 

これはなかなか稀有なことなんじゃないか。

いいか悪いかで言えば、100パー悪い部類に入る気がするが、とにかく、なかなか立ち会いたくても立ち会えない、稀有な時間なんじゃないか。

むしろうっかり僕が英語を話せていたら、無難なart談義に花を咲かせたりして、こんなshareな感じは絶対に味わえなかっただろう(いや、本当は味わいたくなかったのだ)。

実はこういうのをこそ、artisticって言うんじゃないか(いや、それは絶対違うと思う)。

 

ICOMの会場である京都国際会館へは、スウィングから車で行けば15分程度、すぐ近くだ。

僕はさっと車を走らせ、2人と、そして「なんとも言えない残念な空気」に別れを告げた。

 

次の日、スウィングに出勤すると、僕のデスクの上にそっと小包が置かれている。発送元は「京都国際会館」。

まさかと思いながら封を開けてみると、ああ、やっぱりあの2人からの贈り物だ。丁寧にメッセージまで添えてある。

なんてスマートなことをやってのける人たちなんだろう。これは全然残念なんかではないぞ。


海外旅行に行ったことは一度もないが、またひとつ行ってみたい国ができた。

 

木ノ戸

| スウィンギン・ドキュメント | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0)
小鳥さんが おしえてくれたこと

 

スウィングだいすき

みんなすき

しあわせ

LOVE

 

ゴルゴが よく連発している こうした言葉

これらが ひとっつも 心にひびかないのは なぜなんだろう

みんな どんな顔をしていいのか 

困っているように 見えるのは なぜなんだろう

 

小首をかしげて かんがえていたら 

窓辺にやってきた 小鳥さんが ささやくように おしえてくれたよ

 

それはね 彼の言葉がすべて 歯の浮くようなヤツ だからだよ

言葉だけが フワフワして まったく 説得力がないからだよ 

 

ありがとう 小鳥さん

なにもかも すっきりしたよ 小鳥さん

 

ゴルゴと 小鳥と それからあなた

みんな ちがって みんないい

 

きのと

| 超A級(食の)スナイパー | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0)
第130回ゴミコロリ

 

高校野球。

 

8月22日、「第101回全国高校野球選手権大会」の決勝が行われ、履正社(大阪)が星稜(石川)を5-3で破り、第100回大会(2018年)の大阪桐蔭に続く大阪勢の2大会連続優勝を果たしました。

履正社は初めての決勝で、初優勝。

 

強打の履正社 VS. プロ注目の星稜・奥川投手。

本当にいい戦いでした。

 

その甲子園での熱い戦いの前日。

京都・上賀茂でもっともっと熱い戦いが繰り広げられていたのです。

 

8月21日(水)…… 第3水曜日……

そうです! 「第130回ゴミコロリ」を開催しました!!

回数でも高校野球越えしてますよ〜。

 

今回は「親キャバ神戸展」の初日であったり、なんやかんやで参加人数はちょっと控えめではありましたが、それでも甲子園の球児たちに勝るとも劣らない熱い思いをもって臨みました!

上賀茂地域を2グループに分かれて実施、そのうち北-2エリアの様子をご覧いただきます!

 

では、いってみよう!!

 

DSC_0001.JPG

 

インターン中の京都造形大の廣橋さん、よろしくです!

 

DSC_0005.JPG

 

田中さんもよろしくお願いします!

そういや田中さんも、たいとくんも傘もってますね、合計3本。

 

実はコロった傘ではないのです。

出発直前まで雨が降ったり止んだり。

念のために出発時にスウィングから持参した傘なのです。

でももともとは以前のゴミコロリ中にコロった傘なんですがね。

 

DSC_0003.JPG

 

公園には夏休み中のこどもたち。

雨が上がるや否や公園に遊びに来るなんて、元気があっていいねえ。

 

水筒をコロられたら、たまったものじゃないと慌ててとりにきたようです。

ご安心を、いくら大胆な言動で周囲の人をびっくりさせるちなさんでも、他人様の水筒をコロったりはしないですよ。

 

DSC_0106.JPG

 

ね、ちなさん……。

ってか、タクシーコントでもしてるのかい?

それ何? ハンドル?

 

DSC_0019.JPG

 

わかりくいボケやなあ。

ダーツの的っていいたいのかなあ。

それとも視力検査?

隙間の空いてる方を指差してまーすってことなのか?

 

 

このアルファベットの「C」みたいなやつ。

実は「ランドルト環」といい、世界共通の視力検査用の記号なんです(ランドルトは、19世紀後半から20世紀初頭のフランスの眼科医)。

 

DSC_0008.JPG

 

そこのキミ、視力でも測ってみないかい?

目の前に青い顔をした男が見えるかい?

 

DSC_0009.JPG

 

見えてるようだね。じゃ、問題なし!

 

DSC_0022.JPG

 

たいとくん、シンプルやなあ。

誰しもが思いつくやつやん。


しかもそんな堂々と。

ドヤ顔を披露されてもねえ。

 

DSC_0018.JPG

 

すみません、ご紹介遅れました。

今回も「焼肉屋いちなん」から孫さん、銭谷さんが参戦してくださってます。

 

え〜と、孫さん、銭谷さん、その「頭に輪っか」のやつ、つい3分ほど前にたいとくんがやってましたよ。

 

DSC_0015.JPG

 

はい、「なかったことにしましょう」と優しく顔ブルーが輪っかを袋の中に「ないない」します。

 

しかし、しか〜し、「ないない」したところではありますが、この輪っかが役に立つときがやってきました!

 

DSC_0032.JPG

 

う〜ん、突っ込みどころ満載ではありますが……。

 

まず距離ね、火バサミでいけるよね。

あと、缶々の置いてある敷地境界のところ、ちょっと幅狭いけどそこ歩けるよね。

 

それでも、西川のblogのためにと頑張ってくれてるんやね。

ありがとう、顔ブルー。

 

じゃ、秘技に認定して進ぜよう。

輪っかで狙った獲物を捕縛する「秘技! カウボーイ取り!!」

 

DSC_0038.JPG

 

はい、「グッコロ(Good CORORI)」です!

 

DSC_0040.JPG

 

はい、もう1個。

 

DSC_0042.JPG

 

あかん、下手くそ!

 

DSC_0045.JPG

 

じゃ、もう1人の顔ブルーが挑戦。

 

DSC_0048.JPG

 

ああ、惜しいけど……。

 

DSC_0051.JPG

 

見るに見かねたそうちゃん、普通にコロリます。

 

それが正解です。

 

DSC_0053.JPG

 

リベンジ果たせるか?

 

さっきよりちょい距離がありそう。

カッコいいとこ見せれるかな?

 

DSC_0055.JPG

 

「グッコロ(Good CORORI)」です!

カウボーイだけに「ぼく、どう(牧童)? カッコいいでしょ?」

 

DSC_0062.JPG

 

さあ、次に一行が訪れた場所は……

 

DSC_0064.JPG

 

野球してるけど、ここは「阪神甲子園球場」ではありません。

 

「上賀茂コロリ園球場」です。

 

野球好きの顔ブルー、羨ましそうに眺めてます。

 

DSC_0067.JPG

 

ほら、うずうずしてきたんやろ?

いけ! がんばれ!!

 

DSC_0068.JPG

 

勇気を出して直接交渉をした結果、急きょこれから試合がはじまることに。

 

試合の前に、1時間ほど前まで降っていた雨の影響があるため、只今よりスウィング園芸によるグランドの整備と掃除を行います。

 

 

「間もなくプレーボールです。もう少しお待ちください」

 

DSC_0066.JPG

 

コロ(コロ・ナカムラ)さん、選手たちが安心してプレーできるように張り切ってコロリます。

 

グランドもきれいになったところで、京都護美コロリーズ VS. 千葉コロッテマリーンズの試合が始まります。

 

「1ば〜ん ファ〜スト 顔ブル〜 背番号53〜」

 

DSC_0069.JPG

 

バット代わりに火バサミを持ってバッターボックスに入る顔ブルーと、独特な立ち位置の主審のそうちゃん。

 

審判とグルになってピッチャーを笑かしにかかるセコい戦法です。

 

DSC_0074.JPG

 

コロッテマリーンズのピッチャー、苦笑い。

 

DSC_0082.JPG

 

はい、ピッチャー投げました〜。

 

DSC_0083.JPG

 

護美コロリーズの勝利のためにも、打つんだ顔ブルー!

 

DSC_0093.JPG

 

いけ〜!!

 

DSC_0094.JPG

 

………。

 

主審も前、出すぎやし……。

 

DSC_0103.JPG

 

試合が終わるとお互いの健闘を称え合います。

そしてPRも忘れません。

今度は「XLの夢主催 寄せ集めソフトボール大会」で会いましょう!

 

DSC_0029.JPG

 

そうちゃん、どうした?

審判で前、出すぎてバットが腹にでも直撃したのか?

次からは審判やめておこうね。

 

DSC_0115.JPG

 

どうした顔ブルー、打球が急所にでも当たったか?

 

ゴミコロリも終盤。

この自販機、すごいんです。

 

DSC_0116.JPG

 

下にも。

 

DSC_0117.JPG

 

横にも。

 

DSC_0122.JPG

 

裏にも。

 

DSC_0152.JPG

 

人数少なめなので、今回はゴミの量も少なめで〜す。

でも最後の最後で缶々いっぱいコロれました〜!

 

ではでは、続きまして皆さんお待ちかねの 「ゴミコロ支部」の皆さんからの報告いっちゃいますよ〜。

 今回からゴミコロ支部にロコさんが加わってくださってます! ゴミコロ個人支部第1号で〜す。

それでは、どうぞご覧ください!

 

 

【京都/西山ケミックスさんからのゴミコロレポート】

西山.jpg

本日は悪天候のため、 社内の清掃を行いました。

 

 

【神奈川/NPO法人新さんからのゴミコロレポート】

新.jpg

8月23日(金)に『横浜支部 第13回ゴミコロリ』を実施しました。 昨年8月16日(木)にスタートして、雨にも負けず風にも負けず、やり続けてついに1歳になりました。 とても蒸し暑かったですが、風が吹いていたのでなんとか頑張れました。 空き缶やペットボトルはほとんど落ちていなくて、やはり煙草の吸殻が一番落ちていました。 すれ違う人達に『いつもご苦労様』と言われて、さらに頑張ろうと思いました。

 

 

【兵庫/casaそらさんからのゴミコロレポート】

そら?.jpg

夏休みも終わりお待ちかねのゴミコロリが復活しました。 今回は9月の超始まりの日、おついたちが活動日と言うこともあってかなかってか、ごく身内の7人でのゴミコロリとなりました。 9/15のオープンディで“ゴミラ体験会”をしましょう!って軽く言い出してみたものの、はたと気付くとゴミが枯渇している… いや、この間、ひろちゃんの淡路土産としてあんなにステキなゴミがあったにもかかわらず…魅力的なゴミたちは引く手あまたで…(言い訳)関東からゴミラを偵察(みずのせんせいのゴミラ100体記念イベント『ゴミラを作ろう』)にやってきたあやさちゃんに太っ腹なわたしは袋ごと提供してしまったのでした。 ので、ゴミラ資源0と言う事態を受けて、真剣に海の小さなプラスチックと向き合う時間を過ごすことになったのです。

そんな深刻な事態でありながら、当日朝、江井ヶ島海岸に集合してみると、あお、あい、ひろちゃんトリオが小さなカゴを手に下げ、ルンルン…愛ちゃん仕様にしてみた!って言うじゃない。我がcasaそらのみんなったら、あいかわらずステキ過ぎる。こう言う静かなステキさについて、この間の“ゴミラを作ろう”のトークイベントでおしゃべりしていたら、ゴミブルーのおふたりが目をキラキラさせて、明石のゴミコロリにぜひ参加してステキなゴミを拾いたいってうっとりしている姿を思い出した。 ああ、ゴミコロリは蜜の味…笑 まぁ、動機はどうあれ、ゴミコロリがあま〜い魅力を放って、10000人のゴミコロリになる日に急激に近づくことは願ったり叶ったり。

そんな風に始まったゴミコロリ、これ、ほんとに地味な作業で、ちまちまちまちまちまちま。 カゴを持ってるんるんしていた3人ももくもく自分の世界。 しばらくすると、わたしの作業をチェックしていたあいちゃんが、あることに気づく。 『え?そんなん使っているの?』 『え?知らんかったん?』 『お箸…』 ちまちまゴミコロリの必殺技は、そう、お箸。


そら?.jpg

ひとりでちまちまゴミコロリしているときにもお箸使ってるんだけど、これ、絵的にはすごい怪しいはず。 でも、ゴミコロリのめらめら情熱があれば、そんな怪しさもものともしない強いこころが育つ。 そして黙々、瞑想状態で作業していると、女子2人のきゃあきゃあ、本気のバトルサウンドが。じつは江井ヶ島海岸は、さまざまな団体がビーチクリーニング活動をしている場所で、表面的にはゴミの少ない場所。 そう、あのサウンドはゴミの取り合いなのでした。 ああ、資源の枯渇… そうは言っても、一見綺麗な海岸にもじつは潤沢に資源が…(もちろんゴミなんですが) 1時間の活動を終えて、今日の収穫物を見てみると結構いい感じに集まっていました。 カラフルなマイクロプラスチック、カゴに入ってかわいい! ようやく満足したわたしたちは、今日の活動を終えたのでした。これなら無事、ゴミラ作り体験もできそうです。 みんなありがとう!

 

 

【京都/音楽フェス 一乗寺 the Day of Pleasureさんからのゴミコロレポート】

ICA.jpg

8月の獰猛な西日の中、無事完了いたしました。 今回はなんと!!! Facebookでの投稿をご覧いただいて、参加いただいた新ヒロイストさんが! さらに、ラーメン二郎京都店さんも初参加。 一乗寺DOP関連イベントと重複したり、お店が忙しい連休の真ん中ということで、参加が叶わなかった旧ヒロイスト不在の中でも心強い会となりました。 また、ゴミ回収車両も導入。参加できなかった @cafenorwegianwood @amecomic_beginner からは、塩飴、スイカバー、スポーツドリンクの差し入れあり。 ますますたくさんの協力体制が、整ってまいりましたね! ありがとうございます!

 

 

【愛知/ロケットprejobさんからのゴミコロレポート】

8月21日、とってもとっても暑い中、第4回ゴミコロリを行いました。 この日はprejobの中高生のうちの何割かが通う守山養護学校の周りをコロりました。 出発して数分。先頭集団が何か騒いでいる! ……なんと! 生首が!!! ギャアアァァァァァァ! 正体は、美容師実技試験用のお人形でした。 ちょうど不燃ゴミの日だったので、不燃ゴミ袋に入れて出しておきました。 他にもいろいろ(学校の先生たちに話しかけられたりしたかも)ありましたが、もうこのショーゲキ的な事件以外、我々の記憶にはこの日のことは何も残っておりません……

 

 

【東京/ロコさんからのゴミコロレポート】

ロコさん.jpg

はじめてのゴミコロゴロリ、やりました。8/21(水)12時から40分ほど。一人でもやってみようと思っていましたが、ふたを開けたら、4人も集まってくれました!火バサミとゴミ袋を手に手にご近所さんを歩き、ゴールの地域センターを、目指しました。そこには飲み物とお弁当とゴロリスペースが待っている! やっぱりゴミブルーになりたい!という憧れを捨てきれず、なっちゃいました。付き合ってくれたのは、同い年のノリノリな男子。 ブル彦とブル子、いい感じでしょー。 「これつけると恥ずかしくないっすね」って、ブル彦。ほんと、それ。つけた方が恥ずかしいかと思ったけど、ブルった方が堂々と歩ける。ゴミ拾いが楽しいって思ったのは、私初めてでした。

 

 

【福島/オハナ・おうえんじゃーさんからのゴミコロレポート】

オハナ.JPG

8月は、地域の夏祭りの終了後にみんなで祭り会場をお掃除しようと企画しておりましたが、 あいにくの雨により、中止となってしまいました。 昨年はあまりの猛暑により中止、今年は雨により中止と、なかなか縁がないようです。 ゴミコロリは実施できなかったのですが、夏になると地域のお祭りに『オハナ戦隊おうえんじゃー』 が、地域を盛り上げるために、出動しています。

 

 

支部の皆さん、お疲れ様でした!

オハナ・おうえんじゃーさん、天候の都合で実施できず残念でしたが、久しぶりにご連絡いただけてとっても嬉しかったです!!

ゴミを掴み取ることはできなくても、地域の方々の心はしっかりと鷲掴んでおられるようですね!

 

そう! ただゴミをコロればいいってものでもないんです。

「自分たちがいかに楽しむか」「いかに周りの人たちを楽しくさせられるか」もとっても大事なことなんです。

アホやなあ〜、バカだなあ〜って笑ってもらえるなんて、なんて平和で素敵なことなんでしょう。

 

皆さんもいっしょにアホみたいなことして楽しんでみませんか?

 

「ゴミコロリ」に賛同し、ともに「ゴミコロリ」を行ってくれる個人&団体さん(ゴミコロ支部)随時募集中! 「ゴミコロ支部」募集の詳細はこちらをご覧ください! →

 

次回、「第131ゴミコロリ」は9月18日(水)の開催です!

参加希望の方は担当・西川までご連絡ください! 

 

→MAIL:nishikawa@swing-npo.com

 

町に溢るるゴミある限り、我らの戦い終わりなし。

拾うはゴミでも心は錦、見た目は青でも心は真っ赤。

嗚呼、さすらいのゴミ野郎、 嗚呼、我らゴミコロレンジャー!

 

(西川)

| 【OYSS!】清掃活動「ゴミコロリ」 | 19:33 | comments(0) | trackbacks(0)
「小学校」が怖くなかった日

 

11月末、縁あって京都府内のとある小学校で、「人権講演会」なるものに登壇させていただくことになった。

スウィングをはじめて14年目。人権関係の依頼が来たのは2度目のことだ。

一度目は2013年。行政から「人権啓発」を依頼され、判で押したような啓発では何の啓発にもならないことを知っていたから、「何をしてもいいですか?」の確認にGO!サインをもらった上で、寸劇「まち美化戦隊ゴミコロレンジャー登場!!」を作り上げ、上演した。

 

 

以来、手を変え品を変え……と言うか「ネタ」を変えながら、子どもたちのゲラ笑いとオトナからの冷徹な視線(および失笑)しか生まないこの劇が、なんだかんだ途切れることなく上演機会を得続けていることは、スウィング七不思議のひとつである(最近では昨日上演したところだ。ちなみに七不思議の残り6つは全く思い浮かばない)。

 

そして今回。子どもたちを前にガチで話すのってはじめてだけれども、これまで大人に対して話してきたやり方とは随分勝手が違うだろうけれども、とにかくチャレンジすることに決めた。

 

今年のテーマは「未知との遭遇」だからだろうか。(離れて暮らしているけれども)僕も子を持つ親になったからだろうか。 

 

最近、ひとりで講演をすることはほとんど無く、今回もスウィングの仲間(あちゃみちゃんと沼田君とXLさん)がいっしょだからというのもメチャクチャ大きい。

でも、僕なりに「やってみよう」と決断した、その最も大きな理由は、講演の対象が小学5、6年生、つまりおよそ30年前、僕自身が学校に行くことや生きることそのものが辛くなりはじめた、ちょうどその時期を生きる子どもたちだったからだと思う。

 

何を伝えられるのかは分からない。

だってはじめてだし。

でも少なくとも、何かを「伝えたい」と思える自分が、今確かに在ることに少し驚く。

 

今日、打ち合わせのために皆と現地に伺った。楽しかったし考えたし、ついつい長居をしてしまった。

元気そうに過ごす子どもたちの姿が眩しかった。

 

 

その後は友人の案内で「旧質美小学校」(京都府京丹波町)へと向かい、廃校になった教室を利活用した絵本のお店「絵本ちゃん」にお邪魔した。

「スウィング公共図書館(仮)」の開設に向け、ひとりひとり好きな絵本を選んで購入した(僕は『はるとあき』を選んだ。泣いた)。

 

楽しい時間が過ぎ、はたと気づいた。

僕は今日、思いがけず小学校を2軒(?)、はしごしたのだ。

かつて怖くて怖くてたまらなかった、小学校の校舎の中を歩き回っていたのだ。

 

もちろん「あの」、僕が通った小学校ではない。けれど学校、とりわけ「小学校」という存在そのものが恐怖の対象と化していた僕にとって、「いいとこだねえ」とかぼんやり言いながら平気で過ごせた今日という日は、ちょっとした、いや、かなり大きな意味を持つ、個人的に歴史的な1日だったと言える。


……でもそれは裏を返せば、一見「元気そうに過ごす子どもたちの姿が眩し」く見える小学校という存在が、−その場を通過してもう30年以上経つおっさんが「歴史的」とか興奮してしまうくらいに−そこはかとない恐ろしさを内在している証左でもあるんじゃないか。


それが勘違いだったら一番いいのだが、そうではないと感じるからこそ、僕は子どもたちに何かを伝えたいんじゃないか。

 

 

 

おお、ヤバい!! 力んでる、力んでるよ!!

 

「人」か「人でないもの」かで迷っていたが、この力み具合から考えると、どうやら「人でないもの」で登場したほうが良さそうである。

 

木ノ戸

| ひとりごと | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0)
平和のモノサシ

 

ミサさんが調子よく日々を生きているとき、僕は「あ、世界はまだ平和だな」とか「ミサさんがいつまでもこんな感じでいられる世界じゃないとな」とか思う。

少し大袈裟かもしれないが、言うなれば「ミサさんが調子よく生きているかどうか」は、僕の中での「平和のモノサシ」なんである。

 

 

たとえば調子よく生きてるときのミサさんはこんな感じさ。

今さら「10回クイズ」にチャレンジしているときの彼女はこんな感じさ。

はい、ピザって10回言って。 

 

 

 

「ピザ、ピザ、ピザ……わたし今、何回言った???」

 

 

 

一瞬でクイズ出す側になっとるやないか!!!

 

 

でも時には心配そうな顔をしているミサさんだっているのさ。

それはたとえばこんな感じさ。

 

 

「だいじょうぶかなあ……今日止まってないかなあ……」

 

 

不安そうな彼女を見て、僕も少し心配になる。

どうしたの? 止まるってなんのこと?

 

 

「湖西線」

 

 

あ、JR湖西線のことか。でも、なんで?

 

 

「だって風が強いから」

 

 

ああ、確かに湖西線は強風の影響で止まること多いよね。

え? でも今日、ぜんぜん風強くないよ?

 

 

 

 

「あ、昨日やったわ」

 

 

 

 

目の前の風を感じろ!!!!!

 

 

でも時には冷静なミサさんだっているのさ。

それはたとえばこんな感じさ。

 

 

「あ、ツバメさんがお話してる」

 

 

確かにツバメが2羽、お話してるみたいに仲良くしてるね。

あれ? でもぜんぜん冷静とは言えないよ? むしろ脳天気なメルヘンタッチだよ?

あ、あふる君が嬉しそうに「なんて話してるんですか?」って。

いいねえ、平和な風景だねえ。「冷静」とかもうどうだっていいね。

おれも知りたいな。ツバメさんたちは何をお話してるの?

 

 

 

 

「あ、わたしツバメじゃないんで」

 

 

 

 

そこで急に突き放すんか!!!!!

 

彼女がいつまでもこんな感じでいられる世界を。

 

木ノ戸

| 無敵! 脳天気一刀流! | 20:09 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE